会員登録で5000円分が当たります

オーディオ初心者です。

「レコードが良い」っていう評判を知りどうしてもレコードで音楽を聴きたくなり
今まで使ってたシステムミニコンポを手放して
アアマゾンでプレーヤー デノンDP-500Mを買って
ネットで評判の良かったアンプ サンスイ607MRと
知り合いから教えてもらったスピーカーBose363をそれぞれオークションで手に入れました。

CDプレーヤーで聴くと音にメリハリが出てよいのですが
レコードだとなんだかボヤけているというか、レコードの良さが出ていないような。
これはアンプとスピーカーが合ってないからなのでしょうか?
※中古ですがアンプもスピーカーもかなり程度が良いと思います。

いま考えているのは、他の知人に教えてもらった
スピーカーをおもいきって新品のJBL4312Eに変えてみる

Bose363からJBL4312Eに変えるとかなり音が変わるものでしょうか?
JBL4312E自体は大型電気店で視聴させて頂きましたが
607MRではなくデノンの新しいアンプと繋げての視聴でしたから
607MRで音が変わるかどうかが想像すらできません。

そこで是非オーディオに詳しい皆さんの意見をお聞かせ下さい。
スピーカーはJBL4312Eに変えた方が良くなるでしょうか?

本当にレベルが低い質問で申し訳ありません。
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

サンスイ607MRは私がまだ20代でた商品で、私も使用していました。


この607MRは、値段を考えなくても、音がよいアンプなのは間違いないと思います。
そして、BOSE363をならすには十分です。

そして、BOSE363ですが、これも20代の頃に使用しておりました。
正直言って、上の部分だけ(121)の状態で聴いたほうが私はすきです。
低音とツィーターを足す形が363ですが、セッティングが非常に難しいです。

低音がボンボンとなる、またはあまり低音が聴こえない、音がぼやける。ように聴こえて、
ものすごく置き場所にシビアです。

CDでハッキリなるのに、レコードでハッキリならない、っということは、
スピーカーの置き場所が悪いのではないでしょうか。

私も、CDよりもLPの音の方が好きですが、LPでもCDと変わらず歯切れ良い音はなります。

でも、レコード導入時、私もCDならそれなりに聴こえていたのに、
LPだと低音がボンボンといって、非常に聴きづらかったです。
それで、アンプやスピーカーをとっかえひっかえしましたが、なにも解決をしませんでした。

ずーっとアンプかスピーカーが原因だと思っていましたが、100Hz前後の信号音を
出しながらちょうせいしてみると、スピーカーの置き場所で解決しました。
この置き場をみつけると、アンプの音の違いもよくわかりますし、
逆にいえばどのようなアンプを使ってもそれなりになってしまいます。

あぁ~スピーカーの置き場所で解決するのに、すごいお金と機材を取り換えてしまった~
って泣きそうになったことがあります。

ですので、363からどれくらい離れて聴いているのかわかりませんが、
試しに、363を壁に近い状態に設置しているのであれば、
壁から1m前に出して聴いてみてはどうでしょうか。
それで音は結構変わると思います。

それか、質問者さまが音が良いっとおもう場所までスピーカーに近づいてみる。
または遠ざかってみるのが一番簡単な方法だと思います。

もし、スピーカーの置き場所じゃなく、スピーカーが好みじゃないのであれば、
JBLの4312Eに変えてみるのもいいのではないでしょうか。
4312は素晴らしい音です。歯切れよく、抜けの良い音です。
もちろん607MRでも素晴らしい音でなります。

買い替えもオーディオの楽しみです。

でも、買い替えする前に・・・。
http://www.family-arts.com/sidep_report/bose363s …
ここに、363をなんとかうまく鳴らそうっという記事がでています。
参考になればと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

以前アンプもスピーカーも使われていたのですね。
どららも良いとお聞きし少し安心しました。

知人とかネットで知る情報だけで始めたので
レコードの音を実際聴いた時、
思ってたのと違うので「あれっ」っと拍子抜けしてしまって、、、
スピーカーの置き場所をいろいろ変えてみます。

なんか奥が深く楽しみになってきました。
ありがとうございます。

お礼日時:2014/09/23 16:29

こんにちは。



『CDプレーヤーで聴くと音にメリハリが出てよいのですがレコードだとなんだかボヤけているというか』
それが正常な感覚です。
デジタル録音が登場した時、録音エンジニアもオーディオマニアも『音の霧が晴れた』と大歓迎した。
それ故に一気にビニルレコードは廃れたのです。

CDの音も評価しておられるminyanzzさんには、今の組み合わせを変えずに、アナログレコード時代の先人の対策方法をお奨めするのが良いと思います。
両方を楽しめるようになりますから。

『なんだかボヤけている』のは、レコードがその形状(個体差も有る)の問題で宙に浮いているのが原因です。
「ターンテーブルシート」とか「レコードスタビライザ」で検索してみてください。通常は両方必要です。
かつて、こちらの記事で紹介されているテクニカのAT666XやYAMAHAのYDS-1のような究極の吸着式ディスク・スタビライザーもありました。
http://www5.plala.or.jp/star-route13/sub18.html
肝心なのは、ビニルレコードの防振対策です。防振対策してレコードに刻まれた本来の音を引き出しましょう。

