皆さんは「愚姉」「愚女」という言葉が使われているのを見かけたことはありますか?
本を読んでいて、「愚兄(ぐけい)」・「愚弟(ぐてい)」・「愚妹(ぐまい)」は出てくるのですが、「愚姉」は今だかつて見たことがありません。IMEの変換においても、前者3つは出てきますが、「愚姉」だけが変換できません。
一応、広辞苑や日本国語大辞典には記載があるのですが、実際に文章の中で見たことがあるという方はいらっしゃいませんか?もしいらっしゃれば、誰の何という作品に出てくるかを教えてください。
また、「愚息(ぐそく)」はよく聞きますが「愚女(ぐじょ)」は見たことも聞いたこともありません。「愚姉」同様、辞書には載っているがIMEで変換できない、というパターンです。ATOKをお持ちの方は、変換できるかどうかを教えてください。

他のものに比べて「愚姉」「愚女」の使用頻度が突出して低いとすると、何か理由は何かあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ATOKユーザーです。



 愚姉 出ました。元から入っていたのか、私が以前使ったことがあって、辞書が覚えたのか、分かりませんが。

 愚女 は出ません。

 ついでにいうと、「愚妻」というのもありますね。一発変換です。

 愚父、愚夫 ともに出ます。


 「愚姉」があまり使わないのは、そのような言葉を使うのは大人であること。小中学生がお姉さんを称して「愚姉」とは言いません。

 発言者(弟か妹)が大人であれば、その時点で姉は結婚している可能性が高く、嫁いで行ったら他家の人です。

 他家に嫁げば、管理責任は婚家の夫・姑にあり、「姉が愚かだ」と言うことは、その婚家の主等のしつけが成っていないということになります。

 つまり、「姉」は自分同様に謙遜・卑下の対象とすべきではないのです。

 愚妹、愚弟はまだ、自分の親の管轄下あることが多く、自分と同様に謙遜・卑下の対象とすべきです立場ですので、使われます。

 愚兄は、一家を構えていても、本家と分家の関係となる(本家は威張る分分家の面倒をみる)ので、やはり他人に紹介する場合は謙遜・卑下の必要があるように感じます。

 「愚女」が使われない理由はよくわかりませんが、娘とは深窓に置くべきもので、公式の場で卑下して見せる必要が少ないからでしょうか?

 あるいは、女性全般に対する侮辱とも受け取られかねないので、自主的に削除してしまったのか。

 ふつう「愚女」と言われて、自分の娘のことだと思い至るのは難しかろうと思いますので、使われないのはいいことなのでは?

 せめて「愚娘」くらいの言葉があっても良かったように思いますが、ないのは残念です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
愚妻、はIMEでも変換できました。

“「愚姉」があまり使わないのは”以降、いたく納得してしまいました!
仰る通りですね。大人である発話者の「姉」は余所の家の「嫁」となっている可能性が高く、謙譲表現することはない、と。盲点でした。
確かに「愚女」と言うと発話者の娘というよりはそのまま「愚かな女」だと思ってしまいますもんね。言葉として広く浸透しなかったのも肯けます。

「愚息」があるなら「愚娘」もあるだろう!と思って(ぐじょう)(ぐにょう)で辞書を引いてみたのですが、空振りでした。

お礼日時:2012/10/16 09:14

 愚姉=姉をへりくだって紹介する言葉


・・・と辞書にも載っておりますね。

以下は素人の浅墓な推測ではありますが、ご参考までに。


例えば古い時代で考えると・・・
息子が元服しており、すでに家督を継いでいる。
父はそれに伴い、すでに隠居している。
未婚であった姉が嫁ぐことになった。
家長である弟が、嫁ぎ先に対し「愚姉ですが・・」
と紹介するシチュエーションは考えられなくはないです。

