弊社は中国企業Aの日本法人B(Aの子会社)と取引を行い、弊社製品を中国企業Aの中国国内の顧客(複数社)へ直送する契約となります。このような取引は問題ないのか、また契約時に注意することがあれば教えて欲しいです。
★製品は「電子部品」です、制限や禁止される物でない汎用電子部品です*支払決済はB社→弊社です。
運送費用についてはCIFベースで国内請求(決済)、中国での引き取りは中国顧客が関税、増値税など支払って引き取ります。出荷もとは弊社で引き取りは中国顧客、ただし国内取引となりますので中国顧客との間では支払/決済は発生しません。如何でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

恐らくNCVでは通用しませんよ。


実態が商取引なので、NCVでは虚偽申告になってしまう恐れがあります。

インボイスに記載する単価などをB社と取り決めておけば、エンドユーザーにインボイスを見られても、特に問題ないかとは思いますが。
一方では、エンドユーザーへの販売価格でインボイスを作成すれば、関税や保険が高くなる等、弊害も生じますし、請求経路も複雑化しそうです。
従い、FOBや指定倉庫渡などの契約にした方が有利と言う、交渉材料にはなりそうですね。

ついでに言うと、中国に限らず、欧米などでも、「期日にピッタリ支払う」と言うセンスが乏しいです。
そう言う習慣があるのも、日本人くらいで、むしろ外国は、「期日に支払わない方が偉い」「取り敢えず、少なめに払う」みたいな感覚かも知れません。
この観点からも、可能な限り「国内取引」に落とし込み、主に日本人同士で仕事をした方が良いと思います。
    • good
    • 0

特に問題はなさそうで、あまりややこしく考える必要もなさそうです。



要は、単なる「貴社-B社」の取引なので。
逆に、B社がA社の子会社であることなどは、全く無関係ですが、そう言うところを考えるから、ややこしくなるだけかと思います。

国内取引ですと、製品の納入先が「B社指定場所(他社)」で、受渡条件が「持込渡し」などになり、よくある契約内容です。
取引先が、大手企業の子会社であることも、特に珍しい事例でもありませんし。
納入先がその親会社であっても、何の問題もありません。
それが輸出なので、納入先が仕向国となり、受渡条件がCIFとなるだけです。

ただ、「外資系企業」と言う点や、特にそれが「中国系」と言う点は、注意すべきでしょうね。
たとえば、中国内での受け入れに際し、破損していただのと言われた場合、簡単に現地確認などは行えませんよね?
言い換えれば、CIF契約だと、相手がクレームし放題になってしまう可能性があります。

外資系との契約では、そう言う「罠」が仕組まれているケースも多いし、クレームするのも躊躇しません。
自動車事故でも、加害者が「ごめんなさい!」と言うのは、世界でも日本人くらいで、海外では加害者が被害者に文句(クレーム)を言うのが「常識」なんです。(無論、被害者も黙ってませんが。)

日系企業同士での取引における信義則とか性善説は、通用しません。
すなわち海外や外資系との取引では、「性悪説」で考えておいた方が無難です。

従い私なら、多少は値引きしてでも、FOBとか国内の指定倉庫渡にして、輸出責任,輸送責任はB社に負わせると共に、国内で商品を引き渡した時点で、決済してもらう契約にするかも知れません。
さもなきゃ、輸送時の保険を万全に付保しておいた方が良いですね。

また、最低限、問題があった場合の、適用法規や所管裁判所などは、注意して見ておく必要があります。
国内取引なので、適用法規も日本法を主張し、日本の裁判所にしてくことです。
「中国企業から日本企業が訴えられて、中国の法律で、中国の裁判所が裁く」と言う状況を想像すれば・・。
勝てる裁判でも、勝てる気がしないでしょ?

とにかく性悪説で考えて、「罠はないか?」と疑ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。問題は中国の顧客に対して発送する際のインボイスではないかと思います。インボイスと云っても通関用のNCV扱いになりますが、いくつかの顧客に別々に発送となりますのでその都度NCVのインボイスで通用するのかということです。ご教示いただいた商流に誘導するように進めていきたいと思います。

お礼日時:2017/04/20 15:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q顧客(取引先管理)

会社で、受注(取引先管理)・請求を任されるようになりました。

請求に関しては「わくわく販売管理2」というソフトを使用して行いますが、
このソフトには受注管理機能がついておらず、取引先管理ができませんので
別に管理することにしました。

会社としては、取引先コードで管理がでいればいいようです。

管理できるフリーソフトやエクセルデータがあれば、
教えて下さい。

お願いいたします。

Aベストアンサー

エクセルデータ?

自分で作ればいいのです

顧客管理をするにあたり管理する要素を挙げ
それらがどう連携し
どう集計したいのかがわかれば簡単です
エクセルの基本機能(VBAなど使わないでも)で十分活用できます

他のデータの流用=簡単 と思っているようですが
そんなに甘くありません
どうデータが連携しているかを理解できないと思わぬ落とし穴があります

自分で作るのが一番確実であり安全なのです

Q特定労働者派遣から労働者派遣への切り替えに伴う、財産的要件についてアドバイスを下さい。 弊社には、自

特定労働者派遣から労働者派遣への切り替えに伴う、財産的要件についてアドバイスを下さい。

弊社には、自社開発ソフトウェアの販売を行う開発第1部、SESによる技術者派遣を行う開発第2部、が存在します。
本社要員と開発第2部は『本社』、開発第1部は『開発センター』に勤務しており、事業所としては2つ存在します。

労働者派遣事業へ切り替える上での財産的要件については、下記2つと認識しています。

基準資産2000万 × 事業所数
現預金額1500万 × 事業所数

この場合、弊社が派遣を行うのは開発第2部のみなのですが、開発第1部の社員が勤務する開発センターも事業所とカウントされるのでしょうか。

Aベストアンサー

社会保険労務士の鈴木です。

開発第2部において技術者派遣を運営中であり、開発第1部は販売事業で派遣契約はないという形式であるならば、開発第2部の本社が労働者派遣法でいう1事業所にあたります。
よって、ご質問の回答はカウントは1です。
派遣事業を実際に行う住所地及び法人が派遣の許可をうけるというイメージですね。

以上、ご参考まで。

Q顧客管理について

お世話になっています。
現在、わが社では顧客管理のデータベース整備と、新しい管理システム(今までは、エクセルに思いついたままに入れていました。)の導入を推進しております。
顧客情報としては、
会社名、支店名、所属、役職、氏名、電話番号、FAX番号
を必須条件で入れていくことを考えております。
そしてできれば一人の顧客に対して1レコードで対応したいと考えています。(今までは、重複する顧客もたくさんいました)
そこで、一つ問題が発生しました。
同一人物で、複数の会社に所属しかつ、複数の会社は当社と別々の取引をしているのです。
その方の管理方法で迷っています。
自分として考えているやり方は、
(1案)会社ごとに、別人格の方と考える。
(2案)その個人の情報の項目を増やす。
他にいい方法はございませんでしょうか。

Aベストアンサー

物理的に同一人物でも、取引先として発注・請求など管理の単位が異なるのであれば、(1案)会社ごとに、別人格の方と考える。の方が、自然です。
IDでつなぐと、後々の住所など変更の時に、余計なところまで勝手に書き換えてしまうことがあります。データベースの正規化の原則には反しますが、実用性重視で。

(2案)その個人の情報の項目を増やす。は、項目を殖やすことが特別な処理の増加の原因になるので、止めた方がいいです。

Q決済方法について

こんにちは、起業したばかりの個人事業主です。

私はホームページの制作及び更新管理を行っております。月々の管理費をお客様(法人もしくは個人事業主)からお支払い頂く際に、現状は銀行から振り込んでいただくという方法を取っております。しかし、銀行振込だとお客様に手間が掛かってしまうのでもっと有効な決済方法を取り入れたいと考えております。
対法人もしくは個人事業主から月々の銀行引き落としもしくはクレジットカード引き落としは可能なのでしょうか?
また、その他に有効な方法が有りましたらご教示下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>対法人もしくは個人事業主から月々の銀行引き落としもしくはクレジットカード引き落としは可能なのでしょうか?

可能です。
個人で、銀行口座、クレジットカードが作れますので、個人事業主にも適用できますし、法人でも口座、クレジットカードが作れます。

集金額は千単位・万単位だと思いますので、集金手数料的には、銀行引き落としの方がいいと思います。(法人でクレジットカードは持ってなくても、銀行口座は持ってますので。)

Q貿易決済通貨

日中間はドルですか 日本円ですか 教えて下さい 
     

Aベストアンサー

契約次第です・・どちらもあり。
私は、ドルで行いました。
この方が安価な発注が出来た。
元は銀行が受けてくれないのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報