アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

英語のリスニングのCDをミュージックプレーヤーに同期する為windows10に入れたんですけど、取り込みが出来ないです。なぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

最近の英語教材では通常の音楽CD形式ではなく、MP3形式のファイルが入ったCD-ROMとして付属しているものがあります。


お手持ちの教材の注意事項をよくご覧ください。
音楽CD形式でなければ一般的な音楽管理ソフト(media goやWindows Media Playerなど)での取り込みはできません。
この場合、エクスプローラから見て拡張子が「mp3」になっているファイルを直接コピーすることで取り込みができます。
    • good
    • 1

>リスニングのCD



CDですか?同じ型なのでDVDでは?(海外のリージョンコードが違う)
http://freesoft.tvbok.com/freesoft/player/dvd_re …

Windows10にアップグレードしてからCDドライブが認識されない場合:ドライブのドライバーが古い場合や、レジストリ設定によって認識されないことがあります。
1)自動再生:「設定」「デバイス」「自動再生」で「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」をオン。

2)既定のアプリ設定:「設定」「システム」「既定のアプリ」で音楽プレイヤーとして起動するアプリを選ぶ。「音楽プレーヤ」では「Grooveミュージック」→「Windows Media Player」変更

3)トラブルシューティング:「コントロールパネル」「トラブルシューティング」「ハードウェアとデバイス」

4)ドライバの削除や更新:デバイス右クリック「プロパティ」「ドライバ」「削除」再起動でWindows汎用ドライバを再生成

5)レジストリを変更:慎重に操作する必要があり、参考URLをご覧ください。
http://apicodes.hatenablog.com/entry/win10_DVDdr …
    • good
    • 1

特殊なCDなんでしょ

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル、見た目と実際の印刷の違いについて

エクセルはよく利用していますが、いつも思うのですが、編集の画面の内容とと実際に印刷した内容が著しく異なる場合があるので困っています。

印刷プレビューで確認する方法がありますが、いちいち確認するのも大変面倒です。また、プレビューでさえ発見できない場合もあります。

よくあるのは、表のセル内に文字列を打ち、必要に応じて改行し入力した場合、編集画面上ではすべての文字がきれいにセル内に収まっているのに、印刷すると一番上の行の文字列はフォントの上のわずかな部分がかけている場合があります。

また、横長のセルに文字を打っていき、右端までまだ4文字くらいの空きがあるのに、印刷してみると2文字くらいはみ出すこともあります。この場合などは見た目と印刷結果が著しく違います。

何か解決方法はないのでしょうか?

いちおう、セルの書式設定の配置で、「折り返す」「縮小して全体表示」などを駆使して対処していますが、これも決してベストな方法とは言いがたいです。

Aベストアンサー

 No.1のご回答のように、基本的には印刷プレビューなどをつかってまめに確認するしかありません。

 なぜこうした問題が生じるかというと…Excelに限ったことではありませんが…画面とプリンタでは、表示(印刷)する解像度も、使用するフォント(文字を画像化したデータ)も違うのです。特に画面に表示するときは、印刷するときと同じ文字データを使うと、解像度が低すぎて文字がつぶれてしまって読みにくかったり、あるいは、1文字1文字をグラフィックスとして描画すると時間がかかりすぎて、画面上の操作が遅くなったりします。こうした不都合を解消するため、画面上では、画面表示用に最適化したフォント(高速に描画できるが、大きさや書体はかならずしも正確ではない…誤差がある)を使ったりします。
 一方、プリンタはプリンタで、機種によって、パソコンにインストールされているフォントをそのまま印刷する機種や、高速に印字するためにパソコンが使用しているフォントをプリンタの内蔵フォントに変換して印刷する機種があります(機種とフォントの組み合わせによる)。パソコン側で使っているフォントをプリンタ内蔵フォントに変換すれば、その分、誤差が出ます。

 こうしたいくつかの誤差の組み合わせで、文書によって、見た目のほとんど同じように印刷できることもあれば、一目瞭然のあきらかな誤差が出てしまうこともあります。

 ちなみに、業務用の印刷システム(印刷会社が使うDTPソフト、業務用フォント、業務用デジタル印刷機)などでは、こうした誤差がほとんどないように正確に文書を作成して印刷できますが…価格もべらぼーに高価です。個人で替える値段ではありません。
(印刷ソフト1本10万円、フォント1書体5~10万円、あるいはプリンタ1台数百万円…など)

 印刷プレビューは、パソコンの能力で無理のない範囲で、とりあえず、なるべく印刷に近い状態で表示する機能(仮想プリンタ)…といえばいいかもしれません。

 No.1のご回答のように、基本的には印刷プレビューなどをつかってまめに確認するしかありません。

 なぜこうした問題が生じるかというと…Excelに限ったことではありませんが…画面とプリンタでは、表示(印刷)する解像度も、使用するフォント(文字を画像化したデータ)も違うのです。特に画面に表示するときは、印刷するときと同じ文字データを使うと、解像度が低すぎて文字がつぶれてしまって読みにくかったり、あるいは、1文字1文字をグラフィックスとして描画すると時間がかかりすぎて、画面上の操作が遅...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報