現在ではこの「家督を継ぐ」と言うのが軽んじられてきています。
それに伴い、愚姉と言う紹介の仕方も廃れてきたのではないでしょうか。


さて、子供の表現のお話に移ります。
「子」と言う字は、古くは「男子」を指す意味で使われていたようです。
帰国子女、なんて使い方がわかりやすいでしょうか。
海外に長期滞在し、帰国した学齢期の男女を指す言葉ですが、
これは“子女なんだから、女子だけだろう”とは限りません。
子=男子、女=女子 をそれぞれ示しています。

「息」を付けると違いが際立ちます。
ちなみに「息」には「息がかかった身内」として、特に実子を指す意味があります。
なので「息子=男子」「息女=女子」なのです。
おわかりでしょうか。
「愚息」と言うと、息子も息女も両方を含めているのですね。
これが「愚女」と言わない理由だと思われます。


もっとも、これらの言い方は「身内」を指して使う言葉でしょうから、
他人を指して「愚女」とは言わないものなのでしょうね、きっと。
「愚男」と言う表現が無いのが、そのあらわれだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに、家督を継いだ弟(長男)がこれから嫁ぐ姉を指して「愚姉」というシチュエーション、古い時代ならあったのかもしれませんね。
畳敷きの部屋に向かい合って正座し、「愚姉ですが」と年上の姉婿に頭を下げる、○○家の当主……時代小説に出てきそうです。

>ちなみに「息」には「息がかかった身内」として、特に実子を指す意味があります。
なるほど!そうなのですね。
漢字字典をあたってみると確かに、字義に【(6)こども。むすこ。むすめ。「子息」「令息」】とありました。
勉強になりました。

お礼日時:2012/10/17 10:19

個人の乱暴というか、勇気ある造語でしょうね。


ま、謙譲語のつもりでしょうが、これから一般化するとは考えられませんね。
しかしどうも恐ろしい字面(じずら)ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに、今更一般化することはないでしょうね。
むしろ「愚女」なんかは字面から考えたら放送・出版コードに引っ掛かってくるような気すらします。

お礼日時:2012/10/16 09:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愚犬 ってどうゆう意味ですか?

愚犬 ってどうゆう意味ですか?

Aベストアンサー

漢字の意味のまま、おろかな犬のことです。

へりくだっていうときに、自分の妻のことを「愚妻(ぐさい)」、
弟のことを「愚弟(ぐてい)」などというのと同じように
自分の飼い犬のことを「愚犬」と紹介する人もいるようですね。
https://kotobank.jp/word/%E6%84%9A%E5%A6%BB-483003
https://kotobank.jp/word/%E6%84%9A%E5%BC%9F-484421

Q「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」

 日本語を勉強中の中国人です。「口語」、「文語」、「話し言葉」、「書き言葉」とこの四つの言葉の関係について、次のように思いますが、皆様はどう思われますか。

口語=話し言葉
文語=書き言葉

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
江戸時代までの日本は、統一国家というよりも、各地域をそれぞれ「殿様」が治めるゆるやかな集合体であったため、それぞれの地域の「お国言葉」が話されていたのです。
そのかわり「共通語」の役割を果たしていたのは専ら「書き言葉」として用いられていた「古典語=文語」でした。
日本では「書き言葉」としては共通語としての「文語」を用い、
「話し言葉」としては地方によって異なる「お国言葉」を用いていたのです。

現在でも「お国言葉」は「方言」として残っていますが、明治時代以降「共通語=口語」が国策によって成立したので、公的な場面の話し言葉はほぼ全国で統一が取れています。
中国の事情はよくわかりませんが、「北京語」が「共通語」となって、「広東語」などは「方言」という扱いになっているとすれば、そのような関係が成立したのです。
そして、「書き言葉」としても新しく成立した「共通語=口語」を採用する方針が定められたので、「文語」は一部を除いて姿を消しました。

