出産前後の痔にはご注意!

海外が舞台(パブリック・スクールや屋敷など)で、少年達が繰り広げるドロドロとした愛憎劇風の小説を探しています。

ポイントとしては
・主な登場人物が少年
・少年愛…とまではいかなくても、そういった要素がある(所謂匂い系というものですね。なくても大丈夫です)
・後味が悪い。もしくは暗い話

個人的に霊応ゲームのようなお話がドンピシャでした。
まだ読んだことはありませんが、ぼくはお城の王様だという本もあらすじを読んで気になっています。

お力添えよろしくお願いします。

※モーリス、アナザーカントリーは(映画で)見ましたが、今探してるものとは違うかな?といった感じでした。小説だと映画と内容が違うのかもしれませんが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>霊応ゲーム


という作品は読んだことがないので、もしかすると全然ご希望のタイプではない作品かもしれないのですが。

アメリカの私立男子校を舞台にしたロバート・コーミアの『チョコーレート・ウォー』『果てしなき反抗 続チョコレート・ウォー』はいかがでしょうか。

これは1970年代にヤング・アダルトノベルとしてアメリカで出版されて、大変な評判になったものです。
正編は、かなり衝撃的なエンディング。
続編は、正編と登場人物は一部重なりますが、テーマの力点は少し変わっていきます。

「少年愛」といえるのかどうなのかは疑問ですが、それぞれに葛藤を背負ったさまざまな登場人物が、丁寧にかき分けられていて、読み応えがあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
『チョコーレート・ウォー』と続編の『果てしなき反抗 続チョコレート・ウォー』は初めて耳にしました。
あらすじなどを見ましたが、とても面白そうなので読んでみようかと思います。

ありがとうございました!

お礼日時:2014/03/21 12:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理描写が巧みなBL小説を探しています。

BL小説、またはBL的要素のある一般小説で、文学的で主人公の心理描写(恋愛についての描写に限らず)が巧みなものを探しています。

恋愛が主軸のものの場合、主人公が最初から男性同士の関係に抵抗のないものはあまり好みではないので、同性を好きになることに散々苦悩したり葛藤したりするものが読みたいです。
今までBLレーベルから出ている小説をほとんど読んだことがなかったので、作家さんもよく知らず適当に買って、ほとんど「はずれ」てしまいました…。

BLレーベルのもので「当たり」だと思ったのは、
木原音瀬「美しいこと」
のみです。

ちなみにBL風一般小説で好きなのは
高村薫「李謳」
栗本薫「真夜中の切り裂きジャック」
三浦しをん「月魚」
などです。

それと、漫画ですが、水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」が素晴らしくよかったです。
一般の作家で好きなのは、太宰治、大江健三郎、高村薫、貴志祐介など…。

以上のような好みに当てはまるBL小説はありますでしょうか?

手前勝手で難しいお願いで本当にすみません;
どうぞよろしくお願いいたします。

BL小説、またはBL的要素のある一般小説で、文学的で主人公の心理描写(恋愛についての描写に限らず)が巧みなものを探しています。

恋愛が主軸のものの場合、主人公が最初から男性同士の関係に抵抗のないものはあまり好みではないので、同性を好きになることに散々苦悩したり葛藤したりするものが読みたいです。
今までBLレーベルから出ている小説をほとんど読んだことがなかったので、作家さんもよく知らず適当に買って、ほとんど「はずれ」てしまいました…。

BLレーベルのもので「当たり」だと思ったのは、
木...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ☆

私も木原音瀬「美しいこと」大好きです(^^)
今の所、BL小説で一番好きな作品です。

私もファンタジー的なBLよりリアリティのあるBLが好きなので、いくつかおすすめします。
好みに合うと良いのですが(^^;)

砂原糖子
「セブンティーンドロップス」
高校生モノ。戸惑いながら好きになっていく課程が丁寧に描かれています。
砂原さんの作品はどれも心理描写が細かくて繊細です。

佐田三季
「つみびとの花」
妻子を亡くした男×保父さん
暗い、痛い、重い…ところが木原作品と類似していると思います。お互いノンケからの恋です。男同士という苦悩もきちんと描かれています。


高遠琉加
「世界の果てで待っていて」
探偵×刑事
恋愛というより事件が主に話の軸です。文章力に定評がある作家さんです。高遠作品はどれもおすすめです。

榎田尤利
「夏の塩」「夏の子供」
BL要素のある文学小説みたいです。BLの枠に囚われない、面白いストーリーです。

凪良ゆう
「恋愛犯~LOVEHOLIC」
高校の同級生。ストーカー、執着からの恋愛モノです。

あとは、ひちわゆか、朝丘戻。なども文章力があっておすすめです。

どれか一つでも合うものがあると嬉しいです(*^_^*)

こんにちわ☆

私も木原音瀬「美しいこと」大好きです(^^)
今の所、BL小説で一番好きな作品です。

私もファンタジー的なBLよりリアリティのあるBLが好きなので、いくつかおすすめします。
好みに合うと良いのですが(^^;)

砂原糖子
「セブンティーンドロップス」
高校生モノ。戸惑いながら好きになっていく課程が丁寧に描かれています。
砂原さんの作品はどれも心理描写が細かくて繊細です。

佐田三季
「つみびとの花」
妻子を亡くした男×保父さん
暗い、痛い、重い…ところが木原作品と類...続きを読む

Q耽美小説(同性愛)

BLというジャンルではなく文学として読まれる耽美小説を探しています。
男同士でありなおかつ少年(美少年)が出てくるものを探しています。
少年期の危うく美しい感じが漂うものがよみたいです。
また悲恋や痛々しいものになってもかまいません。
ほとんどなにも読んだことがないのでみなさんが読んだ作品を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは!
文学&耽美小説&美少年ときたら、もう森茉莉に決定です!!(No.1の方も推薦してますね☆)
森鴎外の娘で、筑摩書房から文学全集も出てますよ。非現実的で、夢のようにはかなげな美少年たちが妖しくも美しい世界を繰り広げています。一度はまったら抜け出せないこと間違いナシ!
私のおススメは「枯葉の寝床」です♪
<ファンサイト>
http://www.morimari.net/

長野まゆみさんの作品もおススメ!
美少年が沢山でてきます♪ 一見仲良さげにいっしょに遊んだり冒険したりしているけれど、どこか孤独の寂しさみたいなものが、どの作品にも漂っています。
友情なのか恋愛なのか? 恋愛なのか肉欲なのか?みたいな、曖昧な苦しさみたいなものが感じられて切ないです。

河出書房新社から沢山でてます。
読みやすいのは「白昼堂々」とかかな?
女性にとても人気で、中学生くらいの頃はまる人も多いみたいです。
エンタメとしても成功してますが、文藝賞受賞作家だし、課題図書に指定されたこともあるし、どっちかというと文学畑の人だと思います☆★

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%87%8E%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%BF
よかったら、リンクから公式サイトにもとんでみて下さい♪

あとは、板垣足穂とかもおススメだなぁ♪
余力があったら、三島由紀夫や澁澤龍彦をちょろちょろっとチェックしてみてもいいかも♪♪

他の人も推薦してた、栗本薫の「真夜中の天使」もイイですよ! この人の作品は概ね文学じゃないですが、この作品は確か文学系の賞をとってたような…
「翼ある者」も続けて読むと尚可♪

森茉莉は絶版のが多いみたいなので、図書館や古書店で探してみて下さい☆
長野まゆみは普通の本屋にも並んでるし、図書館でも古本屋でも見つけやすいと思いますよ~(^^)

参考になったら嬉しいです♪長文失礼しました☆★

こんにちは!
文学&耽美小説&美少年ときたら、もう森茉莉に決定です!!(No.1の方も推薦してますね☆)
森鴎外の娘で、筑摩書房から文学全集も出てますよ。非現実的で、夢のようにはかなげな美少年たちが妖しくも美しい世界を繰り広げています。一度はまったら抜け出せないこと間違いナシ!
私のおススメは「枯葉の寝床」です♪
<ファンサイト>
http://www.morimari.net/

長野まゆみさんの作品もおススメ!
美少年が沢山でてきます♪ 一見仲良さげにいっしょに遊んだり冒険したりしているけれど、どこか...続きを読む

Q少年愛・同性愛~海外映画

海外映画にはけっこう同性愛、少年愛映画が多く存在していますよね。
日本では輸入しないと見れないものがほとんどですがそこまでしてもみたい!と思ってしまいます。
是非知っていておすすめがあれば教えてください。
私が知っている作品は
■寄宿舎
■The Boys of St. Vincent
■You are not alone
美少年や幼い感じの少年が出演している作品をさがしています。
知っている方おしえてください!

Aベストアンサー

美少年映画はコレクションしていましたので
幼いカワイイ少年が出ている映画はかなりの量を観ていますが、少年愛となるとかなり少なくなりますよね。

同性愛映画(10代)と考えます(既述のものもありますが)

★寄宿舎 
レトロで王道的なのにあまり知名度ありませんよね^^;とても美しい映画ですよね。悲しいですが。

★ベニスに死す
ビョルン・アンドレセンが美しいといわれてるのは知ってましたが、そこまで言うほどか?と思っていました。見た瞬間、「に、人間?」と思うほど、息が止まってしまいました(笑)メイキングビデオも見ましたが、もうダイトツビョルンが綺麗でしたね。

★罪深き天使たち
同性愛ではないですが、ちゅーとかしてます。もう、心が痛くなる話ですが…

★ぼくのバラ色の人生
女の子になりたい男の子の話です。ファンシーでキラキラしてて映画全体的にかわいいです。

★マイプライベートアイダホ
キアヌ・リーブスとリバー・フェニックスですから美しいですよね。リバーの演技が切なくてきゅんときました。

★モーリス
かなり有名ですが、やはり美しい映画でした。まさに耽美系。ヒューが綺麗でうっとりでした。

★アナザーカントリー
モーリスと似た感じですがワタシはモーリスのほうが好きですね


ぱっと思いついたのはこれくらいでした。
あとアジア映画の「美少年」ですかねー
美少年かはおいといて、「覇王別姫」など。
私は金髪とかそういう可愛い男の子が好きですので
アジア系はあまり観ていないのですが。
少年愛でも男の子たちがコロコロとイチャイチャとしているのは結構あるかもしれません。

美少年映画はコレクションしていましたので
幼いカワイイ少年が出ている映画はかなりの量を観ていますが、少年愛となるとかなり少なくなりますよね。

同性愛映画(10代)と考えます(既述のものもありますが)

★寄宿舎 
レトロで王道的なのにあまり知名度ありませんよね^^;とても美しい映画ですよね。悲しいですが。

★ベニスに死す
ビョルン・アンドレセンが美しいといわれてるのは知ってましたが、そこまで言うほどか?と思っていました。見た瞬間、「に、人間?」と思うほど、息が止まってしまいました(...続きを読む

QBLっぽい表現の小説

小説または文学作品でBLっぽい表現があるものが
あればご紹介願います。
いわゆる匂い系、やおい文学ですね。
ガチでもほんのりでも構いませんが女性が出てくるものは
少し苦手です・・・。

今までに読んだもの↓

左近の桜(長野まゆみ)
NO,6(あさのあつこ)
The MANZAI(あさのあつこ)
バッテリー(あさのあつこ)
妖怪アパートの幽雅な日常(香月日輪)
月魚(三浦しをん)
まほろ駅前多田便利軒(三浦しをん)
聖なる黒夜(柴田よしき)
ロミオとロミオは永遠に(恩田陸)
ネバーランド(恩田陸)
ボーイズ・イン・ブラック(後藤みわこ)
仮面の告白(三島由紀夫)
帰らざる夏(加賀乙彦)

李歐は最初の女性が出てくるところで断念しました・・・。
ちなみにライトノベルでもばっちこいです。
BL小説とは別にそれっぽいものが読みたいです。

Aベストアンサー

既読本がカブりすぎていて、思わず笑っちゃいました。
同じような読み方をしている方って結構いるんだなー(^^)、と。

五條瑛はかなりおすすめです。ただ、国家謀略系はハードル高いかも…。『スノウ・グッピー』は私としては好みど真ん中で、キュンキュンハァハァ読めるのですが(変態)、軍事とか諜報機関とかいう雰囲気が苦手だときついと思います。
彼女の小説で比較的読みやすくて、かつ主人公各が男性コンビでいわゆる“匂い系”と呼べそうなものは『エデン』とか『ROMES06』シリーズあたりかな。あ、もちろん『スノウ・グッピー』も推しておきますが。

三浦しをん、『月魚』が既読なら『白いへび眠る島』もご存知かな。これもなかなか、いい“匂い”(ほんと変態!)です。古いしきたりとか祭事とか、民俗学的な雰囲気も隠微な感じがして、とても入り込める小説です。

長野まゆみなら、正直どれを手にとっても…というところがありますが(笑)
有名どころで『白昼堂々』→『碧空』→『彼等』→『若葉のころ』と続く「氷川×凛一シリーズ」とか、『紺極まる』『ぼくはこうして大人になる』あたりかしら。最近読んだ『レモンタルト』も良かった。

主人公が男性コンビで、一方がもう一方をやたら慕っている…といえば日明恩(たちもり・めぐみ)の『それでも、警官は微笑う』『そして、警官は奔る』のデコボコ刑事もおすすめです。

上記、いずれも文庫本が出ていますので挑戦しやすいかなって思います。
ではでは、よい匂い文学ライフを!

既読本がカブりすぎていて、思わず笑っちゃいました。
同じような読み方をしている方って結構いるんだなー(^^)、と。

五條瑛はかなりおすすめです。ただ、国家謀略系はハードル高いかも…。『スノウ・グッピー』は私としては好みど真ん中で、キュンキュンハァハァ読めるのですが(変態)、軍事とか諜報機関とかいう雰囲気が苦手だときついと思います。
彼女の小説で比較的読みやすくて、かつ主人公各が男性コンビでいわゆる“匂い系”と呼べそうなものは『エデン』とか『ROMES06』シリーズあたりかな。あ、もちろん...続きを読む


人気Q&Aランキング