「三銃士」などで知られる文豪デュマは、実は創作スタッフを複数抱え、「創作工房?」のようなものを組織して、作品を生みだしていたという話を聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

手元にある角川文庫「赤い館の騎士」に、訳者の鈴木豊氏が解説を書いています。


以下「」(かっこ)内は鈴木氏の解説を引用。


その中に1845年2月にウージェーヌ・ド・ミルクールというゴシップ作家が
「小説工場、アレクサンドル・デュマ会社」という弾劾文書を発刊した事件
が取り上げられています。

「ミルクールははじめ、自分もデュマの代作者になってひと稼ぎしようと思い、
ある小説の筋を持ってデュマのところへ売り込みに行ったが採用されなかった」

次に「プレス紙」の編集長に「デュマの小説ばかり掲載するのはけしからん」と
(自分のような)「才能ある若い作家のために紙面を開放すべきだという意見を
述べた」が取り入られず失敗におわり、そこで「小説工場」のパンフレットを公刊
した。

この文書の中でミルクールは「デュマの小説、戯曲の題名をいちいち挙げて、
これはだれの代作、これは誰の代筆、と作者の名前をすべて暴露して、」います。

「ここに名を挙げられた代作者は、アドルフ・ド・ルーヴァン、アンセ、
ブールジョワ、ガイヤルデ、ジェラール・ド・ネルヴァル、テオフィル・
ゴーチエ、ポール・ムーリッス、オーギュスト・マケなどであるが、これら
のうちでも、もっともデュマのために働いたのは最後のマケで、この事件の
おりにマケからデュマに宛に書いた手紙が残っているが、この手紙によると、
マケが代作した作品は次の八つである。」

「ダルマンタルの騎士」「シルヴァニール」「三銃士」「二十年後」
「モンテクリスト伯」「女の戦争」「マルゴ女王」「メーゾン・ルージュの騎士」

「この代作についてはデュマ自身も認めているので、じゅうぶん信用に足るもの
である」

「これらの傑作がマケの代作だっったからといって、デュマが大作家ではない、
ときめつけるのは速断である。あるデュマ研究家が、マケの書いた下書きと、
のちにデュマが手を入れて発表した作品とを詳細に比較検討して発表しているが、
これを見るとマケの下書きではしごく凡庸な小説が、デュマが手を加えたことに
よって実に生き生きとした、魅力に富んだ作品に変貌している。」

「画竜点睛という言葉があるが、天才とはまさに、画竜に目を入れてただの画を
生きた竜にするものの謂であって、こうしてみればデュマも、代作者の下絵を生か
した天才としての名誉は少しも傷つくことはないであろう。」

と、このようないきさつが記されています。ご質問にあるように多くの代作者を抱
えていたようです。

デュマは三百編近い作品を残したと言われていますが、翻訳のあるものが
ほんの少しなのが残念ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どんぴしゃりの答えをくださって、本当にありがとうございます。こんなに詳しく教えて頂けて、助かりました。それにしてもデュマって、スケールの大きい人物だなあと、改めて驚いてしまいました。

お礼日時:2001/06/08 10:34

明確な証拠は見つかっていないようですが、あり得ない


話ではない気もします。

漫画の世界だと“分業制”は結構定着していますし、時
には複数作家によるユニットがあえて個人名を使う例も
ありますね。
特に有名なのは何と言っても「藤子不二雄」でしょう。
他には「中原裕」「室山まゆみ」「伊万里すみ子」など
が知られたところ。

また、小説の方でも「岡嶋二人」「霧島那智」…などの
例があり、中でも特筆すべきは「エラリー・クィーン」。

ちょっと変わったところでは、ローリング・ストーンズ
のメンバーが共同作曲する時の名義「ナンカー・フェル
ジ」というのもあります(基本的にはミックとキースの
どちらか一人は入る)。

当時だったらいざ知らず、現在ではそういう作業方法も
テクニックのひとつとして定着しているわけですから、
事実であればむしろ「先見の明あり!」として評価すべき
なのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございました。
エンターテイメントの場合は特に協同作業の持つ意味が大きいのかも知れませんね。新しい視点をくださったことに感謝しています。

お礼日時:2001/06/08 10:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q20代半ばの女性が喜んでくれそうなバレッタのブランドを教えてください

誕生日プレゼントでバレッタをあげようと思うのですが、20代半ばの女性が好みそうなバレッタのブランドを教えてください。

Aベストアンサー

20代前半のfigarinです!
私は、クリスチャン・ディオ-ルがおススメです。
今、注目のブランドですよ!
夏に向けて、カラフルな色なども揃ってます。
今シ-ズンは、リンゴをモチ-フにしたデザインがとても人気です。
雑誌とか見ても、25~26才の女の人とかも夢中になってるって
書いてありました!値段も大して高くないので、お揃いのデザインの
ピアスやブレスレットも付けてあげるとますます可愛いですよ!
 

