しばしありて、前駆 〜 現にはまだ知らぬを、夢の心地ぞする。までの品詞分解を教えてください。
お願いします。

質問者からの補足コメント

  • 宮に初めて参りたる頃です。

      補足日時:2016/04/18 19:20

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

かなり、面倒なことを要求する質問ですよ。

それだったら、自分で書き写すなり、どこかで探してコピーするくらいのことをしてほしいものです。以下はあるサイトで探したものをコピーしました。それをわたし考えで品詞に区切りました。(なお、テキストと違っている可能性があります。それは「底本」の差違です)

 しばし/あり/て、/前駆/高う/逐ふ/声すれ/ば、/「殿/参ら/せ/給ふ/なり」/とて/、散り/たる/もの/取りやり/など/する/に、「いかで/下り/な/む」/と/思へ/ど、/さらに/、得/ふと/も/身じろが/ね/ば、/いま/少し/奥/に/引き入り/て、/さすがに/ゆかしき/な/めり、/御几帳/の/綻び/より、/はつかに/見入れ/たり。/大納言殿/の/参り/給へ/る/なり/けり。/御直衣/・指貫/の/紫/の/色、/雪/に/映え/て、/いみじう/をかし。/柱基/に/ゐ/給ひ/て、/「昨日・/今日、/物忌/に/はべり/つれ/ど、/雪/の/いたく/降り/はべり/つれ/ば、/おぼつかなさ/に/なむ」/と/申し/給ふ。/「『道/も/なし』/と/思ひ/つる/に、/いかで」/と/ぞ、/御いらへ/ある。/うち笑ひ/給ひ/て、/「『あはれ』/と/も/や、/御覧ずる/とて」/など、/のたまふ/御有様/ども、/「これ/より、/何事/か/は/まさら/む。/物語/に、/いみじう/口/に/まかせ/て/言ひ/たる/に、/たがは/ざ/めり」/と/おぼゆ。/宮/は、/白き/御衣ども/に、/紅/の/唐綾/を/ぞ、/表/に/たてまつり/たる。/御髪/の/かから/せ/給へ/る/など、/絵/に/描き/たる/を/こそ、/かかる/こと/は/見/し/に、/現に/は/まだ/知ら/ぬ/を、/夢/の/心地/ぞ/する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

厚かましくて申し訳ないのですが、品詞の種類を教えてください。

お礼日時:2016/04/19 22:57

間違いがあるかも知れませんので、疑問点は質問してください。



 しばし(副)  /あり(ラ変・連用) /て(接助) /前駆(名) /高う(形・連用・ウ音便) /逐ふ(動・連体) /声すれ(サ変動・已然) /ば(接助) /殿(名) /参ら(四段動・未) /せ(助動・尊敬) /給ふ(四段補助動・連体) /なり(助動) /と(格助) /て(接助) /散り(四段動・連用) /たる(助動・完了) /もの(名) /取りやり(名詞化) /など(副助) /する(サ変動・連体) /に(接助) /いかで(副) /下り(四段動・連用) /な(助動・強意) /む(助動・意志) /と(格助) /思へ(四段動・已然) /ど(接助) /さらに(副) /得(副) /ふと(副) /も(係助) /身じろが(四段動・未然) /ね(助動・打消・已然) /ば(接助) /いま(副) /少し(副) /奥(名) /に(格助) /引き入り(複合動・連用) /て(接助) /さすがに(副or形動・連用) /ゆかしき(形・連体) /な(助動・断定・撥音の省略) /めり(助動・婉曲) /御几帳(名) /の(格助) /綻び(名) /より(格助) /はつかに(形動・連用) /見入れ(複合動・連用) /たり(助動・完了・終止) /大納言殿(名) /の(格助) /参り(四段動・連用) /給へ(四段補助動・已然) /る(助動・完了・連体) /なり(助動・断定・連用) /けり(助動・詠嘆・終止ー「なりけり」で連語) /御直衣(名) /指貫(名) /の(格助) /紫(名) /の(格助) /色(名)  /雪(名) /に(格助) /映え(下二段動・連用) /て(接助) /いみじう(形・連用・ウ音便) /をかし(形・終止) /柱基(名) /に(格助) /ゐ(上一段動・連用) /給ひ(四段補助動・連用) /て(接助) /昨日(名) /今日(名) /物忌(名) /に(助動・断定・連用) /はべり(ラ変動・連用) /つれ(助動・完了・已然) /ど(接助) /雪(名) /の(格助) /いたく(形容詞から来た副詞) /降り(四段動・連用) /はべり(ラ変補助動・連用) /つれ(助動・完了) /ば(接助) /おぼつかなさ(形容詞からきた名詞) /に(助動・断定・連用) /なむ(係助) /と(格助) /申し(四段動・連用) /給ふ(四段動・終止) /道(名) /も(係助) /なし(形・終止) /と(格助) /思ひ(四段動・連用) /つる(助動・完了・連体) /に(接助) /いかで(副) /と(格助) /ぞ(係助) /御いらへ(名) /ある(ラ変動・連体) /うち笑ひ(四段複合動・連用) /給ひ(四段補助動・連用) /て(接助) /あはれ(形動・語幹) /と(格助) /も(係助) /や(係助) /御覧ずる(サ変動・連体) /とて(格助と接助との連語) /など(副助) /のたまふ(四段動・連体) /御有様(名) /ども(副助) /これ(代名詞) /より(格助) /何事(名) /か(係助) /は(係助) /まさら(四段動・未然) /む(助動・推量) /物語(名) /に(格助)  /いみじう(形・連用・ウ音便) /口(名) /に(格助) /まかせ(下二段動・連用) /て(接助) /言ひ(四段動・連用) /たる(助動・完了・連体) /に(接助) /たがは(四段動・未然) /ざ(助動・打消・連体ー撥音の省略) /めり(助動・推量・終止) /と(格助) /おぼゆ(下二段動・終止) /宮(名) /は(係助) /白き(形・連体) /御衣ども(名) /に(格助) /紅(名) /の(格助) /唐綾(名) /を(格助) /ぞ(係助) /表(名) /に(格助) /たてまつり(四段動・連用) /たる(助動・完・連体) /御髪(名) /の(格助) /かから(ラ変動・未然) /せ(助動・尊敬・連用) /給へ(四段補助動・已然) /る(助動・完了・連体) /など(副助) /絵(名) /に(格助) /描き(四段動・連用) /たる(助動・連体) /を(格助) /こそ(係助) /かかる(ラ変動・連体) /こと(名) /は(係助) /見(上一段動・連用) /し(助動・過去・連体) /に(接助) /現(名) /に(格助) /は(係助) /まだ(副) /知ら(四段動・未然) /ぬ(助動・打消・連体) /を(格助) /夢(名) /の(格助) /心地(名) /ぞ(係助) /する(サ変動・連体)

good
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とても助かりました。

お礼日時:2016/04/20 21:58

こちらに詳しく載ってますよ!


http://manapedia.jp/text/3622
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ここ私も見たんですけど、しばしありて〜から載ってないんですよ( ; ; )

お礼日時:2016/04/19 01:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q品詞分解 接続 意味

この御子は高木の神の女万幡豊秋津師比売命に御合して「生れませる子」(古事記か日本書記)
「」の品詞と接続と意味をお願いします

Aベストアンサー

No. 1 です。お礼に付属の「ます」についての質問、読みました。お返事が遅くなってしまいました。

確かに、「ます」には、(私が前回の回答に書いた)尊敬の補助動詞の他に、まったく同じ接続と活用をする謙譲の補助動詞(あなたが指摘している)もあります(補助動詞としては、この2種類)。

これについて検討する前に、私が前の回答のときに考えたことを書いておきます。
「生れませる子」について考えると、「生る」は、「生まれる」の意味ですから、謙譲ということはないと思います(「お生まれになった」ということはあっても、「生まれ申しあげた」(うまい言い方が見つかりません)とはいえないような気がします)。ということで、尊敬の意味に取りました。

次に、本題の「ます」について考えて見ます。もし漢字で書かれていたら、「座す(坐す)」(尊敬)と「申す」(謙譲)とで区別が簡単についたのでしょうが、ここでは、「かな」で書かれていますから、文全体の流れ、意味から考えなければなりません。

文全体をみると、”この御子は .... 「生れませる子」”という形になっています。主語(というか主題)の方に、「御」がついていることから、著者にとって「子」は尊敬の対象になっていることが分かります。
”高木の神の女万幡豊秋津師比売命に御合して”、つまり、”高木の神の娘の万幡豊秋津師比売命と結ばれて”「生れませる子」となっています。(このところについては、ここだけでは、高木の神が「御合して」なのか、誰かが高木の神の娘に「御合して」なのかが分かりません。古事記、日本書紀を読んで内容を知っていれば分かることでしょうが。)いずれにしろ、「御合して」は、合した人にたいする(著者の)尊敬を表しています。
全体として、著者が尊敬の表現をしていると考えるのが自然ではないかと思います。

意味から考えると、初めの方に書いたように「生まれる」の謙譲表現は、不自然な気がします。謙譲だとすると、誰が誰に対してへりくだっているのかが分かりません。
行為者がへりくだっているのでしょうか。この場合、行為者は、「生まれた」人ですから「御子」ということになると思います。生まれるという行為(これを行為というかは措くとして)はへりくだることの出来る行為でしょうか。かなり疑問です。
著者がへりくだっている可能性がありますが、その場合は、謙譲というよりは丁寧に近い感覚ではないかと思います。

すっきりした回答が出来ませんが、こんなようなことを考えてみました。はっきり言って
完全に説明できたということは出来ません。最終的には、文全体が尊敬モードで書かれているので尊敬の方がすっきりする、という感覚的なことしかいえません。遅くなった上に、こんな答えで申し訳ありませんでした。

No. 1 です。お礼に付属の「ます」についての質問、読みました。お返事が遅くなってしまいました。

確かに、「ます」には、(私が前回の回答に書いた)尊敬の補助動詞の他に、まったく同じ接続と活用をする謙譲の補助動詞(あなたが指摘している)もあります(補助動詞としては、この2種類)。

これについて検討する前に、私が前の回答のときに考えたことを書いておきます。
「生れませる子」について考えると、「生る」は、「生まれる」の意味ですから、謙譲ということはないと思います(「お生まれになった」とい...続きを読む

Q頼みそめてきの品詞分解

古今和歌集の小野小町の和歌に
うたた寝に 恋しき人を 見てしより
 夢てふものは 頼みそめてき
というものがありますが、その頼みそめてきの箇所の品詞はどのようになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

 頼み(動詞・四段・連用)、そめ(動詞・上二段・連用)、て(助動詞・完了・連用)、き(助動詞・直接過去・終止)。または、頼みそめ(複合動詞)、て(助動詞)、き(助動詞)。

Q品詞分解して下さい

「うき世の塵ののがれがたかなるも」という部分なのですが、
うき/世/の/塵/の/のがれ/が/たか/なる/も
でよいのでしょうか?「たか」は鳥の鷹だと思うのですが、どうでしょう?一部分だけなのでわかりにくいかもしれませんが教えてください

Aベストアンサー

うき世(名詞)

の(格助詞)

塵(名詞)

の(格助詞)

のがれがたか(形容詞「逃れ難し」の連体形「逃れ難かる」が撥音便化して「逃れ難かん」となり、さらに撥音「ん」が表記されない形)

なる(伝聞・推定の助動詞「なり」の連体形)

も(係助詞、逆接で下に続くのなら接続助詞)

以上です。

Q品詞分解

風さそう
花よりも我はまた
春の名残りを
いかに「とやせん」or「とかせん」
「」を品詞分解して頂けないでしょうか

Aベストアンサー

風=名  誘ふ=動 花=名 より=格助詞 も=係助詞 なほ=副詞 我=名(代名)
は=係助詞 また=副詞 春=名 の=格助詞 名残り=名 を=格助詞 如何に=副詞 
と=格助詞(引用) や=係助詞(反語) せ=サ変動詞 ん=助動詞(意思)

「とやせん」を詳しく言えば、「と」は格助詞で心中の思いを引用しています。「や」は反語の係助詞で、(どうしようか、いやどうにもできない)という思いです。「ん」は「「む」と同じで意思の助動詞です。
 分かりにくいところは補足質問してください。

Qいろは歌の現代語訳と品詞分解

今日明日あたりに、古典の第一歩として生徒にいろは歌を教えたいと思っています。ところが、読む本によって訳が微妙に違ったりやけに言葉が難しかったりして、どう教えればよいのか自分の中で消化しきれなくなってしまいました。
そこで、中学生でも簡単に理解できる平易な現代語訳を教えていただきたいのです。それと、品詞分解の勉強にもつかいたいので品詞がどうなるのかも教えていただきたいです。特に「あさきゆめみし」のところを「浅き夢見し」とすべきか「浅き夢見じ」とすべきかのところが知りたいです。どちらが正しいというものではないと思うのですが、「見し」と「見じ」の訳の違いを教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、1000年も前の歌ですので、幾つか解釈の別れるところがある事は教えられるべきかと思います

その中の一つとして、かなり判りやすく書かれていると思われるものをご紹介します
(参考URL)

また、「みし」についてはこの歌全体をどう解釈するかで大きく違って来る語だと思います

-あんなに咲き誇っている花だっていつか枯れてしまうのだから、
どんなに凄い人だってそれがずっと続く訳じゃない、
今日も一日何とかやって来て-
と来て、「あさきゆめみし ゑひもせす」
・酒を飲んだ訳でもないのに、はかない夢なんか見るもんじゃないよ(見じ)
・酔ってる訳じゃないけど、ついつい夢を見てしまう(見し)

最後の解釈の仕方次第で歌の調子がかなり変わってしまいますよね

参考URL:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/6084/iroha.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報