これをしないで、スピーカーやアンプを変えても、ボヤけた音はボヤけたままです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

防振対策が必要なんですね。
まったく知りませんでした。
リンクの記事を読ませていただきました。
ディスク・スタビライザーでしっかりレコードを吸着させることによって音が変わるのですね。
レコードの世界がこんなに奥が深いとは、、、
ありがとうございます。是非取り組んでいきます。

お礼日時:2014/09/24 08:24

はじめまして♪



『CDプレーヤーで聴くと音にメリハリが出てよいのですがレコードだとなんだかボヤけて』
はたして、同じ音源での評価でしょうか?

私の場合、子供の頃に「新世代のデジタル音源が登場」って事でCDが出現しました(笑)

アナログ環境でオーディオルームを構築されていた近所のご年配、リスニングルームにお誘い頂き、同じ音源のレコードとCDを比較試聴したときの印象は、圧倒的にアナログレコードの勝ち!!!

考えてみれば、そもそもアナログレコード再生で最適な音が得られるシステムとリスニングルームのチューニング、さらに当時はアナログレコードを前提とした音源制作側の造り込みも在ったのでしょう。

でも、そういう場所でもカートリッジは沢山在って、変更するたびに、全く違う音、音楽感まで変わる様な変化に驚いた、という体験が有ります。
(ちなみに、その大先輩は、自分では気に入らなかった、という事で、カートリッジを幾つももらいました、サテン、グレース、シュア、オルトフォン)当時はVictorの29800円というプレーヤーに付属した楕円針のカートリッジしか自宅には無かったので、父と一緒に自宅のセットではどんな感じに聴こえるか、とても楽しんだ事が思い出です。

自宅セットでは、父と私の総合で、グレースが好評、交換針が2種在ったんですが丸針より楕円でしたねぇ。

ジャズではシュア、私が好きなポップス系は軽くて音が広がった感じのサテン、交響曲等で重厚さが良かったのはオルトフォン、、、、なんでもこなすグレース

父はジャズにグレース、オルトフォン、ポップスにシュアとグレース、クラシック系にサテンとビクターというのが好みだったようです。

スピーカーを変えるのはちょいと大仕事、カートリッジ交換なら場所も取りませんし、要領を覚えてしまえば数分でセッティング完了(スピーカーでセッティングまで追求しますと、、、)

基本的に、「付属」するカートリッジは中枢の音で、悪くも無いが特に良い特徴も、、、

アナログレコード再生の楽しみは、カートリッジ交換でいろいろ違う音も楽しめる、というポイントです。

お手軽に無難な音を求めたいなら、CDが圧倒的に手っ取り早い。
個性の有る、楽しめる音を求めて、カートリッジに方向性が違うモノを利用してみてはいかがでしょう?

レコード再生はミクロ単位のわずかな溝振動をそのまま拾い上げています、(しかも最終的には千倍、万倍に増幅して再生)プレーヤーの設置、その他の影響もありますので、いろいろ検討しながら楽しんでみて下さいネ♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

CDとレコードは違うアーチストのものですが、レコード全般にぼやけた感じがしたので、何か解決策をと思いこちらに質問させていただきました。
グレース、オルトフォン、サテン
こちらのメーカーはまったく知りませんでした。
音楽によって針を変える、、、
良い音で聴くためにみなさんとても苦労されているのですね。
レコードなら良い音と安易に考えた自分が恥ずかしくなりました。
カートリッジにプレーヤーの位置、、、、
とても深いんですね。次のお休みの日にオーディオ店に相談に行ってきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/24 08:17

NO.2さんの様に、買い替える前にセッティングを調整したらいいと思います。

レコードの再生が満足できるようであればCDもきっと満足のいく再生ができると思います。
スピーカー、カートリッジを変えればアンプを変えるよりも音の変化はずっと大きいですが、今のシステムで鳴らしきれないうちに装置を変えることはこの先ずっと変え続けなけらばならないような気がしますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね、今のを使いきれずにいろいろ変えても良くないですよね。

昨夜、satumaimo-pu-さんに教えてもらったように
聴く位置を変えてみたりスピーカーを動かしてみたりやってみました。
まだベストな位置ってのは分からないのですが、続けてやっていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/24 08:09

使用しているカートリッジはどんなものでしょうか?


