画像データを含むRichTextをTRichEditコンポーネントのLoadFromFileメソッド(正確にはTRichEdit->Lines->LoadFromFileメソッド)で読みこんだときに画像が表示されません。どうしたらよいのでしょうか。
TRichEdit->LinesはTStringsクラスです。
使用言語はC++Builder 5.0、OSはWindows98です。

A 回答 (1件)

TRichEdit->Linesの替わりに


Imageコンポーネントを使ってみてください。簡単に表示できるはずです。
参考サイトに沢山、講座などがあります。

参考URL:http://www2.famille.ne.jp/~akio1998/l_cpb.html

この回答への補足

回答ありがとうございます。
TRichEdit->Linesの替わりに
TImageコンポーネントを使った場合、
「拡張子.rtfの画像形式は処理できません」
というエラーが出るのですが、どうしたらいいでしょうか?
また、TImageコンポーネントを使った場合、テキストの編集はどのように行えばよいのでしょうか??

補足日時:2001/05/21 21:21
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC++BuilderのMemoコンポーネントについて

現在Memoコンポーネントに実行結果を出力するプログラムを作っているのですが、

Memoコンポーネントの編集を不可にすることはできるのでしょうか。

また、MemoコンポーネントにあらかじめLinesで書き込んでおいた文字列を選び、リンクのようなものを貼り、違うフォームを開くなんてことはできるのでしょうか。

初心者で簡単な質問かもしれませんが、よろしかったらアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

Memoコンポーネントを編集不可にするには
ReadOnlyというプロパティをtrueにします。

QBorlandC++Builder5.0でリンカエラー

現在A/D変換ボードの制御をしようとしています。
ボードのインストールも行なったのですが、以下のエラーが出て困っています。

外部シンボル 'AdOpen' が未解決(C:\PROGRAM FILES\BORLAND\CBUILDER5\PROJECTS\MAG\MAIN.OBJ が参照)と出てしまいます。

mainはシンプルなのですが...
void __fastcall TForm1::OpenDevClick(TObject*Sender)
{
device_handle = AdOpen("FBIAD1");
if(device_handle == INVALID_HANDLE_VALUE){
ShowMessage("Err : デバイスのオープンに失敗");
return;
}
}

そもそもこのエラーはなぜ出るのですか?

Aベストアンサー

> [リンカ エラー]'FBIAD.LIB' contains invalid OMF record, type 0x21 (possibly COFF)
>
> さっぱりわかりません(^^;)

コンパイルしたもの(.objなど)には、決められたフォーマットが幾つかあって、
それが期待したのと違う(OMF というフォーマットで読もうとしてるんだけど、
タイプが違う、もしかしたら COFF というフォーマットかも)ということみたい。

多分 VC++ だったらいけると思う。

もしくは、変換ツール(coff2omf みたいな)が BC++ についてるとか。

A/D変換ボード用のライブラリは、DLL で提供されているものなんでしょうか?
であれば、implib で、インポートライブラリを DLL から作り直しましょう。

QC++Builder Ver6.0.でコンポーネントを追加方法?

C++Builder Ver6.0を使っていますが

「 CommX.pas, CommX.dcr をライブラリパスの通ったフォルダにコピーし、
CommX.pas をインストールして下さい。」

とあるのですがどのように進めたらよいのでしょうか?
手順を教えてください。

コンポーネントのインストールの方法手順のサイト
がありましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

参照設定がされていないのでしょう。
コンパイル時に参照されるフォルダにコピーするか、
任意のフォルダに置いておいて、そのフォルダをリンク用のフォルダとして追加してください。
私の場合ですと、私的に手に入れたものは標準のコンポーネントとは区別しておいておきたいので、ビルダーのあるフォルダ(C:\Program Files\Borland\CBuilder6\)に
\MyVCL
というフォルダをつくり、そこに保存しています。
こうすると、ビルダー自体がバージョンアップしたときに持っていく作業が楽になりますからね。
で、ビルダーを立ち上げて、[プロジェクト]-[オプション]を開き、[ディレクトリ/条件]タブを出します。
インクルードパスとライブラリパスにそれぞれ
;$(BCB)\MyVCL
を追記して、最下部のデフォルトのチェックボックスにチェックを入れてOKを押します。
これで、次回からのデフォルト設定で、MyVCLフォルダも参照してもらえます。

ここまで終わったら、コンポーネントのインストールで、ユニットファイルにコンポーネント(ここではCommX.pasですね)を指定して、パッケージに入れて、コンパイルします。
最後に、パッケージファイルを保存するのをお忘れなく。
これで、うまくいけば、コンポーネントファイルで指定されたタブにアイコンが追加されるはずです。(CommXだとLibというタブになるのかな?)

参照設定がされていないのでしょう。
コンパイル時に参照されるフォルダにコピーするか、
任意のフォルダに置いておいて、そのフォルダをリンク用のフォルダとして追加してください。
私の場合ですと、私的に手に入れたものは標準のコンポーネントとは区別しておいておきたいので、ビルダーのあるフォルダ(C:\Program Files\Borland\CBuilder6\)に
\MyVCL
というフォルダをつくり、そこに保存しています。
こうすると、ビルダー自体がバージョンアップしたときに持っていく作業が楽になりますからね。
で、...続きを読む

QBorland C++ Builder > Active-X をつくるには

こんにちは。

今 Borland C++ Builder 6 (personal)をつかって
Active X コントロールを作ろうと思っていますが、
VBのようにウィザードが無いので雛形が無くて
困っています。

この手の情報が少ないので、以下の点について
知っている方教えてください。

1)Borland C++ BuilderでのActiveX作成方法
2)C++ Builder でのサンプルソースがある場所

よろしくお願いします

Aベストアンサー

Pro以上ならウィザードあり

http://www.borland.co.jp/cppbuilder/papers/cb3guide/cb3guide11.html
http://www.borland.co.jp/cppbuilder/papers/cb4guide/cb4guide14.html

QC++Builder → Visual C++ 移植について

C++BuilderXを使って開発したアプリケーションがあるのですが
64bit版Windowsへの対応の要件が出てきました。
ところが、C++Builderがいまだに64bit版Windows未対応(2009年中頃対応予定との事)
なので、Visual C++での作成を検討しなくてはならなくなりました。

と言った状況なのですが、
C++Builder → Visual C++ に移植する際に、どういった問題点が出てきますでしょうか。
VCLを使っているところなんかはもちろん見なければならないでしょうが
他に注意するべき点などはありますでしょうか。

詳しい方がいらっしゃいましたらお教え願います。

Aベストアンサー

文法面ではTemplateまわりにコンパイラごとの違いが出やすいですね
VCもコンパイラのバージョンによってかなり違いがあるので
どのバージョンによるかで変わってきます
あまり複雑なTemplateの使い方は移植性を考えて
避けておくのが無難です。

後はC++Builder特有の拡張ではプロパティの宣言がありますね

あと文字列操作とファイルディレクトリ操作の関数も
C++Builder特有のものがあるので、使ってるかどうか注意が必要です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報