これからの季節に親子でハイキング! >>

現在43歳、今年の5月で44歳になる既婚女性です。
私は、40歳で結婚し、子供が欲しくて不妊治療をしていました。
不妊治療はしんどい、と聞いていましたが、それはそれは辛くて・・・。
体も心も辛くて、もう、やめよう・・・と思った時に、妊娠しました。
でも、すぐに、流産しました。
その流産の直後、43歳の誕生日をむかえました。
不妊治療も43歳までと決めていたので、これで、やっぱり無理なんだと、諦めなければならないんだと思いました。
流産の手術をして頂いた先生からは、慰めの意味もあったんだと思いますが、流産をすると、あくまでも統計上ですが、次の妊娠がしやすくなるので、落ち着いたらもう一度チャレンジしてもいいのでは、とい言われました。
でも、もう、がんばる気力はなく、不妊治療は終了し、積極的に子作りはしなくなりました。

ですが、なんとなくですが、流産の手術をしてから、子宮の状態が変化したように感じます。
不妊治療で、ホルモン剤やらで子宮の状態を良くしたり卵子を大きくさせたりなど、無理にがんばらせていたような感じに、今は何もしていないのになっているような気がするのです。

なぜ、子供が欲しかったのか、自分で考えてみると、私は、母になりたかったのかな・・・と思います。
自分の子孫を残し、育てたかった。。。
でも、それは、私自信の欲求であって、子供にとってはどうなんだろう・・・と思うようになりました。
主人は私より2歳上なので、今年46歳になります。
こんな両親、親というより、祖父母に近いよね・・・。
必ず健康な子供が生まれるとは限らないし、経済的にも、私たちは年齢の割には収入は少ないので、満足な子育てができるかどうか、子供が社会で生きていけるようになるまで責任を持って育てられるかどうか・・・。
なので、これでよかったんだ、と思うようにしていました。

なのに、不妊治療をしていた時のような感覚を自分の体で感じたり、職場で子供の話を聞いたり、また、自分のこれからの人生、何を生きがいに生きていったらいいか、などを考えると、なんだかもう、自分の気持ちをどう整理していいのかわからなくなってきました。

子供がいない人生を歩んでいくことに、すとんと納得できるようにするには、どうしたらいいのでしょうか・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私は41才で一度流産をし、43才の2度めの妊娠で出産(初産)しました。


しかも、43才と2カ月過ぎてからの妊娠です。

私も同じように『流産した後は妊娠しやすくなるよ』の言葉を主治医に言われ、
それだけを頼りに前向きに頑張りました。
子供も健康に産まれてきてくれました。
2年かかりましたが、信じて良かったと思います!
momongaさんも諦めるのはまだまだ早いですよ。
諦めるのは簡単。でも何もしなかったら結果もないですよね。
もう少し頑張ってみたらどうですか。

ちなみに私は流産後、夫とサプリで身体改善したのが良かったとおもいます。
    • good
    • 0

不妊治療であなたが考えなければいけなかったこと、


思っていたより多くありましたね。

子どもが仮に出来ていたとしても、同じように

健康な子どもが生まれなかったとき
自分たちのどちらかが病気になったとき、あるいは亡くなったとき

「子どもを自分たちはなぜ欲しかったのか」

「これで良かったのか」

考えたのではないでしょうか。


私は28歳で初めて不妊治療をし、
31歳で懐妊しました。


2年間で採卵したのは2回、移植も2回。

ただ本当にさまざまなことを考えさせられた時間でしたね。


人生観、
倫理観、
そして死生観

そして夫婦の在り方も、とても考えました。そして変わったとも思っています。

当たり前に妊娠し、出産出来たら楽だったろうに
とも思いましたが、

「子どものいない未来」を初めて前向きに考えられた時に、妊娠できました。
どうしてなのか、分かりません。
欲しくて欲しくて仕方がなかった時は出来なかったのに。


出来た今は、子どもに出生の過程をどう伝えよう
障害があったら治療のせいにしてしまわないか
代二子のことまで、新たな悩みが出来ました。


ただ、自分の人生を歩こう とそう思えた矢先だっただけに
子どもの人生を私とは切り離し、それぞれの価値観を持った人間同士の付き合いがはじまるのだな
という新しい意識を持ち合わせることもできました。
これは幸せなことではないかと思っています。

女に生まれたのだし、愛した人と結婚したのだから
その人の間に子どもが欲しいというのは当たり前のことだと思いますよ。

あなた自身の人としての欲求を否定することなんてありません。

だって皆幸せになりたいんですもの。


子どもがいたって、いなくたって それは変わりないのでないですか?


あなたの人生は子どもがいるから幸せですか?


いてもいなくても幸せ。その方がよっぽど幸せ。

だって、あなたのかけがえのない一度きりの人生に変わりはないのですから。。。


私はそう思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに。不妊治療をして一度妊娠した時は、本当にいろんな事を考えました。

お礼日時:2014/02/03 05:24

>自分の子孫を残し、育てたかった。

。。
でも、それは、私自信の欲求であって、子供にとってはどうなんだろう・・・と思うようになりました。

↑いたって普通の考えだと思います。欲求から始まる事です。
子供が欲しいって思うのは可愛い以外に子孫を残していきたいと思う考えは普通じゃないですかね。
逆に跡取りで男の子がほしいと言ってる人の方がもう子供の人生決めちゃうんだ…その為に産むのか?子供もたまったもんじゃないだろうなと思う事は多々あります。

また障害を心配されてますが、確かに確率上がるかもしれませんが、いくつのなろうが健康に産まれてくるとも限りません。
なんともいえない気が…

流産したという事は妊娠できる身体なんですよ。
失礼ですが流産は特別珍しい事でもなく、友人も23くらいの時に子宮外妊娠、流産しました。若いも関係ないです。
先生の言うとうり流産後、出産後は子宮が綺麗になるので妊娠しやすいそうです。
そこでもう1度頑張ってみてそれでもだめであればまたその時に考えたらいいと思います。
それで諦めるのはせっかくのチャンスを無駄にした事にもなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/02/03 05:25

最近不妊治療をはじめたものです。



すとん、と納得いくわけないです。

辛くて痛くて苦しい治療を甘んじて受けるほど欲しかったものを、すとんと諦めて手放せるわけがない。

それはもう本能で、理屈でコントロールできる感情じゃないと思うんです。

今は子宮の状態がいいような...というのは、実際のところはきちんと検査をしなきゃわからないけど、そう感じるっていう時点で、質問者さんは一縷の望みを捨てられないのでは?

いいじゃないですか、40歳のママだって、45歳のママだって!

たしかに体力的な問題やリスクは熟慮して、覚悟をしなきゃいけないけど、ただただ引け目に感じる必要はないんじゃないですか?

諦めがつくまで、納得いくまで挑戦すれば、結果がどうあれ気持ちは落ちつくんだと思います。

43というリミット的なゴールを設定したものの、まだ諦めがつく段階ではないんです、きっと。

勝手にズケズケと物を言って不快な思いをされていたらごめんなさい。

でも、いま年齢や理屈で諦めちゃうと、きっと一生納得できないままです。

あともう一回、もう一回だけって望みにすがったっていいと思います。43歳のママと46歳のパパがハシャいでエコーを見ながら抱き合ったっていいと思います。

諦められないなら、諦めないでください。

結果がどうあれ、質問者さんのお気持ちが楽になりますように、お祈りしております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
辛い不妊治療までして、結果、流産して、もう諦めようと決めたのに、不妊治療をする前とは違う状態が続いている事に、心がゆさぶられてしまっているのは事実ですが、もう不妊治療はしません。
でも、不妊治療は、して良かったとは思っています。
何もせずに、時間だけ過ぎて思い詰めるより、やるだけやった、とは思うので。
治療、がんばって下さいね。
良い結果になるといいですね。

お礼日時:2014/02/01 21:19

すぐにすとん、とはいかんよ。


なんでかなあ?と、私も長い間思ってたけど、
「子どもが欲しい」は本能であって、「子どもは欲しくない」は本能ではないから・・・なんだろうと、最近は思ってます。


治療の辛さは、夫への思いやりもないがしろにしそうになる。
いつの間にか、まだできてもいない子どもが、夫より先になっている。
子どもが欲しいから不妊治療を受ける、が、不妊治療が辛いから妊娠したい、に入れ替わりそうになる。
本末転倒になるってことは、どこか無理なことをしているからだ。
そう思って、不妊治療というものについて、私はもう一度考え直してみました。

医師の手を借りて、不妊の原因を治すこと。
医師の手を借りて、子供を作ること。
この間に、はっきり線を引いてみると、自分自身が一番落ち着く地点が、何となく見えてきました。

子どもにとってどうかとか、経済的にどうかとか、自分がどんな子育てが出来るとか・・・そういったことは、まだ来ない物を勝手に想像して思うことです。
ああしたほうが良いかも、でもこうもしたいし、こうもありたいし、こんな風にはなりたくないし・・・結局は、欲の堂々巡りだ。
でも、子どもはそんなことを考えながら作るもの?
いや、子どもは好きなことをしてれば勝手に出来ちゃうもので、そんなことは出来ちゃってから考えることだ。
それが自然の、本来のあり方ではない?
不妊治療を続けると、頭が本来からずれて、落とし穴に落ちる。

不妊治療は、科学を信じてみようか?と言うところから始まる。
それがいつの間にか、科学にすがり付いて、そこから抜け出せなくなる。
でも、科学が出来ることは、まだまだ氷山の一角でしかない。
(これは、ノーベル賞を取った山中さんも言ってますが)

これが分かってくると、どうすることが自分の心に楽か?負担にならないか?で選択したほうが良い、と思えてくる。
無理に整理しようとしなくても良い。
知識や欲や、いらないものをどければ、必要なものだけ残る。

取りあえず、医師の手を借りるのはこれまでにしよう。
後は天(神様?運命?)に任せよう。
これが、体外受精をするか?と言われて3か月後、私の中から出てきた結論です。


ところで、以下は蛇足と思ってください。
地球上の全ての生命は、永遠に生きたいという欲求を持っているそうです。
それがかなわないので、自分の命を継ぐ者を求めるそうです。
それが母性本能、父性本能の根源だそうです。
(笑)NHKの恐竜番組で言っておりました。
だからなのか?
いまだに子供が欲しい、が無くならないのは。
変に納得。

近頃は、小さな子どもだけでなく、その若い親たちも可愛らしく見えます。
いつの間にか、すとんと納得できている自分に気づきますよ。
momonga_popoさんも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そう、そうなんです。
不妊治療をしていた時は、もう『逃れたい』っていう気持ちになっていました。
何から逃れたかったのか・・・不妊治療から、不妊治療までしている『子供が欲しい』という自分の気持ちから・・・かな。
私は、まだ、友達とかの子育ての話などは聞きたくなくて、小さな子供がいる友達には、あんまり連絡をとったりしないようにしています。
50歳くらいになったら、自分の中の気持ちに整理がついているのかなぁと思うと、はやくおばあちゃんになりたいと思うこともあります。
その頃になると、私も、若いお母さん達が可愛らしくみえるかな・・・。

お礼日時:2014/02/01 21:04

年齢的に妊娠しにくかったり、夫婦の相性が悪かったりと原因はいろいろありますが、突然妊娠する例も有りますので、不妊治療をやめたとしても、自然体で頑張ってみるのも良いのではないでしょうか。



子供のいない人生・・・

夫婦で旅行に行き、楽しい事をいっぱい経験できる事。
美味しいものを食べたり、写真を沢山撮ったり、沢山楽しい事が出来るじゃないですか。
今から、趣味の勉強もしたりして、沢山の人と出会えますよ。
(ちなみに私は40歳でエステシャンの免許を取りました)

子供がいなく、夫婦と犬2匹飼っているお客様がいます。
週2回フィットネスに通ったり、月1でオイルマッサージをしに来てくれます。
犬を連れて、夫婦でよく旅行に行くそうです。
自分の時間を、自由に楽しく使ってますよ。

貴方も人生を楽しく過ごして下さい。
自分から明るいオーラが出ていれば、良い事が向こうからやってくるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/02/01 20:54

20歳で結婚しもうすぐ26年、同じくらいの年頃です。

子供はいません。

22歳の時自然妊娠をしたのですが流産。その後私が鬱のような状態となり夫が子供のいない生活でも二人が幸せならいいのではないかと言い出しそのまま二人の生活を送っています。

子供が好きで3人はほしいと思っていましたが若い結婚もあり収入も少なく共働きでやっと生活をしているような状態では仕方がないと諦めその後身内の大病や破産などでバタバタとしているうちにこの年齢になってしまいました。

友人や兄弟の子供が成長し大人になっていくことを羨ましいなと思いながらも二人だから好きな生活ができる。喧嘩をすることもなく幸せな日々を送っていられるという思いもあります。
30代のころ自身の年齢や子供の成長を考え最後のチャンスと子供がほしいと伝えたのですが元々子供が好きではない夫は拒否。二人の生活がいいといわれ泣く泣く断念しました。

でも今も新婚のように仲のいい夫婦です。私は好きな仕事をしていられるし思い付きで旅行に行ったり遠出をしたり両方の親と出かけたりと子供がいないからある自由を楽しんでいます。

最近まで犬を飼っていました。18年10か月と長生きをして子供のように大切に愛情を注いでいたのですがどうしてもお別れが来てしまう。とてもつらくて何か月もたった今でも思い出しては涙することも。
そんな時子供がいたら一緒にこの気持ちを共有してくれたのかなとか子供がいたらその子はもっとつらい思いをしていたかもしれないななど考えることもありますがいないものは仕方がないという気持ちもあります。

老後のことを考えるとどちらかが一人になってしまうという恐怖はあります。でもたくさんの幸せな思い出を作ってきているしこれからも作っていくつもりでいるのでそれを糧に生きていかれるかなとも。愛犬との思い出は寂しいけれどもとても素敵ないい思い出となっています。二人の思い出はそれよりもきっといい記憶になってくれると思っています。

二人だからこそ楽しめる時間、生活。そんなものもあると思います。なぜ結婚したのか。その人と生涯共に過ごしたいからではないでしょうか。私は夫と生涯共に過ごせることが何よりも幸せなことだと思っています。
それで十分かなと。子供がいる喜びもあるだろうけどいなくても喜びや幸せはある。そう思います。

ご主人との時間を満喫してくださいませ。いつまでも新婚気分でいられると本当に幸せですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も、モモンガを飼っています。
でも、もう14歳になる超おじいちゃんで、いつお迎えがきてもおかしくない状態です。
動物の時間は、人間より速い速度で流れているので、どうしても見送らないといけないのが辛いですね。。。
この子が人間だったら、もう中学生になっている年齢なんだなぁ・・・と、ふと思うこともあります。
主人との二人の生活の中で、自分が生きがいを持って生きていくことを、模索中です。。。

お礼日時:2014/02/01 20:54

まず、貴方は子孫を残す為だけに生まれてきた訳じゃないでしょ。



もしも子供を授かったとしたら大切に育てればいいし
授かる事がなくても縁が無かっただけ。と思えませんか?


子供以前に自分と伴侶が信頼しあっていてある程度幸せじゃないと
生まれて来た子供にも幸せを分けてあげる事ができませんよ。

目的が子供を産む。にすり替わってしまうのはダメですよ。

産んだ後の方が長いし大変なんですから。

それに年齢だって生体としての性能については
確かに衰えていくのかもしれませんけど
人生全体で考えれば未だ発展途上なので
子育てする心の余裕の部分ではピークは迎えてないかも。


そのためだけに生きてるわけではないと思って
片の力を抜いた方がいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね、産んで、その後が・・・なんですよね。。。

お礼日時:2014/02/01 20:43

女性として産みたい気持ちは根底にあります、理屈じゃなく欲しいで。


日本の医学は最高だとも信じています。
その日本の医学で出来ないなら、これ以上は無いと諦めます。

不妊だけじゃなく、自分のパーツを自分の思うようには出来ない場合でも同じ。
日本医学でどうしようも無い事は、自分個人じゃあどうしようもないじゃん!と思うパーツが私にもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/02/01 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング