【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

我が家のガレージは、タクボ製でプレハブタイプです。
具体的な仕様は5m×10mが床面積で、コンクリートをうっています。
壁と天井にはウール断熱材を敷き詰め、OSBボードを張っています。
換気扇もついていますが、台所用換気扇がタバコの煙排出用でついている程度です。
壁と天井の機密性はありそうなのですが、シャッターがオーバースライド式のため、隙間が結構あります。
そのためか、湿度は梅雨時期になると100パーセントになることも。
そこで、除湿をしたいのですが、どのような方法が有効的でしょうか?
また、換気扇は回したほうがいいのですか?
カビ防止には、気流があったほうがいいとはおもうのですが、換気扇をまわすことにより、
換気口が開くわけで、外気から湿気が入ってきたりしませんか?
ちなみに、家庭用の除湿機を現在は使ってます。電気代も気になりますね・・・。

質問事項
(1)シャッターの隙間があるため、除湿器は効果薄なのではないか。
(2)換気扇は除湿に有効か。
(3)効果的な除湿方法は?
(4)一般的な除湿器の電気料金は?(5年前に購入)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ウチは3Mx3Mで天井高は2Mほどの小さなウッドガレージですが...


小型のダクトファンによる24時間換気とエアコンを取り付けています。

(1)シャッターの隙間があるため、除湿器は効果薄なのではないか。

ウチは以前の家でシャッターガレージでしたが、風の日にシャッターの下部隙間から埃や枯れ葉がガレージ内に入るのを防ぐためにシャッター底面と床の隙間にスポンジの隙間テープを貼っていました。けっこう密閉効果はありますよ。

(2)換気扇は除湿に有効か。

100mmのダクト穴を屋根に近い部分に開け、浴室換気用の小型のダクトファン(シロッコファンタイプ)を付けて24時間換気です。丁度、屋根裏換気のような感じになっています。浴室換気用の小型のダクトファンは24時間運転対応で消費電力は8w程度です(電灯の豆球くらいの消費電力)。雨の日/晴れの日に構わずず~っとこの換気扇はONのままです。除湿についてですが、除湿にはなりませんが、湿気が籠ったり温度が上昇し続けることは防ぎます(例えば、床が濡れたときの床の乾く時間が全然違います)。ちなみに普通の台所用のプロペラタイプの換気扇は短時間の局所的な換気には適していますが、消費電力が大きく、24時間運転も想定されていない上に、プロペラタイプは風の強い日などは吹き返しに負けてしまう欠点があります。シロッコファンは構造上、弱いものでも外からの風には負けず安定した換気をします。

(3)効果的な除湿方法は?
(4)一般的な除湿器の電気料金は?
効果的なのはエアコンです。ガレージで長時間バイクや自転車の整備をするので我が家のガレージはエアコン(6畳用の安いもの)を据え付けていますが、非常に効果的です。今の時期の雨の日でもエアコンをONにしてしばらくすれば、雨の日にガレージ内で塗装できるほど湿度は下がります。どのような除湿器をお使いかは分かりませんが、水タンク付きの据え置き型の除湿器で200~300wのものなら、同じ時間運転しっぱなしにするのなら今どきのエアコンの方が賢いので消費電力は低いでしょう。除湿器のように「水タンクに溜まったらスイッチが切れる」ようなこともないですし。エアコン安売りセールなどを狙って思い切ってエアコンを取り付けることをお勧めします。

参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 4

全然詳しくないですが。



コンクリート床の下には防湿シートなど入ってるのでしょうか?
何らかの対策がされてないと地面から湿気が上がってきます。
住居なら防湿シート入れたり、床下換気などして湿気対策してますが、
ガレージだと最初からされてないのでは。

>換気口が開くわけで、外気から湿気が入ってきたりしませんか?
外の湿度が高ければ当然、換気すればするほど入ってきます。

>(1)シャッターの隙間があるため、除湿器は効果薄なのではないか。
除湿機かけてるなら密閉した方が、除湿能力を外気の除湿に費やす事はなくなると思いますが。

>(2)換気扇は除湿に有効か。
換気相手の湿度が少なければ。
天候によっては外気の方が湿度高かったりしますし。

>(3)効果的な除湿方法は?
パス
>(4)一般的な除湿器の電気料金は?(5年前に購入)
パス
「一般的な除湿器」というのがどういうのかわかりませんが、
定格消費電力は機器に表示されてますし、カタログなどにも記載されてます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/27 09:25

除湿の目的は?


ガレージを仮住まいにでも使われますか
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリートガレージの結露対策

コンクリートガレージの結露対策

出入り口だけが開口したコンクリートのガレージにいま軽自動車を駐車していますが、最近のように多湿になると雨が降らなくてもガレージ奥の方の床や壁の結露が激しく、床は水浸しになるほどです。

入り口付近は空気の循環があるためか結露していません。奥の方は空気の循環が悪いので湿気が停滞してひどい結露が発生していると思われます。

対処法として、シャッターを装着して密閉空間にして一日中除湿機を作動させれば、このような結露はなくなりますでしょうか。

というのは来年辺り、このガレージにフェラーリを置く予定なので、結露が発生するような湿気は排除したいためです。

アドバイス等お願いします。

Aベストアンサー

私のバイクガレージの場合は、換気扇を使っています
湿度が上昇すると自動的に換気扇が作動するようなスイッチを取り付けて使っています
No.2の回答の通り換気扇が作動した直後は、温度差や湿気の多い外気を呼び込んでしまうことで結露が一時的に発生する事もありますね
湿度スイッチの設定次第というのもありますが、しばらく換気扇が回っていれば解消します

でもコンクリートではどうでしょうね
換気扇を回したくらいで温度差が解消されるかどうか
温度差が解消されづらい環境だと、逆効果かもしれません

フェラーリであれば、防犯面からもシャッターは必要でしょうから
シャッター工事をする時に、壁や天井の断熱工事もお願いしたほうがいいでしょう
床の塗装もしたほうがいいかな
DIYでもできますけどね

断熱工事をしたうえで、換気扇を選ぶか除湿機を選ぶかですが
私がガレージを建てたときに検討したのは
ダイキンのルームドライヤーです
http://www.daikinaircon.com/catalog/roomdryer/index.html?ID=kateiitiran

結局は、私のガレージには換気扇+湿度スイッチで十分でしたが
コンクリートガレージにフェラーリを置くのでしたら検討してみても良いのではないでしょうか

私のバイクガレージの場合は、換気扇を使っています
湿度が上昇すると自動的に換気扇が作動するようなスイッチを取り付けて使っています
No.2の回答の通り換気扇が作動した直後は、温度差や湿気の多い外気を呼び込んでしまうことで結露が一時的に発生する事もありますね
湿度スイッチの設定次第というのもありますが、しばらく換気扇が回っていれば解消します

でもコンクリートではどうでしょうね
換気扇を回したくらいで温度差が解消されるかどうか
温度差が解消されづらい環境だと、逆効果かもしれません

フ...続きを読む

Qガレージの防湿

我が家のガレージはタクボのコンテナガレージで車2台が入る程の大きさです。
三方の壁と天井は断熱材とコンパネを張ってあります。

床はコンクリート土間で、防湿処理はしてありません。

雨の日はガレージ内が湿度100%に近くなるため、おそらく床からの湿気が考えられます。(目視で湿ってる感じはありません)
床の防湿対策として、塗装を考えているのですが、効果はあるでしょうか?
エポキシではなく、水性を考えています。
また、ガレージ内の荷物を全部外に出すのは難しいので、半分に分けて塗ろうと思うのですが、継ぎ目は目立つでしょうか?

解答、お待ちしてます。

Aベストアンサー

床がコンクリートとの事です。

コンクリートの透湿抵抗(湿気の通りにくさ)はかなり大きいです。
100mmコンクリート厚で、防湿層付グラスウール保温材の4倍、
構造用合板9mm厚の7倍ほどです。

http://www.ads-network.co.jp/dannetu-keturo/naibu-keturo-03.htm

従って、コンクリート床に防湿塗装をしても、ガレージ内湿度を
下げる効果はないでしょう。

密閉空間でない限り、ガレージ内が、屋外湿度と同値になるのは
仕方がありません。

対策は下記と考えます。
車を大事にしているなら湿度は気になるところでしょう。
費用が安価な順から4案を提案します。

(1)雨が上がったら、扉を開けてガレージ内の湿気を外に出す。
(2)雨が上がったら、換気扇を回してガレージ内の湿気を外に出す。
(3)除湿機をガレージ内に置く。
(4)エアコンを設置し、夏は冷房する。冬は暖房する。

Q地下車庫の湿気は換気扇で退治できるのか?

これから住む戸建ての地下車庫には添付画像のような納戸(図中のFree Space)があります。
面積は四畳ほど、高さは2.8mほどあります。床も天井も壁もコンクリート打ちっぱなしで。蛍光灯だけついています。
立地的には多摩地区の山奥で、車庫自体は東向きです。

ここにドア(ガラリ付き)をつけ、バイク整備工具や、電動工具などを収納しておきたいです。
こういう地下車庫は、梅雨時期はどうしても湿気がこもりがちで、コンクリート壁が、常に汗をかいた状態になるのではないかと推察します。

そこで、ガラリ付きドアを設置時に、その上部に換気扇を取り付けてはどうかと思いますが、その効能はどれくらい期待できるでしょうか?

期待している効果は、工具セット類の錆や、電動工具の故障に影響する湿気が除去できること。
あまり効果がないなら、費用も惜しいのでやめようと思いますが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

換気扇は 入り口の反対側(対角 図の左上隅)に設置し無ければ 効果は望めません

ドアの上部では ドア付近を換気するだけになります

Qガレージテントの湿気対策

バイクを保管するために、ガレージテント(幅2.4m×奥行き3mくらい)の購入を考えています。

地面はコンクリートなので、アンカーで飛ばないようにしようと思うのですが、問題は湿気対策はどうすればいいかなと悩んでいます。
バイクカバーよりは湿気対策になるとは思うのですが、やはり、コンクリートなので乾燥するまで時間がかかります。

やはり、コンパネでも敷いて、1年毎に新しいものに換えるだけでもいいような気もしますが・・・

何かよい雨の後の湿気対策はないでしょうか?

Aベストアンサー

どんなことをしても、空気が動かなければ同じでしょう。

水が入らないようにするか、水が入ってもすぐに排除できる環境にするかです。

コンパネを敷いても、今度はそれが水を吸って、コンクリートより長く水を保有し続けます。
私はその方がまずいんじゃ無いかと思います。
吸湿性のないものでも、それと床面の間に水が入れば、長く抜けませんし。

どうやってもテントの下から水が入る構造なら、隙間を空けて風を通し、速く乾燥できるような空気の流れを考えた方が良いのでは?
水が入ることは避けられないと思います。
バイク自体が濡れることもあるだろうし。
ならば、どうやって風通しを良くして湿度を排除するかだと思います。
テントの容積を大きくするか、前後の幕を出来るだけ空けておいて、雨の時だけ閉じるような感じで。

Qインナーガレージの断熱材

2x4工法でインナーガレージのある家を新築予定中です。
ガレージ部分は平屋で16畳,北側にシャッター,南側に掃き出し窓,東側に腰窓を設置し,西側が家屋につながっています。
設計の方と話を進めている際,ガレージ部分には壁の断熱材は不要(シャッターからの熱もれがあり意味をなさない)とのことだったのですが,本当に大丈夫でしょうか?
いちばん心配しているのは結露なのですが,断熱材とか関係ないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インナーガレージの家を何件も建てています。

自宅は、木造軸組みパネル工法+インナーガレージ並列2台+断熱防音性能のあるオーバースライダーシャッターです。
車庫内の壁は、外壁と同じサイディング仕上げ、天井も屋根と同じ仕上げです。
床は、基礎と一体のコンクリートにモルタル仕上げで、塗装はしていません。
エアコンが効く様に、断熱材は容れています。
シャッターは、インナーガレージ内でエアコン掛けてれる様に断熱性能と、夜中でも出入りと作業出来る様に防音性能が有る物を選びました。

水分は、雨天走行後入庫すれば車は濡れていますので当然あります。
しかし、基礎パッキンから自然通気されるので雨が降った後入庫しても車庫内で結露は起こりません。
欄間の替わりですね。
車庫内で洗車しても問題ありませんし、多少なら締め切って換気扇を付けずエンジンを掛けていても問題起きませんが、エアコンは効きますし遮音性も確保されます。

ガレージは外部と見なされるので、インナーガレージに面している壁の中には最初から防水シートが施工される筈です。
ですので、防湿シートは必要無いと思います。
施工会社に確認してみて下さい。

ガレージ中でエアコンを掛けて作業をしたいのであれば、断熱材を容れて貰いましょう。
結露が理由なら断熱材を気にする必要はありませんが、気に成るなら入れて貰えば良いんじゃないでしょうか?
通常はインナーガレージの壁の断熱材費用を請求される事は無いと思いますよ。
そんな費用を請求される会社なら、他社にした方が良いかも知れません。

インナーガレージの家を何件も建てています。

自宅は、木造軸組みパネル工法+インナーガレージ並列2台+断熱防音性能のあるオーバースライダーシャッターです。
車庫内の壁は、外壁と同じサイディング仕上げ、天井も屋根と同じ仕上げです。
床は、基礎と一体のコンクリートにモルタル仕上げで、塗装はしていません。
エアコンが効く様に、断熱材は容れています。
シャッターは、インナーガレージ内でエアコン掛けてれる様に断熱性能と、夜中でも出入りと作業出来る様に防音性能が有る物を選びました。

...続きを読む

Q自宅ガレージに電気を引きたい

自宅横にガレージ兼バイク小屋に電気を引きたいのですが・・自宅内からの引き込みが出来ないので(ブレーカーの場所が遠いので)小屋と自宅の側に電気メーターがあります。その二次線(自宅に繋がる側より小屋に引き込み小屋内にブレーカーを取り付け電気を供給できますか?ちなみに工事は電気工事店に依頼しますのでお間違いないように・・依頼する前に助言お願いします。違う方法もあればお願いします。

Aベストアンサー

いい加減な回答が付いていますが。
1.当然ですが、メーター下流からの取り出しとなります。(メーター上流は×) そうなると、自宅での受電場所に、小屋に引き込むための電源取り出し箇所(NFB)があるか? がポイントになります。
 何故、NFBが必要か? 自宅のと共用すると、小屋の事故でショートした場合、自宅の給電も止まるため、設計としては、給電を分けます。ここで、共用と低減される工事業者は、何も考えていないいい加減ですので、切って下さい。
2.NFBと取り付けるor予備があったとなると、次は、小屋で必要なNFBの電流容量を幾らにするかです。
 通常の照明+コンセント程度ですと、20ATもあれば十分ですが、コンプレッサやリフターなどの大きな電動機を使うとなると、それなりに大きな容量のNFBが必要になります。
 但し、余り大きいと、今度は電力会社からの取り出し容量も関係してくるので、ここまで来ると、電気会社との相談が必要になります。
3.次に必要なのが、自宅の分岐点~小屋までの配線・処置となります。壁伝いで近ければ余り考える必要はありませんが、距離が離れていると、電線の途中の支持が必要になります。電柱を立てるのか、メッセンを引いて電線を沿わせるのか? また、ケーブルの種類は何を使うのか? この辺は電気工事屋さんに確認して下さい。また、その配線布設をどうやるのか? も検討する必要があります。
4.あとは、小屋で受けた後の分岐(分電盤)です。頭にNFBを取り付けて、必要であれば、下流側に照明用・コンセント用などに更に容量の小さなNFBを取り付けて分岐させる となります。自宅~小屋の配線で、各々の場所にNFBを付けるのは、万一時に、上流側に影響を与えないためです。当然、下位側で使用される電力の合計と、頭で給電する容量のマッチングは検討しないといけません。

 この辺になると、全体を見ての電気設計となりますので、電気工事業者に依頼して貰えれば、やって貰えると思います。

 簡単な様に見えて、ちゃんと設計しないと、大事故になりますので、よく工事業者と相談して下さい。

いい加減な回答が付いていますが。
1.当然ですが、メーター下流からの取り出しとなります。(メーター上流は×) そうなると、自宅での受電場所に、小屋に引き込むための電源取り出し箇所(NFB)があるか? がポイントになります。
 何故、NFBが必要か? 自宅のと共用すると、小屋の事故でショートした場合、自宅の給電も止まるため、設計としては、給電を分けます。ここで、共用と低減される工事業者は、何も考えていないいい加減ですので、切って下さい。
2.NFBと取り付けるor予備があったとなると、次は、小屋で...続きを読む

Q湿気がひどいのです・・。

結婚2年目、旦那の両親の建てた家(築4年)に同居しています。
 
私達の部屋は、鉄筋コンクリの車庫の上に位置し、部屋自体は木造です。
洋間(約12畳)で、床はフローリング。居間兼寝室となっています。暖房は主にガスヒーター、ホットカーペット。極寒の場合は加えてエアコンを使用。住いは新潟県です。

昨年夏、ベットマットレスの裏面と、その下の板にもカビが生えているのを発見!!

→板は表面のカビを拭取り、台所用のアルコールスプレーを噴きかけ天日干しに。マットレスもアルコールを噴きかけた後乾かした。

この日以来、マットレスを時々上げて、板もはずし、風通しをよくする様心がけ、ベットの下に除湿剤を置きました。


さらに先日。クローゼット内の衣装ケースの下の床部分に水溜りができていました!!

→3段ボックスと床の間に角材(4cm角)を渡し、隙間用の除湿剤を置いた

そして今日。
冬はなかなか天気の良い日がなくマットレスを上げる事を怠っていたのですが、思い切って上げてみたところ、マットレスの裏がびちゃびちゃに・・板の裏はやっぱりカビが生えていました・・・。

→12月初めに布団用の除湿シートをマットレスと板の間に挟んでおいたのが逆効果だったのか?除湿シートはびしょびしょになっていて、その水分がマットレスと板に浸透した様です。なのに、床においた除湿剤は乾いていた


旦那は床下に断熱材が入ってないんじゃないの?と言ってますが、姑・舅にとっては自慢の家らしく、「湿気がひどい!欠陥住宅なんじゃないのか?」と言ったら、無視されました。

これからも、大量の除湿剤にお金を費やし、重労働のマットレス上げをしなくちゃいけないかと思うとウンザリです。この部屋はいったいどうなっているのでしょうか?誰か教えてください・・・。

結婚2年目、旦那の両親の建てた家(築4年)に同居しています。
 
私達の部屋は、鉄筋コンクリの車庫の上に位置し、部屋自体は木造です。
洋間(約12畳)で、床はフローリング。居間兼寝室となっています。暖房は主にガスヒーター、ホットカーペット。極寒の場合は加えてエアコンを使用。住いは新潟県です。

昨年夏、ベットマットレスの裏面と、その下の板にもカビが生えているのを発見!!

→板は表面のカビを拭取り、台所用のアルコールスプレーを噴きかけ天日干しに。マットレスもアルコールを噴き...続きを読む

Aベストアンサー

現場を見させていただかないと、正確なところはわかりませんが、
状況から推して、車庫のコンクリート部分と部屋の床の間の
断熱不足からくる結露と思われます。

結露は暖かくて湿った空気と、冷えた物体(床でも壁でも窓でも)が
触れ合う部分に発生します。

したがって、対策は二通りあります。


1.空気の湿度を下げる。(対症療法的対策)

 灯油ストーブやガスストーブは水蒸気を発生させるので、使うのをやめ、
 FFヒーター、オイルヒーター、エアコン、電気ストーブなどを使う。

 換気をマメに行い、湿った空気を外に逃がす。

 除湿機を使う。

 以上、どれも一定の効果は期待できますが、結露がまったく発生しないほど
 乾燥させるのは至難の技ですし、冬場の乾燥のしすぎは、健康にもあまり
 よくありませんよね。

 そこで・・・

2.床に断熱材を追加する。(根本的対策)

 こちらがおすすめです。

 一般的には、コンクリートと床板の間に硬質スチロール状の断熱材を
 敷き込むことが多いですが、いまから、床板をはがして工事するのは
 大変ですし、コストも高くなります。

 なので、車庫の内側から、その天井面に断熱材を貼り付けてはどうでしょう。

 コンクリートが冷気から遮断されて、時間の経過と共に室内の温度に
 近い温度になってきます。

 いわゆる外断熱というやつです。こうなると結露はほとんど発生しません。

 車庫がそんなに広くなくて、DIYについて腕におぼえがあるなら、
 ご自分でやってもいいかもしれません。

 板状の断熱パネルを買ってきて、隙間なくビスなどで固定するだけ。
 もちろん、プロに頼めば、より安心でしょう。

 
一度、近所の工務店の人などに現地を見てもらって、正確な原因を
特定してもらい、必要なら改修の見積もりをしてもらうといいでしょう。
見積もりまでなら、たいていの工務店は無料でしてくれます。

なお、床板の上にカーペットなどを敷いて断熱しようとするのは
逆効果です。
室内の湿った空気が敷物の下に流入し、そこで冷えた床板に接触して
盛大に結露し、カビの大発生を招きます。
蛇足ながら念のため。


以上、長文で失礼しました。参考になれば幸いです。



.

現場を見させていただかないと、正確なところはわかりませんが、
状況から推して、車庫のコンクリート部分と部屋の床の間の
断熱不足からくる結露と思われます。

結露は暖かくて湿った空気と、冷えた物体(床でも壁でも窓でも)が
触れ合う部分に発生します。

したがって、対策は二通りあります。


1.空気の湿度を下げる。(対症療法的対策)

 灯油ストーブやガスストーブは水蒸気を発生させるので、使うのをやめ、
 FFヒーター、オイルヒーター、エアコン、電気ストーブなどを使う。

...続きを読む

Q車庫の土間コンクリートの施工方法について教えてください。

自分で車庫の土間コンを施工しようと思います。あとはワイヤーメッシュをスペーサーで浮かして固定し、生コンを流すだけです。生コンは生コン屋さんにもってきてもらう予定です。そこで簡単に施工手順を教えてください。トンボで均一にならしてからどれくらいで木ゴテや金ゴテで仕上げるとかの生コンの目安、時間などです。道具は一通り揃っています。左官屋さん等で詳しい方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が、打設する部分の奥まで届かないときには一輪車で運ぶことになります。後は、ジョーレンやスコップ、そしてトンボで均一にならしますが、均しただけでは内部に気泡が入り、いわゆる「豆板」になりますから、全体にバイブレーターをかけると良いのですが、お持ちじゃないでしょう。で、代わりに棒で、突いて行くのです。(特に、基礎や、型枠の周辺を重点的に、型枠は、金槌で、こんこん叩いて振動を与えてやる)トンボで均した面は砂利が飛び出しているので次に、この砂利を沈めるために、角材(10cm角で、長さは2~3メートル)に足を付けて平均台のようなものを作り、これをひっくり返し、二人でそれぞれの足を持ち、息を合わせて打設したコンクリート面に打ち下ろして(バチャバチャという感じで)行きます、こうすると平らになりつつ飛び出していた砂利が沈み、代わりにモルタルが浮いてきますからその後のコテで均すのが楽になります。
一人でするなら専用の工具が売ってます(名前は知りません。土間均し専用工具で、長方形の金網に取っ手を付け、金網の横にゴムシートが取り付けられている形のもの)
木ゴテだけでも慣れれば砂利は沈んで行くようですが・・・・。
金ゴテ仕上げをしたいのであれば、木ゴテで均した後、表面に浮いた水が引くまでしばらく待ちます。(この、水の引き加減を見分けるのが素人には難しい)
金ゴテで撫でているときにコテが砂利に引っかかると石が浮いてきてきれいに仕上がりませんから、そうならないように、砂利はしっかり沈めて表面にはモルタルの層が出来るように木ゴテで均しておくのです。
金ゴテを使うときは、自分の足形が出来ないようにコンパネを敷いてその上に乗って作業をしますが、可能であれば空中に足場板を渡せるようにしておき、その上に乗って作業が出来れば最高です。
なお、金ゴテで均すときに「表面硬化剤」を使うと、コンクリートに色が付けられてしかも、硬くなり、ほこりが立ちにくくなります。
がんばって、すてきな車庫に仕上げてください。

