出産前後の痔にはご注意!

京浜急行の車両は、先頭車両は電動車だという。
相互直通運転をしている都営地下鉄・京成電鉄等にも、京浜急行路線内を走る車両は先頭車両を電動車にするよう要請しているという。
なぜ京浜急行の車両は先頭車両を電動車にしているのだろうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

おはようございます。


電車運転士をしております。

京急では、先頭車は必ず電動機付きの車両です。

技術者の丸山信昭が、研究した結果からになるのですが、

【1】
万が一の脱線時、先頭車が軽いと重量の重い後方の車両に押し出されるような形になってしまい、
被害が大きくなってしまったり、転覆しやすくなります。
先頭車が重い電動車だと、脱線しても転覆しにくい。

【2】
信号回路を確実に作動させる為。
レールには在線検知の為、交流の電気が流れています。
先頭が軽いと、車輪の輪重が抜けたりと確実でない場合があります。
通常の鉄道では、輪重が抜けた事を踏まえ、ある一定程度の時間(時素)を持たせています。
しかし、京急の様に先頭車が電動車の場合、輪重が抜けて信号回路の確認が出来る出来ないという問題は無いので、時素(回路が構成されても一定時間動かさない事)を最小限にする事が出来ます。
具体的に言うと、列車が通過した後、他の路線では一定時間経っていないと転轍機を動かせないのですが、京急では信号回路が確実に構成出来るので、最小限の時間で動かすことができ、結果として効率的なダイヤを構成する事が出来ます。

【3】
高加速・高減速車両を構成するうえで、元々電動車の比率が高かったという事もあります。
電動車の比率が高かったという事実と、上記の研究結果が、先頭車が必ず電動車という個性に繋がったと言えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど安全運行の事を十分考慮した上でしょうねぇ。

お礼日時:2014/12/10 21:36

ちなみに、在阪の「京阪」「阪急」もともに新しい車両は全て


「先頭が電動車」です。

これは以前、先頭が付随車だった京阪5000系が置き石で脱線転覆
という大事故になったことを教訓としているからだそうです。
http://sky.ap.teacup.com/kansai/115.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なろほど安全性を考慮しての事でしょうか。
それにしても「置き石」は言語道断の重大な犯罪です。

お礼日時:2014/12/10 21:35

厳密に言えば「先頭台車は電動機付きの動台車とする」です。


制御器の搭載や連結面側の台車に対する条件は必須ではありません。

京成3500型は、新製当時は先頭が電動機のない従台車であるため、京急線に乗り入れできませんでしたが、更新工事後、先頭台車を動台車化(ユニット連結面よりはモーターのない従台車)し、京急乗り入れ可能になりました。

その理由は#1の引用サイトでも触れていますが、京急では信号システムが先頭動台車を前提に設計しているためです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確実性を考慮した運行なんでしょうねぇ。

お礼日時:2014/12/10 21:37

http://news.mynavi.jp/series/trivia/275/

ひとつ目の理由は、あえて先頭車を重くして、列車の位置検知システムを確実に作動させるため。

ふたつ目の理由は、万が一の脱線事故のときに、電車の転覆などを防ぐため。

だそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど安全運行を考慮した考えなんでしょうねぇ。

お礼日時:2014/12/10 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京成のAE100形はなぜ通勤車化改造されなかったの

京成電鉄の2代目スカイライナー車両であるAE100形ですが、3代目のAE形が登場してからは廃車が始まりました。
初代のAE形(1972年登場)は、機器を流用して通勤車の3400形に改造されていますが、なぜAE100形はそのような機器流用による通勤車化改造は実施せず、あっさりと廃車にしたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは、
他社ではありますが、電車運転士をしており、
京成線の車両は触ります。

>初代のAE形(1972年登場)は、機器を流用して通勤車の3400形に改造されていますが、なぜAE100形はそのような機器流用による通勤車化改造は実施せず、あっさりと廃車にしたのでしょうか?

初代AE⇒3400形更新の頃とは時代背景が異なります。
一緒にするのは違います。

初代AEを3400形に更新する頃は、京成線の状況は、

○少しでも低コストで車両を揃えたい。
○8両組成のクルマが欲しい。

・・・という本音がありました。
北総線の高砂延伸と、京成本社の債務過多による財務悪化の状況でしたから・・・。

初代AE形は、界磁チョッパ車で3600形と兄弟車なのですが、
ノンストップ特急車として設計されていたので、定速制御を重視し、永久並列回路で制御器が組まれていました。
その結果、回生ブレーキの打ち切り速度が時速45キロでした。
加速する、定速を維持するという点は重視していたのですが、停める事に関しては重視しておらず、
その点が3400形の問題として現在にも残っています。

今、AE100形の車体を更新して、どのクルマに使うのでしょうか?
全ての問題はココに起因します。

3500形⇒セミステンレス車であり、早々に廃車したいのが本音です。更新車に関しては費用が掛かり過ぎてしまった為、まだ使いますが、これ以上の投資はしたくない。
3600形⇒今さら、GTO素子の制御器など要らない。更新するか、そのまま廃車するか、まだ検討中であること。

AE100形の制御器、せいぜい兄弟車である3700形のパーツ取りにしからなないのです。
だから廃車という動きなのです。

こんばんは、
他社ではありますが、電車運転士をしており、
京成線の車両は触ります。

>初代のAE形(1972年登場)は、機器を流用して通勤車の3400形に改造されていますが、なぜAE100形はそのような機器流用による通勤車化改造は実施せず、あっさりと廃車にしたのでしょうか?

初代AE⇒3400形更新の頃とは時代背景が異なります。
一緒にするのは違います。

初代AEを3400形に更新する頃は、京成線の状況は、

○少しでも低コストで車両を揃えたい。
○8両組成のクルマが欲しい。

・・・という本音がありました。
...続きを読む

Q鉄道車両はなぜ複数のメーカーで作られるのか

例えばJR東日本のE231系は自社工場の他に東急車両、川崎重工で製造されたと知りました。鉄道会社はなぜこのような発注の仕方をするのでしょうか?素人的にはある一社で作った方がコストが安く、品質も均一になるのではと考えてしまいます。また同じ形式の車両でも各メーカーによる外観上の違いや、性能の違い(いわゆるそのメーカーらしさ)はあるのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答にもあるように製造能力の点も理由のひとつでしょうが、他にも危機管理という大事な理由があります。
多くの業界では、営業に必要不可欠なものはどうしても1社からしか供給できない場合を除いて、2社程度から供給を受け、何らかの事情である企業が供給できなかったときでも、必要最小限の量は確保できるようにします。(あまり供給者が多くなりすぎると質問者様の疑念どおり、品質の均一性に心配が生じるので、通常は2社とするか3社以上とし、メインの社以外は、交代で発注するなどの策をとります。)
鉄道でも同じで、JRのように同じ車両を一度に多量に発注する場合は、1社のみに発注すると、何らかの事情で不具合が生じたときに、納期が大幅に遅れることになります。特に、新設計の車両や仕様変更の場合にその可能性が大きく、しかもそういう時は大量に製造することが多いです。(たとえば、1社にしか発注しない航空業界では、ボーイング社の現段階での最新鋭ジェットで開発スケジュールが遅れ、納期遅れは必至と見られる事例が生じかけており、賠償請求の準備を始めている航空会社もあるようです。)
また、質問者様は1社に多量に作った場合、コストダウンが生じるといわれますが、ほとんどがオーダーメイドの鉄道車両の場合、多量発注によるコストダウンはあまり期待できず、それよりも2社以上に発注することによる企業間の価格競争のほうが効果があったりするようです。

他の方の回答にもあるように製造能力の点も理由のひとつでしょうが、他にも危機管理という大事な理由があります。
多くの業界では、営業に必要不可欠なものはどうしても1社からしか供給できない場合を除いて、2社程度から供給を受け、何らかの事情である企業が供給できなかったときでも、必要最小限の量は確保できるようにします。(あまり供給者が多くなりすぎると質問者様の疑念どおり、品質の均一性に心配が生じるので、通常は2社とするか3社以上とし、メインの社以外は、交代で発注するなどの策をとります...続きを読む

QE233の電車の窓の開け方を教えて!

初めて投稿します。過去に同じ質問がありましたらごめんなさい。自分は毎日、通勤でJR東日本の中央線を利用しています。時折、車内放送で換気などで窓をお開けください。。との言葉を聞きますが開け方がわかりません。よく見ると、窓の中央上部に下向きの矢印があります。真夏や真冬はもちろん利用しませんが春秋には利用したいと思っています。どなたか経験された方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

こんにちは。鉄道会社で電車運転士をしております。

この窓は手動で、矢印のある箇所が開く窓。
そのまま取っ手持ちを下に下げれば開きます。

ただ、E233系の場合、車内の空調はきめ細かく制御しており、センサーの精度も上がっています。
空気清浄機も搭載しています。

秋口はそれでも開けた方が良い場面も有るのかも知れませんが、春先は花粉症の方もいて開けると影響があるばかりか、センサーが温度を低く反応して折角の換気や弱冷房機能が働かない事もあるかと思うので、その点は熟慮と周囲への配慮が必要です。

Q京浜急行について

いつもお世話になっています。
京急蒲田駅が新しくなったとのことで用事のついでにいったん下車して見学しました。
その際に、横浜方面から羽田空港方面の列車が折り返し運転、1分ちょっとで当たり前のように発車していったことに非常に驚きました。
首都圏のJR線を普段は利用するので、こんなダイヤを見たことがなく非常に印象に残りました。
駅設置のの時刻表を見てみましたが、日中帯でもかなり運転本数が設定されているのにもかかわらず、安定したダイヤを生み出すというのは何かおおきな特徴でもあるのでしょうか?
手前の駅で調整するための時間を設定していたりするのでしょうか?
ほとんど知らない路線ですので、優しく教えていただけると助かります^^

Aベストアンサー

こんにちは。電車運転士をしております。

>その際に、横浜方面から羽田空港方面の列車が折り返し運転、1分ちょっとで当たり前のように発車していったことに非常に驚きました。

これは京急蒲田で乗務員が交代し、後任の運転士・車掌のペアが居ますので、
列車の前後を定めるスイッチ(COSと言います)を切り替えし、ドアスイッチの取り扱いをして交代すれば、このように1分で交代できます。

京急が凄い事をしている訳ではありません。
他社でも同様の事は出来ますが、後任の乗務員ペアが必要という事は、その分人手が掛かります。
だから、他社の場合ですとこのような取り扱いはせず、横浜方面から持ってきたペアが、蒲田で前と後ろを乗務員室を換えて、そのまま羽田へ持っていくような事をしているのです。
当然、8両編成で140M以上ありますから、折り返しの停車時間を確保しなければ出来ません。
それが、今回、質問者様が抱いた驚きに繋がるのです。

>首都圏のJR線を普段は利用するので、こんなダイヤを見たことがなく非常に印象に残りました。

そうですね、まずはしませんね。
京急は、元々路面電車ですから。

>日中帯でもかなり運転本数が設定されているのにもかかわらず、安定したダイヤを生み出すというのは何かおおきな特徴でもあるのでしょうか?

京急線の保安装置、他所の会社と異なるのは、

◇先頭車は必ず電動車
信号回路が確実に構成できるように、先頭の車両はワザと重く作っています。脱線などの災害時でも、横転に至らないようにするという意味もあります。蒲田の踏切にてトレーラーに横っ腹を突っ込まれた際も、脱線せずに弾き飛ばしています。

◇電動車が多い
電動車が多いと、消費電力が多い、メンテナンス費用が掛かる、車両新造費用が掛かるといった欠点がありますが、加速度を高く取れるので、時間短縮に効果があります。
スタートダッシュが得意なのです。
京急線はやたら速度を出すと言われますが、真髄は速度ではなく高加速度なのです。

◇駅間の信号機の数が多い
信号機と信号機の間には1本の列車しか入れません。「1閉塞1列車」の原則と言います。
閉塞の区切りが信号機になります。
信号機が多いという事は、その分、閉塞が短く区切っており、先行の列車を追い込むことが出来ます。
追い込むことが出来る為、列車本数を入れられるのです。
短い閉塞だと、先行列車に近づいた時に速度が落ち切れない危険があるので、京急線ではYGF現示(抑速現示)を出す信号機があります。
このYGF現示とは、黄色と青を同時に明滅させる(フリッカー)現示方法になります。
G現示(青信号:無制限)⇒YGF現示(黄青の明滅:最高速度100キロ)⇒YG現示(黄青の点灯:最高速度75キロ)
・・・となります。

◇ポイント・ポイントなどのある駅の信号機は、運転主任による手作業。
他社では信号やポイントはコンピューターによる自動制御が一般的です。
手動で行っているのは、京急か、東武伊勢崎線か、江ノ電か、
・・・その位です。

コンピューターは平常時は良いのですが、ダイヤ乱れなど異常時の対応が苦手です。
様々な状況を考慮し、ポイントや信号を操作しても、時素といってある一定程度の時間は動かせないようになっています。

しかし、信号やポイントを手動で行う事で、この時素を最小限にすることが出来ます。
また、ダイヤ乱れ時の待避駅変更や行先変更、これらもその場の判断で行う事が出来ます。
その為、遅れそうな事態になっても、修正を掛ける事で正常ダイヤに直ぐ戻せるのです。

こんにちは。電車運転士をしております。

>その際に、横浜方面から羽田空港方面の列車が折り返し運転、1分ちょっとで当たり前のように発車していったことに非常に驚きました。

これは京急蒲田で乗務員が交代し、後任の運転士・車掌のペアが居ますので、
列車の前後を定めるスイッチ(COSと言います)を切り替えし、ドアスイッチの取り扱いをして交代すれば、このように1分で交代できます。

京急が凄い事をしている訳ではありません。
他社でも同様の事は出来ますが、後任の乗務員ペアが必要という事は、その...続きを読む


人気Q&Aランキング