石川啄木について教えていただけないでしょうか
お願いします

A 回答 (1件)

歌人、詩人としては素晴らしい。


いち社会人としては最低の部類。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石川啄木のこの3首を教えてください

(1)この歌において、作者はなぜ泣いてるんでしょうか? 何があったのでしょうか?
東海の 小島の磯の 白砂に
われ泣きぬれて
蟹とたはむる

(2)この歌でもなぜ泣いてるんでしょうか? そして、「一握の砂を示しし人」というのは誰で、何のために砂を指差しているのですか?
頬につたふ
なみだのごはず
一握の 砂を示しし 人を忘れず

(3)この歌で、作者がさらさらと砂の感触を確かめているのはなぜでしょうか?
いのちなき 砂のかなしさよ
さらさらと
握れば指の あひだより落つ

3首とも同じ背景の下に書かれたものだと思うので、答えは同じかもしれません。つまり(1)(2)(3)それぞれ別々に答えを頂く必要はないかもしれません。

回答者さんの中には、「受け取り方は読者の自由だから、こんな質問は愚問である」という方もいらっしゃることと思います。
しかし私はその意見に対し、次のような考えを持っています。

私は、文学にせよ美術にせよ、鑑賞の仕方は2通りあると思います。

A:その作品の中だけで完結した世界だと思って、その世界を楽しむ方法。
B:作者の生涯や、作品が生まれた背景などを理解し、その上で鑑賞する方法

Bの鑑賞法のほうが優れている、と考えているわけではありません。むしろAの面白さが好きです。
でもこれら3首については、既にいろいろ想像をめぐらしてAの鑑賞法を楽しみましたので、今度は是非Bの鑑賞法で鑑賞したいのです。だから作品の背景を知りたいのです。
しかしいろいろ検索をかけてみたのですが、この3首の解説が見当たりません。
どうかお願いいたします。

(1)この歌において、作者はなぜ泣いてるんでしょうか? 何があったのでしょうか?
東海の 小島の磯の 白砂に
われ泣きぬれて
蟹とたはむる

(2)この歌でもなぜ泣いてるんでしょうか? そして、「一握の砂を示しし人」というのは誰で、何のために砂を指差しているのですか?
頬につたふ
なみだのごはず
一握の 砂を示しし 人を忘れず

(3)この歌で、作者がさらさらと砂の感触を確かめているのはなぜでしょうか?
いのちなき 砂のかなしさよ
さらさらと
握れば指の あひだより落つ

...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様は出来れば文献をお求めなのはわかっているのですが、
No.1様と同様、私も特にその必要はないのではないかと思っています。
いろいろな鑑賞法があっていいし、またいろいろに読めるからこそ作品に広がりが出てくる、
ということもわきまえた上で申しますが、Bのような鑑賞法に必ずしもこだわらなくてもいいのかなと。

以下、徒手空拳で私見を述べます。参考に資するところがあればお慰みです。

「東海の」は、やはり世界地図を広げての小島=日本。
その名もない磯のわずかばかりの白砂(少なくとも、広い砂浜の砂ではない)。
あるいは浅薄、未熟という意味での磯。
白砂は純白、高邁な志のアナロジーかもしれません。

啄木の時代は立身出世の時代、高い理想を抱いた時代だと思うのですが、
それだけに挫折感もはなはだしい。
ちっぽけな日本の名もない一角で、文学者として名を上げるどころか、いまだ日々の生活に苦しんでいる。
そういう心の背景のうちに歌われたのではないでしょうか。

ところで先日、「蟹」は横文字、英語のことであるという意見を聞いて面白いと思いました。
正岡子規にも、若き夏目君(のちの漱石)を戯れに、
「鴃舌を学び蟹文を草す」げきぜつをまなびかいぶんをそうす
と評したと高島俊男氏の「漱石の夏やすみ(房総紀行 木屑録)」に出てきます。

啄木の「飛行機」という詩は、
肺病やみの母親と二人で暮す給仕づとめの少年が、たまさかの休日に、
「ひとりせっせとリイダアの独学をする眼の疲れ……」とうたわれ、
それが青空を高く飛ぶ飛行機と対照されています。
(飛行機は当時の最新テクノロジーでしょう。また、よく落ちたと聞きます)

さて、なぜ泣くか、なんですが、
少しきびしい言い方かもしれませんが、これが啄木の弱さだと思うんです。文学としての弱さ。
だってこれはセンチメンタルに過ぎません。自分を額縁に入れて憐れみ、ひとの同情を引く涙なんです。
本当のかなしみ、存在をかけたようなかなしみではないと思うんです。
当時は今よりはよほど感情の起伏が激しく、人はやたらに泣いた、ということはあるかもしれませんが。
そして涙することへの共感、「大衆性」によって読み次がれてきたということもあるでしょうが。

長くなりました。先を急ぎます。
砂、さらさらとした砂はそれだけで「かなしい」ですね。
指のあいだからさらさら流れ落ちる砂は、皮膚感覚としての快さと、心のないむなしさを感じさせます。
そしてそれは何かの暗示、連想へ結びつくかもしれないし、そうしないでもいいのかもしれません。
ただ、これは「一握の砂」巻頭の連作(たぶん)10首の一つですから、その読みあわせによって、
編者は読者に想起することを希望しているのかもしれません。

以上、管見を書き散らしてしまいました。ご寛恕願えればと思います。

質問者様は出来れば文献をお求めなのはわかっているのですが、
No.1様と同様、私も特にその必要はないのではないかと思っています。
いろいろな鑑賞法があっていいし、またいろいろに読めるからこそ作品に広がりが出てくる、
ということもわきまえた上で申しますが、Bのような鑑賞法に必ずしもこだわらなくてもいいのかなと。

以下、徒手空拳で私見を述べます。参考に資するところがあればお慰みです。

「東海の」は、やはり世界地図を広げての小島=日本。
その名もない磯のわずかばかりの白砂(少な...続きを読む

Q石川啄木の解説付の詩集はないでしょうか?

代表作:一握の砂と悲しき玩具の詩だけではなく、

”簡単な解説”が付いている書籍やHPを探しています。

”詩の文章のみ”では把握しにくい、その場の情景や啄木の気持ち等も

理解したいと思いまして。アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

・石川啄木  学燈文庫(学燈社)

か、上記を再刊した

・声で読む石川啄木 (学燈社)

が代表的な作品に
ほど良い解説ついて
おすすめです

http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102404990/subno/1

Q石川啄木の

石川啄木の

百姓の多くは酒をやめしといふ。
もつと困らば、
何をやめるらむ。

の意味が、わからないので教えてください。

Aベストアンサー

 一応、文語(古語)で詠まれた短歌ですから、文語文法の知識が必要ですね。

 「やめし」は、「やむ」(現代語の「やめる」)に、過去の助動詞「き」の連体形がついたものです。

 「といふ」は人から聞いたことを表しますね。(新聞で読んだのかもしれませんが)
 (人から聞いたことを表すには、文語では、現代語の「そうだ」に相当する伝聞の助動詞の「なり」がありますから、それを使って表現する方法もあります。)

 宮沢賢治が「寒サノ夏ハオロオロ歩キ」と詠んだように、啄木の出身地・東北地方は、夏に「やませ」が吹いて冷害になり、不作・凶作がたびたびありました。
 今回は飢饉とまではいかなかったのでしょう。農民たちは収入の減った分、「酒をやめ『た』」だけで済んだのです。
 しかし、飢え死にする人がでるような凶作になれば……。

 「らむ」は基本的に推量の助動詞です。
 推量は現代語では「~だろう」といった言い方で表現します。

 「やめるらむ」は、文語としてはちょっとぎこちない表現と言えますが、まあ、啄木は明治時代の人間ですから、清少納言なんかと同列に扱うのはかわいそうですね。
 
 「らむ」の正確な使い方は、

http://dictionary.goo.ne.jp/ (国語辞書は『大辞林』)

などのネット辞書で検索して調べて見て下さい。

 一応、文語(古語)で詠まれた短歌ですから、文語文法の知識が必要ですね。

 「やめし」は、「やむ」(現代語の「やめる」)に、過去の助動詞「き」の連体形がついたものです。

 「といふ」は人から聞いたことを表しますね。(新聞で読んだのかもしれませんが)
 (人から聞いたことを表すには、文語では、現代語の「そうだ」に相当する伝聞の助動詞の「なり」がありますから、それを使って表現する方法もあります。)

 宮沢賢治が「寒サノ夏ハオロオロ歩キ」と詠んだように、啄木の出身地・東北地方は、...続きを読む

Q石川啄木の詩の解釈について

今、石川啄木の「悲しき玩具」を読んでいますが、なかなか難しくて分からない状態です。文章自体の意味は特に問題ないのですが、啄木が何を思って、何時、これを書いたのでしょうか?また、作者が読者に何を伝えたいのですか?

