出産前後の痔にはご注意!

タイトルのような、ラストに衝撃的などんでん返しのある推理小説を探しています。
短編・長編どちらでも結構ですが、出来れば短篇集が望ましいです。

細かなトリックを積み重ねるタイプではなく、思わず「アッ!」と驚けるような、
誰にでもわかりやすく、衝撃的な謎解きのある作品が読みたいのです。

皆さんの知る「これぞ!」という最高傑作を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

東野圭吾さんの



「仮面山荘殺人事件」


 がオススメです


単純な話ではあるのに、いざ結末が分かった時
騙されたー!!とちょっぴり悔しかったです(笑)

B級の話ではありますが、東野さんの隠れた名作だと思っています


ご参考までにどうぞ♪
    • good
    • 1

私は主に海外の翻訳ミステリ愛好家です。



まずパッと思い浮かんだのは、アガサ・クリスティの『アクロイド殺し』(ハヤカワ・クリスティ文庫)です。
真犯人に関するトリックで、驚愕の真相が明かされ、当時のミステリ界に大きな波紋を投じた作品です。

同じく、本格物の黄金時代で忘れることができないのは、エラリー・クイーンです。
初期の国名シリーズは、基本的に終盤になると「読者への挑戦」の頁が挟まれるのですが、なかなか真相はつかめません。
特に第2作の『フランス白粉の謎』(創元推理文庫)では、最後の1行で真犯人の名前が明かされ、ビックリしました。
又、『悲劇四部作』(創元推理文庫、ハヤカワ文庫)の結末も意外性充分です。

ジョン・ディクスン・カーの長編は勿論ですが、短編集『パリから来た紳士(創元推理文庫のカー短編全集3)』の表題作は、カー渾身の1作でしょう。(ただ、海外ミステリの歴史をご存じない人には、この意外性は分からないかも知れません)

その他にも挙げればキリがないのですが、最後にお勧めしたいのが、フレドリック・ブラウンの短編集『まっ白な嘘』(創元推理文庫)です。
フラウンはアメリカの作家ですが、短編の名手で、奇抜な発想と軽妙でテンポのよい語り口、結末の意外性で人気がありました。
    • good
    • 0

アガサ・クリスティの「検察側の証人」が思い浮かびましたが・・。


映画化もされていて(邦題は「情婦」、監督はビリー・ワイルダー)
とても有名な作品ですので、
もしご存知でしたら、すみません。
    • good
    • 1

こんにちは



百田尚樹(ひゃくた なおき)さんの
「幸福な生活」という短編集をご存じですか?
帯に「最後の1行がこんなに衝撃的な小説はあったろうか」
とあり、そのコメントに惹かれて買いました。
まさに最後の1ページのたった1行が、あっと驚くどんでん返しになっています。
18の短編集でできていますが、優劣はあるものの、「え~っ、まさかそんな!」
と何度も思わされました。
「やられた!」と思わされたいのでしたら、お勧めです。
    • good
    • 1

推理ファンなら誰もが知っている作品で。



最後の悲劇

カーテン
    • good
    • 1

“ハサミ男” 殊能将之


そもそも最高傑作と思う小説が無いです。恐らく推理小説に対する思い入れがそれ程無くて、ジャンルとして余り興味が無いからでしょう。
その中でこの小説は途中まで気付けなかったある事実があって最後まで楽しく読めました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアッと驚く結末の日本の推理小説、作家を教えてください。

こんにちは。
私は推理小説、特に「驚愕の結末」や「大どんでん返し」
「読者が書き手にまんまと騙される」といったものが大好きです。

いろいろ読みましたが、そういったジャンルでは、
綾辻行人さんの館シリーズが一番好きです。
昔では小泉喜美子さんの「弁護側の証人」もよかったです。
ちなみに、折原一さんのはちょっと叙述が複雑すぎて、
かえってインパクトが薄いかなと思いました。

皆様オススメの、アッと驚く結末の日本の推理小説、
作家を教えてください。
(社会的弱者や貧しい人を扱った暗くて悲しい話以外で
お願いします。)

Aベストアンサー

文庫本の帯にも「驚愕の結末」「大どんでん返し」とかかれているのでご存知かもしれませんが、貫井徳郎さんの「慟哭」。
「どんでん返し」を十分に念頭において、注意深く呼んでいったので納得のいく結末ではありましたが、十分楽しめました。彼の他の長編作品もそれぞれ少しずつパターンを替えた「どんでん返し」を味わえました。

Qミステリー小説で「不朽の名作」と呼ばれている作品

ミステリー小説で「不朽の名作」と呼ばれている作品を教えてください。海外翻訳ものではなく、日本の小説が良いです。

「不朽の名作」の定義ですが、少なくとも1990年以前に書かれたもので、できれば「個人的に面白かった作品」ではなく、一般的に「不朽の名作」と呼ばれている作品が良いです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■『心理試験』 江戸川乱歩

犯罪がバレるのはつまらない小細工を弄す事がその原因であるという持論から、小細工を徹底的に排除した犯罪計画をたてる男の話。彼は事件に関係のあることでも隠す必要のない事柄に関しては逆にあからさまにしていく。

通常の推理小説で犯人が発覚する要因を犯人自らが自覚し、それを排除する様が印象的で、読者を擬似共犯者の心境にして物語へと引き込んでいく名作。日本の倒叙(とうじょ)ミステリー物の祖だと言われる。

■『獄門島』 横溝正史

瀬戸内海に浮かぶいにしえの流刑地『獄門島』
この島の鬼頭家の家督をめぐり、陰惨な殺人劇が繰り広げられる。

見立て、トリック、犯人の仕掛けと、最高の完成度を誇る名作。
本作を日本ミステリ史上ベスト作品に推す人は多い。

■『ドグラ・マグラ』 夢野久作

「日本探偵小説三大奇書」に数えられている名作で、構想・執筆に10年以上の歳月をかけて完成された。
大正15年頃、九州帝国大学医学部精神病科の独房に閉じ込められた記憶喪失中の若き精神病患者の物語。
その常軌を逸した内容から、「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす」とも評されている。

■『黒死館殺人事件』 小栗虫太郎

探偵小説の要素をことごとく詰め込んだ傑作で、日本のオカルティズム・衒学趣味小説の代表書といわれる。
内容に含まれる膨大な知識量から「推理小説の一大神殿」とも称される。

■『他殺岬』 笹沢左保

1985年の作品。誘拐物として展開の仕方が秀逸。こんな着地点があり得るのかというほど驚愕の結末に辿り着く。
プロットの完成度が突出した名作。

■『心理試験』 江戸川乱歩

犯罪がバレるのはつまらない小細工を弄す事がその原因であるという持論から、小細工を徹底的に排除した犯罪計画をたてる男の話。彼は事件に関係のあることでも隠す必要のない事柄に関しては逆にあからさまにしていく。

通常の推理小説で犯人が発覚する要因を犯人自らが自覚し、それを排除する様が印象的で、読者を擬似共犯者の心境にして物語へと引き込んでいく名作。日本の倒叙(とうじょ)ミステリー物の祖だと言われる。

■『獄門島』 横溝正史

瀬戸内海に浮かぶいにしえの流刑...続きを読む

Q小説「半落ち」が直木賞で落選させられた「致命的な欠点」って何ですか。

なにやら、
選者に「致命的な欠点」を指摘されて、
直木賞をとりそこなったと聞きました。

その「致命的な欠点」とはいったいなんだったのでしょうか。

googleで検索してみましたが、よくわかりませんでした。
(どうも「言いがかり的」なものである可能性が、
高いようですが・・・)

どなたか簡潔に教えてください。

Aベストアンサー

選考委員の北方謙三さんが「これっておかしいんじゃないか」と疑問を口にして、主催者側がある機関に問い合わせたところ、「(規則上)ありえません」との回答が来たそうです。北方さんはそれを「ちょっとしたミスではあるが、作品として成立しないほどのものではない」と見ていたのに対し、同じく選考委員の林真理子さんが記者会見で酷評し、「今までたくさんの賞を受けている作品なのに、誰も気づかなかったのか。ミステリー業界も悪い」と業界批判。「読者と差実作者側ではこだわるところが違うようだ」と読者批判とも取れる発言をし、大きな議論となったようです。
その内容に関しては参考URLに詳しいですが、作品をこれから読むつもりの方は決して見ないように。お願いします。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~katsuaki/sesou49.htm

Q荻原浩さんの『噂』の被害者について(ネタバレあり!!)

こんにちは。
ご回答よろしくお願いします。
(ネタバレになってしまうと思いますので、未読の方、ご注意ください!)

昨日、荻原浩さんの『噂』を読み終わりました。
最後の一行に衝撃!
しかし、どうもモヤモヤしています。
というのも、犯行の順番がわからないのです。
レインマン(男のほう)の被害者は3名ですか?
私の認識では
一番目に康代(サキ)さん
二番目が美幸さん
三番目が久美さん
だと思っているのですが
はて…美幸さんのニュースをサキと一緒に見てましたよね?
サキと康代さんは別人ですか?
一番最初に殺されたのは誰?
サキのせいで犯行に及んだのでは?
と、ぐちゃぐちゃに混乱してしまいました。
何度読み返しても、どうも整理がつきません。
ですので、被害者の順番をどなたか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

被害者の順番はそれで正しいと思います。

レインマン(男の方)は精神的におかしくなっているのか、
いるはずのない人間の声が聞こえます。
後の方で他の被害者の足と「会話」している場面がありますね。

そしてサキと一緒に美幸さんのニュースを見ている所ですが、
この時点でサキは足しかありません。

サキとの会話→先ほど書いた通り精神がおかしいから。
食べ物→サキが食べているとは書いていない。
サキへのメール→サキの携帯をレインマンが持っている。

また、食堂での回想でもサキが登場しますが、
中のものを腐らせてしまった→足が腐っている。
謎が多すぎる→何も調べずに足以外の部分を捨ててしまった。

さらにレインマンの会社に小暮と名島が事情聴取に来る場面ですが、
部屋から消えた→足を捨てた。

結構前に読んだので自信はありませんが…こういう意味だと思います。


人気Q&Aランキング