男の人にとって結婚もする前から、彼女が一緒にいてあたりまえ、空気のような存在ってどうなんでしょう?
つき合いが長くなると、そういうもんなんでしょうか?

A 回答 (7件)

 自分と他人との距離の分け方の一つとして「身内(家族)」か「そうでない」かで分けることが出来ると思います。

一番の「身内」はやはり両親ではないでしょうか?(兄弟でもいいですけど)

 あなたは家族に対して「居て当たり前」と感じませんか?「家族だから大目に見てよ」と思いながら友人には出来ないような事をしたりした経験はありませんか?反抗期の頃の自分を思い出してもいいでしょう。連絡も無しにいつもよりも遅く帰ってきた自分に対して、「どこで何やってたんだ!心配したんだぞ!」と怒る両親に「親なんだから自分の子供ぐらい信じろよ!」と思った事があるのではないでしょうか?簡単に言うと「血がつながってるんだからこのぐらい言わなくても分かってよ」ぐらいの気持ちです。

 付き合いが長い二人から「彼(女)が冷たくなった。」という話をよく聞きますが、これに対して「相手は自分の事を家族のように思ってくれている」と+に捉えてみませんか?こんな時はあなたが望む望まないは別として、ひとまず彼との距離がこんなに縮まったのだと喜ぶべきなのかもしれませんね。まぁあなたが望んでないのであれば「身近に思ってくれてるのはうれしいけど・・・」と改善を迫るといいのでは?

 長々と書いてしまいましたが・・・成功を祈ります。
    • good
    • 3

イイ意味で言うと、


「君といることが、自然」
とか
「いないと困る」
とか
「気を使わない、リラックスしたような感じで
 いられる」
とかかな....。

でも、それは付き合いの長ければそう思うって
訳じゃないと思います。

しかし、「空気のような存在」と言う事で、
当たり前すぎて、相手がいることを感謝しなくなる
のは問題.....。自分も気を付けよう...と、
時々反省するのです。
「一緒にいてくれて、ありがとう」って。
    • good
    • 1

空気のような存在とは、居る時は、そんなに気にならないんだけど(悪い意味じゃなく)居なくなれば死んでしまうような、必要不可欠な存在じゃないかと思っています。



「お前は俺に取ったら、空気みたいな存在」そう言われて、大概の女性は(わたしもそうだったんですけど)むっ、としますよね。どういう意味?と思いますよね。
でも、結婚した今は、それがベストな関係かな?と思います。同じ部屋で違うことをしていても、ほとんど気にならないんです。夫は夫の趣味を、わたしはわたしの趣味を、心行くまで楽しめるんです。一緒に何かをする時はする時で、別々に何かをする時はする時で、ちゃんと楽しめる。相手に合わせたり、相手に合わせて貰ったり、気を使いあっているようじゃ、疲れますから。そのうち、無理が祟って、一緒にいられなくなりますから。付き合いが長くなり、恋愛感情が落ち着いてきた頃に、もう必要ない!と思われるか、以前のような燃え上がるような感情はなくても、一緒にいたい!と思われるか、結局、どちらかでしょう。結婚する前でも、結婚してからでもそう、そうなる(空気のような存在になる)ことこそ、長続きの秘訣では、と思います。いつまでも、ドキドキではいられないと思います。

その状態で浮気をする男性もたまにおられますが、その男性には、落ち着くのはまだ早かったというだけの話で・・・恋愛の行き着く場所は、そこ(空気のような存在になる)なのではないでしょうか。
    • good
    • 3

普通付き合いの長さで当たり前という感覚はないかと思いますが、付き合いをしていて鬱陶しく付きまとわれるのが嫌だという男性はいますね。


そう言う人にとっては、結婚する女性は空気のような存在であるかもしれません。
まあ、二通りの考え方はあるようですが、まさにその二通りです。
必要なんだけど感じられないくらいの方が付き合いやすい、大体仕事がハードな人にこのタイプが多いようですね。
疲れているときに鬱陶しく構われたくないよ、と言う感じでしょうか。
かつて企業戦士と言われていた人々はこうして地位を築いてきたのではなかったでしょうか。
極端な人の例では周囲の見合いの勧めに乗ってそのまま結婚と言う話も聞いたことがあります。
彼のどこに惚れたかもう一度洗い直すのも貴方のとるべき方法ではないでしょうか。
    • good
    • 2

いなくなったら酸欠で苦しくなる必要不可欠な存在です。

私も今その状態(空気側)です。そして、そういうもんだと思っています。付き合いはじめの熱心さとかは見られないんですが、大切にされてるのはわかるのでよしとしています。
    • good
    • 0

こんにちは。



>空気のような存在

って、意味が二通りあると思うんですが・・・

1,全然存在を感じない。
2,ないと死ぬ。

私は2的に思うので、それは大切な人という意味になります。(^^ゞ
    • good
    • 0

困った彼ですね。


結婚前から彼女が空気のような存在なんて。
空気って普段は全然気にしない。だけど無くては生きて行けない。ということなんですが、前者が曲者。浮気しようが何しようが勝手次第という意味が込められています。
衣・食・住のごとく常に必要との認識が欲しいものです。
付き合いの長さなんて関係ありません。
彼女を空気みたいな存在なんていう男は同性ながら許せない。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Q彼氏からクリスマスケーキを一緒に作ろうと言われました。普通そういうのって彼女がしたい側では?でも私は

彼氏からクリスマスケーキを一緒に作ろうと言われました。普通そういうのって彼女がしたい側では?でも私は正直言ってめんどくさいです。しかもスーパーに入ったら、少ない量の買い物でもカゴだけでなくカートを引きたがるんです。理由を聞いたら「こっちの方が楽じゃん」と言われました。そっちの方がめんどいんじゃ。こういうふうに思ってしまう私は愛がないのでしょうか?

Aベストアンサー

愛があるかないかの問題ではない。
全部同じ考えだったらつまらないし刺激ないじゃん。違いがあるから進歩もする。
男女で脳の構造も違う。一人一人これまでの経験も、考え方も違う。同じなんてありえないんだから、かわいいケンカは沢山したら!

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Q空気のような存在って??

こんばんは★
少し気になったことを質問させていただきます。
この前彼氏に「空気のような存在」
だと言われました。
私はそれが嬉しかったんです。
ドキドキする恋愛も楽しいですが、私は安定したというか、落ち着いたお付き合いをしたいと思っていたので。
刺激よりも安定を求めるタイプとでもいいますか…

しかしここでいろんな方の質問等を見て、「空気のような存在」と言われてむっとする女性が多いことを知りました。
喜んでいる私はおかしいのかな?と不安になりました。
空気のような存在というのは、ありがたみを感じなくなっているとか、マンネリ化しているとか…あまり良い意味で捉えられてないようです。
私は彼氏にそのように思われているのでしょうか??
私は喜んでいる場合じゃなくて、もう少し危機感を感じたほうが良いのでしょうか??
少し気になったので質問してしまいました(^-^;)
ちなみにまだ彼氏とはそんなに長いお付き合いではありません。

ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

彼氏の言った空気みたいな存在は褒め言葉だと思います。あなた無しでは生きられないと言いたかった訳です。

しかし、長所と短所は裏腹ですから、取りようによっては短所にもなってしまいます。例えば「優しい」は「か弱い」とかです。ですから、短所をも長所側に考えればいいです。例えば、彼の邪魔にならない、負担を掛けない、安定していて安心である。といった具合です。

もし、今後彼があなたから離れていくようなら、「私がいなくなるとあんたは死ぬよ」って脅かしてやりましょう。

☆空気の長所
必要不可欠
⇒君無しでは生きられない。

★短所
無味乾燥
⇒存在感なし。

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Q空気のような存在って??

彼に「空気のような存在だよ」と言われました。
よく意味が分からなかったので、
「いてもいなくてもどっちでもいいの?存在感なし~?」
と聞いたら、「いることで安心するし落ち着くし癒し」と言われました。

空気のような存在ってイイ意味でもあるかもしれないけれど、あまり良くない意味でもあるのでしょうか?どんな気持ちで言うのでしょうか?

Aベストアンサー

空気
あるのが当たり前に思われがちだけど
ないと生きていけない

彼にとって
あなたは「必要」って解釈で良いと思います。

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Qいーもんネコがいるもん

昨日、昔の彼氏から、メールがきました。彼女ができたのだそうです。それも死ぬほど大好きな彼女ができたのだそうです。

別れてから先に恋人を作ったのは私なんですが、その時は本気でおめでとう!と喜んでくれておりました。(すぐ終わったけど)だから、今度はと、おめでとう!と言ってあげたら、「まっ、ありがとう」という返事が・・。

内心ムカついたので今日ボーナスを自慢してみたら、額でも負けてしまいました。私の倍とってやがりました。

嬉しくて今度親や友達にも紹介するんだそうです。免許もとりたててイイ車は買ったし、時はクリスマス。は~良かったねぇ何もかもが順調で!と全然おもしろくありません。

私って心が狭いのでしょうか?
もう連絡するつもりもないのですが、すっきりしません。

Aベストアンサー

何かwa_onさん、わたしの親友に似てます。(笑)
心が狭いどころか、さっぱりあっさり愚痴と文句と前向き思考がパーッとでてしまえるところ。
それに、真剣な悩みのようで妙に笑えてしまえる文章の書き方・・・ある意味すごく気持ちいいです。(笑える・・・なんて、失礼ですね!)

心狭くないですよ!
すっきりしない気持ちもわかりますよ~。
だけど、wa_onさんとその彼・・・別れてもとてもいい関係なんですね~。
正直、片方が幸せ満々なのは気に入らないけど心の奥底では「幸せなのはいいことだ」と思えてしまえているって事でしょう?
親に紹介したいぐらいの彼女ができて、しかもボーナスは自分より上・・・・ちくしょーーーーーー!!!!ぐらい思って当然です。(はっきり、きっぱり)
わたしなんてきっと「嫌味か~~~!?」ぐらい言ったかもしれない。(笑)
wa_onさんは偉いですよ~。

今度はwa_onさんが素敵な彼をドンと見つけて自慢しまくってやりましょう!
先に彼ができた時は、自慢なんてしなかったんでしょう?
だったら、今度は彼の方が遠慮ないんですもん、wa_onさんも遠慮なく自慢しちゃえ~!
彼も幸せかもしれないけどそんなの目じゃないわ、わたしの方がもっと幸せーーー!!って!
すいません・・・そんな簡単じゃないですよね。(笑)

わたしも#3のfushigichanさんと同じく、wa_onさんなら大丈夫じゃないかな~って思います。
wa_onさんの回答読むととっても気持ちいいし!
頑張って下さいね!
ちなみに、その似てる友達の家にもネコちゃんがいるんです。
最近、拾ったそうで・・・めちゃんこ可愛いい子猫ちゃんです。(余談でした)

何かwa_onさん、わたしの親友に似てます。(笑)
心が狭いどころか、さっぱりあっさり愚痴と文句と前向き思考がパーッとでてしまえるところ。
それに、真剣な悩みのようで妙に笑えてしまえる文章の書き方・・・ある意味すごく気持ちいいです。(笑える・・・なんて、失礼ですね!)

心狭くないですよ!
すっきりしない気持ちもわかりますよ~。
だけど、wa_onさんとその彼・・・別れてもとてもいい関係なんですね~。
正直、片方が幸せ満々なのは気に入らないけど心の奥底では「幸せなのはいいことだ」と...続きを読む

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Q空気のような存在

結婚21年経過しましたが、私は妻の事今でも大好きですが、妻に私はあなたにとって夫なのか、子供の父親なのか単なる同居人なのか聞いてみましたら、上記のような返答でした。これってどう解釈したらよいんでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

「夫婦は空気のような存在になってこそ、本物」みたいな言い方を聞いた事があります。「在るのが当たり前になって、有り難さを忘れてるが、無ければ生きていけないもの」といった意味ですが、最近は違うニュアンスを感じることもあります。

「居るかいないか気にならない」「居ることを忘れてる」「自分の気持ちに関係なくそこに在る」「必要だけどときめいたりしない」
とりあえず、そう言っておけば、「大切ななくてはならないもの」という含みはある、という便利な表現のような気がして好きになれません。
相手のことを好きか嫌いか、とか愛とは無関係の答えです。

でも、長年夫婦をやってきたら、空気のような存在になるのが、ベストではないが、ベストに近いベターだという考え方はあると思います。
お互いに好意的にそう言えるなら良いのですが、片方がまだ「恋愛」してるうちはそう言われるのはちょっときついでしょうね。

奥さんがどんな表情でどんな感情で言われたのか、質問者さんが感じ取ることはありませんでしたか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報