人気雑誌が読み放題♪

角川文庫から出ているシャーロック・ホームズのシリーズについて質問です。

『シャーロック・ホームズの冒険』
『シャーロック・ホームズの回想』
『緋色の研究』
『バスカヴィル家の犬』
『四つの署名』

現在、この5冊が出版されているのですが、どれから読んだら良いのでしょうか?
どれから読んでも問題ないようなら良いのですが、もし順番があるなら教えていただきたいです。

シャーロキアンの皆様、回答宜しくお願い致しますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的には『シャーロック・ホームズの回想』の後に『シャーロック・ホームズの帰還』を読むのであれば、後はどこから読んでも構いません。


刊行順に並べると

1.『緋色の研究』長編
2.『四つの署名』長編
3.『シャーロック・ホームズの冒険』短編集
4.『シャーロックホームズの回想』短編集
5.『バスカヴィル家の犬』長編
6.『シャーロック・ホームズの帰還』短編集
7.『恐怖の谷』長編
8.『シャーロック・ホームズの最後の挨拶』短編集
9.『シャーロック・ホームズの事件簿』短編集

となりますが、特に刊行順に読んだからといっていいこともありませんし、面白くなると言う事もないです。

 最初に読むのであれば『シャーロック・ホームズの冒険』をお勧めします。これはシリーズで一番面白い本で、ホームズ物を代表する傑作がズラズラと並んでいます。そのため、これを読んであまり面白くないと感じたのであれば、無理にそれ以上読む必要はないでしょう。
 その事もあり、角川文庫を始めほとんどの出版社がホームズ物を刊行する場合は、第1作目の『緋色の研究』ではなく、第1短編集の『シャーロック・ホームズの冒険』を1巻目に持ってきています。やはりこれから読むのが良いだろうという出版社の判断があるものと思われます。

 なお、『シャーロック・ホームズの叡智』という本は原典には存在しません。これは世界で唯一新潮文庫版にのみ存在する本です。
 日本で最も早くホームズ物の文庫全集を刊行したのが新潮文庫で、戦後まもなく刊行がスタートしています。ただし、当時は用紙事情が悪く、本1冊あたりのページ数に制限があったため各短編集に全部の作品を収録できず、数作ずつカットした状態での刊行となってしまいました。のちにカットされた短編のみをまとめて刊行したのが『シャーロック・ホームズの叡智』です。そのため、本来全9冊のホームズ・シリーズが新潮文庫のみ構成が異なり、全10冊になっています。新潮文庫以外はこのようなことはしていませんので、『シャーロック・ホームズの叡智』なる本は存在しません。角川文庫版でも『叡智』が刊行される可能性はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません!
大変、参考になりました!ありがとうございました(*_ _)

お礼日時:2015/09/26 03:19

原書の刊行順で言うと


緋色の研究→四つの署名→ホームズの冒険→ホームズの回想→バスカヴィル家の犬
となりますから、この基本はこの順序で良いと思います。
冒険と回想はいわゆる短編集なので、どこに入れても大して違和感はありませんが。
ちなみに未出版である残り4冊の刊行順は、
ホームズの帰還→恐怖の谷→ホームズ最後の挨拶→ホームズの叡智
となっています。
    • good
    • 1

シャーロックホームズなら楽天のKOBOアプリをダウンロードして全集を一括で購入すれば全部読めますよ。


アプリはタダ、全集も300円で買えるのでいいですよ。
最初に読むなら「緋色の研究」がおススメ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシャーロック・ホームズの翻訳小説についてお聞きした

私はあまり海外小説を読みません。読んだことのある本のいくつかは一文が長くて段落も少なく訳文もわかりにくくて、正直なところ読みづらくてたまりませんでした。
ホームズの小説を読みたいとは思っているのですが、出版社が多すぎて選びきれません。近くの本屋には角川と新潮のホームズ小説があったと記憶しておりますが、他の出版からでしたらネット注文を考えております。
皆様の感想やご意見などを聞いてから、それをヒントに選ぼうと思っております。どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 シャーロック・ホームズの邦訳で最高峰は河出書房版でしょう。格調高く、かつ時代の雰囲気を的確に捉えてとても読みやすい訳文になっており、解説も大変に詳細で初心者にもわかりやすいです。
 ただし、単行本のみで文庫版はありませんので高価ですし、現在は品切れ状態で書店でも入手しにくくなっています。

 新潮文庫版は日本で最も古いホームズ全集で、その雰囲気を的確に表現した格調高い訳文には定評があります。ただし、改訂はされているため読みにくくはないものの、さすがに現在読むと文章が古くなっている感は否めません。解説もほとんどありません。
 また最大の問題が、刊行時に諸般の事情で短編集に全部の作品を収めることができずに、一部を削除してしまったことです。削除した作品は後に『シャーロック・ホームズの叡智』という作品集にまとめて観光されていますが、それ故、全9冊のホームズシリーズが新潮文庫のみ全10冊となってしまい、オリジナルと同様には読めません。

 創元推理文庫版は訳文が古くなったため、現在改訳作業が進行中ですが、まだ完了していません。そのため、現在揃えると『恐怖の谷』と『シャーロックホームズの最後のあいさつ』が旧訳版になってしまいます。新訳版の翻訳はなかなか評判がいいので、揃えるなら改訳が終了してからでしょう。もう2~3年くらいはかかるんじゃないかと思いますけど。

 ハヤカワ文庫版は現在刊行されているホームズ物では最も翻訳が古いです。ほとんど絶版で2冊くらいしか残っていませんので、あえて選ぶまでもないでしょう。

 ちくま文庫版はホームズ物を実際に事件が起きたと思われる順番に全て並べ直し、それに膨大な解説をつけたものです。解説に関しては文句なくナンバーワンです。何せ、本編よりも解説の方が長いくらいですから (^^;)。ホームズ全集と言うよりはホームズ物の研究書という方が近いので、初心者にはお勧めできません。

 角川文庫版も現在改訳作業ですが、まだ3冊しか出ていません。今のペースだと全部出揃うには10年くらいはかかりそうです。1巻目の『シャーロック・ホームズの冒険』は訳文が女性的すぎて今ひとつピンと来ませんでしたが、2巻目から訳者が交代になり、無難な感じだと思います。

 光文社文庫版は全集としては最も新しい翻訳になります。そのため、現代的で読みやすい訳文が特徴ですが、その分格調の高さに欠けるという声もあります。解説も河出版ほど詳細ではないですが、必要十分なものが付いています。

 取り立ててこだわりがなければ、光文社文庫版あたりを勧めておきますが、ドイルの著作権は既に切れているため、読むだけなら全作ネットで無料で読めます。

http://www.221b.jp/

 シャーロック・ホームズの邦訳で最高峰は河出書房版でしょう。格調高く、かつ時代の雰囲気を的確に捉えてとても読みやすい訳文になっており、解説も大変に詳細で初心者にもわかりやすいです。
 ただし、単行本のみで文庫版はありませんので高価ですし、現在は品切れ状態で書店でも入手しにくくなっています。

 新潮文庫版は日本で最も古いホームズ全集で、その雰囲気を的確に表現した格調高い訳文には定評があります。ただし、改訂はされているため読みにくくはないものの、さすがに現在読むと文章が古くなっ...続きを読む


人気Q&Aランキング