スピーカーを替える前にMCカートリッジとMCヘッドアンプにすることをおすすめします。

CDのような明るい音だとオーディオテクニカでしょうか・・・
AT-F7
https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model. …
アキュフェース C-17 MCヘッドアンプ
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b16 …
カートリッジとアームを繋ぐリード線も大事です。
AT6101
https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model. …
さらにスタビライザーというものもあります。
AT618
https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model. …
シートが無い・ボロボロの場合は新しいシートも用意しましょう。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%82 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、勉強になります。
プレーヤーもここまでしないとダメなのですね。
すごく単純にレコード=良い音と考えてました。
これから少しずつ挑戦していきます。

お礼日時:2014/09/23 16:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古いJBLに相性の良い手頃なアンプを教えてください

オーディオど素人ですが、少しだけ余裕ができたので憧れのJBLスピーカーとアンプを検討しています。
スピーカーの候補は中古品の4311、4312、L88 NOVA辺りを(ミニ版は直接聞いた事ないので今の所候補には入れていませんが、もし実力があるなら考えようと思います)アンプはCEC AMP3000R-S辺りが形、値段共に丁度良さそうなので取りあえずそれが良いかと思っていたのですが、相性が気になってきました。
素人的あいまいなご質問ですが、JBLに合う手頃(5万前後)でお勧めのアンプが御座いましたら教えてください。
因みに普段聞くジャンルはジャズ、ロックとテクノです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ド素人さん、こんばんは。  

素人なのですから、ココは開き直って、お気に入りのJBLとCECのアンプで宜しいのではないでしょうか。  取り合えずですから尚の事!  アンプが無ければ始まりませんから・・・。 

確かにJBLを力の無いアンプで駆動すると、キンキンした五月蝿いだけの、脳天気なスピーカーに聴こえてしまうかもしれません。  特にモニター系のモデルは、小音量での再生を前提としていませんので、一般御家庭で鳴らせる音量では尚の事です。 ある程度覚悟は必要です。 (^_-)-☆   でもコレも経験ですから(素人さんですからネ)、仕方がありませんね。  

AMP3000Rは、CPの優れたアンプの様です。(聴いた事がありませんが、巷ではそう言われています)  

低域の再現性に長けているモノとしては、DENONの2000番シリーズが良いでしょうね。(長けていると言うか、過多過ぎるとも言える。セッティングを工夫する必要大・締りが無い!) 予算に余裕が有れば、同じくDENONのS10シリーズで。  中古なら安く手に入るでしょう。 艶を出したければ、「マッキン」なんて言うのもあります。  (^_-)-☆

古いスピーカーの場合には「傷み」も心配ですが、現在に輸入元であるハーマンインターナショナルでは、アフターも完璧です。 購入価格と同じ位になる事もありますが、修理は可能ですので御心配なく!

 http://www.harman-japan.co.jp/support/index.html

ド素人さん、こんばんは。  

素人なのですから、ココは開き直って、お気に入りのJBLとCECのアンプで宜しいのではないでしょうか。  取り合えずですから尚の事!  アンプが無ければ始まりませんから・・・。 

確かにJBLを力の無いアンプで駆動すると、キンキンした五月蝿いだけの、脳天気なスピーカーに聴こえてしまうかもしれません。  特にモニター系のモデルは、小音量での再生を前提としていませんので、一般御家庭で鳴らせる音量では尚の事です。 ある程度覚悟は必要です。 (^_-)-☆...続きを読む

QJBL4319と4306で迷っています

JBLの4319と最近発売された4306で迷っています。
ジャズを聴き、とくにピアノトリオは好きなのですが、視聴した印象では、4319は低音にすぐれているがピアノが埋もれた感じ。4306はピアノなど中高音はクリアだが、低音がものたりない感じでした。
最大の悩みは、4319は、わたしの6畳の部屋ではサイズが大きすぎ、それほど大音量できかないので能力をいかしきれないのではないかということです。(よく部屋のサイズとSPの適度な大きさを指摘されますが)
ただ、4306では、せっかくあこがれのJBLを買うには、やや物足りない気もしており、悩みます。
部屋とSPの関係を含めて、アドバイスお願いできれば幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして♪

http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4319/
http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4306/

スピーカーとの距離が1m以上有れば、どちらでも大きな問題は無いと言えると考えます。

小型だけどホーンシステム、多少大きいけれどダイレクトラジエーターシステム。
そう言う観点からは上記の条件を満たせばどちらの製品も困る事は無いと考えて良いでしょう。

それ以前に価格が大きく違うのでランクが違うと考えた方が良いと思います。

両製品とも実際に聴いた事が無いので、あくまで想像からですが、大きな問題は無いと思いますよ。

ピアノがクリアか埋もれるかは、聴いてみるしか有りませんが、JBLと言う同じブランドで、どちらも43シリーズという基本的には同じサウンド傾向。
確かに、JBL好きの人、その他の私にも43シリーズでも毛色(音色かぁ?)が違う製品と言う印象の物はあります。
しかし、他のシリーズや他社製品程は違わないので、おおまかなサウンドの傾向は同じ方向を向いていると考えて良いでしょう。

過去には6畳間にパラゴンや3434Bを押し込んだオーディオマニアも居たそうですから、無理を承知で製品に惚れ込んだらチューニング等の使いこなし次第と言う趣味の世界でしょう。
(さすがに、それだけ大きい物だと、ユニットごとの距離差が大きな角度差にも成って聴く位置も非常に難しいと思うのですが、、、)

むしろ小さい2ウエイの方がボリュームをガツンと上げて、ラウドネス効果をキャンセルする様な音量域でバランスさせるスピーカの様な気もします。
(昔のYAMAHAの小型2ウエイNS-10Mがレコーディングスタジオで好まれた様な音量域、よく高域用ユニットは焼けたそうで補修パーツは大量に出たそうです。)

今はドラムの音と実物大音量でモニターする人も少ないそうですから、そこまでの音量域まで行かずにもっと小音領域で実力発揮でしょうかねぇ。

大きいスピーカーは置き方や部屋の音響特性によって表情が変わり易く、逆に言えばセッティング等のチューニングがより顕著に表面化し易く成ります。

ご質問者様がどのような状況で試聴されたかは想像もできませんが、ピアノの印象はかなり的確だったのでは無いでしょうか。
高度な部分に置けるJBLサウンドはコンプレッションドライバーとホーンによる個性が特徴です。

家庭用オーディオ製品では無いのですが、機械が御座いましたらEVのPA用も聴いてみてください。
荒削りですが耳障り感が少なく、それでいて芯が通ったサウンドも面白い物ですよ。
(ジェームズBランシングが独立する前のWEやその後継のアルテックなど、これもまた一興です。)

まぁ、私は全く毛色の違ういろんなサウンドを楽しみたいので、安物ばかりですがアメリカも国産もヨーロッパ系も先入観たっぷりに遊んでいます(^o^) 基本小学生の頃からスピーカー工作が趣味の一つなんです。

ちなみにJBL初体験は4333で、その次が4343Bだったかな?
まだ小学生の頃に近所の歯医者さんのオーディオルームで聴かせてもらいましたぁ。
(CDが無い、純粋にアナログ再生の環境だったと記憶しています。おそらく12畳程の部屋で 最初はびっくりする音量でしたが、中学生で吹奏楽部に入ったら、毎日そういう音量でしたねぇ。苦笑)

ぐだぐだと書き込んじゃいましたが今夜もヨッパなのでごめんなさい。でも、なにか参考にでもなれば幸いですぅ~♪

はじめまして♪

http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4319/
http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4306/

スピーカーとの距離が1m以上有れば、どちらでも大きな問題は無いと言えると考えます。

小型だけどホーンシステム、多少大きいけれどダイレクトラジエーターシステム。
そう言う観点からは上記の条件を満たせばどちらの製品も困る事は無いと考えて良いでしょう。

それ以前に価格が大きく違うのでランクが違うと考えた方が良いと思います。

両製品とも実際に聴いた事が無いので、あくまで想像から...続きを読む

QJBL4312Bmk2に最適なアンプ

 昔からの憧れのJBL4312Bmk2を中古で手に入れました。
状態は、
(1)アッテネータが少しガリっている。
(2)SPターミナルのナット部分(プラスチック)がきつく締めると一部が空回り状態。
➂片側SPのネットの木枠が上下に少し反れている。外見の汚れなど・・。
(4)手持ちのアンプに繋ぐと一応正常に鳴っているみたい。
 ※手持ちのアンプは ONKYO ステレオ・プリメインアンプA-973(s) 
○中高の音は、きれいだと思います。
○低音は音に力がなく、キレがなく、分解能がなく、音がこもって、躍動感がない。
 アンプの買い替えを検討すべく、複数の某オーディオ店に行ってみました。A店では、デノンの
20数万円のアンプを進められました。音量を大きくしていましたが、まあ、こんなもんか という感じです。B店では、Audiolab(オーディオラボ)8200A ¥14.8万円をすすめられました。。A店で試聴したデノンの20数万円のアンプもありましたので、両方試聴しました。デノンの20数万円のアンプは、低音がボンついた感じ。Audiolab(オーディオラボ)8200Aは、低音は、歯切れの良い、パワフルな感じに聞こえました。B店のスタッフは、良いアンプは出力(W数)ではない。駆動力だ!!と言っていました。SPの音は、部屋の状態やSPのセッティングにより無限?に変化するといわれますが、基本的にアンプとの相性の良し悪しだともいわれます。私のリスニングルームは、壁は薄い板張り、畳間で8畳+6畳ぶち抜きです。音楽の好きなジャンルは、音質が良ければ何でもありです。最近は、”ハイレゾ”に関心があり無料曲をダウンロードしたり、”ハイレゾ配信サイト”で試聴していますが、音質の良い普通のCDと何が違うの?音質の良い普通のCDでイイじゃん!?という程度です。
相談内容
 (1)低音を 力強く、歯切れよく、躍動感を感じる音にしたい。
  JBL4312Bmk2に最適なアンプを教えてください。
  予算は5~10万円です。中古品(手に入れやすい物)でも良いです。  
 (2)アッテネータのガリを治す方法
 ➂JBL4312Bmk2に最適な置き方(セッティング) 
 (4)他にアドバイスがあれば・・・。
以上、どなたかお知恵を拝借お願いします。
 

 昔からの憧れのJBL4312Bmk2を中古で手に入れました。
状態は、
(1)アッテネータが少しガリっている。
(2)SPターミナルのナット部分(プラスチック)がきつく締めると一部が空回り状態。
➂片側SPのネットの木枠が上下に少し反れている。外見の汚れなど・・。
(4)手持ちのアンプに繋ぐと一応正常に鳴っているみたい。
 ※手持ちのアンプは ONKYO ステレオ・プリメインアンプA-973(s) 
○中高の音は、きれいだと思います。
○低音は音に力がなく、キレがなく、分解能がなく、音がこもって、躍動感がない。
...続きを読む

Aベストアンサー

NO.2です。

失礼しました。sansuiをお持ちだったのですね。
でも、あまり好みではないのですね。

わかります!
たしかにsansuiのDシリーズの低音が苦手っという方もいっぱいいらっしゃいます。
ドンドンいいますし。伸びがない。っという方もいました。


4312は鳴りっぷりのいいスピーカーです。
低音にネットワークが入っていないので、ウーハーは元気良くなります。

一回、RUBYっというトライオードのアンプを冗談のつもりでつなげたことがありました。
当然まともに鳴らないだろう。っと思ってつなげたのです。
ところが、RUBYでならすと、sansuiのような大げさな音ではなく、
そしてつまった低音ではなく、伸び伸びと音楽がなりました。本当に驚きました。
入力感度も十分です。フォノイコライザーを使って、レコードをつなげても大きな音量が出せます。

家庭で使うには十分です。
4312はわずか3ワットのアンプでも、伸び伸び鳴るスピーカーなのですね。

ですから、sansuiのDシリーズが好みではないっとうことは、
RUBYのような、伸び伸びと歌うようになるアンプが好みに近いのではないかと思いました。
ただ、力強さっという点では、当てはまっていないかもしれませんが、他は当てはまります。

トライオードは私は嫌いです。今まで購入して、「良かった」っと思ったことは一度もありません。
しかし、RUBYはJBLのような能率の高いスピーカーとの相性はいいと思いました。

最初の回答は、駆動力や低音の馬力ばかりに目を向けてしまいました。

ちなみに、私もJBLのスピーカーをしようしています。
とても古いスピーカーで38cmウーハーの3wayです。
能率は100dBを超えていますので、私がメインに使っているアンプは、
8ワットの真空管アンプです。0.7ワットの真空管でも大音量でなります。

4312Bmk2も、設計は古いときのままです。
そう考えると、4312Bmk2も、そこまで駆動力のあるアンプは必要ないかもしれません。
低音が超低音まで伸びているアンプも、聴きづらい場合があるかもしれません。
RUBYは超低音はでていないと思います。それがむしろ良い方向にいったのかもしれません。
高音も低音もそこそこなので、歯切れ良く、楽しい音になったのだと思います。

audio labのアンプは、DENONよりも、低音が出すぎていないアンプなのではないでしょうか。
150Hz付近が盛り上がっていたら、低音がブーミーになり、
逆に少ないと、寂しく、低音の音程もわからない音になります。
そして、40Hzまでフラットに出ていると、音楽に邪魔になるときがあります。
ボンボンっという感じで。

私のスピーカーは、チェックCDを再生すると、40Hzまで聴こえますが、
80Hzの音までしかまともに聴こえません。60Hzで一気に音量が下がります。
50Hzだと蚊の鳴くような音です。
それでも、ちゃんと低音が充実していますし、ベースの音程もクッキリと聴き取れます。

これをsansuiのD907Xにすると、もりもりした低音がでてきます。
でも無理やり鳴っている感じで、膨らんだ音になり耳障りです。

そう考えると、超低音が出過ぎないアンプのほうが4312に限って言えば、
歯切れの良い低音、躍動感が感じる低音になるのではないでしょうか。

NO.2です。

失礼しました。sansuiをお持ちだったのですね。
でも、あまり好みではないのですね。

わかります!
たしかにsansuiのDシリーズの低音が苦手っという方もいっぱいいらっしゃいます。
ドンドンいいますし。伸びがない。っという方もいました。


4312は鳴りっぷりのいいスピーカーです。
低音にネットワークが入っていないので、ウーハーは元気良くなります。

一回、RUBYっというトライオードのアンプを冗談のつもりでつなげたことがありました。
当然まともに鳴らないだろ...続きを読む

QJBL4312

こんにちは。オーディオに詳しい方教えて下さい。
憧れのJBL4312を買いました。実際音を鳴らすと低音が効き過ぎとスピーカー枠から箱鳴りが気になります。低音を和らげるのと箱鳴りを何とかしたいです。お知恵をお貸し下さい。
音の篭りも気になります。

Aベストアンサー

はじめまして♪
 #4312 初代機から個性的でジャンルや好みがツボにハマったら最高のスピーカーとも言えますね。
 一般的な評価では、わりと使いこなしも難しくはないシリーズのようです。

購入前のシステムや、現在の部屋の音響特性、設置方法、好みの音楽ジャンルや再生音量、ドライブするアンプ等で それぞれ違う音色に感じるのは どんなスピーカーでも同じ事ですし、まだ新品に近いのでしたら音が「こなれて」いないのかもしれません(エージングとも言います)

最も個性的だった初代機は、ジャズやポップス系には絶大な評価がありましたね。 スタジオ内のミュージシャンへのフライングや高所設置が多かったように記憶しています(思いか漏れませんが、、、)
 何代にも渡ってモデルチェンジをしてきた結果、よりオールワウンドに向いたサウンド、スタジオや店舗、ホール等の利用より 家庭での使用に向いたサウンドに進化してきたと思います。 
 しかし、初代の特徴ははっきりしてますので、広い空間に対応できるように、狭い空間では低音が多少多いかもしれません。また、有る程度大きな音量の方がよりメリットが得られそうです。

また、「箱鳴り」と表現されているのは 以前にお使いのスピーカーが密閉タイプだったりすると、バスレフのデメリット分を聞き分けてしまっているのかもしれません。
 私も密閉や、後面解放の方が好みです♪(

本場のアメリカ工場で造るJBL製品は、土地柄乾いた空気ですので、日本の多湿環境では、多少低音域が重いとも聞いた事が有りますが、私は日本でしか聞いた事が有りませんので、全部含めて JBLの音だと聞いたので、重い振動板を駆動できるドライブ力(ワット数ではありません、電源の供給能力とか いろいろあるそうです)の高いアンプの方が よりノリの良い低音感になるかと想像いたします。

特徴をメリットとするか、デメリットとするか、設置やアンプ等との組み合わせ、室内の音響環境によりますが、4343やパラゴンの様に大抵は失敗なんて機種ではなくて ほとんど成功できる 使いやすい機種ですので、がんばってください♪

4312ファンはかなり多いみたいで、ネットで探すと沢山出てきますね(^.^)

参考URL:http://audio-heritage.jp/JBL/speaker/4312.html

はじめまして♪
 #4312 初代機から個性的でジャンルや好みがツボにハマったら最高のスピーカーとも言えますね。
 一般的な評価では、わりと使いこなしも難しくはないシリーズのようです。

購入前のシステムや、現在の部屋の音響特性、設置方法、好みの音楽ジャンルや再生音量、ドライブするアンプ等で それぞれ違う音色に感じるのは どんなスピーカーでも同じ事ですし、まだ新品に近いのでしたら音が「こなれて」いないのかもしれません(エージングとも言います)

最も個性的だった初代機は、ジ...続きを読む

QJBL 4343って音悪くないですか?

良く遊びにいくお店に、JBL 4343が置いてあったので、
買うお金がないですが、聴かせてもらいました。
4343は今まで何回もお目にかかっていますが、
聴いたことがありませんでした。

古いアキュフェーズのモノラルパワーアンプとプリアンプと
DENONのCDプレーヤーで現代の録音のジャズを聴かせてくれました。

聴いた感想は「ひどい音」だと思いました。
これが昔、ものすごく売れたとは信じられないです。
お客さんの中には褒めている人もいましたが・・・。

正直、4343って音悪くないですか?
それとも私がきいたものがたまたま音が悪かったのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと頑張ったようです。

潜在能力は高く、その鱗片は時々出て来るのですが、どうしても納得出来る総合バランス、こういう鳴らし込みはとても難しいらしく、当時のオーディオ紙の中でも、キチンと鳴らし込まれている4343系はほんのわずかしか無いだろう、という意見が一般的でした。

全体的にはデカイスピーカーですが、ミッドバスのバックチャンバー(エンクロージャー)が存在するため、実質的にはウーファーもミッドバスもギリギリの小容量で使われている、というのが実情です。
そして、中学時代に4343Bの調整に立ち会い(いや、動かすのが大変だから、手伝わされた? 笑)、やはりミッドバス帯域の室内音響との関わり、このあたりの処理がほんとに難しいのではないか?と感じたのを思い出します。

完璧に鳴らし込めないまでも、せめてそれなりのバランスが得られる状況なら、大抵の人は満足できる音が得られるのでしょうけれど、わずかに失敗していると、各ユニットがそれぞれ主張し合い、バラバラに音が出ていて音楽的に楽しめる状況じゃない、なんて事もあるでしょう。

それから、製品自体がかなり古い時代の物ですので、はたして販売当時の性能が出せているか?という基本的な疑問はあり得ますね。

JBLは定期的な振動板交換を推薦しています、このためあえて耐久性が低い「発泡ウレタンエッジ」を採用しているのです。(振動板を見ても劣化したのが判りにくい、エッジが朽ちれば交換するしか無いのですね。)

コンシューマー用製品ならエッジの張り替え、でも良いのですが、モニターシリーズやPA/SRなどに使うプロフェッショナルシリーズのユニットは、長く使うにはそれなりのメンテナンス費用を。

なお、4343シリーズ、4350シリーズなどの大型モニター系は、基本的に日本では大ヒット商品でしたが、欧米では「まともな音」を得るのが難しく、扱いにくいスピーカーとして敬遠されたようです。
(と、言うか、一般的にはコンシューマー向けモデルの方が好評だったようです。)

さらに、43**シリーズ、モニタースピーカーとされていますが、現実的なレコーディングスタジオ等で実際にモニター用に採用されたケースは非常に少ない。トークバックなどの返しモニター等には天釣りを考慮した4311/4312系はかなり多用されたようです。

たまたま聞いた音を「ひどい音」だと感じたのは、おそらく音の本質を感じ取っていると思われます。
(まぁ、儀礼上で、その音を好む人の前では、言えませんけれどね。)

経年劣化の結果なのか、セッティング(チューニング)の未熟さなのかは文章だけでは判断出来ませんが、おそらく両方とも影響しているんじゃないか?って想像します。

とても苦労して、存分に鳴らし込めた人には、他のスピーカーでは得られない、至福のサウンドが体験出来るそうです。そういう4343系の音、一度は体験してみたいですね♪

はじめまして♪

4343自体を聞いた経験が在りませんが、、、

私が昔(小中学生の頃)に聞いたのは、4343Bでした。
このスピーカを購入された近所の歯科医宅には、なんどもご招待を頂き、いろいろと聞かせてもらった経験があります。

4343Bに入れ替えるまでは、4333Bが置かれていて、私個人としては4333Bの時に聞いた音の方が好きでした。

実際に4343Bを購入されたご本人も、セッティングやパワーアンプの交換等、確か2年チョイまで、とにかくあれこれ変更させながらなんとか鳴らそうと...続きを読む

QタンノイはJAZZやロックは聴けますか?

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当然私はお金持ではありませんが、オーディオ馬鹿ですので生活を犠牲にしてまでもタンノイ(ヨーロッパスピーカーの購入しようと思ってまして・・・(笑)
アーデンにこだわっているわけでもありません。

とにかくヨーロッパのスピーカーがほしいのです!!
B&Wは私の好みではなかったので省きます。(B&Wファンの方すいません)

やっぱりある程度大型のタイプがほしいですね!(能率の悪いのはご勘弁)

ヨーロッパスピーカーマニアの方 相談に乗ってくださいお願いします。

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンドやレコードの倍音再生に夢中になっておりましたが、最近は何故かFMチューナーのサウンドに凝っております。どこかに行き着くところがあるのかも知れませんが、それほどオーディオというのは色々な楽しみ方があるのだと改めて感心しております。さて、本題に戻りますが先ほども申しましたように、タンノイでJAZZを聴くというのは普通は一般的ではありませんが、柔らかく、優しく、気軽にJAZZを楽しむなら最高の組み合わせの一つです。但し正面から向き合って、ピアノタッチがどうだとか、ベースの歯切れが悪いとか、サックスの抜けが悪いとか悩んではいけません。心地よい音楽の雰囲気を楽しむことを最優先にお考えください。そうすればそのシステムは最高のシステムになるはずです。

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンド...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qオーディオ入門者に、ジャズによい比較的コンパクトなスピーカー

こんにちは。
引越しを機に今までよりもマシなオーディオを購入しようかと考えています。今までは普通のミニコンポを使用していましたので、音についてはまだまだ細かな良し悪しが分からない状態です。

音楽はジャズ、ロック、クラシックと幅広く聴くのですが、5割がジャズを占めている(けれども電化マイルスとピアノトリオがメインなので極端ですが)ので、ジャズに合うスピーカーを選びたいと思います。

・・となるとJBLとよく言われます。お店で聞いてみると確かにイイ。・・が、お勧めとして名前が上がってくるのはどれも結構な値段の物ばかり。
しかもデカイ。部屋が8畳程度なのであまり4312Dのような巨大なものは置けません。
そしてJBLで実売ペア10万以下であまりいい評価の物を聞きませんが,そのレンジは良くないのでしょうか?そのレンジでオススメはありますでしょうか?

また、ジャズと言えばJBL以外だとBOSEとも良く聞きますが,御茶ノ水,秋葉原近辺でBOSE,JBLの取り揃えが多くて比較視聴出来るお店があれば教えてください。(テレオン1号、石丸電気本店、御茶ノ水AudioUnionは既に行ってみましたが、ほかにあれば。。。)

こんにちは。
引越しを機に今までよりもマシなオーディオを購入しようかと考えています。今までは普通のミニコンポを使用していましたので、音についてはまだまだ細かな良し悪しが分からない状態です。

音楽はジャズ、ロック、クラシックと幅広く聴くのですが、5割がジャズを占めている(けれども電化マイルスとピアノトリオがメインなので極端ですが)ので、ジャズに合うスピーカーを選びたいと思います。

・・となるとJBLとよく言われます。お店で聞いてみると確かにイイ。・・が、お勧めとして名前が上...続きを読む

Aベストアンサー

どんなスピーカーがあるのか知りたいのなら、
価格帯ごとに製品を表示しているお店のホームページをチェックしてみるのはどうでしょうか?

例えば
http://www.shimamusen.co.jp/
http://www.keikodo.co.jp/

これだけでは音は分かりませんが、気になるデザインやサイズのスピーカーが見つかるかもしれません。

しかし実際のところ購入後、部屋で鳴らして好きな音楽を聴いていないと、
なかなか自分に合った音を鳴らすためには何を選び、どうすれば良いのか、
分からないのが現実だと思います。

いきなり大正解を求めず、気になる音のスピーカーがあればまずそれを使ってみて、
その後もし不満なり向上心なりが沸いてくれば、その時には
今よりもっと具体的な事が分かってどうにか出来るのではないかと思います。
それに気に入った物さえ見つかれば、ベストではなくとも、
大きな失敗はしないのではないでしょうか。

と正論を述べつつ、自分の気になる製品も紹介しますと、
WestLakeAudioのLc4.75が小さくて(小さすぎ?)音にも厚みがあり
ジャズファンにも人気があります。
安価な黒色の物でも日本定価が20万を超えるので、中古を狙うかアメリカから個人輸入しないと
予算オーバーなのですが、駆動力の高いアンプで鳴らすと面白いです。

どんなスピーカーがあるのか知りたいのなら、
価格帯ごとに製品を表示しているお店のホームページをチェックしてみるのはどうでしょうか?

例えば
http://www.shimamusen.co.jp/
http://www.keikodo.co.jp/

これだけでは音は分かりませんが、気になるデザインやサイズのスピーカーが見つかるかもしれません。

しかし実際のところ購入後、部屋で鳴らして好きな音楽を聴いていないと、
なかなか自分に合った音を鳴らすためには何を選び、どうすれば良いのか、
分からないのが現実だと思います。

い...続きを読む

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Q昔のスピーカーと現代のスピーカーの違いは

当方39歳です。中学から高校にかけてホームオーディオブームでした。
当時は1000M、GT2000、サエクC1、AU-D607X、NEC A-10、DS-3000、出たばっかりのソニーD-50、カセットのHF-PRO、MA-Rなどがブイブイいっていた時期でした。

最近、子供がレコード聞きたいと言い出したので、当時使っていたアンプDENON PMA-940とターンテーブルTechnics SL2000、A/T AT150Ea/Gを引っ張り出し、カルチャークラブのLPをかけたところスピーカーから出た音は最悪でした。

スピーカー以外の動作は確認しましたのでスピーカーに問題があるのは間違いありません。
「どうだい、レコードもいい音すんだろ?」
と言いたかった私の名誉挽回の為にスピーカーを買い換えることにしました。早速、当時の憧れだったYAMAHA NS1000Mをオクで探しましたが、未だにいい値段がするではありませんか!しかも、さすがに25年程前の機種です。現存しているものは大体がオーバーホールしなくてはならないそうです。

そこで質問なんですが、昨今の電気製品の進歩は目を見張るものがあります。NEC PC-98が50万円位したのに今では5万円位でデュアルコアのPCが組めます。当時の1000Mと同等の音を出せる機種(大きさは問いません)を教えて下さい。最後は自分の耳の判断なのは分かっていますが、機種選択の参考にしたいので宜しくお願いします。

当方39歳です。中学から高校にかけてホームオーディオブームでした。
当時は1000M、GT2000、サエクC1、AU-D607X、NEC A-10、DS-3000、出たばっかりのソニーD-50、カセットのHF-PRO、MA-Rなどがブイブイいっていた時期でした。

最近、子供がレコード聞きたいと言い出したので、当時使っていたアンプDENON PMA-940とターンテーブルTechnics SL2000、A/T AT150Ea/Gを引っ張り出し、カルチャークラブのLPをかけたところスピーカーから出た音は最悪でした。

スピーカー以外の動作は確認しましたのでスピーカー...続きを読む

Aベストアンサー

No.5です。なるほど、御事情はある程度つかめました。まず、何度も言いますけどNS-1000Mと同等の音はもちろん、ああいうタイプの音を出すスピーカーも存在しません。というのも、国内でスピーカーを作っていたメーカーやブランドが次々と無くなっているからです。DIATONEやCORALも消滅同様ですしね。YAMAHAもスピーカーはまだ作り続けていますが、NS-1000Mのような音のアプローチはしていません。

今ではまともに鳴るスピーカーを探そうとすると海外ブランドになります。ただし、海外製であるだけに国内製とは音の出方そのものが異なります。そのへんをどうスレ主さんが折り合いを付けるかですね。

それから、予算8万円ではNS-1000Mのような大型スピーカーは買えません。コンパクト型になってしまいます。
候補としてはKEFのiQ30
http://www.kef.jp/products/iq/iq30.html
ALR/JORDANのEntry M
http://www.imaico.co.jp/alr/entrym.htm
B&Wの685
http://www.bowers-wilkins.jp/display.aspx?infid=2301&sc=hf
JBLの4312MII
http://www.harman-japan.co.jp/product/jblhome/4312m2.html
。。。などが考えられます。

ただしこれらの製品は実売6万円ほどですから、残り2万円でスピーカースタンド(置き台)を調達されればよろしいです。 スタンドがないと上手く鳴りませんからね。

No.5です。なるほど、御事情はある程度つかめました。まず、何度も言いますけどNS-1000Mと同等の音はもちろん、ああいうタイプの音を出すスピーカーも存在しません。というのも、国内でスピーカーを作っていたメーカーやブランドが次々と無くなっているからです。DIATONEやCORALも消滅同様ですしね。YAMAHAもスピーカーはまだ作り続けていますが、NS-1000Mのような音のアプローチはしていません。

今ではまともに鳴るスピーカーを探そうとすると海外ブランドになります。ただし、海外製であるだけに国内製とは...続きを読む


人気Q&Aランキング