人気雑誌が読み放題♪

約一週間ぐらい前にサッカーを始めました。
女子です。
最初に、対面練習とか鳥かごとかの練習してあったおかげで、全くボールがけれないという訳では無いです。で、この前部活の時によくわかんないまま練習試合(短い)みたいなのに出されて、どうしていいかわかんないし、周りは男子ばっかで…
ミスが怖いし、男子も怖いのでボールを奪いに行く勇気も出ませんし、いざボールが回ってきてもテンパり過ぎて変な方向にいって、迷惑をかけてしまいます。どうしたら自分に自信が持てますか?
チームメイトに迷惑かけるのが1番苦しいです…
メンタルが弱い自分が嫌になります…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私が思うに、サッカーというスポーツは11人が1つになって勝利を掴むものであると思います。


貴方がチームメイトに迷惑をかけていると思っていても、恐らくチームメイトはそのようなことを(迷惑)思ってはいないと思います。
ですので、自信を持つよりも先にチームメイトと友好関係を深めたほうが良いと私は思います。
そのうち、試合中に今自分のするべきこと(ポジションなどで異なる)などが自然と理解できるようになり、それが結果として貴方が求めていた
自信につながると思います。
サッカーは素晴らしく楽しいスポーツですので、怖がらずに楽しんでください。
    • good
    • 0

サッカーはじめて一週間、いきなりの練習試合、


何もできなくて当たり前です。

ミスを恐れるより、ミスを恐れてチャレンジしない事を恐れましょう。
チームメイトだって初心者がうまくない事くらい織り込み済みでしょう、
そこを熟練者や経験者が助け合ったり励ましあったりするのも
サッカーの醍醐味ではないでしょうか。

>どうしたら自分に自信が持てますか?
たくさん練習して、場数を踏んで実績を積み重ねるしかないと思います。
必然的にたくさん失敗する事になりますよね。

最後に日本サッカーの父デットマール・クラマーさんの5か条を捧げます
1.Look Around(周囲を見ろ)
2.Think Before(前もって考えろ)
3.Meet the Ball(ボールに寄れ)
4.Use Space(スペースを使え)
5.Pass and Go(パスして直ぐ走れ)

楽しいサッカーライフを~
    • good
    • 0

練習の中ならミスしても良いんです。


そのミスから何が悪くてミスしたのかを分析して次に活かす様にしていけば良いのです。
上達するにもミスは必用ですし、ミスがあるから次にそれを無くす為に上達する。
積極的に行ってのミスなら何度ミスしても克服できますからね。
逆に消極的に行ってのミスなら克服するまでに長い時間が必要になります。
好きだからサッカーを始めた訳でしょう。
「好きこそ物の上手なれ」と言う言葉もありますから、積極性が大事です。
ミスをすれば怒られたりするでしょうが、それを怖がって居ては上達しませんよ。
ミスって何が足りないかを教えてくれている様な物でも有りますからね。
練習ってその為にも有る様な物ですから。
前向きに行かないと、練習に出てもただの棒ですよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFWの良い守備とは?

たまにFW(1トップが多い)をやるのですが、その際の正しい守備が分かりません。
(初心者です。)

自軍守備時、ボールを奪いに下がって行きたいけど、
カウンターに備えて前残りすべきか?とよく迷います。
何に着目して判断したら良いですか?気をつけるポイントはありますか?

FWの位置だと、守備時は相手方2、3人VS自分1人って感じになる事が多く、
ボールを奪おうとしても、ボランチやCBをやっている時ほど成功しません。
相手に無駄走りさせられているのでは?と思う事もあります。
(残念ながら、日本代表の岡崎選手のようなスタミナはありません…)
かといって、パスコースを切ったり、遅らせたりだけだと、
さぼっているように思えてしまったり…。
FWとしての効果的な守備のコツやポイントを教えて下さい。

FWの守備で参考になりそうな選手や、動画があったら是非教えて下さい。
FWの位置から、連動したよい守備が出来ているチームとかも知りたいです。
(日本も海外も、両方とも興味あります)

Aベストアンサー

 お気持ち良く解ります^^、お礼文の分析もほぼ正しいと思う。
先ず、FW一人で追え!と言われるなら、DF2・3人相手では、フェイク入れること。  サバンナの肉食獣の狩のように、忍び寄る。
ワザと余所見して何の興味も無いフリ装い、足からボールが少し離れる瞬間見計らってプレス・ダッシュ。豹変とはその意味です。 獲物に猛ダッシュしながら急曲折して、本当の目的物はその隣の弱いヤツだったりする。
ワナ張って誘い込む。 守備でもフェイント入れて良いわけですから。 アマでやる人少ないようですが、高校レベルでは私の{気まぐれ装った守備}嫌がられたよ。 フラフラしてる事。 律儀に追い回しても仰るように無駄走り徒労です。
 狙いは比較的弱いDF、あるいは彼が焦ってヘンなパスを出す相手、。
行く気無いフリして、其処にパス球が入る瞬間に殺到する、ダイレクトで返そうとするなら、左右どちらかに山張ってどちらかのコースを切る。その場合もフェイクを入れて急折するとか、。
巧く球に寄せれたケースでは、片方切りながら相手の切り替えし予測して逆側にもう片方の足を出してブロック。複数相手の時は、左右どっちかの1/2の確率でも充分ですから、まあ賭けです。駆け引きで主導権を握るかどうかは大違いです、数的不利ではね。
 守備する側の選手のフェイントには、戸惑い慌てる選手はプロでも居ますよ。効果は大です。 練習は4・5人の円陣内に1・2人入れて球回して取らす「籠の鳥」。良くやるでしょう?その時、中に入ってフェイントフェイクのタイミングとか試して下さい。 このFWの守備は、佐藤寿人選手が巧くやってたの見ました、彼は攻めの時もフラフラと先ず違う方向にジョグし、曲折ジャガー豹チェンジしてマーク引き剥がすプレー良くしますね。 コツは{野獣の乗り・気まぐれ}メリハリです。
 ~前に残るか戻るかは、FWの決める事ではなく、チーム戦術なので相談しなきゃダメ。 日本人はアマ~プロまで話しなさ過ぎ! 互いに文句言う選手が一流です、K本田やH中田のような。もし一人で前からプレスに行ってくれと言われたら、当然、後ろの連動は要求しなきゃ意味無いですね。
 1トップなら普通は「前で張っとけ!」と言われますね。
CL制覇のチェルシは4-4の2ラインのブロックで、ドログバ前残り、守備免除。 強力なのでカウンター攻撃専念。 ロングパサーが居ない時には見方ボールになった時、楔受けに戻る事はあっても守備には戻らなかったと思う。ひたすら相手DFとラインブレイクの駆け引き。C大阪での柿谷もそう。
 只、バルサのDF陣ピケなんかはボールホルダーになってプレスが無い場合の第一選択は、ドリブルで持ち上がる事に為ってた。これには数的有利作られるので必ずチェックに行かなきゃならない! 私見ではマーク受け渡さず、何処までも追うべきだと考えます、追わないと大抵良いパス出されてるので。
>相手が強く、自分のFWとしての力も劣り、ロングパサーも居ずカウンターが見込めないなら、戻って守備参加でしょうね。でも後方からのビルドが可能なのかどうかによる、。足速いならトップで残す方が敵の押し上げ抑止効果あり常道でしょう。
 優勝時の柏は、前後半で守り方変えてたよ。後半は体力考慮して守備的に2ブロック作って網張って、パス誘って取り処はボランチラインから大谷がその瞬間に前出てカットするとか、。アウトサイドのブラジル人2人はコース絞り、トップ2人はゆるく追い回す程度でポジション範囲からは逸脱しない、しかしパスを誘い出すようなコース切りはする。 全て取り処の設定次第でしょう。
 リーグ最小失点だった時の手倉森仙台はもっと連動して前からプレスしてたと思う、高い位置で奪ってショートカウンタ、でも最終ラインはそれ程高くなかったかな?忘れました。 アリゴサッキのミランはハイプレスで各ライン距離は短かった。当然CBの走力が必要条件です。
 いずれにしても試合通しては無理、アマなら尚更。時間帯による戦術プラン作るべきでしょう。 ゲームプランを皆で考えるのも楽しみの一つです。
つまるところサッカーの神様は、根性論で真面目にやる奴より、
ちゃらちゃらフラフラと、強気で乗りで楽しむプレーヤーを好みます。
フィールドに転がってるのは‘Freedom‘なのよ、だから夫々考えて工夫してReクリエイトして下さい。
初心のアマにもその余地=スペースが広がってます。考えない人=兵隊アリには向いてません、主体的な戦士のみが一流になれます、アマでもよ^^。
トップからDFラインまで戻るの繰り返すより、ポジションチェンジした先の互いの居残り=ローテの約束事決めて体力残す工夫とかもチーム戦術で取り入れては如何? 最初は2人程度の約束からでも良い。主様は御一人で頑張ろうとし過ぎのようにお見受け致しました。
どうぞ楽しくミーティング為さって下さい。

 お気持ち良く解ります^^、お礼文の分析もほぼ正しいと思う。
先ず、FW一人で追え!と言われるなら、DF2・3人相手では、フェイク入れること。  サバンナの肉食獣の狩のように、忍び寄る。
ワザと余所見して何の興味も無いフリ装い、足からボールが少し離れる瞬間見計らってプレス・ダッシュ。豹変とはその意味です。 獲物に猛ダッシュしながら急曲折して、本当の目的物はその隣の弱いヤツだったりする。
ワナ張って誘い込む。 守備でもフェイント入れて良いわけですから。 アマでやる人少ないようですが、...続きを読む

Q試合前の緊張の緩和する方法は?

今度練習試合があるのですが、僕はいつも
試合前になると緊張して一気にモチベーションが
低下してしまいます。そのために、
言い訳にも聞こえるかもしれませんが、試合で満足できるパフォーマンスが出来ないんです。
このモチベーションの低下を抑える方法を教えてください。

Aベストアンサー

こににちわです。
私自身も、中高と運動部でした。
やはり、試合前は、緊張して力の半分も
だせなかった経験があります。
そんな時に、私自身念入りにストレッチをしながら鼻歌や
歌を口ずさんで、緊張をほぐしていました。
これが効果てきめんで、なんか試合前という感じでなく
なり、やたらとリラックスできました。
一人でストレッチはできますが、もし仲間もいれば、一緒に
することもおすすめします。
そこには、きっと笑いも生まれますからね。
笑いも緊張をほぐす効果がありますからね。
もしできるようであれば、是非試しにしてください。
意外と効果がありますからね。


人気Q&Aランキング