在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

テニス歴21年の31歳男です。

最近、ボールを打つ際の空気の入り具合が気になるようになってきました。
私が所属しているスクール(屋内です)は1期が2カ月で週1で8回、という期間になっています。
期が切り替わった時にニューボールになり、その後2カ月はボール交換はないので、5週目辺りから大分空気が抜けたボールになります。
空気が抜けかかったボールはフラットドライブ系の球の最後の落ちがなく、ボール2,3個分アウトするということが多いような気がします。
私の打ち方の問題もあるかもしれませんが、ニューボールでは入る時のスイングのつもりでわずかにアウトします。
ですので、打感が空気が抜けたボールの軽い打感になってきたらフラットドライブではなくトップスピンに球種を切り替えています。
ガットがたわんでボールがラケットに喰いついているのではなく、ガットはあまり変形せずにボールが潰れているだけのような気がします。
ボールが古くなると上記のような現象は起こるのでしょうか。

経験談等々お聞かせ頂きたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「空気が抜けかかったボール」は、ボール自体の飛びが悪くなります。


ショットが浅くなるのです。

それで、深いショットを打とうとすると、よりフラットを意識するようになります。
とすれば、当然スピン系の回転量は落ちますから、今度はややアウトする、ということが起こります。

また、「空気が抜けかかったボール」は柔らかくなっていますから、指摘されたように「ガットがたわんでボールがラケットに喰いついているのではなく、ガットはあまり変形せずにボールが潰れているだけ」になります。
ガットがたわむ前にボールが変形してしまって、ボールが元に戻る力だけになってしまう感じです。

ここでトップスピンというと、スピンがしっかりかからないトップスピンになりますから、バウンドしてから跳ねない、伸びない、になります。

つまり、深いボールを打とうとしてフラットを意識するとアウトするので、それならばとトップスピンで回転量を増やしてアウトしないように、と考えた結果、本来のトップスピンの威力がなくなることになるのです。

当然このことはサービスにも影響します。
フラット系はスピードがなく伸びもない、スライスやスピンはキレがなくなる。

ボールがダメになってくれば、無意識に何とかしようと思うので、これではスクールとしては問題がある感じですね。
スクールのコーチも分かっていることなので、しようがないのかもしれませんが、スクール側に「このボールではレッスンにならない」と言った方が良いと思いますよ。

何も言わなければ「それで問題ナシ」になってしまいますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。

やはり色々違いが出てくるようですね。
以前はボールに慣れるまでに少し時間がかかる、というような話を何のことやら。
と思っていましたが最近になり自分も非常に気になるようになってきました。
感覚が鋭くなってきたということですかね。
以前から、コーチに何度か話はしているのですがおそらくボール交換の周期は変わらなさそうです。
おそらく、ボールの状態まで気になるプレーヤーはスクール全体の会員の中でも1割もいないような気がします。
営利企業ですから仕方ないですね…、仲間内でコートを借りて練習する時などはニューボールで練習するようにするくらいですかね。

お礼日時:2014/12/22 08:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Qニューボールについて

ニューボールを打つ事が苦手な人いますか?
自分は結構苦手で、多少馴染んできた方が圧倒的に打ちやすいです。
苦手な理由としては球が硬く感じてコントロールが乱れます。
また打った球の速度が速くなるのでラリーも続きにくくなります。

似た経験をした事がある人がいれば返事ください。
また、ニューボールが苦手な理由は何だと思いますか?
逆にニューボールが大好き、むしろ得意だと思う人にも興味がありますので返事下さい。
メーカーでだいぶ変わるようですが、メーカーの特徴と寸評も合わせて書いてくれたら嬉しいです。
日本では重い球が使われ、海外では軽い球が使われると聞きました。
試合の時はニューボールの状態と多少なじんできた状態とでは差はありますか?(プロじゃないんだから短時間でそんな顕著な違いが出る訳もないですかね)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

好きなテニスで悩んでいる方と一緒に考えるのは、とっても楽しい
のですが、役に立っていないのは寂しいっすねえ・・・。

コメントを読んでいると、球の新旧をサーフィスに変えると理解でき
るのですが、気のせいでしょうか??サーフィスが変わると、自分
のタイミングがとれなくなり、コントロールがきかなくなることが
良くあります。基本に戻るしか解決方法はないんですが・・。
普段、オムニでバコバコ打っている人がハードで悩む現象・・・
これって球を良く見て、感覚で打っている部分を修正するしかない
ですよね。クレーで強い人も、ハードになるとコントロールがだめ
っていうのは、トッププロの世界でもあるのですから・・ある意味、
自分にあったスピードがあるのだと思いますよ。

昔話ですが・・・ボリスベッカーという選手が絶頂時に日本の
トーナメントに出場したので、会場の焼きそば売りのアルバイトを
しながら、コートサイドでずっと観てたことが思い出されました。
相手の選手が打ち返そうとするだけで尊敬してました(笑)。
想像の世界では、その時に見たスピードを質問者さんもやろうって
チャレンジしてるんじゃないかって・・・(汗)。

ボールの新旧でボレーまで違うのでしたら、打感に対してとっても
繊細なんだと思います。ストロークが主であったら、サーフィス
の変化と同じ理屈なので、コーチに診てもらうと良いはずです。

私はいつもとっても遅いサーフィスでテニスを楽しんでいるので、
クレーでも早く感じるっていう変な人っす。ハードで打つ時は、
ハードヒットせずに、むしろしっかり当てること意識してます。
ハードコートでエースをとることを命にしている人と打つと、
つられやすいのですが、我慢すると実は普段より速い球を打って
いることに気づきます。相手の球が速いからっていう単純な理由
ですが・・・。バコバコ打って、ミスの多い人ってたくいますので、
こんなにまじめに悩んでいるんですからすぐに抜け出せると思い
ますよ。早くコンプレを脱出できると良いですね。

#1です。

好きなテニスで悩んでいる方と一緒に考えるのは、とっても楽しい
のですが、役に立っていないのは寂しいっすねえ・・・。

コメントを読んでいると、球の新旧をサーフィスに変えると理解でき
るのですが、気のせいでしょうか??サーフィスが変わると、自分
のタイミングがとれなくなり、コントロールがきかなくなることが
良くあります。基本に戻るしか解決方法はないんですが・・。
普段、オムニでバコバコ打っている人がハードで悩む現象・・・
これって球を良く見て、感覚で打っている...続きを読む

Qテニスボールの捨てる程度について。

テニスボールを月に2回程度使用しおり、ボール自体は打ちすぎて捨てるというよりは、空気が少なくなって捨てるという方法を取っています。
そこはしょうがないとは、思っております。質問ですが、皆様はこの場合ボールってどのような判断基準で捨てたらいいと思われますか?穴が空くまでや3ヶ月など具体的なモノを入れて頂くと幸いです。

あと一つ質問お願いします。
古いボールでやるとそれに慣れると思います。古いボールの練習は変なクセなどつきますでしょうか?練習へどれぐらいの問題がありますでしょうか?
現在の実力によると思います。未経験者が多いので初中級程度の実力が対象でお願い致します。基本的な練習を主に行っております。

質問がわかりにくいとは思います、お許し下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョと申します。(^_^)

他の方もかかれているように、ボールの種類によってもか
なりの差がありますし、コートの種類によっても変化しま
す。ですから、ここからは僕の経験による個人的な基準と
お考えください。

まず、缶入り(プレッシャーボール)で持ちが良いのはダ
ンロップフォートです。これならば練習球として1ヶ月は
使用できます。その他のメーカーでも1球200円以上のモノ
であれば、2~3週間。それ以下の廉売品(3球入で398円
など)ならば10日程度が限界でしょうか。

袋入り(ノンプレッシャー)ならばブリジストンの30球入
りがおすすめです。これはスクールでもよく使われていて、
通常使用(週1~2)なら2~3ヶ月持ちます。

最後にエア抜けボールでの練習ですが、ボールのスピード
が落ちて、サーブ・ストロークともに良くはいるようにな
り、ある日新しいボールを使う試合に挑むとえらいことに
なります。(^_^;)

僕なりの結論として、エア抜けで練習するよりは、一定の
バウンドが約束されているノンプレッシャーボールで練習
する方が良いのではないかと思います。まだ、スイングも
安定していない初級者の方がおられるのなら、なおさらか
と思います。

どうしても通常のボールとの差を懸念する人もいるので、
うちのサークルでは、最後に1缶だけプレッシャーのニュ
ーボールでゲーム形式をして調整するようにしています。
このボールは練習球に下ろすか、次の練習日が近ければその
まま試合球として使用しています。

初めまして。スコンチョと申します。(^_^)

他の方もかかれているように、ボールの種類によってもか
なりの差がありますし、コートの種類によっても変化しま
す。ですから、ここからは僕の経験による個人的な基準と
お考えください。

まず、缶入り(プレッシャーボール)で持ちが良いのはダ
ンロップフォートです。これならば練習球として1ヶ月は
使用できます。その他のメーカーでも1球200円以上のモノ
であれば、2~3週間。それ以下の廉売品(3球入で398円
など)ならば10日程度が限界でしょう...続きを読む

Q硬式テニスボールの寿命と、捨てるかどうかの判断は?

安売り店で30個くらいまとめ売りしているボールと、専門店で缶に入ってる物とでは寿命は違うんでしょうか?
それと、一般的に寿命はどの程度でしょう?

だんだん弾まなくなってくるのはわかりますが、どの程度まで弾まなくなったら捨て時でしょうか?
道路上に1メートル落下させて何センチしか弾まなくなったら寿命とか、そういう判断基準はありますか?

Aベストアンサー

FLAK45さんが答えられているように、市販されているテニスボールには、缶入りのプレッシャーボールとノンプレッシャーボールがあります。

実際使うと、プレッシャーボールより、ノンプレッシャーボールのほうが、打ったときにちょっとだけ重い感じがしますが、ボールの反発力は、プレッシャーボールよりも長く維持できます。
一方、プレッシャーボールは、開封後、時間とともに、反発力が弱くなっていきます。

ボールの変え時は、人それぞれでしょうが、普段の練習では、ノンプレッシャーボールを使い、試合前日あるいは数日前からプレッシャーボールを使うというのも良いのではないでしょうか?

週末プレーヤーであれば、練習のたびにニューボールを開封するのは経済的に厳しいですし。(自分がそうですから。。。。)

テニススクールのように、大量のボールを使用する場合は個々のボールの消耗も少ないからでしょうか、私の通うスクールでは、プレッシャーボールですが、大体3ヶ月でニューボールに交換されてます。

練習の頻度、コートサーフェスの種類により、ボールの磨耗は変わってきますし、私の場合、ボールを掴んで、力を入れて、指先が食い込む位になると、表面のフェルトが磨耗してなくても変え時かと思います。

ただ、学生時代は、磨耗したボールでも、サービス練習用として大きなカゴに保管して、カゴ一杯分(100球位でしょうか)サービス練習したりしてました。

安売り店のボールであってもノンプレッシャーボールであれば、普段の練習に支障はないと思います。

FLAK45さんが答えられているように、市販されているテニスボールには、缶入りのプレッシャーボールとノンプレッシャーボールがあります。

実際使うと、プレッシャーボールより、ノンプレッシャーボールのほうが、打ったときにちょっとだけ重い感じがしますが、ボールの反発力は、プレッシャーボールよりも長く維持できます。
一方、プレッシャーボールは、開封後、時間とともに、反発力が弱くなっていきます。

ボールの変え時は、人それぞれでしょうが、普段の練習では、ノンプレッシャーボールを使い、試...続きを読む

Qよりスピンを強力にするには

私はよく動き、筋力もあり全身をフルに使ってガンガン振るほうです。
グリップはウエスタンに近いセミウエスタンなので厚めだと思います。
振り方はオープンスタンスなので軸足にしっかり体重を乗せ、その反動を使い、腰の回転とともに、ボールに対してインサイドアウト軌道で振り上げるようにスイング。インパクトの後、肘は曲がるのでワイパースイングとなりフィニッシュではラケットヘッドが背中に巻きつきます。
打球は放物線みたいになってると思います。(大体ベースラインとサービスエリアの中間あたりでバウンドしてる)
また、ショートラリーでもやや速いスイングでスピンをかけて相手の手前にコントロールできます。
基本的に回転を掛ける行為は出来てると思います。
言葉だけじゃうまく伝わらないかと思いますが、複数受け持たれてるコーチからはフォーム、スイングはほぼ問題ないといわれておりますので、フォアハンドに関してはそれなりのレベルであることはわかっていただけるかと思います。

しかし最近、スピンをもっと強力にしたいと思うようになりました。
現在は面が95inで重さ300g以上、ストリングパターン18*20のどっちかというフラット系のタイプを使っております。(別にフラット系を目指してるわけじゃないですが、レベルがあがるにつれ自然とこうなったという具合)
ご存じ、面が小さくてパターンが細かいと飛びが抑えられます。
パワーのある上級者ってこういうタイプを使ってると思いますが・・・。

そんな中、知り合いからよりスピンをかけるのならストリングパターンを16*18にしたほうがいいといわれました。
確かに粗い面だとガットのずれが大きくなることで掛かりやすいそうですが、その時に面の粗いので試し打ちしたところ、現行ラケットに比べてやや飛ぶなという実感がありました。(バウンドが結構ベースラインぎりぎりだったと思います)
今までと同じようにスイングしてです。面も100だったのでその影響もあったのかもしれませんが。
これはいいことなのでしょうか?
もしより強力なスピンを求めるのなら今人気のナダルモデル、ロディックモデルがありますが、そっちにしようか迷ってるところです。
でもこのモデルは面が一律100inでフレームも結構厚めだから飛ぶほうなんですよね?
なので買い替えたとしても使いこなせるかが不安です。

何かアドバイスあればお願いします。

私はよく動き、筋力もあり全身をフルに使ってガンガン振るほうです。
グリップはウエスタンに近いセミウエスタンなので厚めだと思います。
振り方はオープンスタンスなので軸足にしっかり体重を乗せ、その反動を使い、腰の回転とともに、ボールに対してインサイドアウト軌道で振り上げるようにスイング。インパクトの後、肘は曲がるのでワイパースイングとなりフィニッシュではラケットヘッドが背中に巻きつきます。
打球は放物線みたいになってると思います。(大体ベースラインとサービスエリアの中間あたりでバ...続きを読む

Aベストアンサー

またまた補足いただいたので書き込んじゃいます。30代の方だったんすか・・。
40肩、老眼、複数回の肉離れ(足)をやっちゃった後の私にしちゃあ、
30代のテニスのはもう戻れないな~・・・(涙)。

まずはメーカーから金一封が出ているのではと疑いたくなるようなアエロドライブ
の礼賛URLを貼ります。
http://rafaelnadal.tennis-navi.jp/racket.html

もちろん、質問者さんに合う、合わないはあると思いますが、前述のようにこの
ラケットは不思議なほどライン際で球が落ちます。ニューボールと練習球ぐらい
の感覚の差があります。スピン量に自信のある質問者さんが使ったら、なおさら
効果が出る可能性が強いと思います。

私の場合限定で欠点を書けば、ウソにはならないと思いますが・・・このラケットで
苦労するのはボレー、ブロックショット、セカンドサーブです。いい加減にさばくと
ラケットの力だけでバックアウトしちゃうのがボレーとブロックショット・・・。
セカンドサーブは、私の場合、右上を切るスラピンで打ってるんですが、ちょっと
角度が深く入ると、跳ね方が中途半端に大きくなって打ちこまれちゃうんです。
ツイストでセカンドを打つ方なら、むしろ威力を増すと思いますので私の場合限定
の欠点です。

振り切り用に開発された厚ラケでプロもまったく同じかどうかは別にしてほぼ同じ
スペックのタイプを使っているわけで・・・スイングスピードだけ気にして試さない
のはもったいない・・・でも相性ですから断言できないことを許して下さい。

またまた補足いただいたので書き込んじゃいます。30代の方だったんすか・・。
40肩、老眼、複数回の肉離れ(足)をやっちゃった後の私にしちゃあ、
30代のテニスのはもう戻れないな~・・・(涙)。

まずはメーカーから金一封が出ているのではと疑いたくなるようなアエロドライブ
の礼賛URLを貼ります。
http://rafaelnadal.tennis-navi.jp/racket.html

もちろん、質問者さんに合う、合わないはあると思いますが、前述のようにこの
ラケットは不思議なほどライン際で球が落ちます。ニューボールと練習球ぐらい
...続きを読む

Qテンションは下げれるだけ下げた方が良い?

こんばんは。
ガットのテンションはアウトが増えたりなどの飛び過ぎが増えない限り下げれるだけ下げた方が良いと聞いたのですがこれは本当なのでしょうか?
それともガットの材質にもよるのでしょうか?
今はV-CON17にアルパワーを53ポンドで張っていてそろそろ切れそうなので、特に理由も無く次張る時は高めで張ってみようと思っていたのですが、この事を聞いて逆に下げてみようかなと悩んでいます。

Aベストアンサー

ストリンガーの仕事をしています。
質問者の方がどのようにラケットを仕上げたいのかわかりませんので、一般的なことを書きます。

結論から言うと、すべてのプレイヤーに対して『テンションはアウトが増えたりなどの飛び過ぎが増えない限り下げれるだけ下げた方が良い』とは言えません。 プレイヤーのパワー・プレイスタイル、ラケットの重量・バランス・フェイスの面積、コートのサーフェイス、1ヶ月の間にテニスをする日数、いろいろな要素が絡まりあって一人一人に合ったテンションは決まります。 一概に『下げれるだけ下げた方が良い』とは言えません。

私の場合、一部のどんなストリングを張っても1週間も経たないうちに切れてしまうプレイヤーの方に限って『飛距離と打球感が納得できるのであれば、テンションはアウトが増えたりなどの飛び過ぎが感じない限り下げれるだけ下げた方が少しはストリングが切れにくくなる』とはアドバイスする事はあります。
ただし、あくまでも飛距離と打球感が納得できるのであればという大前提のもとにであって、張り替えてもすぐにストリングを切ってしまう方に限っての話です。

また、ストリンガーの技量によってもどこまでテンションを下げられるかは変わります。 すべてのストリンガーが上手に張れるわけではありません。 下手なストリンガーが低いテンションで張った場合はただただ緩いだけの張り上がりになりますが、上手なストリンガーが低いテンションで張ったらきちんとそのテンションでのガットの性能を引き出してくれます。

V-CON17にアルパワーを53ポンドで張っていて不満がないのであれば、特に今のテンションから変える必要はないのではないでしょうか? 詳しくは普段張っているお店のストリンガーさんにご相談下さい。 『もっと○○にしたい、もっと△△にならないようにしたい』と言ってもらえれば現在張っているストリングとテンションを加味した上でちゃんとアドバイスをしてくれるはずです。 ストリンガーの方がちゃんとした知識を持っていればの話ですが…

また、前の回答者の方がプロでも少しテンションが下がり気味だと書いていましたが、本当です。 やはり70~80ポンドという高いテンションで張っているプロもいますが、例えばアルパワーを使っててテンションを公表している有名選手ではグスタボ・クエルテンが51ポンドで張っています。 一般のストリンガーとプロのストリンガーでは技量の違いがありますが、プロでもこのくらいのテンションで張っているということも参考にして自分のプレイスタイルにあったテンションを探してみて下さい。

ストリンガーの仕事をしています。
質問者の方がどのようにラケットを仕上げたいのかわかりませんので、一般的なことを書きます。

結論から言うと、すべてのプレイヤーに対して『テンションはアウトが増えたりなどの飛び過ぎが増えない限り下げれるだけ下げた方が良い』とは言えません。 プレイヤーのパワー・プレイスタイル、ラケットの重量・バランス・フェイスの面積、コートのサーフェイス、1ヶ月の間にテニスをする日数、いろいろな要素が絡まりあって一人一人に合ったテンションは決まります。 一概...続きを読む

Q重たいボールを打つには?

私はテニス歴もかなり長く、フォアもバックもストロークはかなり打てるほうだという自負があるのですが、どうも私の打つボールは軽いようなのです。スピンの量が多すぎるのか、相手に振り遅れさせるようなボールになりません。バウンドしてから前への伸びがある重たいボールを打つにはどうすればいいのでしょうか?松岡修造のGAORAの番組を見ていても重たい球を打てとジュニアに言いつづけてますよね?
上級者の方、どなたかご指導ください。

Aベストアンサー

まずは
今より筋力のUPとしなやかな動きが可能にする体作りは必須。

重いボールの定義は球が速く、鋭い回転のかかった事を指す
すが、その打ち方は下の方々が書いて言われるように
フラット系のインパクトゾーンが直線的に長く、厚く
当てることにより、ボールを潰しながら打ちぬき、最後に
前腕の捻りと手首の動き(小指から親指へ)で強烈な
スピン回転をかけるのです。
ボールはフラットに飛び、ベースライン近くでガクッと落ち
バウンドして急激に跳ね上がります。

 それを打つ為には、腰のキレが鋭いことです。
古い言葉で恐縮ですが、車の運転で急コーナーを回るとき
逆ハンを切り素早く戻し回る方向へハンドルを切ってゆく。
あの感じでしょうか?(分りにくいですね)

腰のキレが鋭いというのは、慣性モーメントが小さく回転が
速いということです。その回転力がパワーを出し、ボールに
大きな衝撃を与えるのです。
パワーというのは瞬発力の富んだ筋力としなやかさを合わせ
持ち、ブレのない軸を作り、体重を絡ますことにより力強い
パワーが作りだされるのでしょう。
その回転のパワーと言うのは車を例にとって考えてみると、
強力なパワーを生み出すエンジンで、それに絶えうる強靭な
足回りのバランスがとれないとダメです。
人もそういう意味での良いバランスがとれていなとダメです。

 ラケットについて
その為には19mm前後の薄いラケットでガットを硬めに張る
ことでボールを潰しやすく、ラケットのしなりでほんの
僅かのホールド感がうまれ、あたかもボールを乗せる
時間が延ばせる感覚が生まれるのです。
(上手い人は柔らかいラケットにガットを硬く張るが好き)

当然軽いラケットよりも重いラケットの方が質量があり
当る衝撃力が増すのです。(質量×スイングスピード)
 さらに
トップヘビーの方が遠心力が働くので振りぬきは速く
なります。

これが厚いラケットでガットも普通の張りですと、バック
ネット直撃でノーコントロールになります。

これらの重い球を打ち続けるのは、そういう身体を
作って、かつ予測能力が高く、いつもベストポジションで
待ち、目に止まらないほどのスイングの持ち主でしょう。

 最初の一歩は身体作りです。
一般車から峠を走る程度のチューニングは必要です。

あまり無理にやると腰、肘、手首を痛める原因になります。
その辺は自分の身体と相談しながら行って下さい。

まずは
今より筋力のUPとしなやかな動きが可能にする体作りは必須。

重いボールの定義は球が速く、鋭い回転のかかった事を指す
すが、その打ち方は下の方々が書いて言われるように
フラット系のインパクトゾーンが直線的に長く、厚く
当てることにより、ボールを潰しながら打ちぬき、最後に
前腕の捻りと手首の動き(小指から親指へ)で強烈な
スピン回転をかけるのです。
ボールはフラットに飛び、ベースライン近くでガクッと落ち
バウンドして急激に跳ね上がります。

 それを打つ為には、腰のキ...続きを読む

Q上級者でも深いボールをライジングで打たないのはなぜ?

最近、ラリー中や球出しの練習中に、どうしてもうまく打てない
ボールがあることに気づきました。
そして、ライジングでないと返せないタイミングのボールなんだなと
いうことにようやく気づきました。

ライジングは初心者にとっては難しいボールですが、中級以上であれば
打てないボールではないと思います。

一方で、トッププロや市民大会の上位選手やインターハイ選手
なんかは、深いボールを打たれたときは、一生懸命?下がって
打っているシーンを良く見かけます。

もちろん、一番打ちやすい打点で打つことが良いことは分かりますが、
体力維持や下がりきれないことを考えたら、とりあえずライジングで
返しておいても問題ないと思うし、上級者であればライジングも
なんなくこなせると思うのですが、やはり難しいものなのでしょうか?

実際にプロでも、伊達のようにライジングを打つと有名になるくらい
だから、他の人は打ってないってことなのでしょうか?
それとも他の人と伊達のライジングは何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜ、ライジングで打たずに下がる人が多いかという回答は
他の方の回答に異議はありませんというか、その通りだと思います。

ただ、伊達選手のようなライジングで打たない選手が多いだけで、
ライジングを多用されている場面が近代では増えています。
そもそも、ラケットの性能が低かった時代は、テニスの教本には
ライジングで打つのはダメって書いてあったのです。ところが、
ラケットが進化したので、変わってきたことが多々あります。
トップ選手でなくても、威力のあるドライブのストロークが打てる
人が増えたので、バックハンドをシングルで打つ人にとっては
バックに威力のあるドライブを打たれた場合、下がるより上から
抑え込むようにライジングのタイミングで、スライスで処理する
ことを選択する人が増えています。私は上級者ではありませんが、
簡単に返球できるので、そのような選択をいつもします。
伊達選手のような膝から腰の間の高さで打つライジングでは
ありませんが、腰から肩の高さで打つのが容易で威力のある
玉が返球できます。ダブルバックの人は、下がりきってドライブ
返球を選択する人が多いですが・・・。

アプローチは、プロではなく、上級者(無謀な中級者も?)って
いう感じの人でも若い世代の人たちは、けっこうライジングで
打っているのを見ます。以前は、アプローチは決めるショットでは
ないと教えるコーチが多かったのですが、近代では攻撃的なロブ
が簡単に打てるようになったために、よりタイミングの早い攻め
をするためにライジングでアプローチを打つことを容認するコーチが
増えたみたいです。

サイドラインから追い出された処理にも、落ち際まで走って
ダウンザラインかサイドスピンというのが定番だったのですが、
最近では直線的に追って、玉が上がりきる前にカットショット
を狙う人が増えてます。これも、広義ではライジングだと
思います。

なぜ、ライジングで打たずに下がる人が多いかという回答は
他の方の回答に異議はありませんというか、その通りだと思います。

ただ、伊達選手のようなライジングで打たない選手が多いだけで、
ライジングを多用されている場面が近代では増えています。
そもそも、ラケットの性能が低かった時代は、テニスの教本には
ライジングで打つのはダメって書いてあったのです。ところが、
ラケットが進化したので、変わってきたことが多々あります。
トップ選手でなくても、威力のあるドライブのストロークが打て...続きを読む

Q回転がかかった速いサーブとは(硬式)

回転がかかった速いサーブとは(硬式)

40代男性・サンデープレイヤーです。
先日行った試合相手のサーブが速くて重いサーブでした。
友人が回転がかかっていると言っていました。
私としては、フラットで打つサーブが速いことは理解できますが、回転をかけて速い球を打つということがうまくイメージできません。
回転をかけて速い球を打つイメージや方法をご教示お願いします。
(スピンとかスライス系のサーブについては、おおよそイメージできます)。
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このところすっかりコートから離れてしまった40代男です。

>(スピンとかスライス系のサーブについては、おおよそイメージできます)。ということなので、
スライスを打てることが前提でお話します。

確かに、フラットは一番スピードが出て破壊力抜群なサーブです。
しかし、その分、弾道もまっすぐな為、サービスエリアに入れることは、結構熟練が必要です。
また、打点も高ければ高い方がもちろん、入り安いですよね。

しかし、一般にフラットを安定して、入れることはプロでも難しく、上背も180cm以上
ほしいところでしょうね。

私も含めて、それほど体格に恵まれない人間はどうでしょう。
なかなかフラットを常に使えません。

そこで、ややスピードを犠牲にして、回転をかけて、ボールが曲がりながら落ちるボールを
常用することになります。

一般にスピンはやや下から上へのスイングを意識してボールに縦の回転を与えることにより、
高い弾道から、急激にコートに落ち、また落ちてから大きく跳ね上がります。

一方スライスは、横の回転を多くかけることにより、横にずれながら緩やかなに、落ちて行きます。

両者とも、回転の量を多くすれば、当然ボールの変化は大きくなり、それに半比例してスピードは
遅くなりますね。

そこで、フラットとスライス(またはスピン)の中間の様な回転を与えるとどうでしょう。
スピードもそこそこ出すことができ、わずかに下に変化して、コートに入りやすくなるボールになります。

当然ラケットのボールに対してのあたりも、スライスやスピンに比べれば、厚くなります。
しっかりした手応えもあり、しかも少々回転がかかっているため、その方向に変化があり、フォルトしにくくなります。

フラットは確かに、スピード、ボールの当たりの重さなど、良い物ですが、安定して入らなければ、
ただの暴走車です。

しかし、わずかに回転がかかっただけで、そこそこスピードがでて、フォルトしないのであれば、我々プレーヤーには良いことだらけですよね。

実際プロでも、本当のフラットでサーブを打てる人間はごくごくわずか。
サンプラスやフェデラーでさえ、いくらかスライス回転をかけたサーブを常用しています。

そんなサーブをまねしない手はありませんよね^^

イメージとしては、スライスほどボールの横をこするのではなく、フラットの様に当てながら、わずかに
ラケットを横に逃がすといったイメージでしょうか。

全く真っ正面からボールにラケットをぶつけるのではなく、真正面から本の少し横にラケットを当てるイメージだといいと思います。

後は、回転によって多少横にずれますので、フラットで打つのに対して、少々ボールの流れる方向とは
逆の方向に意識して体を向けてセットすることでしょう。

なんども試行錯誤は必要ですが、物にできれば、安定した高速サーブを物にできるでしょう。

私個人としては(身長170cm)、このわずかな回転のスライスやスピンをファーストに、回転を多くしたスピンをセカンドに使用していました。フラットはほんの時々です。

それでも、結構エースのとれますし、相手を崩して、浮いたボールをボレーで決めるなんて言うことが
簡単にできるようになりましたよ。^^

質問者さんも、そういった微回転のボールとスピンなど多回転のボールの2種類を覚えることにより、
よりゲームの組み立てが容易になると思いますので、がんばって練習して見てください。

このところすっかりコートから離れてしまった40代男です。

>(スピンとかスライス系のサーブについては、おおよそイメージできます)。ということなので、
スライスを打てることが前提でお話します。

確かに、フラットは一番スピードが出て破壊力抜群なサーブです。
しかし、その分、弾道もまっすぐな為、サービスエリアに入れることは、結構熟練が必要です。
また、打点も高ければ高い方がもちろん、入り安いですよね。

しかし、一般にフラットを安定して、入れることはプロでも難しく、上背も180cm以上
...続きを読む

Q硬式テニスでの速い球の返し方

硬式テニスでの速い球の返し方

当方、男性、テニス暦3年、軟式あがりの厚いグリップ、フォアハンドストローク大好き人間です。
最近、速く伸びてくる球を打ってくる人(スクールだと中級レベル)と打ち合うことが増えました。
すると、どうも速い球を打ち返すと、ネットが多いのです。弾道が放物線を描かず、低いというか…。
相手の強打をストロークで返す際、何かひと手間・コツのようなものがあるのでしょうか?(意識してフォロースルーを「持ち上げる」とか)
バシバシ激しいラリーをしたいです。お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっさんです。テニス歴長いっす。最近、レシーブイップス(相手のサービス練習
の時は、まったく問題なくレシーブできるのに、試合でミスしまくる・・涙・・)
にかかっております。

さて、他の回答者さんとまったく違う可能性を感じたので書くっす。もしかしたら、
間違っているかもしれないっす。可能性のお話っす。

ネットにかかるっていうことは、面が普段よりかぶさっている=普段の面の流れより
早く出てるっていう可能性っす。体制がさしこまれようが、ふんばれていようが、
速い球には、速い球を打ち返したいと、球を見ずにタイミングで振ろうとすると
良く起きる現象っす。治すコツは、速い球も最後までボールを見ることっす。
中級同士ぐらいなら、とんでもない速い球はこないっす。むしろ初速だけみたら、
軟式のそこそこのレベルの人の方が速いっす。もちろん、弾んだ後の減速は、軟式
より硬式の方がはるかに小さいので、軟式ご出身だと、ついにきた派手な打ち合い
の世界とばかり振り込んだは良いけど、せっかく覚えたタイミングではなく早すぎて
面がかぶさっているんだと思うっす。

もし、コーチレベルの人が打つのを見る機会があったら、差し込まれたり、ライジング
で処理しなければならないショットをする時を注目すると良いっす。
顔が球から遅れて上がる・・・残像を追っているように見えるのがわかるっす。
難しい球ほど、最後まで見ないと打てないから起きる現象っす。テークバックは小さく
するという回答もありましたが、もしかしたらすでに小さくなっていて、早く出て
しまっている可能性が高いっす。速い球ほど普段通りにテークバックを引く方が
簡単っす。冒頭で書いたレシーブイップスは、テークバックをとならいレシーブと
しっかり引くレシーブが精神的にゴチャゴチャになって起きている現象だって自分で
わかっているっす。でも治らない・・・(涙)。まずはテークバックを何種類も持つ
なんてストロークの世界では考えないのが容易っす(レシーブはブロックショットを
覚えないときついっすが・・・)。フォアストロークの打ち合いだけなら、上級者って
いう軟庭出身者はたくさんいるっす。すぐにその一人になれると思うっす。

おっさんです。テニス歴長いっす。最近、レシーブイップス(相手のサービス練習
の時は、まったく問題なくレシーブできるのに、試合でミスしまくる・・涙・・)
にかかっております。

さて、他の回答者さんとまったく違う可能性を感じたので書くっす。もしかしたら、
間違っているかもしれないっす。可能性のお話っす。

ネットにかかるっていうことは、面が普段よりかぶさっている=普段の面の流れより
早く出てるっていう可能性っす。体制がさしこまれようが、ふんばれていようが、
速い球には、速い球を打ち返...続きを読む


人気Q&Aランキング