40人程度の会社です。
今回、いままで賃金体系などがしっかりしていなかったので、新たに人事制度を整えることになりました。
そこで、評価制度などをとりいれるのですが、前提として、全社員の「格付基準書」(職能基準書・職能資格基準書などと呼ばれています。)をつくらなければなりません。
年俸制を導入する予定で、年功的な要素は格付けには取り入れないため、細かく一つ一つの職務を洗い出し、それを5段階程度のレベル(能力・到達度)に分けて記述したいと思います。
大体経理・総務についてはできそうなのですが、他にHP制作、システム、企画、営業があり、どうやってレベルの差を記述していけばよいか、なかなか難しいところです。
今まで人事で基準書を作られたことがある方等、どうやって作ればよいか、参考になるものがありましたらお聞かせください。なお、参考書として「精選 格付基準書とつくり方/経営書院」を見ながらやっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 心中お察しします。

生み(創作)の苦しみは、必ず報われます。がんばって下さい。

1.HP製作やシステムの業務基準について
 下記の複合基準で決めてはいかがでしょうか。
  技術的な基準、業務遂行上での基準、顧客対応の基準
 1)技術的基準(純粋な技術基準)
  「情報処理関連の基礎知識」と「業務上で必要とされる技術」に分けて、達成基準を5段階にしては。情報処理関連の基礎知識は、情報処理の認定試験分類が参考になると思います。業務上で必要とされる技術では、会社でのシステム環境と業務内容で、必要とされる技術に偏向があります。部門の管理者に叩き台を依頼してはどうでしょう。開発のOSや言語、使用する機種、使用するツール、新規開発業務、保守業務などで、必須事項を洗い出しては。
 2)業務遂行上での基準(部門で果たすべき役割基準)
  上記1)項の技術力を、「業務で活用できる業務知識」で、「部門内で求められる役割」を担って、業務を遂行する。この達成基準を5段階にしては。業務知識は、業界の認定試験などを参照するのも手です。部門内での求める役割は、役職の職務基準を参照しては。
 3)顧客対応(顧客志向の基準)
  「仕事の基点」を意識して業務遂行する基準です。いま、技術者として求められている「顧客の意向に対応できる、提案力をもった業務遂行」を達成基準にしては。営業部門と人事部門からみた、あるべき技術者像を出してみてはどうでしょう。

2.基準の優先順位について
  上記1.の複数の基準を、会社の方向性で「優先順位」をつけて纏めてみては。経営方針や営業指向で、技術優先や顧客優先、部門効率優先などの特色があると思われます。

3.人事考課への反映について(個人的意見として)
 上述のような「基準書」作成が、人事考課の第一歩なのかも知れません。でも一方的な評価で、運用されない事を願います。あくまでも、理想的な運用としてですが、年度の初めに当人と面談して、「基準書に基ずく年間目標」を決めた後、年度末に評価して行ければと思います。


     
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧かつ貴重なご回答をありがとうございます。
基準の設定の仕方等、参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/08/08 14:25

年俸制、人事評価という言葉を聞くたびに思うのですが、果たして他人を正当に評価することができるのでしょうか。

また、それによって給料が決まることが正しい決まり方なのでしょうか。というわけで、賃金制度についての私の意見を述べさせてください。

賃金というのは、仕事に対応して決まるものだと思います。つまり、この仕事につくと給料はいくらと決めてしまえばよいと思います。給料を上げるためには、給料の高い仕事につけばよいのです。

ただ、誰でもが給料分働けるわけではありませんから評価が必要ですが、その場合はある仕事の評価はすぐ上の地位にいる人が決めるのが妥当だと思います。自分が求めていた結果に対してどの程度の実績をあげてくれたかを評価すればよいと思います。その場合、評価は可か不可の二つでよいのではないでしょうか。可なら継続、不可ならクビのほうが単純でよいのではないでしょうか。

このような制度を実施すれば、企業は人件費を一定に保つことができ経営しやすくなるように思うのですが、余りに考え方が単純すぎるのでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシソーラス検索辞書の閉鎖にともなって

http://search.kcs.ne.jp/the/のシソーラス検索辞書は、
web上でシソーラスの検索をするのにとても重宝していましたが、
最近になって閉鎖されてしまいました。
再開の目処もたたないようです。

他に、web上でシソーラス検索をできるサイトがありましたら
教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ほんと、閉鎖されたんですね。
私も、これ重宝してたんです。文章書くときには、シソーラス必要ですよね。英語には"rogets"のような有名なシソーラスもありますが、日本語というのは、「類義語」を規定するのが難しいからなのか、なかなか「これ」というシソーラスが出ませんね。
web上でいろいろ見ましたが、やはりフリーサイトではシソーラスとして使える辞書はないようです。仕方ないので、以前使っていた角川の類義語時点を本棚から引っ張り出して使うことにします。

Q人事の賃金制度について

今、賃金制度を新しく決めようとしています。
ここで、評価制度はなんとかなりそうなのですが、SEやWeb制作の部署の技能給は、どのように決めたらよいか、判断基準や判断手続きが分かりません。(^_^;
なお、年功序列は完全排除し、年俸制で実績給及び能力給のみにしようとしているので、なおのこと「技能→賃金」へのダイレクトな換算が必要となっているのです。何か案をお持ちの方、よろしくお願い致します.

Aベストアンサー

私の勤める会社では営業のように数値で判断できる部署は別として、
他の部署は
1.作業量を数量化して時間当たりの効率を判断する。(一定時間でどれくらいの作業が完了したか。)
2.顧客に対して開発段階から納品したものまでの評価を確認し点数を付ける。
3.評価は直属の上司だけではなく隣接する部署の管理職も協力して行う。
4.年度始めに本人が提出した申告書の進捗を定期的(3ヶ月毎)に面談によりチェックし年度末に採点。
以上部門により1.~4.迄の比重を変えて合計を出す。最後に点数の降順で並べ上位何%がA次の何%がBと
いうように5段階で正規分布するようにランクをつけて昇給に反映させます。

重要なのは本人たちに不公平感を持たせない事と結果を納得させる事。そのために評価する側は絶対的な
理論武装をすること。

Qシソーラス

ウェブ上のシソーラスサイトをよく使うのですが、我が家のインターネット接続環境がたまに不安定になるので

フリーウェアで使いやすいシソーラスをご存知の方いらっしゃいましたらどうぞお教えください。

Aベストアンサー

WordNet というソフトがフリーであるみたいですよ。使いやすいかはわかりませんが試してみたらいかがでしょう?文書作成時ならOpenOfficeにもOOoDicオートパイロットという機能を使って、シソーラスなどを追加することができます。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/data/writing/se323658.html

Q人事データベース

私は今の会社に勤めて10年になります。
なのに入社したときから人事システムが変わっていません。そのシステムは92年頃に社内の数名かで開発したようです。PC98ノート(DOS)でないと動きません。
その為にそのパソコンも再リースしっぱなし。超悪循環。
誰もメンテナンスしてくれず、従業員が公的資格を取得しても入力項目が14項目しか入力できず、それ以上取得した場合はもう入力不能。
なのに各部署からは資格の検索依頼が耐えません。
とりあえずは検索して提出しますが、超アバウトな人数ばかり。こんな仕事やっていていやけがします。
私は5、6年前から、人事システムのパッケージを導入しようと提案しているのに、上司は話しを聞くだけで、何も具体化してくれません。
しかも当社は約3000人の企業です。
信じられますか?
異動履歴1つとっても、テキスト入力で過去検索もなんにもできません。ただデータを蓄積してるだけで運用できません。上司が悪いのか、私の提案方法が悪いのか、会社がダメなのか、もう辞めたいです。

Aベストアンサー

こんばんは。
3000人の従業員がいらっしゃる会社の人事システムにしては悲しすぎます。
そもそも人事システムのデータは、従業員の給与と連動していたり、会社がお客様からの仕事をこなすための資格等の基礎データであったりと会社としての超重要なものであると考えます。
あなたが提案しているにも関わらずそれに取り合わない上司は何という無責任(?)な人なのでしょうか。非効率的でいいかげんな結果しか社員にフィードバック出来ない今のシステムを良しとしているかぎり今後の御社の先行きが心配です。
同じ職場で働く方々と共同戦線をはり、その上司に再度掛け合うこと、それがダメならその上に直訴するぐらいのことをやって改善して行かないと会社全体の不利益になると思います。
ご検討をお祈りします。

Qシソーラスと情報検索??

情報検索において、英語を間違った日本語で表記したときなどの長音の問題を解決しているのがシソーラス?だと聞いたのですが今一シソーラスがどういうものなのかわからず困っています・・。またどのように長音の問題を解決しているのでしょうか?

Aベストアンサー

シソーラスは同義語だと思いますが。
「コンピュータ」を検索すると「電子計算機」も探してくれると言う感じです。
「コンピュータ」と「コンピューター」を同じとみなすのはシソーラスというより
「日本語ゆらぎ」対策のはずです。
「ウオーター」「ウオータ」「ウォータ」「ウォーター」などの違いを日本語ゆらぎと言います。

Q人事・給与システムの構築

職場で人事・給与システムの構築の担当になりましたが、新人のため全く、何から取り組めば良いかわかりません。
わからないことがわからない状況にあります。
プログラムは少し組めるのですが、業務がまるでわかっていないレベルです。(用語や目的・流れなど)
何か良い書籍はあるのでしょうか?
全般を扱った内容の本や、分厚い専門的な内容の本など探しています。

そもそも、人事・給与システムでは、どうなれば良いソフト(システム)かもプロの方(人事経験者やSE)にお聞きしたいです。

Aベストアンサー

少なからず新人時代に人事系システム開発の経験者です。

>わからないことがわからない状況にあります。
こちらの言葉、私も以前お仕事を始めた頃に同じ事を先輩に言った覚えがあり、なんとなく境遇が理解できます。

まず、人事・給与システムの構築とありますが、自社での新規開発なのかそれとも既存の人事システムの拡張なのか、他社製の人事システムの導入・構築なのか、他社向けへの人事システムの開発・構築なのか・・によって参考にされる情報も大きく変わってくるかと思います。

ただ、共通していえることは会社の人事制度を熟知されている人事部門の人や、お客さんがいらっしゃればそのお客さんなどキーパーソンがいるかと思います。
日本の会社の人事制度全般を熟知したい場合などは、人事系の書籍を参考にされると良いと思います。
人事システム業界自体の動向や人事システムといってもどういうものがあるのか?といった知識的な情報は検索サイトなどで探されると技術系サイトなどに沢山良い情報が載っています。
http://www.thinkit.co.jp/free/article/0604/8/1/
などなど。。

>何から取り組めば良いかわかりません。
>業務がまるでわかっていないレベルです。

まず、システム構築よりも自分の業務理解を一番考えていらっしゃるところはとても良いと思います。
やはり一番必要なのは人事制度の理解ですね。こちらの理解ができていないとシステムの構築はまず無理というか、設計書を書くこともできないでしょう。

人事制度というと難しいイメージがあるかと思いますが、実際本をよまなくても、会社で勤務していれば理解できることばかりです。
たとえば手当とか給与とか勤怠とか経費清算とか人材管理などなど。ちなみに人事制度は会社で多種多様なので、もし書籍を読まれたとしても、それが実際に構築する人事システムと同じものかはわかりません。

まずは、人事制度によって大まかな「業務フロー」を作成するのが良いと思います。どの部分をシステム化するとか、どの部分に問題があって、システムで解決したいかという部分を業務フローから搾り出せば少しはシステム構築で必要な部分、解決したい部分が見えてくるかと思います。
例えば、給与明細書をシステムで帳票出力したいとすれば・・・
現状の給与明細の業務フローはどうなっているか?どこをシステムで自動化できるか?実際の給与明細はどのように社員に送られているか?メール?申請毎?とかいろいろと実環境を調べてみましょう。
その上で、システムとしてできる部分、解決したい部分を考えていくのも手じゃないかと思います。

また人事用語はたしかに難しいです。会社によっても呼び方が全然ちがいます。これは勉強していくしかないでしょう。。

あと人事システム構築で一番気をつけることは、人事制度にフィットするシステム構築が全て正しいというわけではないことを理解しておくことだと思います。
会社によっては、とてもおかしな制度がいっぱいあります。そういう制度を全てシステム化することは、後々人事制度が変わった場合のシステム改修やシステム化自体が逆効果になることもあります。
ERPパッケージを導入して会社の人事制度自体を改善するというのもソリューションの1つなのです。

新人として人事システムを開発した経験者として少しでもご参考になれば幸いです。

少なからず新人時代に人事系システム開発の経験者です。

>わからないことがわからない状況にあります。
こちらの言葉、私も以前お仕事を始めた頃に同じ事を先輩に言った覚えがあり、なんとなく境遇が理解できます。

まず、人事・給与システムの構築とありますが、自社での新規開発なのかそれとも既存の人事システムの拡張なのか、他社製の人事システムの導入・構築なのか、他社向けへの人事システムの開発・構築なのか・・によって参考にされる情報も大きく変わってくるかと思います。

ただ、共通して...続きを読む

Q英英でシソーラスの辞書を探しています

シソーラスの辞書でいいものがあったら教えてください。
できれば、シソーラスの単語が置き換えられるくらい狭い括りでまとめられていることと、ポケット版のような持ち運びに便利なもの、アメリカ英語、英検一級レベルの単語も含んでいるものがいいです。もちろんこの条件をすべて満たしているものとは限りません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私のお薦めは、

Roget's 21st Century Thesaurus, Third Edition (Roget's Twentieth-First Century Thesaurus in Dictionary Form) [ペーパーバック]

です。実は私はこの Second Edition をずっと使っているのですが、Third Edition が出ているようなので、こちらの方が良いと思います。新品で1,125円で手に入りそうです。詳しくは以下のサイトからカストマー・レビューを読んでみることをお薦めします。

http://www.amazon.co.jp/Rogets-Century-Thesaurus-Twentieth-First-Dictionary/dp/0385338953/ref=sr_1_2?s=english-books&ie=UTF8&qid=1330354851&sr=1-2

Q人事評価方法の一つで、ウィリアム・エム・マーサーのコンピテンシー。

人事評価方法にコンピテンシー・モデルを用いようとしています。そこで、実際にどんな内容・方法が良いかをいろいろ検討しているのですが、このうちウェイリアム・マーサーによる方法がどういうものか、情報が集められません。
なにかわかる方がいらっしゃればURL,参考文献等教えてほしいのですが…

Aベストアンサー

人事戦略マネージメント関連書籍を発行している ウィリアム・マーサー社の事を指していらっしゃるのでしょうか?

上記でよければ以下のような参考文献で検討すればよろしいのではないでしょうか?

参考URL:http://www.jp.bol.com/cec/cstage?eccookie=alTthwWaFqJ3w1JTRQHnm5bIbKOP7rKiXm6Cr38rNnIzrnBUpoMbGow48ogsa7qT3RuyG1%2F%2B3Z

Qシソーラスについて

シソーラスの情報検索における役割と仕組みについて詳しく教えてください。もしくは、それについて書いてあるページがあれば教えてください。

Aベストアンサー

こんな感じで良いのでしょうか…。ぜんぜん自信ないのですが。

用語解説ページのシソーラス(役割?)
http://www.ftsanet.com/DATABASE97/10sec6.htm

サーチャーから見たシソーラス
http://www.bekkoame.ne.jp/~y_usui/search/sub_note.html

サーチャー試験用の教科書を見ると良いカモ…。
ズバリ「新サーチャー入門第×版」という本があったような…。

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/~y_usui/search/sub_note.html

Q内部監査業務につくひととは

内部監査業務につくひととは、どんな能力レベルなのでしょうか?
今の職場に部長レベルとして女性が転職してきました。前職での担当はは内部監査だったらしいのですが、とにかく会計知識もなければ、会計システムに入って、元帳など見ることすらできません。おそらく、決算実務の経験がないので、システムを操作するということもわからないのでしょう。
結局今は勝手に自分は社長と本社対応をするといい、分析と予算を女性社員とすると言ってますが、分析もこちらが作った決算書を見てどうこうしてるだけです。分析とは、システムの中を見てトランザクションを見たり、いろいろなデータ資料を見ないとできないと思いますが、、。
ですから、たいていは、すべて実際決算資料を作成しているひとに聞いてきます(そのほとんどがシステムを見ればわかるようなことです)
また、そのあと、課長レベルで男性が入ってきましたが、こちらも、以前は内部監査をしていたそうで、リストラにあったそうです。この男性も、おそまつなものです。仕訳ひとつ満足にできませんし、決算書について「なぜこれがマイナスなんだ」と女性部長と同じレベルで聞いてきます。経理のわかる人ならわかると思いますが、システムの元帳みればそんな原因わかりますよね。

そこで疑問です。内部監査の業務に就く人は、レベルはどうなんでしょうか?会計知識もシステム知識もなくてもできるものなのでしょうか?アホが就く仕事ですか?

これまでのイメージは、会計士レベルの知識、なおかつIT知識もある人が執り行っているのだとおもってました。

内部監査業務につくひととは、どんな能力レベルなのでしょうか?
今の職場に部長レベルとして女性が転職してきました。前職での担当はは内部監査だったらしいのですが、とにかく会計知識もなければ、会計システムに入って、元帳など見ることすらできません。おそらく、決算実務の経験がないので、システムを操作するということもわからないのでしょう。
結局今は勝手に自分は社長と本社対応をするといい、分析と予算を女性社員とすると言ってますが、分析もこちらが作った決算書を見てどうこうしてるだけです。分...続きを読む

Aベストアンサー

内部監査は会計監査とは違い必ずしも会計専門ではありません。
主体は業務監査ということで、それは社内の各部門の業務が規定どおりに行われているか、違法行為はないかというようなことが中心です。
勿論これには経理処理が関係していることは間違いないのですが、それはそれに関連していてもそれが必ずしも中心課題ということではありません。
会社の業務内容寄っては技術的関心が中心であったり、流通関係では営業管理のほうが問題ということもあります。

私のそのような仕事をしていますが、場合によって技術出身者と組むこともあるし、営業の人間と一緒になることもあります。ちなみに私の専門は経理です。


従ってご質問の人たちがどのような監査をしてきたのかがわからないと、単純に能力の問題ということはできません。
でも、中途採用で入ってくるのならば採用側の会社人事も自社に必要な能力を適正に見て採用するべきです。
もしご質問のような疑問が出るということであれば、その採用の目的には少々疑問があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報