レイプのシーンやそこに至るまでの作り込みが綿密でそそる映像作品、なにかありますか?

このQ&Aを見た人が検索しているワード

A 回答 (2件)

あまり作りこんであるのはないなぁ~


一応参考まで
「ジャクソン・ジェイル」すごいシーンですが、最近のDVDでは肝心のところがカットされています。主役のイベットミミューが素敵。
「ヒッチハイク」車に乗せた悪い奴に彼女が襲われる話。
「わらの犬」かんなり有名なのでごぞんじでしょうか。
「さようならミスワイコフ」教師が黒人の掃除夫の襲われるシーンが衝撃的。

 どれも探せばYouTubeで見れたと思う。
    • good
    • 0

こんにちは!^^



それでは…、この作品はどうでしょう?


◎「アレックス」出演:モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル…
 たぶん、レイプ・シーンでこの映画を超える物は、撮られてないと思います?そそるかどうかは、あなたが観て判断してください!^^;
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2 …


参考になれば、幸いです!^O^V
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q好きな映画でひとがらってわかる?

ここに来ている方は皆さん映画が好きな方だと思います。

そこでちょっとみなさんに「性格分析」をしてもらいたいナなんて思いました。

以下に旧友X氏の好きな洋画・邦画を挙げますので、
それぞれX氏のひとがら、性格をご自分なりに分析してみてください(笑)

洋画

『緑の光線』
『ミナ』
『フライド・グリーン・トマト』
『スチューデント』
『スモーク』
『マンハッタン』
『オズの魔法使い』
『素晴らしき哉、人生』
『アニー・ホール』
『マグノリアの花たち』
『ハピネス』
『ひかりのまち』

邦画

『生きる』
『赤ひげ』
『東京物語』
『名も無く貧しく美しく』
『二十四の瞳』
『泥の河』
『青い山脈』
『ゼロの焦点』
『お早よう』
『風花』

・・・・ヨロシク(^。^)

Aベストアンサー

落ち着いた感じのものがお好きなようで・・年齢によっても違うのかな・・?年寄り臭いというと失礼かな(-_-;)
刺激的なことは嫌いな人なのかなという感じ。新しいものをわざわざ拒絶しているような・・。

私はSFとか新生物大好きなもんで(笑)

Q近未来や、都会的な光景が見られる映像作品(アニメ、映画)でおすすめの作品を教えてください。

近未来や、都会的な光景が見られる映像作品(アニメ、映画)でおすすめの作品を教えてください。
例えば、超高層ビルが立ち並び、モノレールや立体交差道路が入り組んでいたり、ハイテクな技術を駆使した電光掲示板があったりするような光景に惹かれます。

実写でもアニメでも、ゲームでも構いません。一番見たいのは実写ですが、実写だと表現が難しいのか、あまり見たことがありません。


今までに見た中だと、Renaissance Paris 2054の予告の映像や、アニメの、とある魔術の禁書目録のオープニングの映像が印象的です。

一番オススメ、というよりは、思い当たる作品を無造作に何個でもいいので教えてください。

http://www.youtube.com/watch?v=oh7s32XRScQ

Aベストアンサー

「ブレードランナー」が有名ですね

ブレードランナーのデザインはシドミードの作品で、彼の作品集の本は見てるだけでも面白いですよ

フィフスエレメントやゴットディーバ、 AI、 「アキラ」などは未来都市が出てきますね。
 スターウォーズは随分作りこまれてますね。
 押井守と趣味が似てると思います。
 彼の作品は実写でも電光掲示板など象徴的に出てきますね。
 マイノリティーリポートも面白いですよ。近未来ですが。


シドミード作品なら
>>アニメ [編集]
∀ガンダム(スモー、∀ガンダム、ターンX、フラット、ウォドム、バンディット、モビル・リブ)
FUTURAMA(シンプソンズ スピンオフのSFシリーズ(宇宙船))
YAMATO2520(18代ヤマト、戦艦、護衛艦、戦闘機、戦車、コスチューム、小銃、惑星、都市)
>> ゲーム [編集]
サイバータンク(アーケード用ポスターデザイン)
テラフォーミング(PCエンジンスーパーCDロムロム用ソフト。ビジュアルコンセプト担当)
グランチェイサー(セガサターン)
サイバーレース
A列車で行こう5(プレイステーション)
Maelstorm(PC/Merit Softwareビジュアルコンセプト担当)
Blade Runner(PC/Westwood。コンセプチュアル・アドバイザー担当)
Jet Moto V(PSP。ビジュアルコンセプト担当)
TRON 2.0/ Killer APP(PC/X-Box。コンセプチュアル・アドバイザー/新ライトサイクル担当)
Battlestar Galactica(プレイステーション2。背景デザイン担当)
バウンティ ハウンズ(PSP)(コンセプチュアル:環境/ハードウェアデザイン担当)