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が...続きを読む

Q屋外物置に生活用品を収納する際、どうすれば快適に保存できますか。

部屋が手狭なので都内で屋外物置を借り収納する事にしました。イナバ物置タイプで、ブロックで床下10センチ浮かせてます。そして地面には石砂利を敷き詰めております。試しに下記の物を保存する予定で、湿気取りと防虫剤を施そうと思うのですが、そのたどのような予防策を講じれば、カビや腐敗なく快適に保存でできますか?

革靴、ジャンパー、スーツ、冬物布団、冬物衣服、通信ケーブル、文庫本類。

Aベストアンサー

イナバ等物置では完全に湿気はとれません
(中へ入ってドアを閉めると結構隙間があります)
夏暑く、冬寒い、湿気はある程度覚悟して保管する必要があるので
保管する物をケース(隙間はラップ等使用)に入れてから除湿剤を入れて、物置へ収納した方がいいでしょう。

Q車庫・物置の断熱

組み立て式の簡易な車庫を入手した建てました。
実際には物置として使います。シャッター付きです。
屋根も壁も波トタン1枚なので物置とした場合、
かなり高温になったり温度差が激しく、湿度も
心配です。古い本などもしまうので・・
簡易に断熱するいい方法はありませんでしょうか。
例えば安いブルーシートを屋根と壁に少し隙間あけて
貼るとか。これだとかなり安価ですね。
壁とブルーシートの間にただでもらったダンボール板をガムテープできっちりはめ込んでおくとか。
ちゃんとした断熱ボードを買うほどの予算はありません。安価で手軽な断熱方法と効果を教えてください。

Aベストアンサー

とりあえず 自分だったらこうするかな? ってことで

サイズと設置状況や冬に雪が積もるのか?などなど 
不明な点が多いのですが、一般的なアイデア ってことでカンベンしてください。

用意する物
さん木(3~4cm角ぐらいの棒)  数本
葦簾(すだれのおっきいやつ)   1 枚
グリーンネット             数枚
アンカー                少々

まず、屋根に「さん木」を並べて、その上に「葦簾」を引きます。
ポイントは「さん木」と「葦簾」を交差する方向でレイアウトすることです。
「さん木」の本数は1m前後の間隔でヨロシクやっといてください。
この時、
「さん木」と「葦簾」のサイズは屋根のサイズより少し大きめが良いでしょう。
次に、
「さん木」と「葦簾」のセットが終わったら
その上から「グリーンネット」を被せます。
「グリーンネット」はその端を地面に強固に固定して下さい。
適当なところでネットに紐を繋いで紐をアンカーで固定してもかまいません。
これで完成です。

「葦簾」で日を遮り、ネットで強風時にも対応
ネットと「さん木」を緊縛しておけば
屋根に釘を打つ必要がないので雨漏りの心配がありません。
「さん木」も適当なタル木を使う事でコストを押さえる事が出来ます。
今なら、ホームセンターで全ての材料がそろいます。

ブルーシートとか間にグラスウールの安いの仕込むとか考えましたが・・・
ブルーシートはガサガサ五月蝿いし、意外と耐候性は弱い。
グラスウール仕込むと防水しとかな雨が入ると湿気で屋根が腐るし。

とりあえず 自分だったらこうするかな? ってことで

サイズと設置状況や冬に雪が積もるのか?などなど 
不明な点が多いのですが、一般的なアイデア ってことでカンベンしてください。

用意する物
さん木(3~4cm角ぐらいの棒)  数本
葦簾(すだれのおっきいやつ)   1 枚
グリーンネット             数枚
アンカー                少々

まず、屋根に「さん木」を並べて、その上に「葦簾」を引きます。
ポイントは「さん木」と「葦簾」を交差する方...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング