ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

あるキーワードで検索すると順位が上がりましたが、1ヵ月程で元の順位に下がってしまいました。

検索順位が上がると、2ページ目の4番目くらいでした。
今は、また下がって、4ページ目になってます。

実は、上記の範囲内での順位変動が過去にもありました。

これは、なぜなのでしょうか?

もちろんコンテンツが不十分という理由もあるので、そこは改善したいと思ってますが、競合他社が検索順位を下げているということはあるのでしょうか?

その場合、どのような方法なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あくまで私の経験だということで


「コンテンツの不足」が大きな要因であるように思います。
googleに限らず検索エンジンはユーザーが上から順番にサイトを訪問して、すぐにUターンして次のリンク先に行き、しかもそこにとどまる場合は、明らかに次のページのほうがこの検索キーワードに適していると機械的に判断するでしょう。
 検索エンジンにはそのページの内容--要約が表示されていますが、その内容と訪問先の内容が不一致でもやはりUターン現象になります。
・descriptionやheader内のabstractなどに書かれている内容とページの内容が一致していること
 適切にマークアップされているか?
・競合ページと内容の充実などで明らかに秀逸であること

 いつもそこに行きつくようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかにコンテンツの不足があります。
特に画像については、不足しております。

オリジナル画像も揃ってきているので、変更します。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/17 22:12

こちらで質問してみてはどうでしょうか。


https://productforums.google.com/forum/#!categor …

自分の質問以外にも、ここの情報はSEOの観点から非常に参考になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/17 22:10

Googleダンスの一種ではないかと思います。


現在はGoogleが無数のサイトへのクリック率(Google検索からクリックする数)や、ユーザーのクッキーなどで滞在時間を調べて、それも検索順位に反映しているのは確実と思われますが、深いページに落ちている、検索順位が低いサイトはそのデータが十分に集められないため、希に数日上げてみて、クリック率や滞在時間を計っている感じではないかと・・・・

それで、そのサイトの成績が良ければ、本来の順位より順位が少し上がり、悪ければもっと下げ・・・と言うような作業をしている感じがします。

最近はなんかアップデートしたとかいう話もあるので、それも可能性が高いですけど・・・

恐らく、ユーザーのクリック率や滞在時間、自然リンクなどが増えれば、つまりユーザーの支持が得られるようになれば、そして、他の競合するサイトにその成績が勝るようになれば、深いページに入っていたサイトも再評価され、徐々に検索順位が上がるかも知れません。


現在Googleで強力に上位に上がってくるのが、違法系を扱った、アニメを盗んだようなのをはじめとした犯罪系のサイトなんですね。
お世辞にも綺麗なHTMLとも、すばらしいデザイン、完璧なGoogleSEOを施している、と言えるようなサイトではなくても、犯罪系サイトはちゃっかり上位を占めるんです。
著作権を守ったファンサイトは、どんなに良いサイトでも、どれだけGoogleSEOに忠実でも、犯罪系に勝つことは難しいみたいなんですね・・・。

ボットがHTML読んだだけで、そのサイトに違法アップされたアニメがあるかどうかは読み取れないでしょうけど、もしGoogleが滞在時間を見ていれば、どのサイトにお宝があるかが分かるというわけです。
犯罪系は、どうしても人を引きつけて放さないんでしょう。違法でもタダというのは、残念ながら強いんでしょう。しかも、ネットは匿名のイメージが強いので、気軽に見てしまうんでしょうね。本当は匿名ではないですけど・・・

同じようなワード、綺麗でもないHTMLなのに、どのサイトがユーザーに人気があるのかをシッカリ把握してくる。
やっぱりユーザーの滞在時間辺りのデータは確実に取っているんでしょうね・・・

そうなると、順位がちょろちょろ変動するのは、データが取れない順位が低いサイトに、「良い物」が無いかを自動的に判断させているのではないかと想像できるんですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2014/10/17 22:10

Googleのアルゴリズム変更の可能性もあります。


ちょくちょくありますが、大きいものだと、パンダアップデート、ペンギンアップデートというようなものもあります。
SEO対策をしていても下がるときもありますし、していなくても上がるときがあります。

質問者様のページがこのケースかどうかは分かりませんが、ご参考までに。

参考URL:http://www.allegro-inc.com/seo/7553.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

つい最近、アップデーターがあったのですね。

お礼日時:2014/10/17 22:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台風の上陸及び被害の多い都道府県ランキング

台風の上陸回数または被害件数が多い都道府県の順位を知りたいのですが。
研究をしていて必要になったのですが、探しても見つからなくて・・・。
行政機関や省庁が発表しているような正確で信用のおけるデータが欲しいのですがどなたかご存知ありませんか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

↓「上陸回数」は「上陸」した場合だけで、すれすれ上陸しないのに大きな被害を与えた台風は含まれていません。
また、「上陸都道府県」も途中「通過」して被害を与えた県は含まれません。

http://www.komazawa-u.ac.jp/~fumio/dat/ty-arekore.htm
http://www.city.kure.hiroshima.jp/~119/senta-top/taihuu/taihuuhigai1.htm

「被害件数」については、何をもってどこまでを台風被害とするかによります。
(自然災害が遠因であっても、自治体によっては土地の特性や状況・管理など他の要因が大きいと判断した場合、その後の増水・崖崩れ・宅地被害などは直接被害とはしないこともあります)
また、自然災害による被害件数は主に自治体や消防・警察・保険会社などへの連絡件数で集計されます。
被害範囲が個人所有物で当人が被害を申告しなかった場合は、よほどの大規模災害でない限り自治体や国がいちいち調査に来る事はまずありませんので記録には入りません。

一都一道二府四十三県の各県庁の中には「防災課」でこれら記録を公開しているところもあります。

↓「上陸回数」は「上陸」した場合だけで、すれすれ上陸しないのに大きな被害を与えた台風は含まれていません。
また、「上陸都道府県」も途中「通過」して被害を与えた県は含まれません。

http://www.komazawa-u.ac.jp/~fumio/dat/ty-arekore.htm
http://www.city.kure.hiroshima.jp/~119/senta-top/taihuu/taihuuhigai1.htm

「被害件数」については、何をもってどこまでを台風被害とするかによります。
(自然災害が遠因であっても、自治体によっては土地の特性や状況・管理など他の要因が大きいと判断し...続きを読む

Qキーワード検索ってページのタイトルの検索なのですか?

<title>~</title>の文章がgoogleやyahoo!のワード検索の対象になってるのですか?
<body>~<body>の中にある文章なんて関係ないのでしょうか??

Aベストアンサー

両方関係あります。
ユーザーが探している有益な情報やサイトを見つけ出す事が、
検索エンジンの本来の正しい役目なので、

タイトルのキーワードが最も重要ですが、
本文内も重要なキーワードの一部です。

キーワードが、全ての要素では無いですけどね。

QExcelで順位を表示する折れ線グラフを作る方法を教えてください。

Excelで各自の毎日の順位を集計し、グラフにしようと思っています。X軸に日付&Y軸に順位という設定にし、折れ線グラフで1位の時に一番上にいる感じのグラフにしたいのですが、デフォルトでは0が一番少ない値の設定になっているため、順位が上がると右上がりになる折れ線グラフではなく、1位になると地に落ちる右下がりのグラフしか作ることができず困っています。どうしたら数が少ないほど上に上る折れ線グラフを作れるのでしょうか? 設定を色々変更してましたが、どうしてもできず困っています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

Y軸を右クリック→軸の書式設定→「目盛」で
・軸を反転する
・最大値でX/項目軸と交差する
 にチェックを入れる
 OKです。

Q検索連動型広告の複合キーワードについて

調べれば調べるほどわからなくなり、どつぼにハマってしまいました。
オーバーチュアかアドワーズの検索連動型広告を利用しようと思うのですが、

・キーワードはひとつのみ登録するのでしょうか。
それとも複合登録して単価を安くすることができるのでしょうか。
例えば、「アロマ」だと1クリック300円の場合。
「アロマ」+「京都」=150円になり、「アロマ」だけでは広告に載らない。
こういったことはありますか?

また、法人の場合は代理店を通すのが一般的でしょうか。
中規模の会社です。

Aベストアンサー

自分で簡単に出来ます。
今回の場合なら、部分一致で、

「アロマ 京都」
「アロマテラピー 京都」
「アロマセラピー 京都」
「京都 アロマ」
「京都 アロマテラピー」
「京都 アロマセラピー」
「京都 アロマオイル」

こんな感じで宜しいと思います。
他に複合したいキーワードがあれば、追加するだけです。
部分一致、完全一致は、考え方によりますのでノーコメントで。

QJリーグについて質問です。 現在J3の秋田と沼津が1位と2位でシーズンを終えた場合、この2チームはJ

Jリーグについて質問です。
現在J3の秋田と沼津が1位と2位でシーズンを終えた場合、この2チームはJ2のライセンスを持っていないので、J2の群馬と山口が仮に21位と22位でシーズンを終えてもJ3への降格はないのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、その通り。

https://www.jleague.jp/aboutj/construction/j3.html
によると、
明治安田生命J3リーグ1位、2位クラブがともにJ2ライセンスを保有していない場合は、 明治安田生命J2リーグ下位2クラブ(21位、22位)の自動降格はなくなる。

こんな記事もあります。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?227022-227022-fl

QGooglですが、 キーワード検索でヒットしない。

お店のホームページをeoネットから独自ドメインに移行しました。

1週間ほどたつのですが、店名で検索しても、新しいurlのページがインデックスに出てきません。

site:www,*****.com で検索すると各ページがインデックスに出てくるのですが、
店名や、地域名+業種 地域名+店名 などで
キーワード検索しても、eoネットのこれまでのホームページは上位に出てきたままですが、
新しいurlのほうは、後ろのほうまで探しても見つかりません。

サイトマップの登録や fecth as google というのは、わからないなりに昨日やってみました。

htmlもよくわからないレベルですが、ホームページビルダーで作りました。


・あわてず待てばいいのでしょうか?
・何か作業が足りてないのか?
・何か間違えているのか?

至急アドバイスお願いします!!

Aベストアンサー

星の数ほどあるウェブサイトの中で、しかもプロが作ったウェブサイトも多い中で、HTMLの知識のない方がホームページビルダーのようなソフトで作ったウェブサイトがGoogleの検索で上位表示されるのは大変なことですよ。

アマチュアの天体愛好家が家電量販店で売っているような望遠鏡で新星を発見するぐらいラッキーなことだと思って、ゆっくり待ってみてはいかがでしょうか。

Googleの検索結果は、同じ検索キーワードの対象となるウェブサイトを選び出して、それらを重要度順に序列をつけて並べたようなものです。

ですから、「地域名+業種」で検索して引っかかるライバルのウェブサイトよりも内容を充実させて、更新の頻度を上げていくことが大事ですよ。(技術的には更新情報からサイトマップを自動生成してGoogleに通知できる点で、CMSのほうがホームページビルダーで作ったサイトよりも有利です。)

なお、せっかく独自ドメインを取ったのに、旧サイトを公開したままにしたら、旧サイトも新サイトのライバルになってしまいます。

旧サイトの各ページにリダイレクトをかけて旧サイトから新サイトに自動転送されるようにしたほうがいいと思いますよ。
http://modx.jp.net/menu/tools/redirect.html

こうすれば、少なくとも「地域名+店名」で検索して引っかかるようにはなるはずです。

旧サイトで301リダイレクトが使えるなら、301リダイレクトをかけたほうが簡単です。
https://support.google.com/webmasters/answer/93633?hl=ja

参考URL:http://modx.jp.net/menu/tools/redirect.html

星の数ほどあるウェブサイトの中で、しかもプロが作ったウェブサイトも多い中で、HTMLの知識のない方がホームページビルダーのようなソフトで作ったウェブサイトがGoogleの検索で上位表示されるのは大変なことですよ。

アマチュアの天体愛好家が家電量販店で売っているような望遠鏡で新星を発見するぐらいラッキーなことだと思って、ゆっくり待ってみてはいかがでしょうか。

Googleの検索結果は、同じ検索キーワードの対象となるウェブサイトを選び出して、それらを重要度順に序列をつけて並べたようなものです...続きを読む

Qグーグルで検索順位が上がると、また下がります。

あるキーワードで検索すると順位が上がりましたが、1ヵ月程で元の順位に下がってしまいました。

検索順位が上がると、2ページ目の4番目くらいでした。
今は、また下がって、4ページ目になってます。

実は、上記の範囲内での順位変動が過去にもありました。

これは、なぜなのでしょうか?

もちろんコンテンツが不十分という理由もあるので、そこは改善したいと思ってますが、競合他社が検索順位を下げているということはあるのでしょうか?

その場合、どのような方法なのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまで私の経験だということで
「コンテンツの不足」が大きな要因であるように思います。
googleに限らず検索エンジンはユーザーが上から順番にサイトを訪問して、すぐにUターンして次のリンク先に行き、しかもそこにとどまる場合は、明らかに次のページのほうがこの検索キーワードに適していると機械的に判断するでしょう。
 検索エンジンにはそのページの内容--要約が表示されていますが、その内容と訪問先の内容が不一致でもやはりUターン現象になります。
・descriptionやheader内のabstractなどに書かれている内容とページの内容が一致していること
 適切にマークアップされているか?
・競合ページと内容の充実などで明らかに秀逸であること

 いつもそこに行きつくようですね。

Q結婚相談所をさがす、検索キーワードを教えてください。

静岡市で結婚相談所の運営をしています。最近、PRのためのブログを作りました。Yahoo!やGoogleでの検索順位を上げたいと思っています。よく検索に使われる言葉をブログ内に入れたいと思っています。

そこで、結婚相談所をさがす時、どのようなキーワードで検索をしますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、結婚相談所を探しているわけではありませんが、
静岡で探すとしたら、普通に考えたら

「静岡 結婚相談所」「結婚相談所 静岡」ではないでしょうか。

普通すぎてすみません。

最近のはやりで考えたら「婚活」だと思うので、
「婚活」→「婚活なら結婚相談所」でSEOもおもしろそうです。

Q「順位1番目の登記を移記」って何ですか

家屋の登記簿をインターネット(登記情報提供サービス http://www1.touki.or.jp/gateway.html)で見ているのですが、その登記簿の「権利者その他の事項」の欄に「順位1番目の登記を移記」とあります。

(1)
「順位」とは何に付けられた、何の順位でしょうか。

(2)
「順位1番目」、「順位2番目」、.....は、どんな基準で決まるのでしょうか。

(3)
「順位1番目の登記」、「順位2番目の登記」、.....は、どこに書かれているのでしょうか。
今見ているインターネットの登記簿には、「順位1番目」、「順位2番目」、.....のような文字は全くないので不思議です。

Aベストアンサー

(1) 登記は「早い者勝ち」となっている関係で順番が付けられています。
これは、所有権に関する登記(これを「甲区」と言います。)も、所有権以外(これを「乙区」と言います。)も同じです。
ただ、何十にもなって登記用紙が膨大となったときなどは、新しい用紙を使うので(現在は電子化しているので少々違いますが)そうすれば、旧用紙の最後の順位が新用紙の1番になります。(旧用紙を「閉鎖登記簿」と言います。)
旧から新に書き換えるので、それを「順位〇番目の登記を移記」と言うような表示にしています。
(2) 受け付けた順番です。受け付けたならば同一日でも受付順に番号をつけ(これを「受付番号」と言います。)ます。
(3) 「順位1番目の登記」と言うような登記はないです。
登記簿の左端に「順位番号」と言う欄があって、各登記に「1」や「2」となっています。
それが順位1や順位2と言うわけです。

QGoogleとYahoo!の検索キーワード数予測に関して

GoogleとYahoo!の検索キーワード数予測に関して質問をさせてください。
SEO対策を行うキーワードを選ぶためにキーワード検索数予測ツールを使っているのですが、同じキーワードで調べた場合でも、Googleアドワーズ内の検索キーワード数予測数と、フェレットなどで調べた時のYahoo!の予測検索数に大きな隔たりがあるように感じます(Googleアドワーズの方が圧倒的に多い数字を出します)
どちらかが間違っているのか、あるいはキーワード検索数予測の基準に違いがあるのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ありませんが、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

GoogleAdwordsは昔に比べて数字がかなりあいまいになりましたよね。
フェレットって使ったことがなかったので調べてみたのですが、これ、どうやって結果を出してるのかイマイチよくわからないですね。
「Yahoo!検索で使用された過去のキーワード情報をもとに、関連キーワードを需要の高い順に表示します。」
と、ありますが、過去ってどのくらい前なのか、そもそもYahooのキーワード検索数ってOvertureで公開してたのくらいですよね?
(違ってたらすいません)
Yahooの関連会社でもなさそうですし、どうやって結果を表示してるのかあいまいなので比べようがないのではないかと。。。
それと、「cd-r」と「cd r」「cd-r」も「cd r」も別物ですので、キーワードによっては比較するのは難しいと思います。

以上、あまり参考にならなくてすいません。。。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報