教えていただける方がいらっしゃるなら宜しくお願いします。

1.「遊びに出でて子供かへらず、
   取り出して走らせて見る玩具(おもちや)の機関車。」

2.「本を買ひたし、本を買ひたしと、
   あてつけのつもりではなけれど、
      妻に言ひてみる。」

* この詩では、啄木が生活に経済的に苦労していたので、本を買う余裕もなくて、妻にあえてそれ言えなかったように思いますが。。もし、そうであれば、啄木が自分の妻を恐れていたか、また、お互いの仲良さを見せているのか。

お願いします。

Aベストアンサー

課題ですか?
「悲しき玩具」は啄木が26歳で当時難病だった結核で死ぬ2年前から前年ぐらいまでの一年半ほどの間に書かれた短歌をまとめた物です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%95%84%E6%9C%A8
↑ウィキペディアですが一応参考になると思うので年表のような物を作って遊んでみてはいかがでしょう。啄木の人生の中でいつの時代なのか、何を思っていたのか想像しやすくなると思います。

啄木は19歳から24歳で東京朝日新聞の校正係の職を得るまでの間に、代用教員二回、新聞記者二回、事務員、歌人、小説家、ライター、借金、をして妻子と失職した父母の生活を背負っていました。

悲しき玩具はこちらで読めますので、一つ二つだけではなく全部を通して読めばストーリーのような物が浮かんできます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000153/files/815_20544.html

1.昼間に自宅で療養して寝ている、 子供はどこか元気に遊びに出たまま帰らない、子供を思い浮かべながらおもちゃの汽車を観ている内に遊ぶでもなくなんとはなしにいじっている自分の所在なさ、将来に対する不安を感じさせる中途半端な時間です。なお啄木の男の子は生まれてすぐ死んでいますので、この頃は女の子しかいないはずです。

2.当てつけのつもりでもないのについ口に出してしまう。そんな自分のさがというか、文学や論壇への情熱のやっかいさ。そして妻へのすまない気持ち。

旅を思ふ夫(をっと)の心!
叱(しか)り、泣く、妻子(つまこ)の心!
朝の食卓!

この歌がすぐ後に続いています。
「叱り」はお金のことかもしれないのですが、体の状態を言っているのかもしれない。まもなく死んでしまうという時に旅を考えている自分、リアルに生を考えている妻、現実そのものである子供。

ひる寝せし児の枕辺(まくらべ)に
人形を買ひ来てかざり、
 ひとり楽しむ。

庭のそとを白き犬ゆけり。
 ふりむきて、
 犬を飼はむと妻にはかれる。

(はかれる→意見を聞く)

「作者が伝えたいもの」というのは必ずあるわけではないと思うのです。身の回りの事実や心の動きを写真やスケッチのように書き記した物から読む者が何かを感じられたら良いのではないでしょうか。

課題ですか?
「悲しき玩具」は啄木が26歳で当時難病だった結核で死ぬ2年前から前年ぐらいまでの一年半ほどの間に書かれた短歌をまとめた物です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%95%84%E6%9C%A8
↑ウィキペディアですが一応参考になると思うので年表のような物を作って遊んでみてはいかがでしょう。啄木の人生の中でいつの時代なのか、何を思っていたのか想像しやすくなると思います。

啄木は19歳から24歳で東京朝日新聞の校正係の職を得るまでの間に、代用教員二回、新聞記者二回、事務員...続きを読む

Q石川啄木の短歌についてなんですけども・・・。

悲しき玩具に「看護婦の徹夜するまで、 わが病ひ、 わるくなれとも、ひそかに願へる」という短歌があるんですけども、この短歌についてどなたか解説をお願いします!啄木が甘えているのかなと考えているんですけども・・・。

Aベストアンサー

そうですよね。啄木さんは女性好きなのは有名ですしね。
自分が病気であるが故にその方と一緒に入れるなら、もう少し治らなくても良いかなと、その時点では思ったんでしょうけどね☆


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報