最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

濡らす前の乾いた髪にリンスを塗ると、髪が傷んで茶髪になるとネットで知りました。続けているのですが、どうも茶髪になりません。原因として考えたのは、シャンプー後に使っているトリートメントです。ダメージ補修のやつ使ってました。せっかく傷みつけて茶髪にしようとしてるのに、ダメージ補修のトリートメントをその後にしたらやっぱ意味ないですよね?

gooドクター

A 回答 (2件)

>原因として考えたのは



いやいやいや!その前に前提である、
>リンスで髪の毛が茶髪になる
を疑いましょうよ!!!
最近ってそんなアホな内容流してんの…と思ってググってみたところ、けっこう信じている人たくさんいるんですね。

で、どういう根拠かというと、
「リンスはアルカリ性のシャンプーを中和するために酸性だから、その酸性で髪が傷んで色が抜ける。」
と書いてありました。
残念ながら、これは昔のリンスです。今のリンスのほとんどは中性です。

昔はシャンプーも石けんが原料でした。石けんはアルカリ性です。アルカリ性だと髪のキューティクルは開きます。なので酸性のリンスで中和し、キューティクルを閉じさせてなめらかにする目的でリンスは酸性に作られていました。

現在でも、石けんシャンプーとセットで使うように作られたリンスは酸性です。
が、おそらく質問者さんのお手元にあるリンスは中性です。

それで、今でも酸性にすれば髪が茶色くなると信じているのなら、お酢かクエン酸を買ってきて試せばいいと思います。
お酢なら500mlが120円ぐらい、クエン酸は百均で買えます。

クエン酸は溶かして使います。お酢もそのままつけるのではなくて、洗面器にカップ一杯ほど入れ、お湯で数倍に希釈しても大丈夫です。
クエン酸もお酢もかなりPHが低いものなので、希釈しても酸性充分のままです。
その洗面器に髪をつけて数分おいておくことを繰り返す。
どうですか?
頭皮ごとつけちゃっても大丈夫です。なにしろ口に入れるものですし。痛みやかゆみを感じて来たらやめてくださいね。
時間をおいた後、よくすすいで乾かしたらお酢でもにおいはしなくなります。


その後はトリートメントをお使いになっても大丈夫です。
でも酸性で髪が茶色くなる時には、髪のダメージは相当進みます。酸性で髪が溶けて色素が溶けだしているんですから。髪がぼさぼさだったらどういう風に見えるか、考えてからやったほうがいいですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます...!!

お礼日時:2017/03/30 03:13

意味ないですね。

(男性意見)

ちなみにですが、『痛んだ茶髪』より『艶やかな黒髪』の方が魅力的だと思います。(男性意見)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ですよね笑
ご回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/03/30 03:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング