25歳なんですが、この頃「たるみによる毛穴の開き」に多いに悩んでいます。
頬の鼻に近い部分の毛穴がすごく目立ちます。
雑誌に「皮膚を上に引っ張って、毛穴が目立たなくなるのは、たるみによる毛穴の開き」と書いてありました。
25歳にしてこれはどーゆうことなんでしょう?!
何かいい化粧品、もしくはエステなどありましたら教えてください!困っていますー。
この頃美容外科とかでやっている、ピーリングやビタミンC導入などが効くんですかね・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ANo.3~ANo.8の回答者です。

もう一つ補足です。

 「ガスール」などの粘土タイプのスクラブ入り洗顔料が流行っていますが、あれもスクラブ剤に変わりはないので、すぐに使うのを止めるべきです。

 市販の、スクラブタイプの洗顔剤・ゴマージュパック・ピーリングジェルなども、角質層をどんどん削ってしまいます。そして、肌本来のバリア機能を壊していきます。
 
 すぐに、ガスールなどの使用を止めた方がいいです。特に、空気が乾燥する冬場のスクラブ剤などの使用によって、肌トラブルへまっしぐらです。

 肌にとって不要になった角質は、ピーリングなどをしなくても、入浴中などに自然にはがれて落ちていきます。

 無理やり角質層を削らずに、自然にはがれ落ちるのを待つことが大切です。
    • good
    • 0

ANo.3~ANo.7の回答者です。


補足です。

 化粧品の使用を止めてからの最初の一定期間は、肌のバリア機能が弱くなって衰弱している人ほど、肌が乾燥します。(その一定期間には個人差があります。)もし、化粧品を使い続けてしまった期間が長い場合は、空気が乾燥する冬場に化粧水などを使わなくなると、最初の間は乾燥を感じると思います。

 でも洗顔石鹸や洗顔料は、季節を問わずに早めに止めた方が良いです。皮脂や角質層を取り去るので、乾燥を進めるからです。

【※空気が乾燥しなくなってからの方が、乾燥を感じずにスムーズに、化粧水などを一切使わない水洗顔だけのスキンケアに切り替えられると思います。それまでは、出来るだけ合成界面活性剤などで、肌のバリア(角質層)を壊さないように気を付けてください。化粧水などの化学物質やアルコールも肌を傷めるので、それらが入っていないものがおススメです。水洗顔の水も、塩素に気を付けた方が乾燥しないです。】


 そうして、その乾燥期間を乗り換えると、肌が回復して白くキレイになります。毛穴も目立たなくなります。乾燥もしなくなります。本来の健康的な角質層がよみがえるまでの間の辛抱です。

 人間の自然治癒力を信じて、回復の途中でめげない事が大切です。
 
    • good
    • 0

 ANo.3~ANo.6の回答者です。


 分割してあるので順番が分かりづらくなってしまって、ごめんなさい。

 質問の赤い枠の右下にある表示順を【回答順に表示】から【最新から表示】に切り替えると、読む順番が分かりやすくなると思います。直したいときはクリックしてみて下さい。

 健康的に育った角質層が顔を覆っている状態が、常に落とさなくてもいいファンデーションを塗った状態だと考えれば、説明が分かりやすいと思います。
    • good
    • 0

ANo.3で回答した者です。

その後ケアを続けているうちに肌トラブルが起こってしまったので、不適切だったことをお知らせし、お詫びします。
 その後、いろいろ調べて勉強して毛穴が目立つ原因など、新たに分かった事があったので参考になればと思い、お知らせします。(長くなってしまったので分割して掲載します、すみません) 
◆毛穴が目立つのは、顔の角質層が薄くなってしまっている事が原因です。毛穴は普通、角質層で守られています。でも、ゴシゴシ洗いや、化粧品・シャンプー・洗剤にたくさん配合されている合成界面活性剤による皮膚タンパク質の破壊、お化粧時のブラシやパフの刺激、乾燥や強い紫外線など、物理的な刺激ではがれてしまいます。すると毛穴が表面に出てきて、むき出しにされて目立ってしまいます。そして角質層が薄くなった結果、更に下にある表皮や真皮が傷つくのを防ごうと、皮脂腺が皮脂をたくさん出してベールのようにおおって守ろうとします。これがテカリです。その皮脂(あぶら)が空中の微細なホコリをハエ取り紙のように吸い付けます。それが酸化すると黒ずみになります。日常的に私たちは皮脂の過剰分泌や黒ずみを防ごうとして、過剰な洗顔、はがすタイプの毛穴パックなどをしますが、角質層を削れば削るほど、目立ってしまいます。皮脂も取り除こうとすればする程、顔を守ろうとする反動が強くなって皮脂をどんどん出すのでテカリも激しくなります。 
毛穴が目立っている人や、黒ずんでいる人は、角質層が薄くなっている事が原因なのでそれを改善するには角質層を育てるしか方法はありません。でも、日常生活には下のように、角質層をはがす原因がたくさんあります。かっこ内は参考対策です。
▼基礎化粧品やファンデなどの合成界面活性剤【角質層を壊す化学物質を多く配合した化粧品は使わない※自然派をうたっている物でも防腐剤など化学物質が入ってるので注意して下さい】(ANo.5に続きます↓)
    • good
    • 0

(ANo.6からの続きです↑)▼ゴシゴシ洗い、ゴシゴシ拭き【表面を流す程度にする、手でこすり洗いしない、刺激の少ない布でおさえるようにふく】▼花粉症などアレルギーで鼻をよくかむこと【鼻をかまないわけにいかないので、せめて極力こすらないように優しく鼻をかむ】▼お化粧のブラシやパフの刺激【ポイントメイクだけなど極力肌を刺激しないメイク】▼水道水の塩素【塩素を除去した水を使う ex.浄水器、水道水を汲み置きして半日くらい置いておき塩素を蒸発させる、ビタミンCの粉末・サプリなどを溶かして塩素と結合させる】▼日焼け【帽子、日傘を使う、あまりに長時間の日光浴は避ける】▼乾燥【加湿器を使う※角質層が育てば乾燥しなくなります】▼熱いお湯を肌にかけること【顔にかけないよう気をつける】▼シャンプー・コンディショナーの合成界面活性剤が顔にかかること【上向きでシャンプーなどをする、流すときも上向きで顔にかからないようにする】▼シャワーの強すぎる水圧【顔にかけるときは出来るだけ水圧を低くして勢いを弱める】▼化学物質などを使ったピーリング【顔を守ってくれているバリアの角質層をわざわざ壊さない】▼その他、物理的な肌への刺激【とにかく顔をこすらない、触らない】▼造顔マッサージ【どうしても顔をこすってしまうのでやらない※フェイスヨガで充分です】▼1日3回以上の洗顔【多くても2回にする】・・・・・・・・・・・・・などなどです。


 <参考サイト↓>
合成界面活性剤などのサイト→http://keihidoku.seesaa.net/article/17085114.html肌に効く食材のサイト→http://kenko.it-lab.com/kounou.php/23/角質の育て方のサイト→http://akalog.blog67.fc2.com/blog-category-2.html人気アンチエイジングのサイト→http://plaza.rakuten.co.jp/korrida/
◆リニューアル前の3月24日放送のおもいっきりテレビでゲストの北里研究所病院美容医学センターの宇津木先生が『大事なのは古い表皮「あか」を残す事です。皮膚の保湿には自分の皮脂が一番であり98%は皮脂だけで皮膚を守り健全に保つことができます。化粧品での補給は例えどんな(ANo.4に続きます↓)
    • good
    • 0

(ANo.5からの続きです↑)高級な物をたくさん使ったとしても2%補うにすぎないと考えるべきです。

無駄なことなんですよ。』としゃべってしまって、司会のみのもんたが『でも肌をちゃんと基礎から治して良い化粧品を使うと更にいいんですよね?この番組も化粧品メーカーがスポンサーだから怒られちゃうこともあるんですよお』となんだか、めちゃくちゃな話の繋ぎようで慌てていたという事を知り、確信も持てました。メディアのほとんどが化粧品や洗剤メーカーを優良のスポンサーにしていて多額の広告宣伝費をもらっているので本当の事が言えないという病気が蔓延しています。企業の利益の面からみれば、化粧品や洗剤は原価が安いため、これほどありがたい物質はないようです。
◆以前私は、強力洗顔料でゴシゴシ洗いや、お湯やシャンプーを顔にかけたり、面白がって毛穴パックを連用したりと毛穴が目立つことばかりしていました。化粧品を使うようになって何重にも下地と日焼止めとファンデを塗りたくって隠していただけだったのに、キレイになったと思い込んでいました。化粧品乱用で肌トラブルへまっしぐらという感じでした。
◆今は日焼止めも石鹸も使わずに、浄水器を通した水で1日1回表面を流すのみにし、お風呂に脱塩素シャワーヘッドも取付けました。フェイスタオルより凹凸の少ない木綿の手ぬぐいで優しくおさえるようにふいています。角質層の材料のタンパク質やビタミン(水溶性B・Cと脂溶性A・E)をお野菜から摂ったり、システインを多く含む物をたくさん食べる(特にキュウイとイワシ)など食物でも角質層の回復をうながしています。最近よく化粧してるように見られたり、肌が白いと誉められる機会が増えて角質も順調に育ってきています。化粧品会社が繰り返し流す宣伝によって化粧品は使わなければ綺麗になれないと信じていたので、たどり着くまで時間がかかりましたが、自分の肌が悲鳴をあげて教えてくれました。
    • good
    • 0