参考URL:http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E3%82%B7%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%89&lr=&aq=f&oq=

「ブレードランナー」が有名ですね

ブレードランナーのデザインはシドミードの作品で、彼の作品集の本は見てるだけでも面白いですよ

フィフスエレメントやゴットディーバ、 AI、 「アキラ」などは未来都市が出てきますね。
 スターウォーズは随分作りこまれてますね。
 押井守と趣味が似てると思います。
 彼の作品は実写でも電光掲示板など象徴的に出てきますね。
 マイノリティーリポートも面白いですよ。近未来ですが。


シドミード作品なら
>>アニメ [編集]
∀ガンダム(スモー、∀ガン...続きを読む

Q水着シーンのある日本映画の歴史を教えて!

 先日、テレビで「続・青い山脈」(1949年・今井正監督)を見ていたら、主演の杉葉子さんが海岸の岩場で水着で寝転がっているシーンがありました。彼女の着ている水着が戦前のスカートのようなレトロなデザインではなく、競泳用の水着で現在のものとほとんどデザインが変わらず、驚きました。1951年の「カルメン故郷に帰る」(木下恵介監督)では、高峰秀子さんがストリッパー役で、肌の露出が多い衣装を着ていたように思いますが、水着ではなかったと思います。水着といえば、「太陽の季節」(1956年)が有名ですが、それより前にもあったのですね。
 水着シーンがある日本映画はどこから始まったのでしょうか?戦争中はそういった表現はなかった思いますが、戦前から水着の映画ってあったのでしょうか?戦後はどの映画から始まったのでしょうか?水着の日本映画の歴史に興味があります。そういったことに詳しい、本、ウェブサイトなど、教えてください。

Aベストアンサー

 おはようございます。折角の面白い質問ですが、基本的にお礼をしないことが判りましたので、簡略に答えておきます。
 戦前にもそれなりにあったのでしょうが、やはり映画史上で最も有名なのはこれではないでしょうか。
http://www.shokoku.ac.jp/~nakazawa/tanizaki.html#ama
http://www.kyy.saitama-u.ac.jp/~yagi/study/REPO_101.html
実はこの題名の『アマチュア倶楽部』のアマチュアとは谷崎ら自身のことであったようです。

 映画の中の水着にまとめて触れた本というのは心当たりがありません。相当昔にキネマ旬報の別冊として何巻かが発行された「エロチシズム美学」にはそういうページが存在するのではないかと推測します。
http://www.matatabido.net/product/504
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b73749113
まだほかにもそれなりの本はあるかもしれませんが、私の知っている範囲ではこの程度です。 

 おはようございます。折角の面白い質問ですが、基本的にお礼をしないことが判りましたので、簡略に答えておきます。
 戦前にもそれなりにあったのでしょうが、やはり映画史上で最も有名なのはこれではないでしょうか。
http://www.shokoku.ac.jp/~nakazawa/tanizaki.html#ama
http://www.kyy.saitama-u.ac.jp/~yagi/study/REPO_101.html
実はこの題名の『アマチュア倶楽部』のアマチュアとは谷崎ら自身のことであったようです。

 映画の中の水着にまとめて触れた本というのは心当たりがありません。相...続きを読む

Qアメリカン・ビューティがなぜ作品賞を受賞するに至ったか?

どこがいいのかさっぱり分かりません。この映画が特に言いたいことって言うのはなんなんですか?

