人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

知り合いからの話なんですが

お店でマットやモップの契約をS社としたのですが
契約書を書いて渡したところ数日してから
S社の営業の方と40代の所長が来て
「契約書を書いてもらったのですがS社で書き方を間違ったので
訂正印を押してください」と言われました

知り合いは
「私が間違ったのではないので訂正印を押すのは間違いを書いた人ではないのですか」
と言ったそうですがS社の所長から「お客様は全員 私たちが書き間違った場所には
訂正印を押していますよ」と言っていたそうです

結局 押したそうですが後日にも同じ契約書を書き間違ったと言われて
計3回も訂正印を押してくれと言いに来たそうです

訂正印とは、この場合は書き間違ったS社の人が押すものではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足コメントへの回答です。



>両方が押すということではなく
>お客が押すのが当たり前でS社の人間は押すことはない

ということは、その契約書というのは、契約の両当事者が記名・押印する形式ではなく、一方のみが記名・押印して相手方へ差し入れる形式の書類ではないでしょうか?(発注書のような書類は、一方のみの記名・押印で差し入れ形式ということもあると思います)

契約の両当事者の記名・押印がある形式の契約書であれば、訂正に際しても両当事者の訂正印が必要なはずですので、お客の訂正印を先にもらって、自社の訂正印は書類を持ち帰ってから押印しているということもあるのではないかと思います。

いずれにしても、書類の形式や関係者間のやりとりも伝聞情報なので、これ以上の正確な回答は難しいかと思います。
    • good
    • 1

訂正印は間違えた人が押すのではありません。


誰が訂正したのかを知るための印ですから、“実際に訂正をした人”が押すのです。
もちろん、訂正を依頼した人でもありません。

間違えた箇所があり、それを質問者さまが訂正をしたのであれば、質問者さまが押します。
S社の人が質問者さまの契約書を訂正したのであれば、ご質問の通りS社の人が契約印で訂正印を押します。

まぁ重要箇所の間違いであれば、書き直すのが一番確実でしょうけど。
    • good
    • 1

>訂正印とは、この場合は書き間違ったS社の人が押すものではないのでしょうか?



契約の両当事者が訂正印を押す必要があります。
訂正後の契約書の内容について、両当事者が合意をしているという意味を表現するためです。

例えば、借用書の金額等を、一方当事者である貸主だけの訂正印で有効に訂正ができたら、相手方の期待を裏切ることになりますよね?

軽微な誤字・脱字等に訂正に備えて、両当事者の捨印を押印しておくことも広く行われていますが、その会社は訂正の都度印鑑をもらう扱いをしているということですね。

この回答への補足

両方が押すということではなく
お客が押すのが当たり前でS社の人間は押すことはない
という意味なんだそうです

補足日時:2015/01/26 16:57
    • good
    • 1

本来、訂正印は契約書等書類を作成した本人或いはその上司が押すものであって


契約者が間違った箇所へ氏名等を記入した場合に於いては契約者本人が押す場合
もあり得る。

第一、間違った書類を作成して契約者に提出事自体が間違っていると思います。

尚、気難しい顧客の場合 その場で契約破棄もあり得ます。そー成らない為にも
契約書作成の段階で細心の注意が必要と成ります。

何処の会社の所長か知りませんがそれで良く所長の肩書きで通りますね
大体、其処の会社の社員教育が成ってないのと違いますか

この回答への補足

知り合いも多くの会社が出入りする会社であり
契約書も頻繁に書くそうなのですが

S社の人が間違うたびに「お客が押すのが常識なんです」といいうように
言われるのが所長への印象を悪くしたそうです

補足日時:2015/01/26 16:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q訂正印の間違い

ある提出書類で親が書く欄で、間違えてしまったので二重線を引き、訂正印を押したのですが、その訂正印を間違えて親のではなく、子供の印鑑を使用してしまいました。
間違えたのは親の欄なのに親の印鑑ではなく子供の印鑑で訂正印を押してしまったのですがどうすればいいでしょうか??
訂正印は押してあればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>訂正印は押してあればよいのでしょうか?

訂正印は「記入者の印」じゃないとダメです。

例えば「連帯保証人氏名(要自筆・要押印)」なら、この欄は「連帯保証人である親が記入者」であり、親の自筆じゃないとダメだし、訂正印も「記入者である親の物」じゃないとダメです。

しかし、単に「保護者氏名・印」のような「自筆が必要であるとの断りがない」のなら、書類の作成者が「記入者」です。この欄は「子供が書いて、親が確認した事を示す、親の印を親が押す」でも可です。書いたのは「書類作成者である子供」ですから、訂正印は「記入者である子供の印」が必要です。

とゆ~わけで「その欄は誰が書くべき欄なのか」で、誰の訂正印が必要か異なります。

因みに「訂正印として、親の印と子の印の両方が無ければ、訂正した事にならない」と言う場合もあります(つまり「訂正したのを認める、当事者全員の確認印」が要る場合もある)

不安なら「親子の印を並べて押しとく」のが良いでしょう。

そういう書類は「捨て印」も要るでしょうし「押印しちゃいけない部分に押印」してない限り、どんだけ押印してあっても大丈夫だと思います。

>訂正印は押してあればよいのでしょうか?

訂正印は「記入者の印」じゃないとダメです。

例えば「連帯保証人氏名(要自筆・要押印)」なら、この欄は「連帯保証人である親が記入者」であり、親の自筆じゃないとダメだし、訂正印も「記入者である親の物」じゃないとダメです。

しかし、単に「保護者氏名・印」のような「自筆が必要であるとの断りがない」のなら、書類の作成者が「記入者」です。この欄は「子供が書いて、親が確認した事を示す、親の印を親が押す」でも可です。書いたのは「書類作成者で...続きを読む

Q契約書の名前の訂正

先日業務委託契約書を作成し、契約を締結しました。
しかし後日気付いたのですが、相手方の会社の代表者名の漢字が間違っていたのです。先方も気付かず捺印してしまったそうです。
印紙の額も大きいので、できれば作り直さず、訂正したいのですが、この場合も通常の誤字脱字の訂正と同じく、訂正箇所に二重線をひき双方の訂正印を押す処理で問題はないのでしょうか。
代表者の氏名という、重要な箇所なので気になります。

Aベストアンサー

http://allabout.co.jp/house/buyhouseshuto/closeup/CU20070315A/
「契約当事者 (売主と買主) が署名・押印をした後に誤字や脱字などが見つかった場合には、改めていうまでもなく 「訂正印で処理をすること」 が原則です」
上のサイトの引用ですが、名前も同じことです。

Q書類に訂正印を押す場合 甲乙両者の印が必要ですか?

書類に訂正印を押す場合、
契約書であれば双方押印しますが
注文書や請書の場合は、書類を発行する側のみ訂正印を押せば良いですか?
それとも甲乙両者の印が必要ですか?

Aベストアンサー

注文書や請書の場合は、一方から他方へ差し出す書類ですから、差し出す者の訂正でかまわないです。
印は、絶対要件ではないですが、訂正したことがわかるようにします。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q請書と契約書の違いって何でしょうか?

契約書は2通同じものを双方押印する書類で
請書は注文書をもらってから、請書に押印する書類名だけで
やり方が違うだけで、内容はどちらも契約書と言う認識で合ってますか?

Aベストアンサー

前後関係等の文脈にもよるが、「請書」と「契約書」とを区別していない文脈であれば、請書は契約書に含まれる。契約書は契約成立やその内容を証するための書面であるところ、請書はその役目を持つためだ。

なお、契約書を「2通同じものを双方押印する書類」と定義する文脈であれば、請書は契約書に含まれない。

Q訂正印について

住所変更に伴い、請求書に訂正をし、訂正印を捺印することになりました。(さしかえできない都合があり、訂正で済ませます。)

訂正印は請求書にあらかじめ押された印(社印、代表者印)ではなく、担当者の印を使うのは、適切でしょうか。

また、訂正箇所が長いので、訂正印を二重線の端と端に押す慣習があるようですが、必ず必要なものでしょうか。

ビジネスマナーに詳しい方のご意見をいただければ、幸いです。

Aベストアンサー

不正な手段を用いて改竄されたものではない、ということが明白に伝わるようにしなければいけませんので、元々の請求書等に用いた公印等と同一のものを訂正印として用いる、というのが鉄則です。
これは、訂正を代表者等が承認・決裁している、ということをもあらわします。
これを担当者印にしてしまいますと、代表者等が承認もしくは決裁していないのにもかかわらず担当者サイドだけで勝手に訂正してしまった、と受け取られかねませんし、のちのち問題になることもあります。十分注意なさって下さい。
なお、訂正印については、行をまたがない限り、訂正箇所の真ん中に1か所押印すれば足ります。但し、慣行があり、確かに、長文訂正箇所では両端に押印します。どちらでもかまいません。

余談ですが、ビジネス文書では修正液・修正テープによる訂正はご法度です。
必ず、訂正箇所に二重線を引いて訂正し、その上に訂正印を押印して下さい。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q履歴事項全部証明書と登記簿謄本のちがい

会社で、ある省庁に登録を行おうとしたことろ、「登記簿の謄本」を申請書類
に添付せよとありました。

この場合、履歴事項全部証明書では駄目なのでしょうか。この2つの違いは?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

従前は会社の登記は紙でできた「登記簿」に記載して行うこととなっていました。

この「登記簿」の全部の写しのことを「登記簿謄本」といいます。
ちなみに一部の写しのことは「登記簿抄本」といいます。

現在、多くの登記所では紙の登記簿ではなく、コンピューター内のデータで記録することとなってきています。

そしてその登記事項の経緯全て(例外もあります)をプリントアウトしたものが「履歴事項全部証明書」です。
現在生きている事項のみをプリントアウトしたものは「現在事項全部証明書」です。

この2種類の証明書が、従来の登記簿謄本の代わりということになります。

ですので、ご質問の場合にも、「履歴事項全部証明書」を添付すればいいということになります。
ケースによっては「現在事項全部証明書」で足りる場合もありますが、履歴事項全部証明書で申請を行う方が安全ですね。

Q代理でメールを送信する場合

営業のアシスタント業務を行っています。
代理でメールを送信する場合について教えてください。
通常 代理でメールを送る際は、始めに「●●の代理で・・・」と記しているのですが、「担当営業が既に作成した文章」を代理で送信する場合はどうすれば良いのでしょうか?
担当営業からは「担当営業の名前」で始まっている文章を渡されています。
添付する見積書に 外出中の上司の承認をもらってから送信するのですが、上司が帰社する前に 担当営業が外出してしまうため、代理でメール送信することになりました。
今回は急いでいたため 自己判断で文章に加筆して送信してしまったのですが、今後のこともあるのでご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お世話になっております。
○○より以下のメールを送信するようにとのことですので
(指示がございましたので)、メール文をそのまま貼りつけて
送らせていただきます。
===========================
(何か線など引いて原文貼り付け)
 ・・・・・・
 ・・・・・・
===========================
以上、よろしくお願い致します。

自分の署名


とこんな感じですかね。

Qエクセル 表を大きく、紙いっぱいに印刷したい

エクセルで表を作りました。
印刷プレビューで確認したところ
用紙に対して表が小さく見栄えがしません。

一つ一ついじればできると思いますが、
簡単に、
用紙いっぱいにフォントも大きくし、表も大きくし、
印刷するやり方はありますか。
教えてください。

Aベストアンサー

CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが)
印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。なお、「拡大縮小印刷」のところに「次のページ数に合わせて印刷をする」というチェックをいれて横1×縦1にしてあげれば自動で拡大縮小印刷ができる場合がありますが、やってみればわかりますが、特に縮小印刷の場合小さくなりすぎたりする場合もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング