ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

パソコンとデジカメ約2年使っています。買い替えしたいと考えたこともあるけど、まだ使えると損する。
大体壊れる年数が分かればそれにあわせたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

基本的に、買い換え時に前のPCを売り払い下取りに出すなら、壊れるまで待つより、欲しいときに買い換えた方が良いでしょう。

今の製品も使いつつ、新しいものを追加するなら、そもそも損ではありません。

ただ、古いものを処分するつもりで、今のハードウェア環境に別段不満がないなら、壊れるまで使い続け、その間にお金を貯めておくのが妥当です。(パソコンが長く壊れないなら、その予算でPC分以上に貯まる分は、別に使えば良いでしょう)


尚、壊れる年数は決まっていません。

これは、ハイテク製品全般に言えます。尚、欠陥管理という意味で言えば、一般に、メーカーが保守を可能にしているのは、3年~5年です。それより、先は保守が打ち切られることもありますので、これを過ぎれば既に元本償却は完了済みと見なすのが妥当です。

ただし、これはあくまで欠陥時(故障発生時)に修理を行えるという観点であり、壊れないことを決めるものではありません。壊れるか壊れないかは、使い方、ロットの精度などの部分も綿密に関係しますので、決してそれだけで決まるものではないのです。

ということです。

まあ、もしも勿体ない、損であるという感覚で見るなら、基本的には壊れるまで使い続けるのが妥当です。そこで買い換えたい、今のハードに不満があると思うなら、下取りサービスなどで処分する手もあります。この場合は、新しく買う機種の値引きに繋がりますので、損ではないでしょう。

以上のようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。そうですね!
5年位で音楽きくのもだめになりました。
ためになりました。なるほど。

お礼日時:2013/03/20 10:39

崩れる年数は使用の仕方に依りますので、一概に何年と言う事は出来ません。


パソコンの場合はOS、アプリの新しいのが使えなく成った時、修理出来ない時に、寿命と判断します。
『部品保有期間』と呼ばれる物が有りその商品が『生産終了後5年』は修理出来る期間

しかし、パソコン、デジカメも急激に機能が向上してますので、最低期間として
購入後『5年』がめどに成ると考えます。

大量に販売されているPCは5年を経ると二束三文で買い取りもしてくれませんね。

*一年使うとPCの価値は購入時の『半額』、企業の原価消却では2割減。(5年消却なので)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。そうですね!
5年位で音楽きくのもだめになりました。
そうなんですか?知りませんでした。

お礼日時:2013/03/20 10:33

使い方次第の意味もありますが,標準でも,税務署の減価償却でも,5年程度です。


製品には個体差があって,運が良いとメーカー保証1年の期限切れ直前に故障し,新品交換して貰えます。運が悪いと,量販店保証5年が切れた途端に故障します。
発売後3年を過ぎた製品は,結果的に修理より買い換えが安くつくことも多く,修理で一部部品が交換されても,間もなく他の部分で故障するなど,永年使用のメリットは少なくなってきています。
特に,機能アップの新製品発売後は,下取り価格も急落し,安価に修理できなければ早めに見切りを付けた方が,経済的にもお得な場合が増えました。
電子回路では,故障部分に起因せず,他の部分の劣化が原因で特定部分が故障することもあります。
短期間に同じ故障が起きたときは,寿命と考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。そうですね!
5年位で音楽きくのもだめになりました。

お礼日時:2013/03/20 10:35

電気製品の寿命は当たり外れもありますが、使い方でも大きく変ります。


一般的に発熱が多くなるような使い方、設定をすると寿命は短くなります。
パソコンは負荷の大きいゲーム等をいつもしていると2年程度が寿命ですが、日本メーカ品でホコリの少ない場所で画面を暗めにして動画等もあまり見ないのであれば10年以上は普通故障しません。

デジカメは暑い環境で連射等を良くしたりすると寿命が短くなりますし、湿気が多い場所、温度変化が大きい場所を移動すると内部に湿気が入って故障し易くなります。
時々しか使わないで、保管も乾燥した場所なら10年以上は使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。そうですね!
5年位で音楽きくのもだめになりました。
そうなんですか?知りませんでした。

お礼日時:2013/03/20 10:41

おはようございます。



パソコンやデジカメも製品寿命はありますが、それらはメーカーレ
ベルで数千台など多くの台数の平均を考えての話であり、自分が使っ
てる1台の製品寿命なんてものは、環境、使い方の差も大きいです
し、今日かもしれませんし(冗談抜きに今この瞬間ということもな
いとは限りません)、30年後かもしれませんし、考えるだけ意味
が弱いんじゃないでしょうか。

製品寿命で考えるとコネクタを乱雑に扱ったり、ぶつけたりという
ことが無ければ大体5年程度でしょうか(光学ドライブは恐らく2
年程度と思いますが、光学ドライブが壊れてもパソコンは使えますし)。

ただ2年もたてば市場製品(新品ですね)とくらべて性能的に劣っ
てきます。5年もたてば世代が違っていると思います。毎年買い換
えるべきとは言いませんが、性能を考えるとパソコンやデジカメは
3年程度で買い換えるのが幸せになれるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

使用頻度によります。

また、ケアの内容(掃除の頻度、保管場所など)によっても大きく変わります。1~5年ぐらいでしょうか。

そして、その二つに共通して大切なのは満足するスペックを要しているか、です。

ですから使える使えないより、スペック的に新品に魅力を感じたら、古いのをリサイクルする事も視野に入れ、新しくするのがベターです。

資金面とスペックの魅力が折り合えば、それが一番の買い替え時と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。そうですね!
5年位で音楽きくのもだめになりました。

お礼日時:2013/03/20 10:31

Windowsパソコンは、


デスクトップで6年~8.5年(平均)~14.5年(まだ使えます)

ノートブックは我が家で購入したものは、4.5年、5年。

デジカメ(落す、ぶつけるが無ければ)は、6年(最短)
~残り5台は壊れておらず(今のところ6.5年、7.5年、8年以上)健在。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング