出産前後の痔にはご注意!

野縁のない家はありますか?

リビングに物干しをつけたくて、野縁を探しているのですが見つかりません。

天井材の縁が合わさってTになっている所にあると聞き、いくつかの場所にねじを入れてみたのですが、すぐにカスっとなってしまいます。

下地さがしの針を今度買おうと思いますが、3か所試して全部だめだったので、不安になりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

木造で構造表しで無い限り、必ず野縁はあります、そうでないと天井が貼れませんからね。


大体、910/3のピッチで入っています。天井の端から303mmぐらいの所を探して下さい。

注意して欲しいのは野縁にはあまり強度が無いと言うことです。本来物を吊る為には機能していないので、大きな荷重がかかれば、天井が落ちますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。何とか見つかりました!
強度がないとの事で、気をつけて使用します!

お礼日時:2012/10/19 00:38

下地探しは金づちかプラスチックハンマーで軽く叩くと下地が有る所はコンコンと音がするし下地が無い所はトントンと軽い音がします。


注意して聞けば経験が無くても簡単に違いが分かるし天井に無駄な傷も付けずにすみます。
針を刺すにしてもあてずっぽうで刺すよりは大体の目安位にはなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!見つかりました!

お礼日時:2012/10/19 00:40

和室のめすかし天井やさおぶち天井には有りませんよ。


洋間の天井なら上に90CM間隔に野縁を入れてその下に十文字に30センチ間隔で野淵を入れるか広小舞を15センチ間隔で入れますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!見つかりました!

お礼日時:2012/10/19 00:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天井の下地を探すには・・・?

和室の天井の下地の場所をしりたいのですが
方法を教えて下さい。

市販の針のようなものがあるらしいですが
それ以外では無理でしょうか?
もしそれしかないとして、その道具は不器用な女性でも
使いこなせるようなものでしょうか?

ちなみに和室の天井は薄い板のようです。

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです
和室の天井でかつ、板という事ですので、引っ込んだ目地のある天井
ですよね。
下地は目地に対して直角に、かつ和室の柱の芯から910mmの
所に入ってはいます。
ですが物を吊るす機能を持ってはいません!!
和室の天井というのは、2mm位の天井板に目地の両脇に小さな
桟がくっ付いているだけというある意味脆い材料です。
それに施工する大工さんも今はその下地を910mm間隔で
吊って固定していますが、私の地方の昔の家では
リフォームなんかで目にするのですが、
下地が入っているだけでまったく吊っていない、
下地が入っていて部屋の真ん中しか吊っていない等、
業者によって昔は様々な様です。
大体下地材が必ずどちらかに弓型にひねくれているので
そのひねりのみで吊っているようです。
それほど軽い天井ですので・・・。
天井の貼り方も下地に敷目釘(しきめくぎ)という
簡単に言うと釣りに使う針の様なもので引っかかっているだけですので
物を吊る耐力はありません。
しっかり天井が吊ってあっても吊るさないのが一番です。
簡単に壊れてしまいますので。

見習い大工のマサルです
和室の天井でかつ、板という事ですので、引っ込んだ目地のある天井
ですよね。
下地は目地に対して直角に、かつ和室の柱の芯から910mmの
所に入ってはいます。
ですが物を吊るす機能を持ってはいません!!
和室の天井というのは、2mm位の天井板に目地の両脇に小さな
桟がくっ付いているだけというある意味脆い材料です。
それに施工する大工さんも今はその下地を910mm間隔で
吊って固定していますが、私の地方の昔の家では
リフォームなんかで目にするのですが、
下地...続きを読む

Q天井下地について教えて下さい(ホスクリーン設置)

川口技研のホスクリーンを設置しようと思っています。

下地探しが大変との事だったので、シンワ製の
・下地センサーSuper
・下地探し どこ太L マグネット付
の2つも準備し、作業開始しました。

築約20年の分譲マンションの最上階の部屋の天井に施工です。


「下地センサーSuper」で反応のあった部分に、「どこ太」で針を刺してみると、
下地のような物がある部分は発見できました。

しかし、その中でも、所々に3cm×3cmの金属の部分もあるようでした。
(マグネットがくっ付いてしまうため)

3cm×3cmの金属部分は何なのか分からないので避けて、
マグネットが反応せず、下地っぽい物がある所に針を刺すと、
針が約1cm刺さって、それ以上は刺さらないので、
石膏ボードが約1cmあり、その裏に下地のような物があると推測されました。

そこに2.5mmのドリルで穴を開けてみると、約3cmまで入って、それ以上は頑張っても開けられませんでした。
つまり、石膏ボードの裏に「約2cmの何か」があり、その裏に「ドリルで簡単に穴が開かない何か」があると思います。

ホスクリーンのビスの長さは5cmですが、上記のような状態なので、3cmのビスであれば現状でいけそうです。
「ドリルで簡単に穴が開かない何か」に穴を開けられれば一番良いのですが・・・。


そこで質問させて下さい。
【1】ビスの長さ5cmの物を3cmの物に変更した場合、強度はかなり落ちてしまうものでしょうか?
【2】マグネットが反応した、所々にある3cm×3cmの物は何だと思われますか?


分かりにくい文章で恐縮ですが、お知恵をお貸し下さい。
その他、アドバイスなどでも構いませんのでよろしくお願い致します。

川口技研のホスクリーンを設置しようと思っています。

下地探しが大変との事だったので、シンワ製の
・下地センサーSuper
・下地探し どこ太L マグネット付
の2つも準備し、作業開始しました。

築約20年の分譲マンションの最上階の部屋の天井に施工です。


「下地センサーSuper」で反応のあった部分に、「どこ太」で針を刺してみると、
下地のような物がある部分は発見できました。

しかし、その中でも、所々に3cm×3cmの金属の部分もあるようでした。
(マグネットがくっ付いてしまうため)

3cm×3cmの金属...続きを読む

Aベストアンサー

管理人室に建物の図面が通常は保管されています。
屋上階の天井の構造を確認してから行いましたか?
構造体にぶち当たるときや断熱材に突き刺さればビスはききませんし
構造体を傷付ければ共用部分への工事で規約違反になると思いますので
きちっと図面を確認してから工事すれば「想定」がつきますよ。

下記は参考まで
1)もちろん重さに耐えにくくなるでしょう。
2)20年前ではバブルはじけごろですか。
天井(屋根)スラブに直に石膏ボードが貼ってあるとすればそれが約1センチです。
天井のスラブがコンクリートであれば鉄筋のかぶりが3センチほどです。
もしその先の鉄筋にあたればそこから先はドリルでは穴はあかないでしょう。
これだと4センチですが、私の築15年のマンションでも床スラブでかぶり不足がありましたから
可能性はあると思います。スラブを打つときに型枠を止めるものが感知されているのでは?
構造体であればビスを打つことはできません。
現実私の住むRCマンションも天井どころか床も直仕上です。配管は中空スラブ内で、
床や天井の下地はありません。

良く図面をお確かめになったほうが良いと思いますよ。
下地がなければ他のタイプの室内干しを選んだほうが良いでしょう。

管理人室に建物の図面が通常は保管されています。
屋上階の天井の構造を確認してから行いましたか?
構造体にぶち当たるときや断熱材に突き刺さればビスはききませんし
構造体を傷付ければ共用部分への工事で規約違反になると思いますので
きちっと図面を確認してから工事すれば「想定」がつきますよ。

下記は参考まで
1)もちろん重さに耐えにくくなるでしょう。
2)20年前ではバブルはじけごろですか。
天井(屋根)スラブに直に石膏ボードが貼ってあるとすればそれが約1センチです。
天井のスラブがコンクリ...続きを読む

Q天井が薄くて補強しないと照明が取り付けられない

照明が壊れたため新しい照明を取り付けようと壊れた照明を取り外したところ、天井に本来なら固定されいるはずの角型引掛シーリングが固定されておらず、天井から電気コードとつながったまま垂れ下がっている状態でした。

古い照明器具は天井に止め金具で止めてあったのですが、天井の石膏ボードが薄くてネジが貫通してしまうのでなかなか固定できなかったのか、天井の壁に無数のネジ穴があいていました。
薄い上にもろい状態なので、角型引掛シーリングから引掛露出ローゼットに取り換えて少しでもネジ穴の無い所に固定しようと試みましたが、ネジが貫通してしまい固定出来ませんでした。

多分、天井の補強をしないとネジが利かず角型引掛シーリングや、引掛露出ローゼットが固定出来ないと思います。
電気工事店に依頼した場合、どの様な補強をしてから角型引掛シーリングもしくは、引掛露出ローゼットを取り付けるのでしょうか?
補強の方法と費用はどの位掛るのか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

天井が石膏ボードであれば、その下地に木があるはずです。その木に木ネジで固定すれば問題ないですよ。その間隔で照明が固定出来ないようであれば、一度他の板を天井に固定することになるでしょうか(下地の木複数に固定出来るだけの大きさが必要)。その上で、その板に照明を取り付けてください。
http://www.jyaguchi-do.com/s_html/sf/gi/attachment.html

または石膏ボード用のアンカーを使うかです。この場合は石膏ボードの強度に左右されますので、下地に固定するよりは耐えられる重さが少なくなります。まぁ、極端に重くない照明であれば問題ないかと思いますよ。
http://www.seedsfactory.co.jp/fastener/fastener.htm

Q石膏ボードの耐荷重について教えて下さい

石膏ボードの壁面にボードアンカーを使って、
重さ約10kgの器具を着けたいのですが、
石膏ボードの耐荷重を教えて下さい。

ボードアンカーの耐荷重は1点当たり15kg以上あり、
4点で固定するので問題ないと思いますが、
石膏ボード自体が耐えられるか、分りません。

石膏ボードの厚さは、9.5mmか12.5mmです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

石膏ボードは荷重をかけるものではないです。
10kgくらい大したことないと思いますがアンカーの物や施工しだいだと思います。
多少取り付け位置をずらせるのでしたら、ボードの下地を探して2ケ所くらい下地に止めたほうが安心できると思います。
ボードアンカーだけなら6ケ所固定してはどうですか。
もしボロッとなった場合同じ場所に取り付けるのは困難です。
私の使用する物は9.5mmのボードで24kgとかいてあります。
普通壁は12.5mmが多いと思います。
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kokusai/syohin1.html
石膏ボードはぺらぺらの紙で板になっています。
石膏にはほとんど強度はありません。
クロスがあればボードの継ぎ目もわかりません。

Q間柱のサイズの規定についてご存知ないでしょうか。

構造用合板の継ぎ手部分ではなく、 構造用合板の中央縦(中心線)の固定に位置する間柱になります。壁の倍率を見込む条件として間柱のサイズの規定はあるのでしょうか。

(通常柱が105ミリ×105ミリならば間柱は105ミリ×30ミリ、又は105ミリ×27ミリを使用されているのはよく目にします。その他105mmや90mmより細い材料を使用されているのを調べました限りでは、現実の強度は別として、特に規定が無くどんなサイズでも良いようですが、間違いないでしょうか)

最小でも45mmx40mmを平で使用を推奨されている記載や、45mmx30mm使用も割りにあるようですが、こういった条件でも壁倍率を見込むことができるということで間違いないでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直しを命じます。

>ちなみに柱と柱の中央455mm位置の既存間柱はありません。
新たに間柱取付する必要があります。
間柱の主要な役割は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持が主要な役割です。
建物の沿直荷重等の負担は無いですからね。
要は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持に必要な断面寸法で有れば良いだけですから。
構造用ボード継ぎ目に用いる間柱寸法の推奨値としては、36×105ですね。
その他の間柱にあっては、27×105、30×105が推奨断面です。

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直し...続きを読む

Q和室天井へのベニヤ重ね張りについて

和室の天井が、化粧合板、俗に言うラミ天なんですが、
この上からシナベニヤの4mmか5.5mmを重ねて張ろうと思っています。

ビスや釘はほとんど効きそうに無いので、建築内装用ボンドG10等で張ろうと思うんですが、
ボンド(と乾くまでの仮固定用の釘)だけで問題ないでしょうか?

ちなみに、屋根裏に上がってみたところ、だいたい900mmピッチで下地の木が入っていました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベニヤを貼ってそれを化粧とするのか、クロスの下地としてお使いになるのかそこがよくわかりません。

化粧とするのなら、シナベニヤ自体きれいな木目なのですが、枚単位で木目柄がひどく変わりますので、見るに堪えない仕上がりが予想されます。
張り付け自体は、軽いものなので、ボンド、仮釘程度でいけるでしょう。貼り継のところを、よほど丁寧にくっつけないと、踊るでしょう。

下地として、貼る目的なら、薄いベニヤでは不可です。ビスが沈まないから。。。継ぎ目が踊るので。
PB9mmが一番適しているのですが、重量がありますので、ラミネート天井(通称、底目天井)では、もちに不安があります。

ここは、継ぎ目のなり と軽量を考えて、5.5mmで施工されたらいかがですか?ビスは使わず、ボンドとエアフィニッシュを使えば、手早くできます。 

見上げの作業、足場もいりますので、考える以上にしんどい仕事なのと、準備に手間がかかりますね。


人気Q&Aランキング