マンガでよめる痔のこと・薬のこと

来年高校生になります

質問なのですが長唄三味線と津軽三味線を並行して習うことはできますでしょうか?
持ち方はもちろん弾き方(弾く、叩く)に違いがありますし、クセも違ってくると思います。
ですが長唄三味線の広く響くような音と違い力強く鳴る津軽三味線の曲調も気に入ってるので是非弾いてみたいと思っています

出来れば経験者の方回答お願い致します

A 回答 (1件)

もちろんできますよ。


棹の太さも違いますし、弾き方も違いますが、まあ、そうはいっても、そこまで悪影響にはならないと思います。

長唄は弾く、津軽は叩くというのは、少し誇張しすぎです。長唄も動作としては「弾く」ではなくて「叩く」です。(言い方は「弾く」といいますが)
弾き方の違いで一番混乱するのは、長唄では、糸を弾いた後、すぐに撥をあげて皮から離す(余韻を聞かせる)のに対してが、
津軽だと、撥を皮に押し付けたままにする(余韻をミュートする)、ことでしょうか。
撥の持ち方(材質)や、叩く場所(長唄は胴の端を弾く、津軽は胴の真ん中を弾く)なんかも違いますが、こちらはいったん弾き出してしまえばそんなに気にならないでしょうけど、
撥を放すか、押さえたままにするか、は弾いてる最中にも常に気をつけていないと、どちらかの弾き方のクセが出やすいと思われます。
とはいっても、現に、長唄と津軽のマルチの奏者はたくさんいるんで、普通に対応可能だと思います。

もしかしたら、長唄と津軽を両方やることに良い顔をしない先生はいるかもしれません。
ただ、それはまあ、人間ですから思うところはあるでしょうけど。
長唄をやっている人からみると「津軽は音が汚い」「早弾きははしたない」
津軽をやっている人からみると「長唄には民謡の心がない」「アドリブがない音楽なんて意味ない」
と思ったりはするでしょうかね。
まあ、本当にすごい先生なら、応援してくれるでしょう。
例えるなら、普通は、学校の先生の前で「塾で勉強してます」て堂々と言わないほうがよい、みたいなもの。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長唄?津軽?

先日はじめて三味線の音色に生で触れ、すっかり虜になってしまったため
私も三味線を習いたいのですが、長唄と津軽で迷っています。

唄も素敵ですが、唄うことよりも三味線を弾くこと自体に興味があります。
なので津軽のほうがいいのかな?とも思ったのですが
長唄の繊細さにも惹かれます。
しかし長唄三味線で、三味線のみ(歌なし)などは聞いたことがありませんし・・・

三味線は今後、10年、20年と長くやっていけたらいいなと思っています。(現在20代)
まったくの初心者が、趣味で長期にやっていくとしたら長唄と津軽どちらがよいのでしょうか。

ご経験者様のアドバイスをいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

長唄三味線に器楽曲というのはないですから、歌無しの器楽曲を弾きたいのであれば、津軽三味線になります。長唄三味線の教授所に行くと、まず唄の稽古から始まり、唄をマスターしたら、その旋律を謡いながら三味線をユニゾン(まったく同じ旋律)で弾くことになります。
津軽三味線なら唄の伴奏もできれば、器楽曲もできるので応用性があります。
若い人には圧倒的に津軽三味線に人気があります。

Q三味線を弾いてみたいのですが・・・

 三味線(できたら津軽三味線)を弾いてみたいと思っています。独学で練習すると、弾けるようになるまでにどの位の期間がかかるのでしょうか?
 その他、アドバイスなどありましたらお願い致します。

Aベストアンサー

再びtofraです。

ピアノやヴァイオリンをやってらしたということですと、だいぶ条件は違ってきます。
手首の筋肉・しなやかさ・力の抜き方などはできているでしょうし、フレットレスの楽器にも慣れておられるでしょう。

あとは、和楽器全体に特有の技術(拍の取り方なども違います)や雰囲気、それから津軽三味線に要求される独特の技術、たとえば強い音の連続、ベンチャーズのような(古い!)棹の下がり方などを、お師匠さんについて習えば、いいんじゃないでしょうか。

お師匠さんは、確かに少なめですが、青森だけでなく中央や他の地方にも散らばっておられるようなので、CDや検索などで調べてみてください。

Q独学で三味線をしたいのですが・・・

三味線を習いたいのですが、通える位置に教室が無く、
独学で学ぼうと思っています。
三味線について何にも知らない、全くの初心者なのですが難しいでしょうか?

もし超初心者向けの三味線の本でオススメがあれば知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは三味線の種類(ジャンル)は何でしょう?
長唄や端唄となると、教本などはほとんどというより皆無です。
民謡三味線ですと、文化譜というギターで言うところのタブ譜のようなものですから譜面を見れば・・・というのはありますが、これまた教本はないです。

津軽三味線は民謡から派生したもので、最近は人気が高く、DVDや入門用の教本がいくつかあります。和楽器屋さんでも津軽三味線を扱っているお店なら置いてあります。

教本などですと、構え方や撥の持ち方がわかりにくいと思いますので、本当であれば、先生について習うのが良いと思いますが・・・
津軽であればDVDを購入すれば、ある程度はわかると思います。

ただし・・・
独学で癖がついてしまってから、何か壁にぶつかって習いに行こうとしたときにかなり苦労します。
基本的な部分だけでもきちんと習うのが一番良いことだけは確かです。
それでも色々な事情で独学でというのであれば、ネットで
「津軽三味線 入門 DVD」といったキーワードで探せばすぐに見つかります。

Q三味線の調弦について

最近興味を感じて、生まれて初めて三味線を手に取ったのですが、三味線には絶対音(という概念)がないことに驚きました。

要するに、歌う人の音域に合わせて調子(西欧音楽風にいえばキー)を自在に変えていくわけですが、それが「一本」から「十二本」まであります。

「一本」の場合の調弦は、下から上(一の糸/ニの糸/三の糸)へ順にA/D/Aとなり、「二本」の場合はA#/D#/A#となります。※本調子の例

ただ「十二本」まで変化していきますから、なんと一種類の弦でオクターブ近い音域を受け持つことになります。

普通に考えて、こんなテンションの変化には糸が耐えられないだろうと思うのです。(実験してみようかと思ったのですが、少なくとも三の糸は絶対に切れてしまうように感じ、怖くてできません)

三味線にお詳しい方に聞いてみたいのですが、ほんとうに「一本」から「十二本」まで弦の張り方を変えたりするのですか?

「十二本」まで存在する以上、そうなんだろうとは思うのですが、弦が切れたりしないのですか?(そもそも一本の開放弦でオクターブ近い音域をになうことなど可能なのでしょうか?)

今までヴァイオリンは多少やっていましたが、まったく概念が異なるので、ちょっと理解が出来ません。どなたかご教示を願えると幸いです。

よろしくお願いします。

最近興味を感じて、生まれて初めて三味線を手に取ったのですが、三味線には絶対音(という概念)がないことに驚きました。

要するに、歌う人の音域に合わせて調子(西欧音楽風にいえばキー)を自在に変えていくわけですが、それが「一本」から「十二本」まであります。

「一本」の場合の調弦は、下から上(一の糸/ニの糸/三の糸)へ順にA/D/Aとなり、「二本」の場合はA#/D#/A#となります。※本調子の例

ただ「十二本」まで変化していきますから、なんと一種類の弦でオクターブ近い音域を受...続きを読む

Aベストアンサー

実際に三味線をやってた母に聞いてみました。

曲の途中でも3サガリ、2サガリみたいな感じで音程を変える(下へも)そうです。(譜面に書いてある)
あの、浪曲でも途中で三味線のおばさんが糸巻をイジってますよね。
ゆるんだからチューニング、というよりもベースの音程自体をイジってます。

で、「津軽三味線のような堅いバチで激しく弾けば切れることもあるかも」とのことでしたし、
テレビで見る限りは数十人の津軽三味線を見たらたいてい一人は切れてたりしますよねw

なので、本番の演奏の時には糸が大丈夫かどうかきっちり確認するそうです。

Q師範免許をとるまでの必要なお金について

私は以前、お琴を習っていたことがあります。
結婚を機に、いったん辞めたのですが、また挑戦してみようかな、と思ってきました。

ただ、習っていたときから気になっていたのですが、師範免許を取ろうと思ったら、いったいいくらかかるんだろうって。
私は純粋にお琴を弾きたかっただけなので、そういう免許関係の試験はお断りして練習させてもらっていたのですが、どうせならやっぱり師範免許が欲しい。

でも師範免許を取るまでには、何段階も試験を受けなくてはいけないし、試験代とは別に先生へのお礼なんかもかかる、って話まで聞こえてきます。

お琴の世界だけに限らず、一般的に人に教えることの出来る芸事の免許を取るまでにはどれくらいかかるものなんでしょう?
茶道でも華道でも、全然違う世界のものでもかまいません、教えてください。

Aベストアンサー

私は生田流の筝と三弦の師範の資格を持っているものです。
免状料金は所属する会派によって異なるかと思いますので、以下の記述はすべて某会派の例としてご参考になさってください。(今年4月時点での規定に拠ります)
 
免状料金
「階級」(筝・三弦ともに同額)
 初伝   5万円
 中伝   7万円
 奥伝   8万円
 皆伝  10万円
 
「職格」
 助教  20万円
 教師  30万円
 師範  50万円
 大師範 70万円
 
人に教えたいというのであれば、最低でも助教のお免状が必要になりますが、そのためには、筝だけではなく、三弦も皆伝まで受ける必要があります。
助教までは昇格試験はありません。段階的に所定の曲を修めれば、お免状を頂けます。
教師については、会派の所定の試験に合格しなければなりません。
師範については、教師免許を持ち、所定の曲を修め、数度の講義(実技)を修了すれば頂けます。
大師範については、師範免許者のなかで特に功績のある人にお免状が授与されることになっています。
ちなみに、お免状を受けると師匠にお礼をするものですが、教師以上のお免状を受ける場合には、師匠だけではなく、師匠の親師匠、そして家元にもお礼が必要です。(師匠だけでいいような気がするんですけどね…)
ちなみに、私は師範になって十数年になりますが、職格の免状料金はほぼ当時のままです。

hirorinkappaさんは、ご結婚を機に辞められたとのことですが、お免状はお持ちですか?
もしお持ちの場合、新たに他の会派で習うとなりますと、また最初からお免状を受けることが必要になると思います。(私の所属する会派ではそういう決まりになっています)

私は生田流の筝と三弦の師範の資格を持っているものです。
免状料金は所属する会派によって異なるかと思いますので、以下の記述はすべて某会派の例としてご参考になさってください。(今年4月時点での規定に拠ります)
 
免状料金
「階級」(筝・三弦ともに同額)
 初伝   5万円
 中伝   7万円
 奥伝   8万円
 皆伝  10万円
 
「職格」
 助教  20万円
 教師  30万円
 師範  50万円
 大師範 70万円
 
人に教えたいというのであれば、最低でも助教のお...続きを読む

Q津軽三味線と他の三味線の違い

津軽三味線と他の三味線の違い

先日津軽半島の金木に行き、津軽三味線の生演奏を聴いたのですが、
すっかり魅了されてしまいました。

実は大学時代に、琴の生田流に携わったのですが、そこでは
琴と三味線の合奏などもありました。

津軽三味線と、こういった琴と合奏する際の三味線では
流派などが違うのでしょうか?。
楽器自体も、弦などの違いなどがありそうですが・・。

教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

ひとくちに「ギター」といっても、エレキギターやクラシックギター、フラメンコギターなど、各ジャンルの音楽に適した楽器と奏法があるように、三味線にも色々あります。
大きく分けると、長唄の伴奏に使う「細棹(ほそざお)」、地唄に使う「中棹」、義太夫に使う「太棹」の三種類があります。
このうち津軽三味線とも言われるのは、「太棹」と呼ばれる楽器で、「民謡三味線」とも言われます。
http://www.geocities.jp/tsuruyagakki/iroiro3-2.htm

大御所はこの人、初代・高橋竹山
http://www.youtube.com/watch?v=TXErH5SXqlg

今をときめくのが「吉田兄弟」←検索


人気Q&Aランキング