そういうわけで、
現在は、「口語」=「現代語(話し言葉=書き言葉)」
「文語」=「古典語」ということになりました。

ところで、現代の日本において「書き言葉/話し言葉」の区別は、
「常体/敬体」の区別と考えられることが多いようです。

すなわち、「書き言葉」は、「だ・である体」で、
「話し言葉」は、「です・ます体」を指すことが普通になっているようです。
もちろん、「だ・である体」の文章も「です・ます体」の文章も、両方が存在するので、外国人の方には非常にわかりにくいことと思います。
お気の毒です。

>口語=話し言葉
>文語=書き言葉
というのは言葉本来の意味からは正しいのですが、

日本語の歴史の特殊事情により、実際には違う意味で理解されています。

結論から言えば、
口語=現代語
文語=古語
というのが普通の理解です。

「口語」はいわゆる「共通語(明治以降の東京方言をもとにしています)」としての「書き言葉=話し言葉」を指し、
「文語」は書き言葉としての古典語を指す呼称です。

江戸時代(19世紀)までの日本では、共通語としての「話し言葉」は成立していませんでした。
...続きを読む

Q文章の意味を教えて下さい。

斎藤緑雨の次の文章の意味を教えて下さい。
「選む者も愚なり、選まるゝ者も愚なり、孰れか愚の大なるものぞと問はゞ、答は相互の懐中に存すべし。されど愚の大なるをも、世は棄つるものにあらず、愚の大なるがありて、初めて道の妙を成すなり。」

Aベストアンサー

参考意見です。

「選ぶ者は愚かだ。選ばれる者もまた然り。どちらがより愚かなのかと問えば、答えは双方の心の在り方にある。けれど非常に愚かな者を世の中は見捨てたりはしない。はなはだしくも愚かな者がいて、初めて優れた道理を行う者が現れる(優れた治世が成される)のだ。」


政治の話かな?と思いました。

選ぶ者=一般人、投票する側・支持する側。
選ばれる者=政治家・支持される側。
…などと考えました。

ご質問の文章が発表された時代の背景を問うていらっしゃるのだと考えましたが、斎藤緑雨の語録について書かれた専門書を読まないと、明確な答えは出ないと思います。

Q男は「愚息」、では、女の場合は?

 「愚息」という自分の息子のことについて、へりくだった言い方がありますが、では、娘の場合はどう言うのでしょうか?
 ご回答いただければうれしいです。

Aベストアンサー

娘は「愚女」だったと思います。

Q愚姉(ぐし)と愚女(ぐじょ)

皆さんは「愚姉」「愚女」という言葉が使われているのを見かけたことはありますか?
本を読んでいて、「愚兄(ぐけい)」・「愚弟(ぐてい)」・「愚妹(ぐまい)」は出てくるのですが、「愚姉」は今だかつて見たことがありません。IMEの変換においても、前者3つは出てきますが、「愚姉」だけが変換できません。
一応、広辞苑や日本国語大辞典には記載があるのですが、実際に文章の中で見たことがあるという方はいらっしゃいませんか?もしいらっしゃれば、誰の何という作品に出てくるかを教えてください。
また、「愚息(ぐそく)」はよく聞きますが「愚女(ぐじょ)」は見たことも聞いたこともありません。「愚姉」同様、辞書には載っているがIMEで変換できない、というパターンです。ATOKをお持ちの方は、変換できるかどうかを教えてください。

他のものに比べて「愚姉」「愚女」の使用頻度が突出して低いとすると、何か理由は何かあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 ATOKユーザーです。

