【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

有名な詩人や過去の詩人あるいは
表現の素晴らしい作家などは、なぜ
あのような素晴らしい文や詩が作れるのでしょうか?

例えば歌手の井上陽水さんや私の好きな椎名林檎さん
などは語呂合わせで思いつた詩を繋げてるだけと
言っていましたが作家の人たちも深く考えないで語呂
合わせの様に思いついた言葉を繋げてるだけなので
しょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

興味深い質問ですね。


世間には歌がうまい人、絵がうまい人、楽器を
演奏するのがうまい人などそれぞれ得意なものが
あると思うのですが、私は得意なもの=
自分を表現するものだと考えます。

簡単なことに置き換えれば、ステキな笑顔を作ること
も1つの才能だと思います。もちろん笑うことは
誰にでもできますが、人の心を動かすくらいの
笑顔を作るのは簡単なことではありません。
心から溢れる感情が笑顔になり、それが人の心に
響いたとき、笑顔もまた1つの才能になるのでは
ないでしょうか。

過去に名作を残した作家や、現代の作家も
まずは文章を書くこと、言葉を紡ぎだすことが
その人にとって一番自然な自分の感情を表す
方法だったのだと思います。また、その人たちに
とっての「言葉」とは、笑顔と同じように何も考えず
とも溢れてくるものだったのでしょう。

しかしながら、その素晴らしいと言われる才能も
必ずしも万人に受けるとは限らないと思います。
椎名林檎さんの歌詞はとても深いものだと感じます
が、理解できるかと言えばできないし、私にとっては
ただ難しい言葉を繋ぎ合わせているだけとも
取れてしまいます。それでも林檎さんにとっては
それが自己表現の手段なので、理解されるか
されないかは別の次元なのだと思います。
分かってもらえる人だけに分かってもらえれば
良いのではないでしょうか。

つまり究極の自己表現が才能なのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、そうですね。
林檎さんも語呂合わせで作った詩だけども
結果的には自分の言いたい事が言えている。
と言ってましたし林檎さんと同様に
著名な作家や詩人の方も考えずとも自然に言葉
が思いつくのかもしれないですね。

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/26 17:55

詩人と作家は違うと思いますが(違う、とフランソワーズ・サガンさんは語っています)、作家ですと、私が対談記事などで読んだことがあるのは、


だいぶ前の話なので最近は知りませんが、

山田詠美さん
⇒あまり推敲はしない。ただし遅筆。

よしもとばななさん
⇒お父さんの吉本隆明さんによると相当文章を練っている。これが分からない人はよほど不慣れな人だ、と。
私は軽く書いてるのかと思ってましたよ(笑)、私は「不慣れな人」なんですね(笑)。

村上春樹さん
⇒何度か書き直します。
 書き終えたものは奥様の陽子さんがまず読みます。
 奥様の意見によってラストが変わった作品もあるらしい。


というわけで、すんなり書く人と、推敲を重ねる人といるようです。
なんとなく、推敲する人のほうが多そうな気がしますが。
特に長編なんかになったら、全体のバランスも見ないといけないのだろうし、直しを入れるでしょう。

細かく見れば違いがあるにせよ、詩人や作家は言葉を使うのが得意な人たちでしょう。
足が速いとか、歌が上手い、いい声とかと同じように。

でも技術というのもあるようですよ。
ばななさんは「あの頃の私にはそれを書ききる技術がなかった。今ならもう少しなんとかなると思うんだけど」みたいなことを語っていました。
そのへんは、書いていくうちに発達するものなのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
遅れて申し訳ありません。

そうですね、長編小説の場合かなり練る必要が
あるでしょうね。
色々場面を想像したりしてると面白いですし。
夏目漱石や芥川龍之介は、やはり天才的な作家
だと思いますね。

お礼日時:2006/03/04 22:30

 わたしは、数年前から、つぎのように考えています。


 Aさんに理解できて、Bさんに理解できないような文章ではなくて、
誰にも同じイメージが伝わることが大切ではないでしょうか。
 
 われわれは、誰でも知っている言葉で、他人に伝えようとしています。
 わざわざ知らない言葉を探しだして、語ろうとはしません。
 それには、つぎのようなルールが存在するはずです。
 
 朝食は、ありあわせの材料を、思いつくままに並べたように見えても、
牛乳を温めるかどうか、卵を茹でるか焼くか掻きまぜるか、さまざまの
組合せを、さりげなく選んでいるはずです。
 
 いつもの朝食は、さわやかな詩のようなものだと思います。
 昼食を短歌だとすれば、三時のおやつは俳句ですね。
 もりだくさんの晩餐は、長編小説ではないでしょうか。
 
 そこで、わたしの風変わりな体験をご紹介しましょう。
 かつて、ポスターのヘッド・コピー(十字)に迷ったとき、すべての
キーワードは、辞書のどこかに載っているはずだ、と思いつきました。
 
 そして《広辞苑》の見出しに、すべて目を通してみたのです。
 一分間一ページあたり、一時間に六〇ページ、一日八時間で480頁、
ついに全2400ページを五日間で読破(!?)しました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1989545
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅れて申し訳ありません。
回答ありがとうございます。

確かに誰にも分かるような詩も大切だと思いますね。
しかし、それでは文学的には色々想像出来なくてダメ
だとは言いませんが奥の深い詩よりかは下の評価に
なるのではないのでしょうか??
とは言っても確かに難しいだけじゃなく分かりやす
い詩なども大切だとは私も思います。

お礼日時:2006/03/04 22:27

幼少の頃の養われた感受性によるんでしょうね。


親がどう育てたかとか、環境(良かれ悪かれ)によるんじゃないでしょうか

>語呂合わせで思いつた詩を繋げてるだけと

↑なるほど、言われてみればそんな気も。

有名だけど、自分的には全然良いと思えない詩人もいますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2006/02/26 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の才能と文学の才能は両立しない?

私の友人に、文学・歴史・芸術方面の才能(感性・言語表現能力)は、ほとんど天才的なのに、
数学は苦手という人がいます。
ランボーは数学はまったくダメであったと何かで読みました。
近いところでは江藤淳さんが、やはり数学は苦手であったと記憶します。前から不思議に思って
いたのですが、数学的な才能と文学的な才能は両立しないのでしょうか?両立しないとしたら
それはなぜだと思いますか?

Aベストアンサー

mori0309さんの言われている「才能」というのが何を指しているかが、まずはっきり分かりませんので、いちおう以下のように2つのパターンを考えてみました。

1.「才能」=「天才」
歴史に名を残すほどのレベルの才能について言われている場合。
とりあえず細かい業績はインターネットなり書籍なりで興味があれば調べていただくとして、古代ギリシアの偉大なる哲学者たち(アリストテレスとか)あるいは、中世ヨーロッパの偉大なる哲学者たち(デカルトとかライプニッツとか)は同時に偉大なる数学者でもあります。(世間的にはどちらかというと哲学者の肩書きに重きが置かれていますが。)
万能の人と呼ばれたレオナルド・ダ・ヴィンチもまた、文理両刀の人です。
また、そこまでの天才でなくても、例えば「パラサイト・イブ」の著者、瀬名さんは、東北大学薬学部の大学院生時代にくだんの作品を執筆していますので、まあそれなりとはいえ、文理の才能を兼ね備えていると言えましょう。
要は天才のことですから、「可能」と言えば(ある程度は)何でも可能なのでしょう。ただ、それをやりたいと思わなければ、その天才の能力も世間には公表されずに歴史に埋もれて行くのでしょう。

2.「才能」=「(例えば)東大に行けるレベル」
これなら、私の周りにも何人もいます。ただ、創作、創造と覚えることは全く別物ですよね。このレベルは「覚える」才能がメインなので、対象が芸術、文学であろうが、数学であろうが、興味があればやれる人はいくらでもいます。