Qデュマの小説三銃士は剣で戦ってるのに、なぜ三銃士と言うのですか?

デュマの小説
三銃士は剣で戦ってるのに、なぜ三銃士と言うのですか?

Aベストアンサー

>表題の銃士とは、元々は最新式のマスケット銃を装備した乗馬歩兵で竜騎兵の一種だが、『三銃士』の中では銃撃戦は少なく、剣での斬り合いが主になっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%8A%83%E5%A3%AB

>銃で武装しているのに、銃を使わないのはおかしな話に思えるがじつは当時の銃は、1対1の戦いにはほとんど役立たなかったのだ。
http://blog.livedoor.jp/oobaka1/archives/52037163.html

銃より剣で戦うほうが話の流れの上で似合うんでしょうね。

Qレスリング最強カレリン?

最近オリンピックを観戦していたところ、レスリングで、カレリンという最強であった選手の存在をしりました。どんな選手なのか私自身はしりませが、凄く強いということなのですか?真意がわかりません。どなたかこの選手のことを知っている方がいましたら教えてください。また、彼が戦っている映像がありましたら、こちらの方もどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 カレリンはレスリング(グレコローマンスタイル)の130kg級において13年間無敗を誇り、オリンピックを3連覇、世界選手権を11回制覇、ヨーロッパ選手権を13回制覇しました。
 当時は圧倒的な強さを誇り、カレリンズリフトという相手がパーテールポジション(4つんばい)の時に後ろから両手を相手の越しに回しそのまま持ち上げひっくり返して投げ飛ばすことが出来ました。これは当時(今でも)の130kg級では考えられないことで、軽い階級でも力の差がなければ滅多に見られるものではありません。
 実際に負けるのを見るまでは負けるという日が来るというのを信じることが出来ないくらい強かったのです。2000年のシドニーオリンピックでも金メダルは確実視されていましたが、決勝戦においてカレリンズリフとを失敗してしまったのです。本人も多分ショックを受けたのでしょう。そのまま負けてしまいました。
 
 参考 アレクサンドル・カレリン
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%B3

 カレリンはレスリング(グレコローマンスタイル)の130kg級において13年間無敗を誇り、オリンピックを3連覇、世界選手権を11回制覇、ヨーロッパ選手権を13回制覇しました。
 当時は圧倒的な強さを誇り、カレリンズリフトという相手がパーテールポジション(4つんばい)の時に後ろから両手を相手の越しに回しそのまま持ち上げひっくり返して投げ飛ばすことが出来ました。これは当時(今でも)の130kg級では考えられないことで、軽い階級でも力の差がなければ滅多に見られるものではありませ...続きを読む

Qアレクサンドル・デュマについて

大デュマと小デュマって、親子ですか?

Aベストアンサー

親子です。大デュマは、本名アレクサンドル・デュマ・ダヴィ・ド・ラ・パイユトリー[1802~1870]。小デュマは、本名アレクサンドル・デュマ・フィス[1824~1895]。父をペール(父の意味)、息子をフィス(息子の意味)と呼んで区別し、これが「大」デュマ、「小」デュマになります。参考URLは年表になっていて、分かりやすかも(かえって混乱したりして)。

これも参考になるかも。
http://www13.u-page.so-net.ne.jp/ck9/cloud/ad.htm

参考URL:http://homepage1.nifty.com/~midori-room/dumas.html

Q溝口作品「祇園の姉妹」の原作は、ロシア作家アレクサンドル・クプリーン?

1936年に製作された溝口健二監督の「祇園の姉妹」について、海外の映画サイトを確認すると、ロシア作家アレクサンドル・クプリーンの小説「The Pit」(もしくは「Yama」)が原作であると記されています。
http://www.imdb.com/title/tt0027672/
http://www.citwf.com/film131474.htm

国内の映画サイトには、溝口健二氏と依田義賢氏の共同原作で、オリジナル作品と記されています。

これは、明らかな海外の映画サイトの間違いなのでしょうか?
また、アレクサンドル・クプリーンの小説と「祇園の姉妹」とは類似した内容なのでしょうか?

私なりに調べてみましたが、クプリーンの日本語訳書籍も、「祇園の姉妹」がクプリーンの小説を翻案としていない確証も得られませんでした。

ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アレクサンドル・クープリンの本は戦前にあちこちの出版社から翻訳本が出ていますので、溝口がそれを参考にした、という事は不可能ではないですが、仔細はわかりません。
 
昭和6年(1931年)に新潮社から出た「世界文学全集第二期14巻」には、アレクサンドル・クープリンによる「決闘・ヤーマ」なる作品が曙夢昇翻訳で収録されています。
当時はいわゆる文学全集の大ブームで、この「決闘・ヤーマ」を手にした知識人層は多かった筈です。
「ヤーマ」というのは「魔窟」というタイトルでも出ています。
どうやら売春婦の話らしいのですが…。自分は読んだ事はないので詳しくはわかりません。
古本サイトで「クープリン」「魔窟」で探すと山のように出てきます。大きな図書館ならあるいは在庫があるかもしれません。

Qアレクサンドル・デュマ・フィスの作品について

こんにちは。たぶん、既出ではないと思うので、ここで質問させて頂きます。

アレクサンドル・デュマ・フィスと言えば『椿姫』が代表作といいますか、これ以外の作品が全く省みられていない状態なのではないかと思います。あまり文学的にも高い評価を受けなかったが故とも聞いているのですが・・・・・・。

かれは劇作家でもあったわけだし、社会の問題と個人の懊悩のクロスするところで、他にどんな作品を書いていたのか、大変気になるのです。もしかすると、現在、古書以外で彼の『椿姫』以外の作品を邦訳で手に入れることって難しいのでしょうか。

彼の戯曲『私生児』『半社交界』の二作をぜひとも読みたいのですが・・・・・・。
もし、これが収録されている邦訳の本があれば、ご教示いただけますと嬉しいです。

Aベストアンサー

オペラ「ラ・トラヴィアータ」
戯曲「半社交界」
戯曲「金銭の問題」
戯曲「私生児」
戯曲「放埓な父」

といったところでしょうか。

彼は、写実的な風俗劇を書き、フランス近代劇の礎石を築いた人物です。


>彼の戯曲『私生児』『半社交界』の二作をぜひとも読みたいのですが・・・・・・。
ググった結果、なさそうです。
むむむ、と思い、有名私立大の図書館で検索するも、なし。
じゃあ!と思い、国立国会図書館で検索するも、なし・・・。

ただ、気になったのは、『世界戯曲全集』なるものがあるので、
そういった探し方をしてみるといいかもです。
(ちなみに椿姫が収録されている物は発見しました)


残るは、原文ですね。
フィスがお好きなようなので、辞書片手に原文で読むのも良いと思いますよ。
もしフランス語(言い回しや口語)が分からなかったら、
そのとき、質問を立てて、識者に助言を求めれば。


私は好きな作品は、生涯かけて学んでおります。
社会人ですが^^;
なので、応援しています^^!
何なら、研究者を調べてコンタクトを取ってみるのも良い手かと!


↓こんな方もいらっしゃいますね^^

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/iirei/20111111

オペラ「ラ・トラヴィアータ」
戯曲「半社交界」
戯曲「金銭の問題」
戯曲「私生児」
戯曲「放埓な父」

といったところでしょうか。

彼は、写実的な風俗劇を書き、フランス近代劇の礎石を築いた人物です。


>彼の戯曲『私生児』『半社交界』の二作をぜひとも読みたいのですが・・・・・・。
ググった結果、なさそうです。
むむむ、と思い、有名私立大の図書館で検索するも、なし。
じゃあ!と思い、国立国会図書館で検索するも、なし・・・。

ただ、気になったのは、『世界戯曲全集』なるものがあるので、
そ...続きを読む

Qアンデルセンの話がたくさん載っている本

アンデルセンの物語に興味があります。
なにかアンデルセンの書いた物語がたくさん載っている本(全集など)はないでしょうか。
確かアンデルセンは舞台の脚本も書いていたと聞いたことがあります。
童話だけでなく脚本もなっている物が良いです。
何かご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学でアンデルセンについての授業の時に、先生に、『完訳版 アンデルセン童話集 全7冊セット 』というのがあると聞きました。
私は岩波少年文庫のアンデルセン童話集(全3巻)を使っていました。
有名なのは一応全部入っていたのでそれで私は、十分でした。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4002010953/sr=1-2/qid=1161763234/ref=sr_1_2/250-1052120-9004205?ie=UTF8&s=books

Q今の世の中で「文豪」は成りえるのでしょうか?また文豪になるとしたらどんな道が考えられますか?

こんにちは。

私は作家志望でもなんでもないのですが、今現代において「文豪」と呼ばれる人間は今後出てくるのでしょうか?

例えば日本の夏目漱石や、宮沢賢治、外国の人は…あんまり知らないかな(いたら教えてください…^^;)、ショーペンハウアーとかは作家専門ではなかったっけな?
昔からだと、プラトン(かなり昔ですけどあまり知らないもので…)とか、でしょうか?

今は多くの本があの薄い単行本という形で出ていますがこれらの人を文豪というのかというとそうは言いませんよね。

果たして文豪とやらは今後出てくるのでしょうか?


また、もしいつかは「文豪」と呼ばれる存在になりたいと思ったとき、(法則的な意味合いで)どんな内容の本が、そしてどういうルート(本格志向?な出版社だとか、同じく本格的な賞とか、)を辿る事が考えられますか?


何か思う方お願いします

Aベストアンサー

・・・ふと思ったのですが著名な作家ってドイツ人多くないですかね?

ドイツに限らず、芸術家のほとんどは寒い国の人物が多く、ヨーロッパ方面の人物が多いのも確かなのです。
やはり、寒いので家の中に居ることが多いからなのでしょうか?

私はアメリカ文学も比較的に好きな方なのですが(デイケンスなんか)
やはり、ヨーロッパ系の作家が書いた本とは特徴が異なります。
ヨーロッパ系の作家は「黒」の部分が主体で、アメリカ文学の作家は「白」の方が主体です。(ハッピーエンド的なものも多いと思います)

ちなみに黒と白との違いとは人生の中での「暗」と「明」との違いです、どちらの方が勉強になるかといえば、私は「暗」の方だと思います、知れば知るほどに面白く、物知りになって来ますよ。(笑)

その作家が気に入れば、住んでいる(住んでいた)場所だとかを地図で調べてみたり、その国の歴史を調べてみたり、いっかは旅行に行ってみようみたいな気にもなって来ます、それがフランスだったり、デンマークだったり、ドイツだったりと・・・。

Q鋼鉄都市(アシモフ)の登場人物

アイザック・アシモフの鋼鉄都市を読みました。SFとミステリがうまく融合してておもしろかったです。
そこでネットで色んな感想を見てみたところ、イライジャやダニールがアシモフの他の作品にも出ているという記述を見つけました。続きの話があるのなら是非読んでみたいです。
アイザック・アシモフの本は他に読んだことはないし著書も多いので、上記の該当する本とそれを読みべき順番を教えてください。
ついでにアシモフの各作品間の関連を教えてくれればありがたいです。いろいろシリーズがあるみたいなので。

Aベストアンサー

直接この二人がでてくるのは「はだかの太陽」「夜明けのロボット」です。
特に「夜明けのロボット」「ロボットと帝国」は彼のもう一つのシリーズ、銀河帝国シリーズへの掛け橋になっています。
ロボットシリーズについては、この間映画になった「I,Robot」などの短編集があり、これと銀河帝国の最初の三部作は全く別々に書かれました。
その後「夜明けのロボット」でこの二つがつながり、また特にダニールはその後も重要な位置を占めることになります。
また銀河帝国についても続きや外伝みたいなのがあります。
続きのなかでは「ファウンデーションの誕生」が一番好きです。

さて、読む順番、というのは特にないと思うのですが、まあ一般的にはロボット物の短編や銀河帝国の最初の三部作を読み、気に入ったらあとは「暗黒星雲のかなた」「宇宙の小石」「宇宙気流」「永遠の終わり」などの「外伝」を読んで、それから続編「夜明けのロボット」「ロボット都帝国」、それから銀河帝国シリーズの続編を発表順、というのがまあ一応のおすすめです。
でもシリーズ外の作品にも結構おもしろいのがあります。純ミステリーですが「黒後家蜘蛛の会1~5」なんてのも楽しいです。正直「ハズレ」の作品もないわけではありませんが(ミクロの決死圏あたり、世間の評判は・・・・)まあ大体は楽しめるものが多いです。ほとんど読んだことがないというのはうらやましい限りですね。宝の山が待ってます。
参考URLを参照してください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A2%E3%83%95

直接この二人がでてくるのは「はだかの太陽」「夜明けのロボット」です。
特に「夜明けのロボット」「ロボットと帝国」は彼のもう一つのシリーズ、銀河帝国シリーズへの掛け橋になっています。
ロボットシリーズについては、この間映画になった「I,Robot」などの短編集があり、これと銀河帝国の最初の三部作は全く別々に書かれました。
その後「夜明けのロボット」でこの二つがつながり、また特にダニールはその後も重要な位置を占めることになります。
また銀河帝国についても続きや外伝みたいなのがあります...続きを読む

Aベストアンサー

太宰治の女性遍歴は有名ですね。
詳しくはこちらをご参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E6%B2%BB


人気Q&Aランキング