ビジネスオーナーの肩書きは代表取締役になるのですか?

A 回答 (4件)

オーナーを示す和語、思いつかない。


オーナー、もう日本語でしょう。
プロ野球とか、オーナーが集まって、オーナー会議してるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「社長」か「代表」と名乗ります。

お礼日時:2017/05/17 14:32

>オーナーを日本語の肩書きで名乗りたいのですが、


「所有者」でえぇ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「所有者」だとそのままじゃないですか?笑

お礼日時:2017/05/17 14:17

代表取締役は、法律用語として使うときは、


株式会社だけに認められる。
普通に、個人事業、会社、問わず、企業のオーナー兼代表者なら、
「社長」とか「代表」でいいんじゃないですか。
もちろん株式会社オーナー代表取締役なら、
「代表取締役」でOK。
オーナーなら、「オーナー」でもよいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

オーナーを日本語の肩書きで名乗りたいのですが、その場合は「社長」、「代表」と名乗ればよいのですね?

お礼日時:2017/05/17 14:10

色々でっせ!


株主っちゅう事もありま!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/05/17 14:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経営者・社長・オーナーの違い

経営者・社長・オーナーと言われている人いますね
でも実際は(登記上)何処が違うのでしょう。

例えばオーナーの下に雇われ社長がいたとして、経営者とオーナーの違い、又は社長と経営者の違いよく分かりません。

Aベストアンサー

NO.1です。
>起業してオーナーにはなりたい。けれど経営は、経営学を学んで、そして実績のある人に任せる
このことは可能です。
起業して、過半の資本を出資すれば、「オーナー」と呼ばれる立場です。
たたし、「オーナー」は法律上使われる故障ではありませんから、法的には51%超の株を所有している大「株主」として認知されるだけです。
また、「株主」が「取締役」(登記します)を選び、一般的には「取締役」の内誰かが「代表取締役」となり、「社長」を兼務して経営の指揮を執ります。
従って、経営を任せたい人に、取締役になってもらい、社長職もゆだねればよいだけです。

その時にあなたも傍で見張っていたければ、一緒に「代表取締役」になって「会長」職を名乗って、実質的な経営は「社長」に任せておけば良い、ということです。

Q都内のタクシーの料金って??

都内でよくタクシーを使いますが、毎回不思議に思っていることがあります。
降りる際のお釣りのやり取りなどで後ろに車が渋滞というか、待たせてしまうことがあります。
路上に止まっての清算行為、後ろを走る車やバイクなどには少し迷惑かなと思ったりもします。

初乗り500円のワンコイン、料金の上がり方100円単位 こうすれば、100円未満のお釣りの必要全くなしで、払いやすいし計算しやすいし、精算時の時間も短縮されてドライバーも少しでも次のお客を見つける時間もできるのに…と思います。
今の細かい料金体系どう思いますか?

Aベストアンサー

https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n11189

タクシー運転手のご意見です。
なぜ細かいのかというと、タクシー運転手の歩合制の割合でこのような端数が生まれています。

Q明治時代の女性の読み方を教えてください。

添付の画像は、明治時代に生まれた女性の名前です。
右が母親で、左が娘になります。戸籍謄本に書いてある文字です。
どのように読むのかをお教えください。

Aベストアンサー

右:くら

左:むめ(うめ)

Q跡取りについて困っております

よろしくお願いしますm(__)m

私は2人兄弟の長男ですが、結婚の際、妻は三姉妹で、家を継ぐ者がおらず、弟は父の家業を引き継いでおり、問題もなかったため、私が妻の方に婿入りという形で結婚しました。
少し前のことになりますが、弟が父と確執があり、弟は勘当状態で家を出て行きました。
わたくしの実家は家を継ぐ者がいなくなってしまい、困っております。
私には2人の男子の子供がおり、子供さえ問題なければ、どちらかに私の実家を継いでもらえればと思っておりますが、そういうことは可能なのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

父が孫を養子とすることは、法律上可能です。

しかし、あなたのお子さんが現在何歳ぐらいになっているのかお書きでありませんが、将来になってお子さんが不満に思うことがないよう、禍根を残すことがないよう十分配慮しなければいけません。

養子になるということは、現在 5歳は過ぎているとして、実親と養親双方からの相続権が発生すると同時に、扶養義務も発生します。
実親と養親両方の介護がのしかかってくるのです。

しかも、弟もいずれ仲直りして実家に戻ってくる可能性はみじんもないのか、弟の意向をしっかり確かめておかないと、何年か、何十年か経って叔父と甥の間で家督争いが生じかねません。

一時の感情に流されて軽々な判断をしないよう、十分お気をつけください。

Qこれって詐欺ですか?

これって詐欺ですか?

Aベストアンサー

架空請求の詐欺です。
電話番号があるものは電話番号で検索をすると概ね解決しますよ。
https://www.telnavi.jp/phone/0359246679

Q夏祭りにお笑い芸人や芸能人を呼びたいけど、手配の仕方は?いくらかかる?

商店街の夏祭り・ふるさとまつりを盛り上げたいです。
毎年、素人さんの発表のみでマンネリしています。
そこで、有名~無名なタレント・芸人などを呼びたいです。

初めてなので、手配の仕方や金額など、全く分かりません。
どのような企業?プロダクション?に連絡すればいいでしょうか。

詳しく教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

私も以前同じ状況でした。

私は、ネットで色々調べた結果、芸能イベント会社の株式会社啓企画さんにお願いしましたよ。
http://www.keikikaku.co.jp/

厚生労働大臣許可の国の認可を持っているので、安心できました。
認可を持っていないと、タレント派遣はしてはいけないようです。


東京新宿の会社で、どんな芸能人を呼んだら良いかも分からない状況でしたので、
お客さんや年齢層、どんなイベントかを伝えたら、全てお任せでやってくれましたよ。
本番も大成功でした。
出演料・金額は、¥3万円より無名の方が呼べますよ。
有名人は、まぁまぁかかるみたいですが。

タレントのジャンルも幅広いです。
歌手・ものまね・マジシャン・お笑い芸人・キャラクター・ピエロ・大道芸など。

こういう仲介業者さんにお願いした方が楽でしたよ。
一度、お問い合わせしてみては?メールの返信も早く取引もスムーズでした。

Q委託契約についての疑問

下記のような契約を打診されました。

大まかな内容としては

1.A社の建物の中にB社が店舗を運営する
2.B社が私と店舗運営を委託する契約をし、私が必要な主な経費を負担の上、店舗を運営する
  B社は特に運営に関しての手助けはしない
3.店舗の売上はA社が一度預かり、テナント料を徴収した後B社に回され、B社が固定額のロイヤリティを取った残りが私の取り分となる

 委託契約となるそうなのですが、「仕事を委託される側(私)が、仕事を委託するB社にロイヤリティを支払う」内容となります。何か逆のような気がするのですが、このような契約は普通にあることなのかお教え頂けばと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

A社から見た場合、A-B間の賃貸契約で完結していますが、その後B社があなたに店舗運営を「外注」するということですね?

名称がロイヤルティだろうが何だろうが、要するにB社が自分の取り分をピンハネして残りをあなたに渡すというだけのことです。
結局、あなたが一生懸命稼いだ売上金は、まずA社がテナント料を取って、次にB社がロイヤルティとして利益を抜いて、その残りがあなたの売上になってそこから仕入や必要経費を支払って、最後に残ったものがあなたの利益ということなります。利益的にはかなり厳しいでしょうね。

なお契約にあたっては、あなたとB社間の取り決め以外に、B社があなたに外注することを大家のA社が認めるかどうか(又貸しの禁止条項がないか)を確認しておくべきです。

Q手付金が倍返しなのって当然のことですか。 確かに、相手が取引を中止した後に最終的に貰える金額自体はお

手付金が倍返しなのって当然のことですか。

確かに、相手が取引を中止した後に最終的に貰える金額自体はお互い対称的になりますが

売主は既にその額を貰っているが買主はこれから貰わないといけない、という不確実性の点で非対称性があると思います。

なので経済学的に考えると
売主は「倍返し+α」払う、というルールにしないと不公平な気がしますがどうですか。

(よく考えたら任意規定なので大した問題じゃないような気もしてきましたがよろしくお願いします)

Aベストアンサー

言わんとする趣旨は分からないでもないですけどね。
買い主と売り主では、手付金分のお金を用意しないといけない時期が違うわけで、その間の利子に相当する分は売り主が有利になっている、ってことですかね。

まあ、確かにそういう面はありますが、もともと、手付金というのは、お互いに相手の契約解除を防ぐ目的ですから、解除を申し出た側が必ず損をするような額に設定されているならば、その損が必ずしも完全に対象になっている必要はない、ということかな。

また、売り主が宅建業者、買い主が個人の場合には、売り主は受け取った手付金の保全措置を撮らないといけないので、全額がすぐに使えるわけではありません。

Q好きな人が仕事で自動車免許を取るはずが全然取れなくて明日から移動にきまり、私は涙が止まらず元気が出ま

好きな人が仕事で自動車免許を取るはずが全然取れなくて明日から移動にきまり、私は涙が止まらず元気が出ません。どうすれば元気出ますか?

