『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

いろいろ映画を見て来ました。
最初は、どうも邦画が好きになれず、洋画、それもフランス映画とかを中心に見て来ましたが、今年75歳になり、年をとったせいもあるのでしょうか、最近は古い昭和時代の邦画にはまっています。
昭和20年代から30年代の邦画には良いのが沢山ありますね。
黒澤、成瀬、木下、小津、市川、etc.etc.

その中でも、映画の中で、終戦直後の日本の風景(闇市やキャバレーなど)が出てくると、懐かしい思いがいたします。(例えば、ごく最近見た映画では、『生きる』とか『野良犬』など)
そこで、終戦直後の日本社会の風景が見られる映画があれば、もっと沢山見たいと思っています。

どなたか、昭和20年代から30年代の邦画で、終戦から、逞しく力強く立ち上がろうとしている、混乱期の日本社会の、混雑した風景が見られる映画があれば、教えていただきたく思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

回答7への追記です。



「三人家族」ですが、このドラマの前半部分が部分的に「昭和43年の懐かしいTVドラマ」としてアップ(↓)されていますが、以下のURLを クリックしていただくとわかりますが、午前7時ぐらいから午後8-9時ぐらいの間は「非公開」で、その他の時間は「公開」されているようです。したがって早朝か夜の8-9時以降から深夜にかけてクリックしてみてください。「昭和43年の懐かしいドラマ(1)から(10)まで順に並べてあります。


https://www.youtube.com/watch?v=DjpvsztKF-I
https://www.youtube.com/watch?v=q96qM8l5VDo
https://www.youtube.com/watch?v=bwrT8zytnbU
https://www.youtube.com/watch?v=hRCosQbAe-I
https://www.youtube.com/watch?v=0DT-yr0vUf0
https://www.youtube.com/watch?v=h-heJ4V4uGg
https://www.youtube.com/watch?v=3tQgqtv3HdE
https://www.youtube.com/watch?v=Rs5BCNSRN6Y
https://www.youtube.com/watch?v=MNIq1nThbjw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何回も、親切なご教示、ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/05 07:55

昨年から今年にかけて、終戦直後の混乱期ではありませんが、昭和40年代のはじめに放送された昭和のTVドラマを二つほど見たのですが、面白かったですよ。

(映画でもなく、昭和の戦後の混乱期でもないことをあらかじめお断りしておきます。)

一つは、「若者たち」(1966年フジテレビ)、もう一つは「三人家族」(1968-69年TBS)です。当時の放送されたドラマというのは、ビデオが高価だったため、ほとんど残っていないんですね。昭和40年代にはには、NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)や大河ドラマはすでにはじまっていて、数々の名作が作られているにかかわらず、残されていないのはそのためなんですね。ですから、この2つの作品は当時のものとしては奇蹟的に残っているTVドラマといってよいんです。昭和40年代のはじめというのは、戦後20年以上経っているんですが、それでも、今から50年近く前で、昭和41年から現在の平成26年までは、明治でいえば、明治維新から大正の初めぐらいまでの期間にあたるんです!(ちょっと驚きませんか?)

・「若者たち」は両親を若くして失った佐藤家の兄弟(4男1女の家族)がたくましく生きる、34話からなる社会派のホームドラマ、つまり主人公たちが兄弟たちの間で、職場・大学の人間関係の中で、それから近所・親戚の人たちとの間で繰り広げられる、友情・恋愛・家族愛のドラマで、当時は若い世代から圧倒的支持を受けたドラマのようです。DVDは2008年にフジテレビ開局50周年記念で発売され、私はTSUTAYA DISCASからレンタルして見ました。主人公たちは、田中邦衛、橋本功、山本圭、佐藤オリエ、松山省二ですが、脇役あるいはゲスト出演としては、今では故人となった水谷八重子、大滝秀治、南田洋子等も、それから当時は若手の俳優・女優だった加藤剛、江守徹、原田芳雄、前田吟、樫山文枝、小川真弓、吉行和子、長山藍子、宮本信子、栗原小巻等々多彩な顔ぶれが出演していて懐かしい。放送された1966年といえば、終戦から21年が経ち、まだ高度成長が続いている時代、「もはや戦後ではない」といわれた1955年(昭和30年)からでもすでに10年以上が経っている時代でしたが、このドラマのいくつかの挿話の中には、満州から引き揚げ途中で自分の娘を失って、そのトラウマに悩む教授夫妻の話とか、夫が結婚後すぐに戦死し、若くして未亡人となった女性(桜むつこ)が女手一つで娘を苦労して育てたのに、その娘が男と駆け落ちし、生まれた子供を桜のところへ預けにくる話とか、当時といえども戦争の傷跡は消えていないんですね。主人公たちの両親も満州からの引揚者で、戦前生まれでこのときの記憶のある長男(田中邦衛)はそのときの苦労をしばしば口にする。でも、この家族は全体としてはさわやかな家族で、当時の若い世代から熱狂的支持を受けたことがわかる気がします。このドラマは後に同じメンバーを主人公として、映画化されました(「若者たち」「続若者たち」「若者たちの旗」)。ストーリーはかならずしもTVドラマとは同じとはいえず、私はどちらかというと、ドラマバージョンのほうが好きですね。フジテレビの開局55周年記念番組として、この「若者たち」の、平成の現代に置き換えたリメイクバージョンがフジテレビで放映中で、すでに4回を終えたところですが、成功するかどうか?

・「三人家族」は1968/69(昭和43/44)の半年わたってTBSの木下恵介アワーで放送された28話からなる、ホームドラマ兼メロドラマ。男だけの三人家族(定年間際の三島雅夫、商社に勤める長男竹脇無我、浪人生の次男あおい輝彦)と女だけの三人家族(レストランのマネジャーをしている賀原夏子、航空会社に勤める長女栗原小巻、浪人生の次女沢田雅美)をめぐるドラマ。メインのドラマは竹脇と栗原の美男・美女のラブロマンスですが、それにからむあおいと沢田のサブストーリーも面白い。何よりも、両家族が住んでいる横浜界隈、山下公園、外人墓地、江の島、三浦半島三崎、ふたりが勤めているオフィスのある霞が関界隈、日比谷公園、横須賀線の通勤電車が昭和40年はじめごろの姿であらわれるので、懐かしい。それに、栗原小巻はこのころ23歳ぐらいで、おそらく彼女が最も美しい時期だったのではないでしょうか、コマキストだった私は、このドラマの彼女を見ているだけでウットリとしまいます。(このときより2歳ぐらい若い栗原はドラマ「若者たち」でも山本圭の大学の友人の妹を演じ、山本は一時彼女との結婚を考えます。)
この伝説のドラマ(?)を昨年の前半BS11で再放送されたとき、見たのですが、放送が終わったあとでも感想のコメントがいまでも寄せられていて、人気の高さがうかがわれます。ここ(↓)
  
  http://www.bs11.jp/drama/1969/

の「番組のメッセージを見る」を読んでみてください。内容は部分的にはYouTubeにアップされているので、ご興味があれば、おっしゃってください。それらへのリンクをお教えします。(このドラマのDVDが2012年木下恵介の百歳記念して発売されましたが、残念ながら、ビデオレンタル向けには作られていないようです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介、ありがとうございます。
丁寧に、詳しい解説まで添えて下さり、本当にありがとうございます。
是非、見させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/02 13:48

個人的にとても好きな映画の紹介で恐縮だが・・・、


●「名もなく貧しく美しく」(1961年)松山善三監督; 凸ちゃん(高峰秀子)、小林桂樹 主演
・・・辺りは如何!?

この回答への補足

「名もなく貧しく美しく」をツタヤさんで借りて見ました。
とても良い映画でした。
と同時に、聾唖者を主人公にした映画とは、とても珍しく、監督も、思い切った映画を作られたものだと感心しました。

私としては、夫婦はどうあるべきかを、改めて教えられた気がいたしました。

ご紹介戴きありがとうございました。

補足日時:2014/08/02 08:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高峰秀子さん、小林桂樹さんは、私の好きな俳優さんなので、一度見てみたいと思います。
ご紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/31 13:02

すでにご覧になっているかもしれませんが、「本日休診」とか「煙突の見える場所」「銀座カンカン娘」などを思いつきます。


黒沢監督の「素晴らしき日曜日」も終戦後の東京の風景がはいっていますよね。
「風流交番日記」というのも銀座あたりの風景がふんだんにでていたかな。

他に清水宏監督の「蜂の巣の子供たち」も、趣旨からはちょっとはずれるかもしれませんがみておいていいと思います。

まあ、あの頃の有名監督の作品をみるようにすればいいのではないでしょうか。
(他にもたくさんあるのだろうけどすぐには思いつきません。)

ああそうだ、ちょっとユニークな監督だと思うのですが、川島雄三監督の「洲崎パラダイス赤信号」などもいいかもしれないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「本日休診」、「煙突の見える場所」、「素晴らしき日曜日」は見たことがありますが、心温まる、とても良い映画だったと記憶しています。また、見てみたくなりました。

「蜂の巣の子供たち」と「洲崎パラダイス赤信号」はまだ見てませんので、この機会に、是非見てみたいと思います。

ご紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/26 11:26

崔洋一監督が、故・大島渚監督の『太陽の墓場』(1960年)を推薦されていました。


私の中では、「混乱期の日本社会の、混雑した風景が見られる映画」でした。

ちなみに、私は、1973年(昭和48年)生まれで、現在40歳です。
(ですから、戦後の混乱期は、教科書やテレビでぐらいでしか見たことがありません。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『太陽の墓場』は、まだ見てませんので、是非、見てみたいと思います。
ご紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/26 11:20

内田吐夢監督の「たそがれ酒場」なんてどうでしょうか。


昭和30年の大衆酒場が舞台になった“グランドホテル形式”の作品です。
犯罪映画ですが同じ監督の「飢餓海峡」も戦後の混乱期を扱っています。
今となってはほとんど忘れられたような存在の内田吐夢ですが、個人的には黒澤、成瀬、木下、小津、市川らと並ぶ巨匠だと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「たそがれ酒場」も「飢餓海峡」も、以前に見たことがありますが、見たのはだいぶ前で、ほとんど忘れてますので、もう一度見直してみようかなと思いました。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/26 11:16

私もどちらかと言うと洋画専門でしたが


仰るような邦画の名画を時々観てはその完成度の高さに舌を巻いております。

そこで、ご質問の趣旨から少しずれるかも知れませんが
強く印象に残っているものの一つに超有名ですが「夫婦善哉」があります。
キャバレーのようなシーンもありますし森繁の卓越した巧さに驚きました。

後、これは戦後の逞しさと言うよりは
日本伝統の爛熟と衰退の始まりと言うべきでしょうが
花柳界を舞台にした成瀬巳喜男の「流れる」が田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子等の
錚々たるキャストの個性が決してぶつからず見事に調和した傑作でした。

この回答への補足

ようやく「流れる」を見ることが出来ました。
素晴らしい作品だと思いました。ご紹介戴き、ありがとうございました。

たしかに、《日本伝統の爛熟と衰退の始まり》を感じさせます。
と同時に、あの頃の女性が生きて行くのはとても大変だったのだなーと、しみじみ感じさせられました。
いや、女性が生きていく大変さは、今も変わらないのかも知れませんが、・・・。

また、同時に、昔の芸者さんは、私は直接経験はありませんが、現代のそれらしい方々とは違って、いっぱしの『芸』を身に着けていて、教養もあり、すぐに体を売るようなことはなく、人間的にも立派な大人だったと、聞いたことがあります。そして、昔の大政治家の中には、芸者さんを妻にして、その内助の功で大成した政治家も少なからずおられたやに聞きました。

全てを昔を懐かしむ訳ではありませんが、何だか、昨今は、人間の品格とか、心の美しさとか、人情とか、耐え忍ぶ力というか、そういったものが失われ、即物的な人間に成り下がっているような気がしてなりません。これも、戦後の欧米文化の影響の悪い側面が出たのだろうと思います。
表現の自由の美名に隠れて、青少年に悪い影響を与えるような漫画や映画やゲームなどがのさばるのは、困ったものだと思います。
もう少し、日本古来の日本精神を大切にしたいものだと思います。

ありがとうございました。

補足日時:2014/07/30 13:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「夫婦善哉」は見たことがあります。
森繁と、たしか、淡島千景でしたね。
森繁さんは、確かに、どんな役でもこなせる、大した役者さんでしたよね。
ご冥福をお祈りさせていただきます。

「流れる」は、ツタヤさんのレンタルで希望を出しているのですが、在庫枚数が少ないのか、なかなか、私には回って来ていませんが、辛抱強く待とうと思っています。

ご紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/26 11:11

「大番」


加東大介、淡路千景主演の戦前から戦後にかけての兜町を舞台にした4部作の映画です。
主人公が証券会社に丁稚奉公し、立身出世していく物語。
ただ、復興時期の風景が映っていたかは、しばらく見ていないので覚えておりません。

「麻雀放浪記」
昭和20~30年の作品ではありませんが。
真田広之、高品格主演の作品。
戦後を舞台に、麻雀賭博で生きる老人と若者を描いた作品。
高品さんの味が出ていますね。
これも、復興の風景が映っていたかは、定かでは…。


どれもあやふやな情報の中です。
ご希望の風景など映っていないかもしれません。
また、既にご覧になっていましたら、すみません。

この回答への補足

「大番」は、ツタヤさんの月額レンタルでは在庫がありませんでしたし、検索してみたら、DVD自体がないようです。残念です。
「麻雀放浪記」は高品格さんの出ているのは見当たりませんでした。これも、残念でした。
ゆっくり、他を探してみます。

補足日時:2014/07/30 12:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「大番」も「麻雀放浪記」も、まだ見ていませんが、面白そうですね。
是非、見てみたいと思います。
ご紹介、ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/26 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和30年代、40年代の風景が出てくる映画

最近だと、ALWAYS 三丁目の夕日等が有名ですね。
高度経済成長期の都市圏の日本を描写した作品を探しています。
出来ればCGやセットでなく、当時そのままの風景を使用したものが理想的です。
他に条件としては、

・カラーであること
・DVD化されていること
・作品としても評価が高いこと

です。
映画でなくとも、記録映像やドキュメンタリー作品でも構いません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO3です。
お礼ありがとうございました。

野村芳太郎監督作品で、ご質問の内容にピッタリくるのはこれでしょう。

「張り込み/1957(昭和32年)」

監督 野村芳太郎
脚本 橋本忍 
原作 松本清張
出演 高峰秀子 田村高廣 大木実 宮口精二

東京でおきたピストル強盗殺人犯人を追う、ベテランと若手の二人の刑事の推理ドラマ。

冒頭、横浜駅から九州行きの鈍行列車にあわただしく乗り込む二人の刑事の緊迫した描写や、クーラーもなにもない真夏のギュウギュウづめの車内の様子は昭和30年代の現風景だ。

僅かな停車時間を利用して弁当を買うところや、トンネルに入る前に一斉に窓を閉めるところなどをオールロケで撮っている。

この車内の描写は、本当に素晴らしくて、今見ても当時の熱気がバンバン伝わってくる。
乗客の姿、持ち物、車内、車窓どれをとっても生き生きとしている。

横浜駅から佐賀駅まで通過、停車する各駅の駅名表示板が映され、数秒のショットからも、この時代の空気が感じとられる。

張り込む際の、刑事のスタイル、うちわ、アイスキャンデー、すいか
などのアイテムも30年代そのままだ。

佐賀市内ロケや宝泉寺温泉ロケなども含めて、いたるところに当時の日本を感じることができる。

橋本忍の一分の隙もない脚本に加えて、野村監督の演出もロケーションをいかしたセミドキュメンタリータッチを駆使して人間の深層心理を見事に炙り出している。

ただし、昭和30年代の映画は、まだカラーが少なくこの作品もモノクロですが、ぜひ、ご覧になってみてください。

NO3です。
お礼ありがとうございました。

野村芳太郎監督作品で、ご質問の内容にピッタリくるのはこれでしょう。

「張り込み/1957(昭和32年)」

監督 野村芳太郎
脚本 橋本忍 
原作 松本清張
出演 高峰秀子 田村高廣 大木実 宮口精二

東京でおきたピストル強盗殺人犯人を追う、ベテランと若手の二人の刑事の推理ドラマ。

冒頭、横浜駅から九州行きの鈍行列車にあわただしく乗り込む二人の刑事の緊迫した描写や、クーラーもなにもない真夏のギュウギュウづめの車内の様子は昭和30年...続きを読む


人気Q&Aランキング