さて、しかし、一般的に周りを見渡すと、なかなか文理両刀の人物はいません。
何故かというと、私が思うに、
「興味が持てない」
に尽きると思います。
現代科学によれば、数学的思考(論理)と文学的思考(感情)は左右異なる脳に支配されています。
なので、どっちかが発達すると、もう一方も発達させるのは、凡人ではなかなか難しいのかな、と。
右利きか左利きはいっぱいいますが、両利きはあんまりいないですよね。それと同じことじゃないでしょうか。

mori0309さんの言われている「才能」というのが何を指しているかが、まずはっきり分かりませんので、いちおう以下のように2つのパターンを考えてみました。

1.「才能」=「天才」
歴史に名を残すほどのレベルの才能について言われている場合。
とりあえず細かい業績はインターネットなり書籍なりで興味があれば調べていただくとして、古代ギリシアの偉大なる哲学者たち(アリストテレスとか)あるいは、中世ヨーロッパの偉大なる哲学者たち(デカルトとかライプニッツとか)は同時に偉大なる数学者でもあ...続きを読む

Q僕の文章に才能を感じますか?

以下は僕が書いた文章です。
僕の文章に魅力を感じるか(才能を感じるか)答えてください。

「今日は某社の光回線を販売する代理店の面接に行く。
僕はそこで全てを打ち明けた。言うつもりはなかった。不利になるから。
現職をバックレてること、今までいろいろな会社をバックレてきたこと、人間不信である自分、自分探しを
し続けている自分、学生時代ずっと出会い系サイトで愛を求めていた自分。
そういう話をすると、面接官の方も心を開いてくれたのか「俺も辛くて飛んだこともある」と打ち明けてくださった。
ただ、正直に話してくれてありがたいけどバックレていて宙ぶらりんでケジメをつけていない状態では
採用不採用以前の問題と言われ、面接は終わった。現職の会社に電話してちゃんと自分の思いを伝えたほうがいいとのこと。

この手の人生相談的な話、実は結構好きな人が多い。

この面接の2日前、紅茶の販売のお店の面接でもそうだった。
このような話の展開になったのは、ある質問がきっかけだった。
「なんで現職を辞めようとしているのですか?」
 僕はこう答えた。
「6階の窓の外を眺めているとき、ふと得体の知れない恐怖に襲われることがあるんです。本当にこのままでいいのかと」
 僕は何故こう思ったのかというと、現職では職場の人とはコミュニケーションは最低限取れているけれど、
深いつながりもなくそこに孤独感を感じてるからだ。僕はきっと自分を特別視して大事にしてくれる居場所を探していたんだと思う。
 その方はこう答えた。「人が貴方を避けているのではなくて貴方が人を避けているんだよ。今仕事を変えたところで
また同じ壁にぶつかる。」「まだ6ヶ月しかやってないじゃないか、やれる努力はしたのか?まだあきらめるには
早すぎる」と。

 
 結局仕事を変えてもだめだ、居場所を変えてもだめだ。自分を変えなければいけないのだ。


 皆いろいろ悩み、もがき、苦しんでるんだな、、この手の話が皆大好きなわけだ。」
 


どうでしょうか?
 

以下は僕が書いた文章です。
僕の文章に魅力を感じるか(才能を感じるか)答えてください。

「今日は某社の光回線を販売する代理店の面接に行く。
僕はそこで全てを打ち明けた。言うつもりはなかった。不利になるから。
現職をバックレてること、今までいろいろな会社をバックレてきたこと、人間不信である自分、自分探しを
し続けている自分、学生時代ずっと出会い系サイトで愛を求めていた自分。
そういう話をすると、面接官の方も心を開いてくれたのか「俺も辛くて飛んだこともある」と打ち明けてくださった。...続きを読む

Aベストアンサー

文章力を評価して貰いたいというのであれば、評価して貰うための文章を書かれたほうが良いと思いますよ。
ただ書いてあるだけで何も評価すべきポイントが見つかりませんでした。
文章力を問われて、人物や情景の描写力、言葉のリズムや美しさ、文体の個性などが見えてこなければ評価のしようもありません。

一方で、国語力という意味では全く足りていないと感じました。言葉の意味、時制、接続詞等々もっと勉強された方が良いのではないでしょうか。
勿論、国語力イコール文章力ではありません。日本語の使い方が少々おかしくても、魅力的な文章を書ける人は大勢います。
しかし、残念ながら今回の文章では日本語力しか評価出来ませんでした。
普段から、小説だけでなく紀行文や評論なども読まれると勉強になると思いますよ。


人気Q&Aランキング