事件事故現場を直ぐブルーシートで覆うのは何故ですか?

A 回答 (3件)

NO1さんに加えてですが、東日本大震災後よく見ましたが


あまりに凄惨な現場を報道等で映されないようにする為。
言い換えれば一般人が目にするとショックが大きいものを
囲っていることも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

いろいろな意味でショックがあるからですか

お礼日時:2017/04/21 12:40

事件とか事故などてブルーシートで囲うのは、悲惨な現場を見せられないと言う観点から、ブルーシートを使って現場を見せないようにしているのです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

分かりました

お礼日時:2017/04/21 12:41

雨風をよけたり、他人が現場に立ち入らないため。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

そうなんですか

お礼日時:2017/04/21 12:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q核爆発が無いのに、同心円の避難区域は何故ですか?

 現在、詳細な放射能汚染マップが知られています。それによると、同心円の避難区域とは無関係に、広がっています。
 もし、放射能汚染を避けるための避難なら、そのマップに沿って、避難地域を設定しなければならないのに、いまだに同心円なのは、どうしてでしょうか?
 素人考えでは、同心円が意味を持つのはただ一つ、兵器と同じ核爆発としか思えないのですが、どうでしょうか?
 でも、分からないのは、原発は物理的に爆発が不可能なはず・・・ですよね。核燃料が現在、制御不能ですが、制御不能になった場合は、場合によっては爆発が起きる可能性があるのでしょうか?
 
 

Aベストアンサー

>いまだに同心円なのは、どうしてでしょうか?

避難地区を同心円状に設定しているのは何の調査もせずに机上の計算だけで設定出来るという簡単さが理由でしょう。
実際の放射線量や放射性物質の飛散量を元にして避難地区を設定する場合、詳細な調査が必要になりますし、SPEEDIの予測結果なども考慮しなければいけないので手間がかかります。
現在の政治家達は、そんなことよりも自分達の影響力を増すための政治ごっこで忙しいのでしょうね。

もし、政治家の手抜き以外が理由で設定されているとしたら、放射性物質の影響を考えていないって可能性かな。
放射線というのは距離の2乗に反比例して減衰するため、距離が2倍離れていれば放射線量は4分の1になるんです。
そのため、単純に福島第一原発から出ている放射線による影響だけを考えて非難区域を設定しているのなら同心円状になるのも分かります。

>場合によっては爆発が起きる可能性があるのでしょうか?

1号機の建屋が吹き飛んだ時のような水素爆発が発生する可能性はあります。
ですが、原子力発電所で使っている燃料は濃度が低すぎるので核爆発をすることはありません。
その理由としては、水素爆弾や中性子爆弾と同じ原理の爆発は原子炉内部では条件が満たせませんし、原子爆弾と同じ原理の爆発には濃度90%ほど必要なのに原発の燃料は濃度数%程度と低すぎるからです。
絶対に起こらないとは言えませんが、限りなくゼロに近い確率だと思いますよ。

>いまだに同心円なのは、どうしてでしょうか?

避難地区を同心円状に設定しているのは何の調査もせずに机上の計算だけで設定出来るという簡単さが理由でしょう。
実際の放射線量や放射性物質の飛散量を元にして避難地区を設定する場合、詳細な調査が必要になりますし、SPEEDIの予測結果なども考慮しなければいけないので手間がかかります。
現在の政治家達は、そんなことよりも自分達の影響力を増すための政治ごっこで忙しいのでしょうね。

もし、政治家の手抜き以外が理由で設定されているとしたら、放射性物質...続きを読む

Q何故、放射線量は瞬間値でなく、積算値が重要ですか

このたびの原発事故で、放射線量が報道されますが、年間被ばく量というように被ばく積算値が判断基準となっており、瞬間値の大小は考慮されていません。毒性重金属のように体内に蓄積されるものならうなずけますが、電磁波のようなエネルギーは蓄積されることは無いように思われますが、何故積算値が重要なのでしょうか? 遺伝子を損傷させる危険度を素人風に考えると、むしろ瞬間値のほうが重要な感じがいたしますが。

Aベストアンサー

もともと自然界には人間が原子力に手を出す前から放射線を出しているモノがたくさんあります。
また、宇宙からも宇宙線として地上には降り注いでいます。

そうしたなかで人間も生活しているわけで、放射線に対する防衛能力と治癒力があります。

人間にとってもともと許容できる範囲を超えるかどうかですので、本来は瞬間瞬間の数値も大切です。ただし現在のように福島第一原発近くにいるなどでなければ、瞬間的に被ばくする量は許容範囲内です。
次に問題になるのが、被ばくによって影響が出る部分と自己回復できる部分のバランスになりますが、これはある一定の期間にどれだけ被ばくをしたかによって変わるので積算量が大事になってきます。

ですから、積算量を管理していけば、一時帰宅のようなことも可能となりますし、マスコミなどで話題になっている放射線量ですが、実際にはこの震災が起こる前にも私たちは飛行機に乗ったり、レントゲンの検査をしたりして影響はあったわけで、数値ばかりに踊らされていると思います。

Q東京電力福島第1原子力発電所の事故は天災か?

東京電力福島第1原子力発電所の事故は天災でしょうか、それとも人災でしょうか?
私の考えは、天災2:人災1です。

地震が発生しなければ、原子力発電所の事故は発生しなかったのでしょうが、各種新聞を読むと、
ディーゼル・エンジンによる非常用電源が動作すれば、放射能漏れ事故は回避できたようです。
東京電力は津波による事故は想定外だったとのことですが、太平洋沿岸の原子力発電所で津波を想定しなかったというのは、あまりに無責任ではないでしょうか。

原子力事故が発生した場合の社会的コストをトータルで考えると、非常用電源を津波や地震から守るためのコストは言い訳になりません。

今回の事故による退避騒動で、病院からスタッフや物資がなくなくなり、死んだ患者さんもいるわけだから、東京電力幹部は、今回の事故で”業務上過失致死”で訴えられても文句言えないと思いますが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

私も2:1ぐらいだと思いますね。

津波を想定してなかったんじゃなく、想定外の津波が来たんですよ。
海抜20mの所にまで津波が来たところもあるぐらいなので、
これを防げっていうのはちょっと無理のある話です。

ただ、第一原発はもともと老朽化を指摘されたこともある古い施設であり、
他の新しい原発が無事だったことも考えるとやはり人災という面もあるでしょう。

Q東京電力福島第1原子力発電所の事故は天災か

東京電力福島第1原子力発電所の事故は天災でしょうか、それとも人災でしょうか?
私の考えは、天災1:人災1です。

地震が発生しなければ、原子力発電所の事故は発生しなかったのでしょうが、各種新聞を読むと、
ディーゼル・エンジンによる非常用電源が動作すれば、放射能漏れ事故は回避できたようです。
東京電力は10mの高さの津波による事故は想定外だったとのことですが、太平洋沿岸の原子力発電所で10mの高さの津波を想定しなかったというのは、あまりに無責任ではないでしょうか。

東京電力福島第1原子力発電所の海岸に余裕をもって30mの高さの防波堤でも作っておけば、今回の事故は防げた可能性が高いと思います。
今回の事故対応で、場当たり的に海水注入を決定し、後から真水注入に方針変更していますが、原発をクールダウンするための真水を貯水するプールさえ事前準備できていなかったことを考えても、東京電力の原発設計の見通しの甘さが分かります。
万一の場合に必要な水は、電力が切れても動作できるよう、手動のバルブ開閉で原発に真水注入できるような仕組みをどうして原発設計段階で考えていなかったのでしょうか。

今回の事故による退避騒動で、病院からスタッフや物資がなくなくなり、死んだ患者さんもいるわけだから、東京電力幹部は、今回の事故で”業務上過失致死”で訴えられても文句言えないと思いますが、いかがでしょうか。

東京電力福島第1原子力発電所の事故は天災でしょうか、それとも人災でしょうか?
私の考えは、天災1:人災1です。

地震が発生しなければ、原子力発電所の事故は発生しなかったのでしょうが、各種新聞を読むと、
ディーゼル・エンジンによる非常用電源が動作すれば、放射能漏れ事故は回避できたようです。
東京電力は10mの高さの津波による事故は想定外だったとのことですが、太平洋沿岸の原子力発電所で10mの高さの津波を想定しなかったというのは、あまりに無責任ではないでしょうか。

東京電力福島第1原...続きを読む

Aベストアンサー

東電の責任は追及されるべきですが、それは「今後の安全に努める」意味からになります。東電福島第1原発は現状での法律や基準での不足はない様子です。基準に適合しているなら、法律上は「無罪」です。しかし、内部告発やいくつかの指摘、危惧を無視してきたことも事実です。また、将来に、向けての安全性の確保は重要な観点です。

しかし、現状での判断は、想定を超える地震規模に対抗できる設備でないことは事実で、その影響で農産物畜産物は当然、地域住民に多大な被害を与えていることは、責任追及の範疇です。

●天災:1、人災:1でよろしいんじゃないですか。

Q福島原発事故は、東京電力に法的責任があるのですか?

政府の枝野さんは、東京電力への批判を強める国民感情などから免責条項の適用はない、と言っておりますが、東京電力はこの判断に必ず従わなければならないのでしょうか?
東京電力が不服とし裁判所に訴え、その結果として免責が適用される場合もあるのでしょうか?

もともと、巨大な自然災害などの場合に電力会社を免責する原子力損害賠償法(原賠法)の例外規定があるのに、事故がおきてから、免責しないなんて政府は決定できるのでしょうか?

また、『原賠法制定当時の国会議事録を精査した結果「人間の想像を超えるような非常に大きな天災地変が起こった場合にだけ、初めて免責を認める」(一九六一年五月の参院商工委員会)といった答弁も見つかり、関東大震災もこうした災害に当たらないとの見解が示されていたことも適用を見送る材料となった』そうですが、関東大震災はマグニチュード7.9で東日本大震災はマグニチュード9.0で関東大震災より大きく、非常に大きい震災とも言えるのではないでしょうか?

お解りになる方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

東電の責任は微妙ですね。
>国民感情などから免責条項の適用はない
と言っている通り、法的に明らかに適用ができないので国民感情から、と言っています。

確かに東電の対応が遅れ気味で、また災害の可能性の指摘を受けていたことも事実ですが、、。

数日前全国の原発の防潮堤の高さと、想定津波の高さのデータが載っていましたが、何も福島だけがそれを下回っていたわけではりませんね。
中部電力の浜岡もそうです。(なのであわてて2m高くして、非常用電源も堤防で囲む決定をしました)
あれだけ東南海地震が来る、と言われていたのに。

つまり対策ができていない(していない)のは東電だけではなく多くの電力会社であります。

この辺は国の責任が大きいと思います。(原子力行政は国が進めていた)

しかし、今東電が 悪者になってもらわないと、国として矛先が自分達に来るのを恐れています。
なので保安院含めて、なかなか前へ出ません。

ここの回答者も、マスコミ、国の誘導をモロに受けているのだと思います。

今回の震災が過去に例を見ないのはだれの目にも明らかですね。
岩手の日本一の防潮堤もダメだったのですから、、。

今回東電が全面的責任を負わされたら、他の電力会社は原発を辞め、全て火力に転換、か今までの数十倍の費用を掛けて、数百年に一度の地震・津波対策をし、電気代を数倍にすると思います。

法的に争う可能性は充分あると思います。
ただ、ある程度の責任は免れない(初動や過去の警告を無視)ので、それでも数千億以上の持ち出しをするので、その辺は国と折り合いを付けていくと思います。(法定闘争までにはしない)

東電の責任は微妙ですね。
>国民感情などから免責条項の適用はない
と言っている通り、法的に明らかに適用ができないので国民感情から、と言っています。

確かに東電の対応が遅れ気味で、また災害の可能性の指摘を受けていたことも事実ですが、、。

数日前全国の原発の防潮堤の高さと、想定津波の高さのデータが載っていましたが、何も福島だけがそれを下回っていたわけではりませんね。
中部電力の浜岡もそうです。(なのであわてて2m高くして、非常用電源も堤防で囲む決定をしました)
あれだけ東南海地震...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報