人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

Texで下のように箇条書きの余白?を多めにとって、(2)の式だけ改行して左に寄せた式を書きたいです。


Rの部分集合A,B,Cに関して次の条件
        (1)dim(A)>dim(B)
        (2)dim(A)>dim(C)
          dim(C)>dim(B)
を満たしている~



余白を作るために\setlength{\leftskip}{15mm}と入力して\itemで箇条書きしていき、\\を入力して無理やり改行させたのですが左に寄らず、上手くいきませんでした。

わかる方、ぜひ教えていただきたいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

箇条書きと言っても項目が2個なので、下記のようにされたら如何ですか。


\documentclass{jarticle}
\newcommand{\R}{{\mathsf{I\!R}}}
\begin{document}
$\R{}$の部分集合$A$,$B$,$C$に関して次の条件

\begin{tabular}{p{15mm}ll}
&(1)&$\dim(A)>\dim(B)$\\
&(2)&$\dim(A)>\dim(C)$\\
& &$\dim(A)>\dim(C)$
\end{tabular}

を満たしている~
\end{document}
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただいてありがとうございました。
おかげさまで上手く入力することができました(^v^)
一番最初にお答えいただいたTokonatsu_Lemonさんの解答をベストアンサーにさせていただきました。

お礼日時:2013/11/15 23:20

もしかして、下記のようなことだったのでしょうか。



$\R{}$の部分集合$A$,$B$,$C$に関して次の条件
\begin{enumerate}[(1)]
\setlength{\itemindent}{15mm}
\item $\dim(A)>\dim(B)$
\item $\dim(A)>\dim(C)$\\
$\dim(A)>\dim(C)$
\end{enumerate}
を満たしている~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えいただいてありがとうございます。

お礼日時:2013/11/15 23:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

tex」に関するQ&A: TEX文書の余白

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qlatexで項に下線を引いて添え字

latexで数式を書くとき、任意の項に下線を引いてその下に添え字をすることは可能でしょうか。つまり、

\underbrace{a+b}_{x}=c

のunderbraceの部分をunderlineにしたような感じにしたいのです。知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

\mathop{\underline{a+b}}\limits_{x}=c

でできます。\displaystyleなら\limitsは不要です。

QLaTeXの付録の表示方法について教えて下さい

下記HPのP14の「付録1.運動量移動理論」のように表示されるにはどうしたら良いでしょうか?

http://www.atomiccollision.jp/collision/syoutotsu/14_1102s.pdf

下記からLaTeXファイル(sample_paper.tex)をダウンロードでして、以下を追加して実行すると添付の通り表示します。

http://www.atomiccollision.jp/collision/collision.html


付録1.運動量移動理論
付録1-1.運動量移動理論の計算
と綺麗に表示させるには、下記texの部分をどのように書けば良いでしょうか?



\appendix %%%%%% これ以降 付録 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

\section{付録1.運動量移動理論}
\subsection{付録1-1.運動量移動理論の計算}

Aベストアンサー

どうぞ

\renewcommand{\appendix}{}
\appendix
\renewcommand{\thesection}{付録.\ \arabic{section}}
\renewcommand{\thesubsection}{付録.\ \arabic{section}-\arabic{subsection}.}
\section{運動量移動理論}
\subsection{運動量移動理論の計算}

QLaTeXの文字の大きさの変え方。

現在、LaTeX2eを使って物理の修士論文を書いています。
ある程度、書き上げたのですが、現在の文字サイズ(12pt)
では少し読みつらく感じ、文字の大きさを少し大きくしたいと思います。

(決して、ページ数が寂しく、文字のサイズを大きくしてページ数を
増やそうとたくらんでいるのではありません^^;)

そこで質問なのですが、

\documentclass[a4paper,12pt]{jarticle}

のところで、12ptが全体の文字のサイズにあたると思うんですが、
jarticleだと文字のサイズは10、11、12ptの3つからしか
選べないのでしょうか?
それとも、やり方が間違っているのでしょうか?

文字サイズを大きくする方法を教えてください。

ちなみに、14ptにすると、10ptのサイズになってしまいます。

Aベストアンサー

LaTeX2εでは文字の大きさを指定する命令があり,
小さい方から
\tiny
\scriptsize
\footnotesize
\small
\normalsize
\large
\Large
\LARGE
\huge
\Huge
となっています.
標準は \normalsize です.
\large とやると,それ以後の文字がすべて1.2倍の大きさになりますし,
\Large ですと1.44倍になります.
したがって,
\begin{document} のすぐ後にでも上の命令の適当なものを入れておけばOKです.

上の命令の効果は \documentclass のポイント指定と相対的なものです.
例えば,\documentclass[a4paper,12pt]{jarticle} の \normalsize と
\documentclass[a4paper,10pt]{jarticle} の \large は同じ大きさです
(厳密には少し違うかも知れませんし,
組み合わせによっては思うようにならないときもあるようですが).
上の命令と \documentclass のポイント指定組み合わせをいくつか試してみて,
気に入る組み合わせにすればいかがでしょうか.

上の命令はそれ以後ずっと有効というタイプの命令ですから,
一部分だけフォントを大きくしたいときは { } でくくるとか,
もう一度命令を入れてフォントの大きさを戻すとか,
そういう必要があります.

自分でフォント指定をする方法もありますが,
上のやり方が一番簡単かと思います.

> (決して、ページ数が寂しく、文字のサイズを大きくしてページ数を
> 増やそうとたくらんでいるのではありません^^;)

つい吹き出しそうになりました.
12ポイントは普通の大きさのような気もしますがね.

LaTeX2εでは文字の大きさを指定する命令があり,
小さい方から
\tiny
\scriptsize
\footnotesize
\small
\normalsize
\large
\Large
\LARGE
\huge
\Huge
となっています.
標準は \normalsize です.
\large とやると,それ以後の文字がすべて1.2倍の大きさになりますし,
\Large ですと1.44倍になります.
したがって,
\begin{document} のすぐ後にでも上の命令の適当なものを入れておけばOKです.

上の命令の効果は \documentclass のポイント指定と相対的なものです.
例えば,\docume...続きを読む

QTeXで図を挿入できません.助けてください.

OSはMac OS XでTeXShopを利用しています.
Ghostscriptのパッケージとして
GPL/ESP Ghostscript 8.15.4 for MacOSX 10.5 (ppc/intel)
を入れています.

文章のみだと,コンパイルは通るのですが,
図を挿入しようとするとうまくいきません.

パッケージは
\usepackage{graphics}
を使い,

例えば,
\begin{figure}[h]
\includegraphics[width=5cm]{sample.eps}
\caption{sample}
\label{fig:sample}
\end{figure}

としてコンパイルすると,
次のようなエラーメッセージが表示されます.
Runaway argument?
width=5cm]{sample.eps} \caption{sample} \label{fig:sample} \end{fi\ETC.
! Paragraph ended before \Gin@iii was complete.
<to be read again>
\par
l.16

?

パッケージを
\usepackage{graphics}から\usepackage{graphicx}に
代えてWindows OSで行うとうまくコンパイルが通ります.
これまで,Windows OSでTeXを扱っていたのですが,
MacでもTeXを扱わなければならない環境に身を置くことになりましたので,
どうしてもこの問題を解決したいのです.

お心当たりのある方がいらっしゃいましたら,
どうぞよろしくお願い致します.

OSはMac OS XでTeXShopを利用しています.
Ghostscriptのパッケージとして
GPL/ESP Ghostscript 8.15.4 for MacOSX 10.5 (ppc/intel)
を入れています.

文章のみだと,コンパイルは通るのですが,
図を挿入しようとするとうまくいきません.

パッケージは
\usepackage{graphics}
を使い,

例えば,
\begin{figure}[h]
\includegraphics[width=5cm]{sample.eps}
\caption{sample}
\label{fig:sample}
\end{figure}

としてコンパイルすると,
次のようなエラーメッセージが表示されま...続きを読む

Aベストアンサー

>Runaway argument?

文法エラーですね。
括弧の数が足りないとかbegin-endが対になってないとかです。

QLaTeXでPDFファイルを読み込ませる

LaTeXの話ですが、画像の読み込みでEPSやPNGだとオプションに、例えば、[scale=0.5]などと指定すれば縮小されます。ところが、PDFで同じようにやると本来の画像が全体的に縮小されるのではなくて、左下の部分のみがトリミングされた状態で表示される形になってしまいます。

プリアンプルに\usepackage[dvipdfm]{graphicx}として、\includegraphics[scale=0.5]{sample.pdf}という形で読み込んでいます。

Aベストアンサー

\usepackage[dvipdfm]{graphicx}
のデバイス指定部分
[dvipdfm]
を除いて
\usepcackage{graphicx}
ではどうでしょうか。
小生の側でも、
\usepackage[dvipdfm]{graphicx}
では、dvipdfmxでPDFファイルを作った場合、PDF画像がそっくり
抜け落ちていましたが、
\usepackage{graphicx}
では問題なく表示できます。

Q\mathrmと\rmの違いについて教えて下さい。

\mathrmと\rmの違いについて教えて下さい。


TeX2imgというソフトウェアを使ってTEXで数式を画像化しています。


\mathrmと\rmの違いって何なのでしょうか?
例えば、
A_{\mathrm BC}
と書くとBだけが斜体がキャンセルされます。
A_{\rm BC}
と書くとBとC両方とも斜体がキャンセルされます。
でも字体には特に違いはないように思います。
ネットなどで検索しても特に使い分け方などが書かれていません。

ネットなどで他の人の文書を見てみると、下付き文字は全て立体文字で書くべきなようなので
\rmを使うべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

>つまり、\rmと\mathrmは、使い方は異なるけれども
>表示される書式としては全く同じということですよね?

そうです.しかし,\rmは
\DeclareOldFontCommand{\rm}{\normalfont\rmfamily}{\mathrm}
というように定義されており(「Old」とわざわざ書かれている),
しかもclsファイル内での定義です.
つまり,clsファイルの実装に依存しており,
使えないときもあるわけです.

>\mathrmは、打つのが面倒くさいので\rmを使いたいといったことが書かれているページが見つかりました。
宗教論争になりますが,
主観ではそのブログの内容は論外です.
入力が面倒であるならば,
それこそエディタの置換機能を使えばいいだけです.

見易さですか?
\mathrm{AB}とあれば,ABだけが確実にローマンであることがわかります.
\rmの場合,同一グループ内の\rm以降がすべてローマンになることと
{ }による閉じ間違いでわけの分からない状態になること,また
\rm{AB}というような誤用で混乱しているTeXソースはやまほどあります.
意識的に「何をローマンにするのか」を表現できるほうが見やすいでしょう.
なお,\rmは数式専用ではないので,
semanticの意味でも問題があるかもしれません.

>検索すると以下のページが見つかりました。
つまり「ルールがある」ということです.
これはISO式とか数学系・物理系でいろいろ違います.
物理の中でも核融合系とか天文系とかでも微妙な差異があったりします.

ものすごい大雑把なところでは
添え字に複数のアルファベットが使われ,
それが何かの略号だったり単語そのものだとローマン,
単なるパラメータだとイタリックです.
たとえば,行列のij成分なんかだと
$a_{ij}$であって,$a_{\mathrm{ij}}$ではない.
例の「定圧熱容量」の場合,熱容量で$C$で「定圧」であることをpressureの頭文字pで表し
$C_{\mathrm{p}}$となるのでしょう.
ただし,この手のルールは雑誌ごとのルールもあり厳密なものは存在しません.
ルールがない雑誌もありますので,「慣習に従う」としかいえません.
ただし,何でもかんでもローマン・イタリックというわけではないのです.

>「Latex2ε美文書作成入門」だけがありますが、こういったことに関して解説は載っていません。
LaTeX2εですが・・・奥村先生のサイトはみましたか?
「表記の哲学」というページがあります.
奥村先生ご本人に確認したわけではないですが
あえて美文書では「表記の哲学」の宗教論争の奥地に
入るのは避けたのではと思います.
ご自身でTeX Q&Aで聞いてみたらどうですか?
次回の改訂六版(たぶん2013年だと思う)に
何か反映されるかもしれません.

>つまり、\rmと\mathrmは、使い方は異なるけれども
>表示される書式としては全く同じということですよね?

そうです.しかし,\rmは
\DeclareOldFontCommand{\rm}{\normalfont\rmfamily}{\mathrm}
というように定義されており(「Old」とわざわざ書かれている),
しかもclsファイル内での定義です.
つまり,clsファイルの実装に依存しており,
使えないときもあるわけです.

>\mathrmは、打つのが面倒くさいので\rmを使いたいといったことが書かれているページが見つかりました。
宗教論争になりますが,
主観...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報