 愚姉 出ました。元から入っていたのか、私が以前使ったことがあって、辞書が覚えたのか、分かりませんが。

 愚女 は出ません。

 ついでにいうと、「愚妻」というのもありますね。一発変換です。

 愚父、愚夫 ともに出ます。


 「愚姉」があまり使わないのは、そのような言葉を使うのは大人であること。小中学生がお姉さんを称して「愚姉」とは言いません。

 発言者(弟か妹)が大人であれば、その時点で姉は結婚している可能性が高く、嫁いで行ったら他家の人です。

 他家に嫁げば、管理責任は婚家の夫・姑にあり、「姉が愚かだ」と言うことは、その婚家の主等のしつけが成っていないということになります。

 つまり、「姉」は自分同様に謙遜・卑下の対象とすべきではないのです。

 愚妹、愚弟はまだ、自分の親の管轄下あることが多く、自分と同様に謙遜・卑下の対象とすべきです立場ですので、使われます。

 愚兄は、一家を構えていても、本家と分家の関係となる(本家は威張る分分家の面倒をみる)ので、やはり他人に紹介する場合は謙遜・卑下の必要があるように感じます。

 「愚女」が使われない理由はよくわかりませんが、娘とは深窓に置くべきもので、公式の場で卑下して見せる必要が少ないからでしょうか?

 あるいは、女性全般に対する侮辱とも受け取られかねないので、自主的に削除してしまったのか。

 ふつう「愚女」と言われて、自分の娘のことだと思い至るのは難しかろうと思いますので、使われないのはいいことなのでは?

 せめて「愚娘」くらいの言葉があっても良かったように思いますが、ないのは残念です。
 

 ATOKユーザーです。

 愚姉 出ました。元から入っていたのか、私が以前使ったことがあって、辞書が覚えたのか、分かりませんが。

 愚女 は出ません。

 ついでにいうと、「愚妻」というのもありますね。一発変換です。

 愚父、愚夫 ともに出ます。


 「愚姉」があまり使わないのは、そのような言葉を使うのは大人であること。小中学生がお姉さんを称して「愚姉」とは言いません。

 発言者(弟か妹)が大人であれば、その時点で姉は結婚している可能性が高く、嫁いで行ったら他家の人です。

 ...続きを読む

Q「ヴォケ/愚」「桶具」とは何ですか。

http://www12.atwiki.jp/matango/pages/1.html

上記サイトに、「ヴォケ/愚」「桶具」といふ表現があります。「OKWave」のことを指してゐるらしい。「ヴォケ」「桶」は「OK」だとおもひますが、「愚」「具」は何ですか。

Aベストアンサー

gooしかないじゃないですか。

Q「力は山を抜き…」この抜くの意味は?

力拔山兮氣蓋世 (力は山を抜き 気は世を蓋う)

ここの「抜く」は、

「引き出す」の意味 → 愚公山を移すように山を引っこ抜く意味

「追いこす」の意味 → 天を衝く勢いが山の高さを上回った状態

のどちらに解釈するのが適切でしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 わはは、子どもの頃、万国びっくりショーに出てた謎の韓国人「力抜山」を思い出した。

 引き出すと言うより、山を突き抜くと言うのが正解では?

Q「鶏」を「庭鳥」と書くのがダメなのに、「手の平」はよく見かけるような気

「鶏」を「庭鳥」と書くのがダメなのに、「手の平」はよく見かけるような気がします。
小学校の頃、友人が日記か作文に「庭鳥」と書いていてクラス全体で
「今は習わないけど『鶏』という字があるから『庭鳥』は間違い」と指導されました。
「にわとり」の語源を調べたわけではありませんが
おそらく「庭にいる鳥」で、友人の発想そのものは間違いではないと思います。
しかし「てのひら」は「掌」という漢字があるにもかかわらず
「手の平」はよく見かけるような気がします(打ってる今も漢字変換できましたし…)
(近くに「花ぶさ」という店があるのですが、通るたびに上記のエピソードを思い出してしまいます)。

「にわとり」「てのひら」それぞれ他にも色々あるように思いますが
この二者の違いは何なんでしょうか?

Aベストアンサー

> この二者の違いは何なんでしょうか?

つまらない回答になってしまいますが(汗)、「常用漢字表」において
  「鶏」には「ケイ」と「にわとり」の音訓が掲載されているのに対し、
  「掌」には「ショウ」の音はあるものの、「てのひら」の訓はない(=表外訓)
であることが、直接の理由ではないでしょうか。
(「直接の」:同表への掲載には、実際の使用頻度や委員の信条(?)などが反映
 されていたり、といったこともあるかということで)
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
(上記サイトを表示後、ブラウザの検索機能で「鶏」「掌」でそれぞれ検索)

つまり、「にわとり」はそのものが明示されているので「鶏」を推奨し、
「てのひら」はどちらも明示されていないので、どちらでもよい、と考えた、
ということです。

・・・とはいえ、冒頭にある通り、本来この表は「漢字使用の目安を、次の表の
ように定め」たもので、その他が間違いとは言えないわけですが、特に小学校
の学校教育となると、ある程度「これが正解」という形で示さないと、教えにくいし
憶えにくい、ということで、そのような指導をされたのかな、と思います。


なお、「鶏(にわとり)」の語源については、古事記の中の歌の一節にも
  庭つ鳥 鶏(かけ)は鳴く
  さ野つ鳥 雉(きぎし)はとよむ
といったものがありますので、「庭鳥」でよいのではないかと思います。
(「かけ」の方は、鳴き声(「カケーッ」)からでほぼ間違いないかと)
http://www.umoregi.com/koten/kojiki/story.html?v=1&n=40
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/yatihoko.html
(・・・改めて検索してみたところ、順番や細かい部分で、憶え違いがあった
 ようで(汗))


> 近くに「花ぶさ」という店があるのですが

なるほど、思わず「英」の方を思ってしまうということですね。

> この二者の違いは何なんでしょうか?

つまらない回答になってしまいますが(汗)、「常用漢字表」において
  「鶏」には「ケイ」と「にわとり」の音訓が掲載されているのに対し、
  「掌」には「ショウ」の音はあるものの、「てのひら」の訓はない(=表外訓)
であることが、直接の理由ではないでしょうか。
(「直接の」:同表への掲載には、実際の使用頻度や委員の信条(?)などが反映
 されていたり、といったこともあるかということで)
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.h...続きを読む

Q大衆は愚衆!

イギリスのEU離脱。

大衆は愚衆?
ご意見伺いたいです。

大衆は愚衆だと立証されてしまったのか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

民主主義の見本のようだと感じました

口では主権は国民にあると言われていますがいつの間にか政治家(一部の国民)の思惑で政治が動かされ一般大衆(真の主権者)の望む方向とは違った方向に進んでいた。その結果が示されたのだと思います
これからイギリスの政治家の方々は民意の実現・国益を守るため困難な選択・判断を迫られますが全知全能を傾け民意の実現と国益を損なわないよう活躍することと思います
大変厳しい選択ですがそこに政治家の質が試されているのですイギリスの政治家の皆様はきっと私達を驚かせる結果を導き出すことでしょう

日本の政治家の方々も”政治家のあり方”とは何かをこの機会に勉強してほしいものです

Q「マジ」「ありえない」という言葉はいつから使われ始めた?

最初に「マジ」という言葉ですが、日本ではいつごろから使われ始めた言葉なのでしょうか?少なくても20年近く前のテレビ番組の中で、既にこの言葉が使われていたのは確認できています。そもそもこの「マジ」というのは何が語源なのですか?

「ありえない」という言葉も若い女の子の間では当たり前のように使われています。私はこの言葉にすごく違和感がありますが、いつごろから日本では話され始めたのでしょうか?そのきっかけも必ずあると思うのですが、分かる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

近藤正彦さんの歌の歌詞にもなっていたし、80年代のヤンキー言葉だった気がします。
「マジだぜ!」とか「マブイじゃねーの」とか。

「あり得る」という言葉は以前からありましたが、女子学生が
「ありえなーい」とひんぱんに使うようになったのは、「プリキュア」の少し前からだったと思います。
歌詞に「ぶっちゃけ、ありえなーい」と入っていた時に「ああ、今の流行を取り入れてるな」と思いましたから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング