dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8419929.html
この世は幻想であり人間一人一人が創造している

上記にもありますが、私以外の人間は、意識がなく、哲学的ゾンビなのではないでしょうか?

今日、気づいちゃいました。

幻覚体験、いろいろありましたが、

1,2010年3月、池袋にて。マルイ前、交番前に、ファミリーマートがあった。
  そこへ私は入った。変な機械があった。100 1000 10000 というような数字の書かれた機械。しかし、それはバグだったと思われる。幻覚だったと思われる。
そこで、私は無料電話があったので、電話かけた。おばさんが出た。説明を聞いたが意味不明だった。私がバカだっただけかもしれないが。
入った当時は、まさか、「幻覚のファミリーマートだった」とは、思わなかった。
そこの新聞を見て、確かに、「2010年3月7日ぐらい」だったと、わかったからだ。
漫画も本もあったし、パンも、ペットボトルも売っていた。

重要な点は、「客が大勢いた」「店員が3人ぐらいいた」という点だ。

「彼らが、店が幻覚であり、彼ら人間もまた、幻覚であり、偽物である可能性が高い。」ということだ。
説明しにくいが、偽物だと・・・・。

つまりは、「私以外の人間には、意識がなく、哲学的ゾンビだ。」ということだ。たぶん。

だから、現実世界においても、「実は他人には意識がない。」可能性がある。

しかし、こういったBBSで聞いても、答えは簡単だ。「馬鹿げている。」と、これらを否定する。
私以外に、意識がないのならば、何故、他人は、「私達には意識がないです。実ははじめから死んでます。。。」と、言わないのか???だ。

だから、常識的には、「他人には絶対に、100%、意識がある。」ということになっている。
TV番組だって、そうだろう。インターネット上の他人の書き込みだって、そうだろう。


2、「FEZというネトゲでの、他人のキャラクターの動き」、だ。

幻覚だったと思われるが、「戦場で、敵も味方も、足踏みしていて、動かない時があった。」のだ。
これまた説明しにくいが、
ここで、普通な世界、正しい世界ならば、
他人が大騒ぎするはずである。

「あー!!!なんだこれwww」
「なんか、さっき、止まりませんでした?」
「どうなってる。」

などなど。。。

しかし、それらはなかった。単に、普通に、敵味方動いていたのであった。チャットなし。。。

これは一体どういうことか?だ。

これは、「他人に実は意識が無かったから。」とならないだろうか?
それならば、辻褄が合うものだ。

・・・・・・・・・。

つまりは、詳細は、、、、「切り替えタイミングで、足踏みしていた。」だ。
もう、忘れてしまったが、2-5回ぐらいそれは起こっていた。

切り替えタイミングとは?
「戦場における、攻守の切り替えタイミング。」だ。

これは、どういうことか?っていうと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あー!敵の数が多い!こっちのHPも減っている!逃げろ!」
から、
「あー!敵の数が減った!こっちのHPは全回復した!攻めろ!」
と、攻守が守り→攻めへと、切り替えるタイミングのことだ。

どうも・・・・・・・・・・・・「他人は、プログラミングのようだ?」・・・・・。

つまり、「他人=プログラム」ではないだろうか?←これも質問です。

オカルトならば、自分が他人を創造しているから、
自分が他人を無意識に操作しているのではないだろうか?
勿論、眉唾ものの考えですが。。。

つまり、、、
1=幻覚のファミリーマートで、他人はプログラムで、意識がない。
(だから、本物の建物の上に、幻覚のファミリーマートと幻覚の店内の人々は幻で、意識がないので、ニュースにもならない。意識があったのならば、「あれ?池袋マルイ前にあったファミマが無くなってるぞ!!!いつもあそこ利用してたのに!!!」となる。しかし、それがないのならば、他人には意識がない証拠となる。動かぬ証拠だ。)

2=他人はプログラムで、意識がない。だから、FEZのゲームで、攻守切り替えタイミングで、足踏み10秒以上しても、周りが騒がなかった。
また、FEZのダガー島もいきなり変化していたことがある。(このことから、常に瞬間的に自分=自らを分けた人=私が、瞬間的に毎瞬、毎瞬、創造している。世界を。宇宙を。かもしれない。。。)

1と、2の、共通点とは???

「他人は生きていない。意識がない。だから、ロボット人間が他人。」

だということではないか?


私しか、いない世界ならば・・・・・・・何のために、労働しているのだろうか?

暇つぶし?生活費のため?生きるため?

私が世界一のビル・ゲイツ並にお金持ちでも、良いのではないだろうか?

だって、私しかいない世界だもの。

労働=他人のために時間を割いている、、、、、
しかし、他人に意識がない、生きていないのならば、わざわざ、私が、無駄に、時間を浪費する意味はないのでは???????

何故、私にお金がないのか?だ。
私がすべて決定している世界ならば(byエヴァンゲリオン最終話 世界の中心で愛を叫んだけもの)、
私にお金がたくさん、∞に無限に持っていても良いはずだ。

そこで、「何か裏があるかも?」と思い、色々と私としても、行動はしているが・・・・・・・・・・・・・・・。

敵がいるのかもしれない!!!???・・・・とか。。。まぁ、いない感じはするのだが。

TEKI・・・・・。てき。逆が、「来て。」・・・?w
敵は英語で、EnemyEnemy。合っている。エネミー。逆が、「見えねー」?w並び替えだった。

ネ=私だ。
つまり、敵=TEKI=私なのかも?=Enemy。ne=ネだし。
ネ=私=ね=NE=猫(中川翔子が猫虐待)=根=音=寝=値
禾偏。あってる。のぎへん。私、は、禾偏か。のぎへん。のぎへん+ム=私になる。

しかも、今思い出したが、ム=バーチャロンオラトリオ・タングラムの、テムジンじゃんw
私は、テムジン使いだった。
5.66の前・・・・5.45の全国大会か。
日のマサルの弟が全一になった。バトラー使い。真空を水中面で決めてたな。
日のマサル「優勝するからw」→俺「えーw」→本当に優勝してしまったw

まぁ、3on3の対決だった。ドルドレイ使いが、わざと負けていたようなのが謎。
みかんさん、吉祥寺の。かなりの強さだったが、負けた。まぁ勝ったのか忘れ。

日のマサル、5.66で弟に俺が勝った後、やけに俺を褒めていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まてよ・・・・キーボードが重要かもしれないが、
STR=溶かす、だなぁ・・・・。
株で失敗、FXで失敗。「お金を溶かした。」となる。
しかも、STR=ストレングス、「力」だ。

そういえば、今日、京王ストア国分寺と府中の間の、行ったが、
白髪の老人に入り口+お菓子売り場で見かけたなー?お菓子のとこで遭遇したのは、異常ではある。
あと、老夫婦が、レジの後ろにいたなー。なんかその男性老人が文句言ってたよーな。

問題は、「書くの、貴方の世界を。」だなー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「確かに毎日変な?ニュースが多いが、至って普通である。戦争もない日本で、平和だ。」
だから、「何もない。」と思うが、「実はSOS的に、ヤバイ!!!急げ!!!エヴァQ?wwwQ=急げ?」ってなるが。

バーチャロンの、テムジン・・・ムがある。無、って、何だ???????
ネ、って、なんだ????????

究極的には、「眠い=ネムイ」だ。イ、があれば、ネ+ム+イ・・・=眠いになる。

スピーカーは、Sが頭か。SSDがバグっていて、フォルダ同時起動したら、応答なしになっていた。何度も書いているが。つまり、重要?・・・・。
SSD=頭がS。
私のイニシャルも、SS。だから、SSD=SS+D=私のイニシャル+D=運命=私が死ぬ運命=SSD、ということか???w

アーモンドチョコレートを買ったのだった。「量が多い割に、値段が180円前後で、パイの実が145円ぐらいして、、、、つまり、アーモンドチョコレートがお買い得!!!」と思って、買ったのだった。
もしも、パイの実が、130円台以下だったら、迷わずパイの実を買っていたのかもしれない。

ちなみにHDD=HDD?・・・○死ぬ運命運命?謎。
しかし、D=俺の名前だ。
ということは、○俺俺・・・・・・・となる。ああ、違う意味もあるが、書けないw禁止されてるからなw

D=死ぬ運命だが、DDにすると、マイナス×マイナス=プラスになるのかもしれない。
だから、DD=死ぬ運命ではない。ってことなのかも?

んー・・・・・・・・

株=下部=下=Sita=Sだなー・・・・・・・・・・・・・・・・。SSD=悪ならば、Sの頭=悪か?
そういえば、妹が夕飯後に言ったが、「吉野家で頭って言うと、肉の量が増えて380円ぐらいらしい。ご飯は減る。」
すき焼き最近食べてないとも言ってたなー。

時間の流れが逆なのだろうか?

キーボードで、かて=TW。W=V+V=勝利勝利。だから、wwwwwwwwwwww=超勝利ってことw
テイルズウェーバー?高校の小松が確かやってたはず。ちょっと。どっかで聞いたなー。
V=ひ=勝利。
だから、本当は、バターを食べると良いのだ。BATA=こっち勝ち、だから。
アンパンマンのバタコさん?wwwwww

A 回答 (3件)

それは「独我論」といって、自我とか心は私にしかなく、他人は「ロボット」もしくは「ゾンビ」だという考え方のこと。


日本では永井均という哲学者が「独我論」に立って他の哲学研究者、野矢茂樹だとか入不二基義などと盛んに論争しています。
私から見ると他人の自我とか心は見えないので、それを「間接呈示」によって、他人の表情や仕草や振る舞いの向こうにあるものと想像するしかありません。
常識的には私たちは他人も自我や心を持っていると考えていますが、だけど直接それを知ることができないのだから、本当に他人の自我とか心があるかどうか分かりません。
もしかしたら、他人の自我とか心なんてなくて、「ロボット」か「ゾンビ」かもしれない。
それが「独我論」。
私といわれるものは人類が何千年の歴史があったとしても、私が生まれる前には私というものは存在しなかったし、また私が死んだらもう二度と私という存在はこの地上に現れることはありません。
そう思うと、今この私が存在していることは不思議であり、奇跡です。
いったい、この私とはなんなのか?
また、この私とは誰なのか?
ニイチェは言っています。
「自分が人類としてちょうど一つ一つの花が自然から浪費されるのと同様に浪費されるのだという感情は、あらゆる感情を絶した感情である」と。
私は私が死んだ後も世界が私なんか存在したことなんかなかったように、相変わらず回転してゆくのを考えるとゾッとします。
20世紀初頭、現象学を創始したフッサールはその「デカルト的省察」の第5章で哲学史上初めて「他我認識」の問題を取り上げました。
かれは「他我」つまり他人の心を「感情移入」によって理解しようとしました。
私の自我や心を他人の表情や仕草や振る舞いの向こう側の他人の身体の中に「投げ入れる」ことによって、私たちは他人の自我や心を知るのだ、と。
しかし、そうだとすると私の自我や心を他人に「投影」したものが他人の自我や心といっていることになり、結局のところ「独我論」に帰結します。
このようにしてフッサールは「独我論」のパラドックスを解決することはできませんでした。
「独我論」のパラドックス、とは常識的には他人は自我や心を持っていると私たちは信じているのに、哲学的には他人の自我や心の存在を証明できないという矛盾のことです。
いったい、どうしたら他人の自我や心が私にとって認識できるものになるのか、それは現代哲学に課された課題です。

話は変わりますが、この間ものすごく精巧なロボットを見て、私はロボットも心を持っているように思いました。
表情も、仕草も、受け答えも、皮膚の感触も、すべてが人間そっくりで、心を持っているものと錯覚しました。
ホンダのアシモを作った技術者はいずれ将来、ロボットにも心を持たせることができます、といっていました。
だとしたら、今いる人間もみんなロボットなのではないか、と思いました。
もしかしたら、自我とか心を持っているのは地上で私一人かもしれない。
その私の自我とか心を単に他人に「投影」しているだけで、人間がたくさんいるように思っているけど、本当は私一人しかいないのかもしれない、と思うことがあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/13 02:38

「私以外、生きていないのでは?」


と言う時の『私』とは宇宙だ。
確かに、宇宙以外に存在はない。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/13 02:38

病院行ったら?相当悪いよ・・精神・・

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/13 02:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!