Aベストアンサー

私個人としては家族、人間という存在をリアルに表現している傑作だと思います。
私のまわりでは特に女性・若者にはウケが悪いように思いますが、質問者さんもそうでしょうか?
中年の男性にとっては内容が非情に身に迫るものがあり、人間の汚い面・ふがいない面をこれでもかと思い知らされつつ、最後には生きる気力が湧き上がってくるような作品でした。

また、アメリカの中産階級の家庭を描いているので、日本人には想像しづらく理解が難しいかもしれません。
アメリカ人にとっては非情にリアルな家庭風景でもあります。

世間との評価のギャップを感じたらYahooやamazonなどで感想を一つでも多く読んでみると良いと思います。どんな作品も賛否両論ありますが、他の人がどのような視点でこの映画を観たのかよく理解できると思います。

個人的には、「このような作品に賞を与えるアカデミーも捨てたものではないな」と思わされました。

参考URL:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id159869/

Q好きな映画で人柄ってわかりますか?(映画通の方へ)

はじめまして。
最近付き合いはじめた男性がいます。
メールで何度かやり取りした程度で、実際に会って話したのは1度だけです。年齢は15歳年上の43歳。職業は「自由業」というだけしか知りません。
彼のHPに好きな映画がたくさん書かれていました。
好きな映画や本である程度人柄がわかるのかなと思いますが、
残念ながら書かれている映画はほとんど知りません。
映画通の皆さん、彼のHPから写したリストをご覧になって、
彼の事、彼の人柄などわかりますか?
自分で訊けばいいことだと言われそうですが、
口下手(?)なこともあって、沈黙しがちです。

なにか感じられたことがあれば意見をお聞かせください。

-------------------------------------------------------------
【洋画】
「ミナ」「緑の光線」「マンハッタン」「アニー・ホール」「オズの魔法使い」「旅する女」「追憶」「俺たちに明日はない」「深夜の告白」
「日陰のふたり」「バタフライ・キス」「キャリア・ガールズ」「人生は、時々晴れ」「素晴らしき哉、人生」「暗黒街の弾痕」「愛のイエントル」
「サウス・キャロライナ」「ソフィーの選択」「普通の人々」「裁きは終わりぬ」「12人の怒れる男」「逢びき」「コルチャック先生」「誓いの休暇」「チャーリング・クロス街84番地」「スリ」「独裁者」

【監督】
A・カウリスマキ、M・ウィンターボトム、初期のW・アレン、フリッツ・ラング、フランク・キャプラ、チャップリン、

【邦画】
「青い山脈」「二十四の瞳」「お嬢さん乾杯」「キューポラのある街」「足摺岬」「満員電車」「プーサン」「巨人と玩具」「下町の太陽」
「帝銀事件~死刑囚~」「日本列島」「武士道残酷物語」「切腹」「上位討ち~拝領妻始末~」「妻」「夫婦」「稲妻」「また逢う日まで」「自由学校」「隣の八重ちゃん」「襤褸の旗」「波」「はだかっ子」
森崎東「喜劇」シリーズ、田宮二郎「黒」シリーズ

【監督】
今井正、山本薩夫、小津安二郎、野村芳太郎、木下恵介、小林正樹、
成瀬巳喜男、

--------------------------------------------------------------

ほとんど私が見たこともない聞いたこともない作品ばかりです(泣)
映画に詳しい方、どうかよろしくお願いします。

はじめまして。
最近付き合いはじめた男性がいます。
メールで何度かやり取りした程度で、実際に会って話したのは1度だけです。年齢は15歳年上の43歳。職業は「自由業」というだけしか知りません。
彼のHPに好きな映画がたくさん書かれていました。
好きな映画や本である程度人柄がわかるのかなと思いますが、
残念ながら書かれている映画はほとんど知りません。
映画通の皆さん、彼のHPから写したリストをご覧になって、
彼の事、彼の人柄などわかりますか?
自分で訊けばいいことだと言われそうで...続きを読む

Aベストアンサー

人生のほろ苦さを感じさせる地味めの映画がお好きなようで。
しかも挙げられている作品群は43歳という年齢からしても古いですね。
とくに邦画は1950年代から70年代までの作品ばかりです。
封切り当時リアルタイムで観たのではなく,
名画座かテレビかDVDで観たものがほとんどでしょう。

監督の好みもまた渋めです。
芸術性を声高に唱えるでもなく,
かと言ってエンターテインメントに徹するでもない,
人生とか世の中とかの実相をリアリズムで描き出そうとする監督が多いようです。

まあ所詮好みの問題ですから,
これだけの情報からその人柄を推測するのは無理がありますが,
勝手に想像を膨らませますと・・・

現実には生き馬の目を抜くような競争の激しい世界で
けっこう浮き沈みの激しい人生を送っていらしたのかもしれません。
現実の人生が戦場のようであったり,ドタバタ喜劇のようであったりするなら,
映画の中にまでそのようなものを求めたりはしないでしょうから。

もちろん
映画の好みも,現実の人生も地味・・・という可能性だって棄て切れませんが。

人生のほろ苦さを感じさせる地味めの映画がお好きなようで。
しかも挙げられている作品群は43歳という年齢からしても古いですね。
とくに邦画は1950年代から70年代までの作品ばかりです。
封切り当時リアルタイムで観たのではなく,
名画座かテレビかDVDで観たものがほとんどでしょう。

監督の好みもまた渋めです。
芸術性を声高に唱えるでもなく,
かと言ってエンターテインメントに徹するでもない,
人生とか世の中とかの実相をリアリズムで描き出そうとする監督が多いようです。

まあ所詮好みの問...続きを読む

Q洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある

洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある物はありますか?

Aベストアンサー

卒業

Q昭和30~40年代が舞台で上流階級の家族が出てくる映画を探してます。

昭和30~40年代が舞台で、上流階級…要は金持ちの家庭が出てくる映画を探しています。
上流階級の家族がメインの映画でなくても結構です。昭和の金持ちの暮らしぶりがわかるものならいいです。
映画の制作年月日などは関係ありません。昔の映画でも最近の映画でも構いません。
映画好きな方、詳しい方、ぜひ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この作品は未見なのですが、当時の家庭の様子が出てくるのではと思います。
「娘・妻・母」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD23037/index.html

Qスピルバーグ監督作品「ミュンヘン」の1シーンについて…

今、創作活動を行っているのですが、その辺りでちょっとお聞きしたい事があります。
序盤のシーンにて、ジェフリー・ラッシュ(エフライムという役名です!眼鏡をかけた男で、序盤に登場します)と、主人公が公園で歩きながら暗殺の説明を受けるシーンがあります。
「誰々をこうやって殺してくれ」のような会話を人がいる所で平然と会話をしているのですが、現実の視点から見て実際によく行われていたりするものなのでしょうか…?

Aベストアンサー

【公園】
スピルバーグ監督作品の「ミュンヘン」は、DVDで見ました。
公園で暗殺の説明を受けるシーンなどは、
映画ではよくあるシーンですね。
たしかペリカン文書、スペシャリスト、
暗殺者などもこういうシーンがありました。
CIAの黒幕が暗殺者に殺人を頼むのは人が多い公園で、
二人で歩きながら話をしてその後、立ち去っていきます。
【現実】
実際はどうかわかりませんが、映画「メカニック」では、
闇の社会の依頼人はメカニックと呼ばれる仕事人に
直接、書留の郵便で殺して欲しい人間のファイルを送ります。
映画「ジャッカルの日」では、殺し屋ジャッカルにテロ集団は、
高級ホテルで出会って殺人を依頼します。
この時に報酬なども取り決めます。
おそらく現実は、もっと複雑で、何人かの人が間に入っているでしょう。
おそらく誰が依頼したかは全くわからないようになっているのでしょう。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23269
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10302

【公園】
スピルバーグ監督作品の「ミュンヘン」は、DVDで見ました。
公園で暗殺の説明を受けるシーンなどは、
映画ではよくあるシーンですね。
たしかペリカン文書、スペシャリスト、
暗殺者などもこういうシーンがありました。
CIAの黒幕が暗殺者に殺人を頼むのは人が多い公園で、
二人で歩きながら話をしてその後、立ち去っていきます。
【現実】
実際はどうかわかりませんが、映画「メカニック」では、
闇の社会の依頼人はメカニックと呼ばれる仕事人に
直接、書留の郵便で殺して欲しい人間のファ...続きを読む

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Aベストアンサー

「もっとも」と言われると、つい、自分映画史の糸を手繰り寄せて、1969年の名作『真夜中のカーボーイ』に行っちゃいますね。


************以下、ネタバレ*************


延々と続く、じめっとした秋から冬にかけてのニューヨークの物語。そのラストで、ようやく常夏のフロリダに脱出できそうという直前、いつの間にか親友になっていたラッツォが、ドブネズミのように堕ちていきます。汚物にまみれてしまった黒い服を、似合いもしないアロハに着替えてやると、ラッツォは少し幸せそうに、グレイハウンドバスの中で息を引き取ります。その脂汗にまみれたラッツォの頭を肩に受け、不安そうに外を見るジョーをさえぎる車窓にやがて、ハーモニカのサウンドトラックに乗せて、からりと晴れた青空とヤシの木が……。

最近はこういう、映像で語るラストシーンが少なくなりましたよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報