私も、20代前半のころ、毛穴が目立って悩んでいた事がありましたが、今は大分気にならなくなりました。



 私は、20代前半まで、スキンケアにあまり興味がなく、お手入れもろくにせず、ほったらかしにしてきてしまってたので、毛穴がたるむし、開くし目立ってき始めていました。化粧水さえもつけずに寝てしまうこともよくあり、今となっては、恐ろしいことをしてたな・・・・と反省しています。

 同僚に指摘され、「このままだとまずい。」と思い、きちんとスキンケアを始めるようになったら、1年くらいで、大分目立たなくなってきました。

 具体的には、お風呂で、湯船につかりながら、毛穴が開いた状態で、クリームタイプのクレンジングで、クルクルと優しくしっかりとマッサージしてから、洗顔石鹸のもこもこの泡で顔全体をつつみこんで、(次がポイント)泡が毛穴に入り込むように押し込み、また泡をくるくる顔の上で移動させて、押し込みを5~6回ほどしてから、丁寧にすすぎます。石鹸が肌に残らないようにわたしは、シャワーを2~3分くらいまんべんなくかけます。ここで、一日の毛穴の汚れをきちんと落とさないと、黒ずみになったので、しっかり汚れを取り除きます。(乾燥肌の人は、なるべく素早く洗顔した方がいいかと思います。)

 そして、お風呂上りに、シートタイプのマスクに、化粧水をヒタヒタになるくらいたっぷり染み込ませて、10分顔に密着させ、成分をしっかり浸透させます。(まだ乾燥してたら、マスクの上から、化粧水を足して、もう5分待ちます。)そして、手で人肌になじませたら、乳液をたっぷりぬります。とくに毛穴が目立つところには重ね塗りします。最後に目元にクリームを塗り込んだら、目元の小じわらしきものが、消えてきました。

 最近は、朝に田中宥久子さんの造願マッサージを始めて、肌にハリが出てきました。朝のむくんだ顔に効果テキメンなので、おススメです。朝に時間がない時は、夜のお手入れのときに、造願マッサージをしています。湯船につかりながらマッサージすると、本当に肌の血行が良くなるのが分かります。
 
 使う基礎化粧品は、サンプルできちんと試して自分に合ったものが一番いいと思います。毎日お手入れしてると、これ使うと肌の調子がいいなと思うものが段々分かってくると思います。

 最初は慣れないので面倒でしたが、きちんとスキンケアをするようになってから、「肌キレイですね。」と褒められるようになったし、毛穴もかなり見えなくなってきたので、今は楽しんでお手入れしてます。

 やっぱり、美は一日にしてならずだと思います。ほったらかしにすればその分衰えてくるし、毎日少しでもいいから、スキンケアをしてあげれば、必ずキレイになると思います。あきらめずに頑張ってください。
    • good
    • 0

私も25なんですが、昔ニキビを出したせいか毛穴がひろがってました。


でも、収れん化粧水使うとけっこう違いますよ。
いろんなとこで出しているので自分に合うの探してみては?

ちなみに私はDHCトーニングローション使ってます。
収れん化粧水ってさっぱりタイプなので
そのあとにうるおいもあたえた方がいいかと思います。
    • good
    • 0

肌のハリがなくなると、肌の支えが弱くなるので


毛穴は目立ってしまいます
25歳だからとはいいませんが、加齢も肌の弾力低下の原因です
でもあきらめないで!

まずは肌の弾力アップの手段として
血行促進と肌の弾力繊維の強化維持、再生ができる
化粧品が有効です

血行がよくないと、肌の弾力繊維の再生が鈍くなり
新しいぴんとした状態の繊維よりも壊されゆく繊維が多くなり
たるみがでます

血行をよくするには、まずマッサージです
できれば血行促進成分入りのものが
時間短縮と肌への余分な刺激を与えることもないのでお勧めです


おすすめの化粧品はソフィーナのセラティ!わたしはこれを使ってから
自分でハリがあると思っていたのに引き締まってきたのが自分でも感じて
悲しいような嬉しいような複雑な思いをしました(笑)

エステ、美容外科は時間もお金も勇気もいりそうなので
お化粧品で頑張って最後の手段にされてはいかがですか?

ちなみに乾燥、紫外線にあたる、皮脂が多い、メラニンが原因でも
毛穴は目立ちやすくなるので気をつけてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 性腺機能低下症<内分泌系とビタミンの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    ●精巣機能低下症(せいそうきのうていかしょう) 性腺機能低下症とはどんな病気か  男性で性ホルモンが低下する疾患群です。二次性徴(せいちょう)が現れない(または消失する)、精子形成ができない(=「妊孕(にんよう)性」がない)という問題が発生します。 原因は何か  精巣自体の障害による高ゴナドトロピン性性腺機能低下症と、上位中枢の障害による低ゴナドトロピン性性腺機能低下症に大別されます。  最多は前者に属する...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング