Blu-ray Discの表面が曇ったり水滴がついた場合は目で見て分かりますか?その場合は見れなくなる可能性がありますか?

A 回答 (1件)

目視確認できます。


汚れの程度によって、再生時に停止したり、ブロックノイズ/音声停止などの
症状が出ます。

水滴(ジュースなども含む)汚れや、それらが乾いた後の曇りなら、
水洗いしてやれば正常に再生できるようになります。
但し、記録(録画/ダビング)時に汚れていて再生不良になったものは、
復活できません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBlu-ray Discって、見過ぎて見れなくなるとかありますか?そもそも擦切れるとかはないんでしょ

Blu-ray Discって、見過ぎて見れなくなるとかありますか?そもそも擦切れるとかはないんでしょうか(・・?)
あと、巻き戻しとかし過ぎると壊れてしまいますか…?(・_・;

Aベストアンサー

> 見過ぎて見れなくなるとかありますか?
基本的には無い。

> そもそも擦切れるとかはないんでしょうか(・・?)
極僅かで計測できないけど、有る。

レーザー光線=直接見ると失明もありうる強い光、を当てて信号を読み取っています。
物に直射日光を当てていると、そうで無い物より劣化が早いですよね。
同じです。
非常に極僅かでは有りますが、劣化は早まります。
50年で駄目になるのが、毎日見ていたなら、駄目になるのが1日早まるような程度かもしれないですが。

> 巻き戻しとかし過ぎると壊れてしまいますか
Blu-ray Discにはそんな事は関係有りません。無関係な事象です。
ただ、再生する機械の方はその分だけ部品にストレスがかかりますから、故障や寿命が、ほんの少し早くなる可能性が有ります。

QレコーダーにBlu-ray Disc入れっぱなしはよくないですか?一時停止してまた見ようと思ってるん

レコーダーにBlu-ray Disc入れっぱなしはよくないですか?一時停止してまた見ようと思ってるんですが、入れっぱなしは良くないと小耳に挟んだので。。(ー ー;)
1週間くらい放置することもあります。

Aベストアンサー

電子機器の扱い方について、そういう情報を集められるのは良い姿勢だと思うのですが、あと一歩、「何故」が必要かもしれませんね(私も含めて:笑)。

ちなみにですが、私はDVDの黎明期の頃からずっと入れっぱなしですが、入れっぱなしが原因による不具合は起こったことはありません。

ただ、考えられることがあるとすれば、電源ON/OFFのたんびにディスクの確認のためにヘッドがキーキー動きますから、「あれで寿命が短くなるんだ!」と思い込んでいる人がいるかもしれません。

もう一度「小耳に挟んだ」人から理由を聞いてここに再び書き込んで頂けるとありがたいです。

QBlu-ray Discを購入できる海外サイト

海外盤Blu-ray Disc(NTFS方式・リージョンA)を購入できる海外サイトのことでお尋ねします。
日本語字幕入り映画ソフトは販売されているのでしょうか?
また、アマゾン以外で価格が安く安心できる海外サイトをご存知の方お教えください。

Aベストアンサー

下記は、DVD Fantasium (USA・NY)扱いの北米版:日本語字幕付き(Blu-ray Disc)のリスト一覧表(524作品)です
http://www.fantasium.com/titlelist.phtml?category3=4&subtitles=japanese&sort_field=registered_date&small_ca=1&query=yes&PHPSESSID=262714cedda7fa22ad922e7acc08dc7c

QBlu-ray Disc(BD)とHD DVD

DVDが昔のVHSとベータのように、Blu-ray Disc(BD)とHDにわかれると聞きましたが、実際に今発売されているものは、もう2種類あるのですか?
それとも、今後発売されるものなのでしょうか?

また互換性がないと聞きましたが、Blue-rayでTV録画したものを、HDを持つ友達にあげても見られないという感じでしょうか?

DVD初心者でよく分かっていません。
どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

BDのレコーダーはSONY、松下、シャープの順に発売されています。HD DVDは今年の後半を目標に発売されるようです。
レコーダー以外では、来年に発売されると思われるPS3にもBDが採用されています。また、詳しくは覚えていませんが、PC用のドライブも開発が進んでおり、近い将来発売されるはずです。たしか、PCでもBDの方が開発が進んでいたと思います。
ハリウッドの映画メーカーはBD陣営とHD DVD陣営にちょうど半分に分かれていて、ソフトは来年から発売されると見られています。

BDは現在のCDやDVDのような1.2mmのディスクとは違って、厚さは0.6mmです。厚さが薄いため保護層も薄くなり、フロッピーのようなカートリッジ式で発売されましたが、裸のままでも使えると主張しています。また、ディスクの構造が現在のDVDと異なるため、製造するためには新たな設備を導入する必要があり、コストがかかるとされています。
BDの最大の利点は記録容量がHD DVDよりも多いということです。さらに、ディスクに紙を混ぜることもでき、紙の比率が上がればリサイクルも可能にないます。

一方、HD DVDは現在のDVDと構造が同じなので、新たな設備投資が必要なく、移行しやすいのが売りです。また、構造が同じなため現在のDVDとの互換性も確保しやすいという点もあります。ただ、記録容量はBDよりも少なくなります。

ようは、BDは少々高く、カートリッジ式になる可能性があるが、逆に、紙で作ることもできればリサイクルも可、容量も大きい。HD DVDはコストはかからずすぐにでき、互換性も高いが、容量が低いのが欠点になります。

BDはPS3に採用されたこともあり、序盤の再生可能なプレイヤーの比率は高くなるでしょう。ただ、構造上の問題から、レコーダーの低価格化はHD DVDの方が先にすることができます。

規格が決まり、コストや互換性の面で優位なHD DVDの方が、コストや構造上の問題のあるBDよりも優勢と見る見方が多いです。しかし、ほぼ完成されているHD DVDに対して、未だ改良の余地があり、また今までの規格争いでは結局容量が多き方が生き残ることが多いこともあって、BDの方が最終的に生き残ると考える方もいます。

でも結局各専門家の話などでは、同じ18cmのディスクである以上、-RW・-RAM・+RWの規格が1つのドライブでできるようになったように、BDとHD DVDともに1つのドライブで使うことができるかどうかは技術的な問題だけ(物理的な問題ではないということ)で、いづれ可能になるだろうと言っています。

ちなみに、2011年にテレビの地上波がハイビジョンになり、大容量の記録媒体が必要になることから、それまでには(統一されているか、されていないか、あるいはまだ争っているところかは分かりませんが)次世代DVDレコーダーは買いやすい値段になっているはずです。この前年の2010年には、冬季五輪とサッカーのW杯があるため、この時が次世代DVDレコーダーの買い時だと私は考えています。(個人的にはBDの方がいいんですがねぇ)

BDのレコーダーはSONY、松下、シャープの順に発売されています。HD DVDは今年の後半を目標に発売されるようです。
レコーダー以外では、来年に発売されると思われるPS3にもBDが採用されています。また、詳しくは覚えていませんが、PC用のドライブも開発が進んでおり、近い将来発売されるはずです。たしか、PCでもBDの方が開発が進んでいたと思います。
ハリウッドの映画メーカーはBD陣営とHD DVD陣営にちょうど半分に分かれていて、ソフトは来年から発売されると見られています。

BDは現在のCD...続きを読む

QBlu-ray Discの画質についての質問です。

Blu-ray の録画機(DIGA)に「DR」で録画した映画があります。次にBlu-ray Disc(BD-RE)に移動しました。その時、なるべく Discを節約するため「3倍速」で移動しました。次に、収録作品を年代順に並べ直すため、一旦「HDD」に戻しました。(この時点で画質は落ちてしまっていますね。)次に再度「BD-RE」に移動するのですが、その時「画質」の指定せず、「かんたんダビング」をすると、前と同じ「3倍速」画質で移動できますか。ちょっと厄介な話ですが、教えてください。
 なお、Blu-ray Discの中で、映画の並び順を操作することは多分出来ないでしょうね。

Aベストアンサー

>そのフリーソフトの名を教えてくださいませんか。

http://saysaysay.net/rplstool
色々楽しめますが、再生不能になっても良い様な番組で試行を
行う事をお勧めします。

>「BD-RE」→「BD-RE」という移動が可能かということと、

これはさすがに無理でしょう。
DIGA(というか、BDレコーダー全般)にBDドライブが1つしかないので、
一旦HDDにコピー(ムーブ)してから、BD-REにコピー(ムーブ)するしかないです。
その方法が、スレ主さんが今行っているやり方です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報