パソコンで使う言葉で「拡張子」という言葉がありますよね。
(.exe とか .txt などなど)

 「拡張」って、「広げて大きくすること」と国語辞典に書いてあったのですが、
どういう関係があるのですか。

「拡張子」という言葉の語源は何でしょうか。

「拡張子」は外国語の訳語かもしれません。元の言葉の語源はなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

なにかを広げる、増やすというイメージは間違ってないと思います。


他にもコンピュータの世界では「拡張領域」とか「拡張文字」
「拡張コマンド」などの用法があり、これらは大抵、もともとあった
文字集合やコマンド群などに、あとから追加するときに使われる
ものです。
廉価版で売っている製品に、より詳細な機能が追加できるものを
「拡張キット」などと称し販売する例もありますね。

さて、拡張子の場合は、情報が付け加わったとみることもできるし、
それによってたくさんのファイルが「拡張」できる、とみることも
できます。
しかし、拡張というのは本来のものが広がるのであって、あるものが
別物になるときにはいいませんよね。ファイルにさまざまな拡張子を
付けるとき、たとえばabc.exe.dll.readable.writable.gz...などと
どんどん性質が「追加」されるならそういう情報の拡張だという
気もしますが、実際にはそうではありません。
また、aaa.exeだったら実行可能ファイル、aaa.txtならテキストファイル、
ということだけのものならば「拡張子」ではなくファイルの種類を
識別するための「識別子」でいいことになります。

このように考えてみると、私は以下のような意図で付けられたものだと
感じます(本当のところは当時の命名者に聞かないとわからないかも
しれませんが)、
「ファイル名として8文字使えますが、なんと、さらにうしろに
3文字も『拡張』させて特別な意味を持たせることができるんですよ!
どうです、ゴージャスなシステムでしょう?」

つまり実際のファイルの種類よりも意味よりもまず、
「名前に使える文字列の領域が拡張されている」。
昔のコンピュータはメモリも限られてますから、ファイル名につかう
情報もできればすごく小さいほうがいい。8文字あれば十分じゃ
ないか、それは今までのOS。この新発売OSは、さらに3文字も拡張
されてるのですよ奥さん。

きっと、このときの命名者が数年前の郵政省にいたら、あの郵便番号の
うしろに付ける4桁数字も「拡張子」と名付けていたのではないか、
そんな気がするんですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びお答えくださいまして、ありがとうございます。

>また、aaa.exeだったら実行可能ファイル、aaa.txtならテキストファイル、
>ということだけのものならば「拡張子」ではなくファイルの種類を
>識別するための「識別子」でいいことになります。

そうですよね。
「識別子」という名前の方がふさわしいですよね。

>「ファイル名として8文字使えますが、なんと、さらにうしろに
>3文字も『拡張』させて特別な意味を持たせることができるんですよ!

これは、名前の長さを拡張する、ということですね。No.2の方の回答に近いですね。

>「名前に使える文字列の領域が拡張されている」。
>昔のコンピュータはメモリも限られてますから、ファイル名につかう
>情報もできればすごく小さいほうがいい。8文字あれば十分じゃ
>ないか、それは今までのOS。この新発売OSは、さらに3文字も拡張
>されてるのですよ奥さん。

名前の長さを長くするというのは、
ファイルの名前を入れる領域を拡張する、ということなんですね。

ということは、結局、「拡張子」には「拡張する働きをするもの」という意味は無いんですね。

お礼日時:2001/05/20 18:17

> 結局、「拡張子」には「拡張する働きをするもの」という意味は無いんですね。



あくまでも私の業務上の経験からということになりますので、もしか
するとどなたかが「これをこう拡張するという意味なのだ」と主張される
かもしれませんが、元の意図はどうあれ、少なくとも
「拡張子.XXXを付けて、○○を拡張しましょう」
という言い方は聞いたことが無いし今後もないと信じます(Microsoft
がその意味合いを定義しなおしたOSを将来発売すれば別ですが)。
    • good
    • 0

UNIXでは、ファイル末尾の文字列を「Suffix」接尾辞といい、


extensionとは呼びません。これを取り入れたMS-DOSにおいて、
より厳密に言えばMS-DOSがお手本にしたCP/Mで使われだした用語です。

「.」以下3文字を特別扱いしてファイルの性質を拡張したものです。
(ただのファイルから実行ファイルやテキストファイルへ…のように)

一方、例えばUNIXではファイル名とは別に属性を用意して実行可能か、
読み込み可能かなどを表しています。(だから、特に.txtという
名前だとしても別になにかを拡張しているわけでもないので
拡張子とは言わないんですね)
MacOSでもやはりファイル名で判断するのではなく、ファイル中に含ま
れたクリエータやファイルタイプなどの情報を使用するので、「拡張子」
という言葉はあまり使われません。

extendが拡張するという意味ですから、「拡張子」の「拡張」は単純に
extensionを訳したものでしょう。「子」というのは、「演算子」
「識別子」などのように、ある性質を持った部分文字列のことでしょう。
(分子、電子、陽子、中性子の「子」と同じ、「小さな部分」を表す
言葉だと思います)

この回答への補足

「子」に付いてはわかりました。

>「.」以下3文字を特別扱いしてファイルの性質を拡張したものです。
>(ただのファイルから実行ファイルやテキストファイルへ…のように)

すみません。ファイルの性質を拡張、と言うのがよくわかりません。

例えば、abcdefg というなまえで考えてみると、
.ナントカ
というものを付け加えて、
abcdefg.txt
abcdefg.exe
abcdefg.dll
abcdefg.zip
というファイルを作ると、
「ほら、たくさんのファイルができました。」
ということになりますが、
このように、ファイルの数が増えることでしょうか。

それとも。。。
abcdefg
に比べて
abcdefg.exe
というのは、「これは実行形式のファイルですよ」という情報が付け加わっています。
このように、情報が付け加わることを「拡張」と言っているのでしょうか。

なにか、私のイメージする「拡張」という言葉は、広げる、小さいものを大きくする、とか、何かを増やすこと、とかいう意味なのですが、そのイメージが間違っているのでしょうか。

補足日時:2001/05/20 16:59
    • good
    • 0

ちょっと調べてみましたが、


意味は分かってても由来はなかなか出てきませんね。
原語については下の方が仰っている通り「extension」です。
(ここまでは調べれば解ることなんですけどねぇ。)

で、
> どういう関係があるのですか。
そのまんまの意味ですよ。
拡張のために与えられる分節だから「拡張子」なのです。
「ファイルネーム」を拡張して、
そのファイルカテゴリを示す情報を付け加えているわけですね。
御理解いただけました?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>「ファイルネーム」を拡張して、

「拡張」しているのは、ファイルの名前なんですね。
例えば、
abcdefg
の後に .txt をつけ加えて
abcdefg.txtという名前になると、
.txtの分だけファイルの名前が長くなる、
そのことを「拡張」と言っているわけですね。

ご回答の趣旨はそういうことですね。

補足日時:2001/05/20 16:20
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトに関連質問の回答があります。


「拡張子」
このページで
「拡張子 (extention)」
の記載があります。
この「extention」の和訳からきているのではないでしょうか?

それにしても「子」の解釈は分かりませんが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://page.freett.com/much/PC/glossary.html

この回答への補足

 早速のアドバイスありがとうございました。

 extention(extension)の訳語ですね。

で、問題なのは、何がどう「拡張」なのか、です。
(gooの和英辞典では、extensionというつづりになっていました。)

補足日時:2001/05/20 13:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q拡張子の表示方法

ドコモのSH700iで音楽を聴こうと、ミニSDカードへファイルをつくるまでは良かったのですが、VOICEのフォルダへドラックして拡張子を変更したいのですが、m4aの拡張子がはじめから表示されておらず、形式の変更ができずに困っています。
どなたか拡張子の表示方法をご存知の方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

自分のケータイはSDカード使えないのでやったことありませんが...
エクスプローラのメニューから「ツール」、「フォルダオプション」、表示タブ中の詳細設定を最下部までスクロールすると、「登録されている拡張子は表示しない」にチェックがついていると思います。そのチェックをはずせば拡張子の表示ができると思います。

Qパソコンのデータにある拡張子についての質問です、拡張子はユーザーがそのデータを一目で理解するための機

パソコンのデータにある拡張子についての質問です、拡張子はユーザーがそのデータを一目で理解するための機能だと思うのですがフリーソフトなとをダウンロードしていると拡張子を変更することで使用できたりしますがユーザーが見やすくなる機能ではなく拡張子自体に意味があるのでしょうか?
拡張子の中には.oldなど古いソフトを意味していますがこれはファイルの拡張子をoldにするとそのフォルダが古くなるということですか?

Aベストアンサー

>  ファイルの拡張子はファイルの開き方、という意味だけですか?
> ファイルの内容は一切変わらずただ開き方が変わる、というだけと解釈してもいいのですか?
そのとおりです。
ファイルの名前(「.」の前)を変えても、拡張子を変えてもファイルの中身(データ)は一切変わりません。
拡張子を変更すると「拡張子とアプリを関係づける表」の対応がなくなるため適切なアプリで起動できなくなります。
しかしもう一度元の拡張子に戻すと以前のように起動できます。拡張子を変更していた間にファイルの中身が勝手に変わることはありません。ただし、ついうっかり別のアプリが起動できる拡張子にしてしまった場合はこの限りではありません。中身が変わったかどうかはファイル名に付属しているタイムスタンプでわかります。

この関係をうまく利用して隠しファイルやバックアップファイルにしておくことができますが、そのためには「拡張子とアプリを関係づける表」にはない「無効な拡張子」にしておかないと何かのアプリが操作してしまうことがあります。どんな名前の拡張子にするかは十分注意して自己責任で行ってください。

>  ファイルの拡張子はファイルの開き方、という意味だけですか?
> ファイルの内容は一切変わらずただ開き方が変わる、というだけと解釈してもいいのですか?
そのとおりです。
ファイルの名前(「.」の前)を変えても、拡張子を変えてもファイルの中身(データ)は一切変わりません。
拡張子を変更すると「拡張子とアプリを関係づける表」の対応がなくなるため適切なアプリで起動できなくなります。
しかしもう一度元の拡張子に戻すと以前のように起動できます。拡張子を変更していた間にファイルの中身が勝手...続きを読む

Q拡張子の表示方法

お世話になります。
ファイルの拡張子の表示方法の問い合わせ。
通常のフォルダオプションからの方法では他のファイルは表示されたのですが、該当のファイルは
表示されません。
その他の方法はあるのでしょうか?
OS WIN7 64ビット Pro 他のデータが問い合わせ上、必要であれば表示します。連絡下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元々、拡張子がついていないファイルもあるので、そういうものは表示されません。

拡張子が表示されず、どのようなファイルか調べたいのなら「極窓」を使えばわかるものもあります。

http://www.55555.to/index.htm
こちからから極窓をダウンロードして調べてみてはいかがでしょう。
(VisualBasic6.0(SP6)ランタイムライブラリが必要です)

Q「パニック」という言葉の 語源 意味 その他何でも「パニック」に関すること訓えて下さい?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

「パニック」という言葉はすでに日本語として定着していますが。
「パニック障害」という「病気」のパニック

の意味に「思うことがありまして」。

「パニック」という言葉の
1)語源
2)その他の意味
3)役に立つこと何でも
訓えていただけましょうか。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

"panic" の語源である "Pan"(パーン)とは、ギリシア神話に登場する牧神で、
山羊のような姿を持つ伝令神ヘルメスの息子です。
熱情・恐慌を司る神としても知られ、人がパニック状態に陥るのはこの神の
しわざだと信じられてきました。

詳しくは参考 URL に要領よく書いてありますが、ある日テュフォーンという
怪物が現れ、あわてて川に逃げ込んだら頭が山羊、下半身が魚という
間抜けな状態になってしまったそうです。
パニックをもたらす神がパニックになるとは面白いですね。

ところで、
>「パニック障害」という「病気」のパニック
>の意味に「思うことがありまして」。

の「思うこと」とは?差し支えなければ教えていただけないでしょうか。
私自身パニック障害を抱えていますので、それがわかれば医学上の見地から
何か言えるのではないかと思います。

参考URL:http://www.himawari.sakura.ne.jp/~yumi/space/star/greece/cap-g.htm

Q拡張子の表示方法

現在フォルダにでてくるデータには名前だけで
拡張子がついてこないので、名前と拡張子がでるようにしたいのですが
どこで変更すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」→「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外してください。

Q「ようけ」の語源は「余計」でしょうか?

まず、この質問はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=218232を踏まえたものです。すぐに締切りになってしまったため、あらためて自分の質問として呈上させてもらいます(質問者のnuoh氏、回答者のminatouri、trunkman両氏には失礼になりますが、他意はありません。かねてよりの私の疑問でもあるので、どうかご容赦ください)

「ようけ」という言葉の語源はなんでしょうか。「余計」かとも思うのですが、考えていくとあまり納得できないのです。
というのは、
(1)「余計」は江戸時代から使われだした割と新しい言葉です。一方の「ようけ」は方言ですから始まりははっきりしませんが、ようけ、ようけい、ようき、などという地方の広がりから見て、それよりは古いように思えます。
(2)「ようけ」は純粋に、沢山、という多さを表すだけですが、「余計」は多すぎて不要だ、という否定的なニュアンスがありますから、意味合いがかなり違います。

なら何なのか? と言われると私もわからないので、それをお尋ねしたいと思うのです。
私なりには、古語の「や」に関係あるのでは、という気がします(あくまで勘、ですが)。
「や」は「弥(やい)」の略で、「沢山」という意味を表しますよね。
(八雲、八入、八尺、八十島、八重垣、八百万…)
あて推量ですが、「沢山」「長期間」を意味する「やっと」と似た語源で、「八百気(やほけ)」とかいうような言葉がもとではないだろうか…などと考えているのですが(自信全くなし)。
是非ご専門の方に教えて頂きたいと思います。

まず、この質問はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=218232を踏まえたものです。すぐに締切りになってしまったため、あらためて自分の質問として呈上させてもらいます(質問者のnuoh氏、回答者のminatouri、trunkman両氏には失礼になりますが、他意はありません。かねてよりの私の疑問でもあるので、どうかご容赦ください)

「ようけ」という言葉の語源はなんでしょうか。「余計」かとも思うのですが、考えていくとあまり納得できないのです。
というのは、
(1)「余計」は江戸時代から使われだした...続きを読む

Aベストアンサー

『日本国語大辞典 第二版』で「ようけ」を引くと、「→ようけい」とあり、その「ようけい」を引くと、「余計(よけい)の変化した語」と書かれています。意味は「たくさんなさま」。

「よけい(余計)」を引くと、「『余慶』から転じた語。『計』は後に当てたもの」とあり、第1の意味は「物の余ること。一定数量より多くあること」となっています。用例は1563年『玉塵抄』「典座がかいをにてくわせたぞ、かいのよけいあるを僧衆まらせたぞ」というのが挙げられています。否定的なニュアンスの「必要の度を越えて無益であること。不必要であること」の意味は3番目。用例は1869年の加藤弘之の文章から「いはば余計なことでござる」というものが最古。この辞書ではわかっている限りで文献初出の用例を挙げていますから、否定的な意味を持つようになったのは比較的新しい変化だと言えそうです。

純粋にこれだけの材料から推測するに、「ようけ」は、「余慶」から「余計」の意味が生じたあと、ただし「余分で不必要」の意味が生じる前、に方言として広まったものなのではないでしょうか。つまり江戸時代初期以降くらいの時期になります。

江戸時代初期に成立した言葉が西日本一帯に広まるかどうかについては、言葉そのものの類例は今思いつきませんが、例えば、近世小歌調と呼ばれる歌謡の形式(七七七五型。都都逸の形ですね)がその名のとおり近世になって発生し、18世紀中頃の全国民謡集『山家鳥虫歌』ではすでにほとんどの収録歌がその形式になっている、ということが参考になるかもしれません。現在の有名な民謡の多くもこの形式にのっとった形になっています。歌(の形式)がそれくらいのスピードで広まるなら、歌に乗せられる言葉だって同じ速さで広まるでしょう。

関西弁で「ようけ」という場合、単に「多い」というよりも、「予想以上に(あるいは通常よりも)たくさん」というニュアンスが入っているように思えます(私の個人的感覚かもしれませんが)。この点からも、「ようけ」が「余慶、余計」の末裔であるという説に、私は与したいと思います。

『日本国語大辞典 第二版』で「ようけ」を引くと、「→ようけい」とあり、その「ようけい」を引くと、「余計(よけい)の変化した語」と書かれています。意味は「たくさんなさま」。

「よけい(余計)」を引くと、「『余慶』から転じた語。『計』は後に当てたもの」とあり、第1の意味は「物の余ること。一定数量より多くあること」となっています。用例は1563年『玉塵抄』「典座がかいをにてくわせたぞ、かいのよけいあるを僧衆まらせたぞ」というのが挙げられています。否定的なニュアンスの「必要の度を越え...続きを読む

Q拡張子の表示方法

ファイルの拡張子を常時表示させる方法を教えてください。

Windows Visataを使用しています。
現在は、ファイルを右クリック→プロパティ→全般タブのファイルの種類で確認しています。

Aベストアンサー

1.エクスプローラを開いて
2.キーボードの「Altキー」を押し
3.ツール>フォルダオプション>表示
4.「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す
5.「OK」で閉じる

Q「おいしい」と「かわいい」の語源は何ですか?

もしかして、その道のひとにとっては常識かもしれない回答OR全くの見当違いかもしれないですけど・・。
中国語で「おいしい」っていうと、hao chi(ごめんなさい漢字の出し方&声調表記の出し方分からないです)なんですけど、それが日本語の「おいしい」に聞こえる時があるのですが、もしかして日本語の「おいしい」ってhao chi がもとだったりしますか?(強引?)

あと、「かわいい」は「可愛 ke ai」 とかいいますよね。これも日本語の「かわいい」のもとですか?

それからもひとつおまけなんですけど、日本語の「はい」っていう返事は、
広東語の「係 hai」がもとだってどっかで聞いた覚えがあるんですけど、
ほんとなんですか?

以上三点でした!

Aベストアンサー

○「おいしい」
http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/1-01a.htm
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/jkou/ii019.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/bbs/bbs0110.htm
「おいしい」の語源は「いし(美し)」で、中世・近世には口語形「いしい」も用いられ、のち「お」を付けて「おいしい」となる。「いしくもおのおの申したり」(すばらしい、よくぞ言った)というように、出来の良いもの、美形の物を指した褒め言葉で「たいへんすばらしい」「よろしい」という意味。辞書には「中世女性語」として載っているようです。
因みに「いしいし(美し美し)」となると、「いや待ちなよ、江戸で団子のことを、美し美しといふから、おおかたコリャ団子であらう。(東海道中膝栗毛・十返舎一九)」のように団子を指すようです。

○「かわいい」
http://www.246.ne.jp/~bhaus/CCE/com41.html
http://home.alc.co.jp/db/owa/str_jpn_view?str_asn_in=1399
雅語「かははゆし」(顔映し)から来た「かはゆい」の変化。原義は、ほうっておけば悪い事態になるのをそのまま見過ごせない、の意(新明解国語辞典(三省堂)第五版)のようです。

○「はい」
http://homepage2.nifty.com/osiete/s478.htm
「歴史から生まれた日常語の由来辞典(東京堂出版)武光誠著」には次の説明があるようです。
「はい」の語源は極めて説明し辛い。正反対の二説があるからだ。「拝」が「はい」という丁寧な答えの言葉になったとする説は分かり易い。しかし、中世から江戸時代前半にかけて「はい」と同じ場面で「あい」や「えい」の語が遣われている。それらは、今日の「ああ」「ええ」といったぞんざいな返事に共通する。「あい」「えい」といった気が乗らない受け答えが訛って「はい」になったともとれる(歴史から生まれた日常語の由来辞典(東京堂出版)武光誠著)などの説もあるようです。

以上の様子ですが、語源・由来などは色んな説があるのが楽しいかも(^o^)

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s478.htm

○「おいしい」
http://www.asahi-net.or.jp/~hy6t-ymgc/1-01a.htm
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/jkou/ii019.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/bbs/bbs0110.htm
「おいしい」の語源は「いし(美し)」で、中世・近世には口語形「いしい」も用いられ、のち「お」を付けて「おいしい」となる。「いしくもおのおの申したり」(すばらしい、よくぞ言った)というように、出来の良いもの、美形の物を指した褒め言葉で「たいへんすばらしい」「よろしい」という意味。辞書には「中世女性語」として載っている...続きを読む

Q拡張子CR2の表示方法を教えて下さい。

拡張子がCR2となっている画像データをフォトショップCSで開こうとしてもエラーが出ます。
どうしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

RAWはカメラ個々で違う拡張子のようですから、パソコンで言うように共通性は全然無い物だそうです。
何でそうなのか知りませんが、当初の何かの目的があったのでしょうね?

通常は付属の物で開けます。で、必要に応じてTIFF,JPEG変換します。

CSのバージョン確認と、プラグインがあるのか?確認してください。各カメラ別に入れ込む必要があります。

キャノンのどのバージョンのビューアーかしりませんが、キャノンユーザーであることと、ビューアー次第ではDPPがダウンロードできます。

この手の質問ですがソフトのバージョンとかお使いのカメラとか関連ソフト全て記載された方が明確な回答来ますよ、、。

Q国語辞典について

国語辞典を探しています。
その会社のHPでも詳しい説明がなく決めかねている辞典があります。

教育同人社の新版小学国語辞典です。
間違えた読みからでも正しい言葉に行き着いて調べる事が出来る事がウリのようで、レビューも良いのですが、間違った読みから云々の事が理解し切れません。

どういう読みからなのか、この辞典をお持ちでよくお分かりになる方、例を教えていただけませんか?
使い心地なども教えていただけますと幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>間違った読みから云々の事が理解し切れません
例えば「廉価(れんか))を引く際、よく間違えられる読み方
「ケンカ」でも「廉価」に誘導されるということだと思います。
他には「遵守(じゅんしゅ)」を「ソンシュ」と間違う人が多いものですが、
「ソンシュ」で引いても「遵守(じゅんしゅ)」に誘導してくれるとか。

その辞書を所有していないのですが、
「間違えた読みからでも正しい言葉に行き着いて調べる事が出来る」機能を体験したことがあるので、
すぐこのことだと思いました。

一番確実なのはその出版社に問い合わせることだと思いますが、
参考にして頂ければ幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報