※ちなみに、仕事は就労支援施設に働く職員なので連絡が出来ません。

Aベストアンサー

好きな人が、自動車運転免許が全然取れないまま異動が決まった。

好きな人が免許取れないまま異動になって、そんなに悲しいの?
運転免許は自動車学校を変えても取得することは可能ですけど。
取得するのを見届けられないのが悲しいの?

それとも、運転免許の話なんか関係なくて、
単に好きな人が異動で勤務先が変わって会えなくなるのが悲しいの?

事情がよくわからないけど。
片想いってそういうものだったりするでしょ。

好きな人が離れて悲しい。 → 何かをしたら元気になれた。

そんな簡単に気持ちを切り替えられるってことは、あなたの想いなんかそもそもその程度の薄っぺらなものだったってことの証明になっちゃいますけど。

悲しい気持ちが落ち着くまで、普段の生活を繰り返しましょう。

Q50年前に売却した土地でもめています

祖父が50年前に20万円で売却した農地(120坪)をめぐって、今もめています。

土地関係に詳しくないので箇条書きでまとめます。

・買った側の方が本登録をしていなく、50年間仮登録だったため
固定資産税を50年間祖父が支払っていた。(今現在も)

・買った側の方のご本人は亡くなっていて、息子さんがその土地を相続している。(仮登録のまま)

・買った側の息子さんが祖父に「本登録してうちの土地にしたい」と申し出。

・祖父は少々痴呆も始まっているため、祖父の娘である私の母が対応。

・母は50年間分の固定資産税と手数料(50年間税金を納めた手数料?)をいただければと返答。

・50年間で支払った固定資産税は昔のこともあり多分少ない(15万円ほど?)(母の推定)

・50年間固定資産税を支払った手数料(母と姉で相談して15万円)の合計30万円でどうかと返答。

・買った側の息子さん曰く「30万円も払えない。合計で20万円なら払う」とのこと。

・なぜかここで2年ほど連絡が途絶えます。

・一ヶ月ほど前にまた買った側の息子さんから連絡があり、「その土地を200万円で買うか、農業用地として整地してくれたら固定資産税15万円を払って本登録をする」と言われました。

・200万円の根拠は「50年前の20万円はおそらく今の200万円だから」だそうです。

・息子さん「農業用地を買うと約束したのに現在は雑木林になっているので、知り合いに整地してもらう。費用は100万円ほど払ってほしい」とのこと。

・土地を見に行ったのですが、地面は平らになっており、そこに50年かけて木が生えたといった感じです。

・おそらく(想像でしかないですが)50年前は整地されていたと思います。

・こちら側は売った土地なので、勝手に手をつけてはいけないと思い放置。あちら側は本登録をしていないし固定資産税を払っていたこちら側が土地を管理していなかったのが問題なので、農業用地として整地を要求。

・その方は少し遠いところに住んでいる農家の方で『農業用地』であれば土地が買えるそうです。

・しかしその土地の農業組合の上の方?からは、「そんな遠いところに農業用地を買ってどうする、通って農業するのか」と言われているそうです。

・なので本音としては「200万円で土地を買ってほしい」のだと思います。


GWに帰省した際に母からざくっと聞いた話なので曖昧ですがこんな感じでした。
母にはまず現在の土地の評価額を聞くこと、整地の正確な費用を見積もってもらうこと、
などを言ってきましたが、最悪弁護士をいれるなり法テラスに相談しては、といったのですが
それだけは嫌だと言っていました。

私は実家から離れて遠くで仕事をしているので直接役所に行くことができません。

この場合、200万円を払って土地を買わなければいけない可能性はどれくらいなのでしょうか。
なんだかこちら側ばかりがお金を払う感じになっていますが、たしかに過去に20万円受け取っている以上仕方がないのでしょうか。


補足ですが、この土地に関しての書類はほとんど残っていないそうです。
20万円で売った、買ったも口上でしかなく、(でも双方が言っているのでおそらく事実)。
役所に届けた仮登録の書類?以外は一切の書類が残っていない状況です。


こちら側の土地として戻ってきてもいいし、あちら側の土地になってもいいくらいの、ど田舎の雑木林ですが、できればそんな大金を払わず解決したいです。
(多少のお金の支払いなどはやむを得ないとは思っています)


なにかもっと調べた方がいいことやアドバイスなどありましたら教えていただけると助かります。

祖父が50年前に20万円で売却した農地(120坪)をめぐって、今もめています。

土地関係に詳しくないので箇条書きでまとめます。

・買った側の方が本登録をしていなく、50年間仮登録だったため
固定資産税を50年間祖父が支払っていた。(今現在も)

・買った側の方のご本人は亡くなっていて、息子さんがその土地を相続している。(仮登録のまま)

・買った側の息子さんが祖父に「本登録してうちの土地にしたい」と申し出。

・祖父は少々痴呆も始まっているため、祖父の娘である私の母が対応。

・...続きを読む

Aベストアンサー

「買った側の方が本登録をしていなく、50年間仮登録」との事ですが、まずこの既述からして「未確認事項がある」ことがわかります。
土地問題ではまず「不動産の登記簿」を確認すべきです。
売買契約が成立していての所有権移転の仮登記(登録ではありません。登記です)なのか、もっと別の仮登記なのかを登記簿謄本(法務局で保存してるのが登記簿、その写しが謄本)しなくては、話は「たぶん、ああだろう、こうだろう」の域を出ません。

仮に専門家に相談する場合でも「登記簿を取ってきてください」と必ず指示されます(あるいは、その専門家が法務局で登記簿をとる)。
電子化がされてますので、近くの法務局で日本中の登記簿がとれます。現地の法務局まで行く必要はありません。
まずは「登記簿には、なにが仮登記されてるか」を確認してからです。

私見ですが、以下。
所有権の移転は契約成立時に完了します。
不動産の登記は「それが自分のものである」と第三者に対抗するためのものです。これを対抗要件と言います。
買った不動産の所有権登記をしないと、第三者には「私の所有物です」と言えないのです。

本例では「売った人」と「買った人」同士ですから当事者です。
当事者ということは、売った人は「自分のものではない」認識があり、買った人は「おれもものだ」認識があり、その状態で所有権仮登記あるいは売買予約などの登記があり、50年経過しているというものでしょう。

これは「時効」という面から考えることもできるでしょう。
「売ったので、おれのものではない」という売主が、その後も何十年と通知される固定資産税の納付しつづけていたのはなぜか。
通知が来るから納付してた、のでしょうが、それにしても「おめでた」すぎます。
買った者がなかなか本登記しないので、もう要らないってことかな?と思い自己の所有物として所有していたと言う理屈もつけられます。

失礼ながら、農協の方のなさってる「農業手帳」の確認は、違うレベルの話を進展させようと言う気持ちが推測されます。
それは、相手が農業者ではなければ、農業委員会の許可なく農地買取ができないので、売買契約が成立していないとして、所有権移転登記の仮登記などを無効としてしまう企画です。
「その土地は元の持ち主のものだ」「売買は無効」という主張をしたい場合に補助的な資料として「相手が農家であるかどうか」を持ち出すわけですから、今回の事例の処理には役に立たないのではないかと感じます。

私は、過去に負担した固定資産税の精算をしてもらい、所有権の本登記をしてもらう方針がベターだと思います。
お相手が20万円ですか、払うというのも、法的には負担すべきものではないと思います。
なぜなら、固定資産税の通知が来た時点で、新しい所有者に「これ払ってくれ」と連絡するなり、納税の都度「こちらで負担した額の支払い」を請求しておくべきだったからです。
そしてこの請求権は、最長20年で時効消滅してしまいます(除斥期間を経過している)、50年間分の固定資産税はいくらだと試算することは、あまり意味がないのです。

気持ちの中で「固定資産税をこちらが払ってきたんだから全額欲しい」というのはわかりますが、本来相手に請求できる「権利」を行使しなかった落ち度があるのは売主側です。
というわけで「お相手がこれだけ払う」という額を「はい、ありがとう」と受け取り、本登記をするための手続きには同意するようにされるのがよろしいと思いますが、いかがでしょう。

「買った側の方が本登録をしていなく、50年間仮登録」との事ですが、まずこの既述からして「未確認事項がある」ことがわかります。
土地問題ではまず「不動産の登記簿」を確認すべきです。
売買契約が成立していての所有権移転の仮登記(登録ではありません。登記です)なのか、もっと別の仮登記なのかを登記簿謄本(法務局で保存してるのが登記簿、その写しが謄本)しなくては、話は「たぶん、ああだろう、こうだろう」の域を出ません。

仮に専門家に相談する場合でも「登記簿を取ってきてください」と必ず指示...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報