1月:90%
2月:90%
3月:86%

1月~3月までの平均のパーセンテージは?
という時に、(90+90+86)÷3
という計算方法が間違いである理由がどうしてもわからないのですが、わかりやすく教えていただけませんか?

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

はじめまして。


単純に割合の平均は求めてはいけません。
割合は全体に対するものです。
例えば
1月
本が100冊売れた。 漫画本はその内50冊。
(漫画本の割合は50%ですよね)
2月
本が10冊売れた。 漫画本はその内10冊。
(漫画本の割合は100%ですよね)
3月
本が1000冊売れた。 漫画本はその内0冊。
(漫画本の割合は0%ですよね)

さて、1・2・3月トータルで漫画本の割合は
(50+100+0)/3=50でいいのでしょうか?
本当にトータルで50%も漫画本は売れたでしょうか?
本当は
1110冊売れて、内60冊が漫画本ですから、
60/1110*100=約5.4%になります

ですから、割合を出すときは
とにかく分母は全体です。
(この場合1~3月の全体が分母になります)


似た問題でAからBまで150kmを1時間、
BからCまで150kmは2時間
かかりました。
問題1.AからBの時速は
  2.BからCの時速は
  3.AからCの時速は

ここで3を求めるとき同じ距離だから、
1と2の平均を出す人がいるのですが・・・・
答えは300kmを3時間なので・・・・。
と言うことになり、単純に平均を取ればよいと言う問題ではないのです。
    • good
    • 8

割合は対象がなんなのかを考えないとだめです。

たとえば1月が1000とします。その90%は900ですよね。 次に2月を10とします。するとその90%は9です。この場合2ヶ月の平均は(1月の90%)+(2月の90%)÷2ヶ月となって(900+9)÷2ですよね、ですから答えは454.5。パーセンテージで言うと454.5÷全体ですから、454.5÷1010×100=45%になります。 同じパーセンテージでも対象が違えば中身も違ってきます。 ですから安易にパーセンテージだけを足しあわせると間違いになってしまいます。
    • good
    • 1

まずパーセンテージは割り算であることを思い出してください。



例示された問題が各月に何らかの作業をした日の割合だったと仮定します。
(以下の説明では作業した日数が整数ではありませんがお目に見てくださいね^^;)

1月:31日の90%=31×0.9=27.9日
2月:28日の90%=28×0.9=25.2日
3月:31日の86%=31×0.86=26.66日 
であることを理解してください。

この3ヶ月の前日数は31+28+31=90日です。(これが分母になります)
作業した日は27.9+25.2+26.66=79.76日になるので

79.76÷90=0.8862… →88.62%です。

(90+90+86)÷3 では2月が28日であることに対応できていません。
    • good
    • 2

2月は28日でしたねσ(^◇^;)


うるう年になると29日で。
    • good
    • 1

問題は2つあってただ単に「月」と言う単位が問題になっているのと


もうひとつは平均値の加算の仕方に問題があります。

「月」という単位では「日数」がそれぞれ異なりますので日数で重みを与えて
(90×31+90×28(または29)+86×31)÷
(3×(31+28+31))

で正確に出るのではないでしょうか?

これでないとしたら平均値の加算に関する問題なのですが
こちらは説明するのに時間がかかりますので
まず上記を疑ってください
    • good
    • 2

何の平均%だかわかりませんがおそらくこーゆー事だと思います。



1月は31日、2月は27あるいは28日、3月は31日ありますよね。
わかりますか?
ですからそれぞれのパーセンテージを日にちあたりの平均値として考え
(0.9×31+0.9×27+0.86×31)÷(31+27+31)
にすればいいでしょう。

もし1月の日数=2月の日数=3月の日数であれば
homiさんのたてた式でいいのではないかと思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の質問です。 (1) (+4)÷(-8) (2) (-13)÷(+3) (3) (+18)

数学の質問です。

(1) (+4)÷(-8)

(2) (-13)÷(+3)

(3) (+18)÷(-4)

(4) (-7)÷(+12)

をなるべく途中式ありで、、、
お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

⑴(+4)÷(−8)
=4×(−8分の1)
=−2分の1

⑵(−13)÷(+3)
=(−13)×3分の1
=−3分の11

⑶(+18)÷(−4)
=18×(-4分の1)
=-2分の9

(4)(-7)÷(+12)
=(-7)×12分の1
=-12分の7

これでよろしいでしょうか?

Qa^2+b^2+c^2=3 のとき、a^3+b^3+c^3+3abc<

a^2+b^2+c^2=3 のとき、a^3+b^3+c^3+3abc<=6 を示せ。
(ただし,a>0,b>0,c>0)これは、既出の問題で、添削をしてもらい、間違いを指摘してもらいました。
いろいろ考えましたが、良い考えがでません。
添削してもらった解答は、c<=b<=a と置いて、これより、c<=1 が分かる。
また、相加相乗を使うと、abc<=1 となるので、証明する式は、
a^3+b^3+c^3<=3 となる。ここで、c<=1だから、a^3+b^3+c^3<=a^3+b^3+1^3となるので、
a^3+b^3<=2を a^2+b^2+1^2=3,つまり、a^2+b^2=2のもとで示せばよい。
としてしまいましたが、c=1でa^3+b^3+c^3が最大になるとは限らないので、ここで考えは
破綻しました。
良い考えがありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>a^3+b^3+c^3≦3が示された

反例
(√5/2)^2+(√5/2)^2+(√2/2)^2=3
(√5/2)^3+(√5/2)^3+(√2/2)^3>3

Q数学についてです! (1) (-14)×(+5)÷(+10) (2) (-20)÷(-8)÷(-

数学についてです!

(1) (-14)×(+5)÷(+10)

(2) (-20)÷(-8)÷(-15)

(3) (-11)×(+2)+(-4)÷(+2)

を教えて下さい!
途中の式?があるとありがたいです。

Aベストアンサー

(1) (-14)×(+5)÷(+10)=-(14×5/10)=-(7×1/1)=-7
(2) (-20)÷(-8)÷(-15)=-(20/(8×15))=-(1/(2×3))=-1/6
(3)(-11)×(+2)+(-4)÷(+2)=-(11×2)+(-4/2)=-22+(-2/1)=-22-2=-24

乗除の時、符号を間違えないこと。
マイナス×マイナス=プラス
マイナス÷マイナス=プラス
マイナス×プラス=マイナス
マイナス÷プラス=マイナス

分数の形にして約分して小さな数にして計算すると簡単です。

QA=B(1+((3C+2D)÷6(E^2÷B)))

A=B(1+((3C+2D)÷6(E^2÷B)))ですが、これのBを求める場合の変形式が解らなく困っております。どなたかおたすけ下さい。

Aベストアンサー

すみません。回答ではありません。

>仕事上でこの計算が必要になり、あせっています。

学校や会社の後輩に会ったら、「数学は、いつ必要になるか分からないから、しっかり勉強しておけ」と言っておいて下さい。

それが、回答してくれた人たちのみならず数学に従事する人々全員に対する最高のお礼になると思います。(因みに私は従事しておりません。ただの数学ファンです)

Q3.14×27+3.14÷5-19.3×3.14+3.14÷4/5(5分の4のことです。)

3.14×27+3.14÷5-19.3×3.14+3.14÷4/5(5分の4のことです。)

ある計算問題集を買いました。答だけ載っている問題集です。

この計算ですが、小数の掛け算と割り算をやっていけば解けるというのはわかるのですが、

他にうまい方法はないでしょうか。皆さんはどのように解かれるでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

掛け算と割り算の全てに「3.14」が有るから、それを「a」と置く事と、割り算は分子と分母を入れ変えれば掛け算になると言う、小学校で習った方法を使えば
27a+0.2a-19.3a+1.25a=9.15×3.14=28.731

2桁以上の掛け算は出来るが、小数点の位取りは不得手な場合
9.15×100×3.14×100÷(100×100)
=915×314÷1万
=287310÷1万
=28.731


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報