海外のファッションに興味があります。

画像のような綺麗めなファッションって、日本はもちろん、台湾のドラマでもこんな感じの服を着ていたし、韓国の通販サイトでもこんな感じの服はあるのに、他の地域では見ないです。(私の知っている限りです、他の国もあるかもしれません。)

ヨーロッパはファッション先進国が多いのに、カジュアルな格好が多い印象です。ヒールも普段は履かないらしいし…。

ヨーロッパ(主にフランス、イギリス、イタリア辺り)の方が綺麗めなファッションをしないのはどうしてでしょうか?また、日本、台湾、韓国などでは綺麗めなファッションがあるのは、ヨーロッパとどう違うからだと思われますか?(例えば、ヨーロッパは治安が悪く、日本などは治安が良いから、など)

よろしくお願い致します。

「ヨーロッパのファッション、日本との違い」の質問画像

A 回答 (5件)

欧米では、日本を含めたアジアのようになっていないのはいくつか理由があります。



・治安が悪いから
 よく「パリで日本人が着飾って歩いていたら、確実に襲われる」といわれます。現地の人はそういう格好をしないからです。南米の話ですが、女性たちはほぼ100%タイトジーンズをはいています。理由は「襲われても脱がしにくいので時間がかかるから」らしいです。本当かどうかは分かりませんが、少なくともスカートを履くときには、車利用や、ホテルんぼ部屋からパーティ会場に移動できる時ぐらいしか履かないでしょう。

そういう日本との比較を話しているアメリカ人女性の動画

ちなみに、道路や店などで、欧米人男性が女性に失礼なことを平気でいえるのは、それだけ「男性優位の社会」だからです。

・男性優位社会だから
 欧米は男女平等が進んでいる、と思われていますがそうでもありません。仕事に対する平等や不公平感は日本よりも少ないですが、元々「男性優位社会」なのです。
 なにが男性優位なのか、というと「消費行動が男性優位」なのです。ひとつには「20世紀初頭まで、女性に財産権がなく自分の好みで所得を使うことができなかった」ということがあります。女性は子供同様「男性の保護にあるもの」だったので、いまでも欧米男性は女性を下に見ます。それは日本の男女差別とはぜんぜん別の次元なのです。

ですから、女性には小遣い程度しか与えられず、自分で好きな消費をするということは20世紀までありませんでした。それが、いまだに続いていて、日本に比べて「女性がおしゃれをする余地」があまりないのです。
 昔は(貴族は別ですが)一般的な庶民の女性が「カワイイ服がたくさん売っている場所」とか「小物がたくさんあって、お気に入りの場所」というのはそもそも存在しなかったし、女性がカワイイと思って選んだ服でも男性から見て「煽情的である」とか「みっともない」と思われれば、買うことができなかったのです。

 ですから、治安の問題と合わせて、庶民的な女性が「おしゃれをたのしむ」と言う文化そのものが日本に比べて低レベルなのです。

ひとつ、例をあげるとすれば日本の「100均」と欧米の「100均」の比較がいいと思います。日本の100均は実用的なものから「カワイイ」ものまでたくさん種類があります。1店舗でおよそ数万点の品数がそろっていますが、欧米で一番有名なフラングタイガーでも数千点しか取り扱いがありません。

そして、フライングタイガーに行ってみると分かるのですが「カワイイ」ものがあまりありません。欧米的な「かわいさは日本と違う」という点はあるにしても、ちょっとしたかわいいもの、たとえばゴミ箱にハートマークを付けてかわいく見せる、というようなものはほとんどないのです。それは消費の主体である男性が理解できないから、です。

・洋服は元々、西洋のトラディショナルだから
 服に限らず、トラディショナルなものは変革するのがとても難しいです。たとえば、寿司は外国で人気になって、日本ではありえないようなバリエーションが生まれました。巻きずしを油で揚げるものまであるのです。日本人には絶対に考えられないでしょう。
 逆に、スパゲッティやピザは日本はアメリカなど世界中でいろいろなアレンジがあります。本場のイタリア人に言わせると「マヨチキンピザなんてありえない」「パイナップルを載せてハワイアン風なんてやめてくれ!」といいます。
 ま、日本人でも「マヨチキン巻きずし」とか「パイナップルを巻いた、ハワイアン風巻きずし」なんて理解できないでしょう。

服も同様で、西洋には服の決まった着こなしがあります。そのため「服の決められた形」から逸脱するのが非常に難しいのです。
着物もそうですよね。これだけ縫製技術が発達し、普段は洋服を着ているのに、着物は着やすくもならないし、奇抜なものもほとんど出てきません。でもアメリカに行くと「日本風のkimono」がとんでもない形になっていたりします。
参考 アメリカン・ミュージック・アワードでのケイティ・ペリーの和服
https://matome.naver.jp/odai/2138547421897376801

この写真をみてほとんどの日本人が「こんなに足が出るのは和服じゃなくてチャイナドレスだ!!」と思うでしょう。
でもトラディショナルな縛りがなくなったら、こういうことになるわけです。

日本やアジアは洋服にトラデッショナルなマナーなんてありませんから、どんなでサインでもあり、ということになっていくのです。

・階級社会だから
 意外に知られていませんが、欧米はいまでも「階級社会」です。昔と違って、この階級から別の階級に移ることができない、というわけではありませんが、大別して企業家(資本家)階級・学者階級・ホワイトカラー階級・ブルーカラー階級があります。たとえば学者階級だと「学問に対してストイックで、常に探求心のある行動や選択」が求められます。

これは、村上春樹氏のエッセイに書かれていたことですが「アメリカの学者は、車は欧州車がベストで日本車はOK、酒もビールならハイネケンなどの欧州製で間違ってもブルーカラー向けのバドワイザーなんて飲んではいけない」というようなことになっています。

したがって「着飾る必要の無い庶民がおしゃれをしてどうする」という意識があり、庶民が着飾るということは「男を誘惑したい=娼婦」ということになっていくのです。欧米ではミニスカートにハイヒールは間違いなく「娼婦の服装」なのです。

そういう視点から見た時に、質問者様が提示している写真の服装は欧米人には理解できません。

フリルがついた7分丈の袖の服は色が落ち着いていて上品なのでホワイトカラーから企業家クラスの奥様が好む感じですが、下はタイトなミニスカートにシースルーというやや煽情的な感じで、パーティ用にしては地味、かといって普段のお出かけようには派手、となるでしょう。

少なくともブルーカラーの女性たちはこういう格好をしませんしすればスノッブ(気取っている)と、道行く男性に揶揄されてしまうでしょう。

日本は江戸時代以前から「女性が自分たちの欲しいものを自分で買えた」国です。女性のほうが男性より消費に対して旺盛なのは当然ですが、そのために「女性が好む小物屋」などが発達したし、着物でも柄や色合いなどが女性自身の好みによってどんどん変化していきました。
 ですから今でも「好きな服を好きなように、好きな時に着て何が悪い?」ということになります。治安の問題もまったくない、わけですし、日本の男性が「ねーちゃんスカート短いね。俺のこと誘ってる?」なんて言動は普通しないでしょう。

ですから、女子高生がどれほど短いスカートを履いても、シースルーの服装でも「何も問題ない」のです。

ただ、欧米の10代の若者の服装の露出はむしろ激しいです。これは「保護された環境にいるからできる」という部分も大いにあります。10代ならほぼ親の保護の元にありますし「子供だから許される」奇抜なファッションもあるからです。
大人になるとトラデッショナルな制約と治安上の理由から、服装が地味になっていくのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。非常に興味深く読ませて頂きました。質問してよかったです。

お礼日時:2017/07/14 08:45

ヨーロッパや北米は、強い女性が好まれ、日本みたいな女子力が高い甘い服装やRAY.、NON-NOの様な清楚系のファッションが流行らないから。

「ヨーロッパのファッション、日本との違い」の回答画像5
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/07/14 08:46

米国在住です。



ヨーロッパは、ファッションの発信元であるにもかかわらず、一般女性が普通に洋服を選ぶ場合、流行に関わりない、定番を着ていることが多いと思います。消費文化ではない、ということだと思います。他には、都市部でも、石畳が多いので、写真のようなハイヒールは危ないです。

写真の上下は、アメリカ的だと思います。ベルスリーブと、短いスカートの上にレースやチュールを重ねるのも、実際に、たくさん着ている人がいます。靴の色は良いですが、ハンドバッグがちょっと暗いかも。

日本と同じで、アメリカは消費社会ですので、はやりのものを、どんどん買って、いらなくなったら、寄付したり、売ったりします。

日米のファッションの違いは、日本では、体より大きめの服で体形を隠すように着こなすのに、アメリカ女性はは体の線を出すように心がけます。。。スタイルの良い人の話ですが。。。太った人が多いので。

種類がたくさん出ています。只今、夏のセール中です。

http://www.neimanmarcus.com/search.jsp?from=brSe …

http://www.neimanmarcus.com/search.jsp?from=brSe …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2017/07/14 08:44

画像のようなファッションなら、それを売りにしているブランドが世界中にあります。


minimal, simple, clean等のキーワードにfashionを付け足して画像検索すれば色々出てくると思います。

ですが、貴方が目にしているのはTVやネットや雑誌の中の虚構の世界です。

普段着でこのような格好をする人はファッションにこだわりを持つ人に限られています。
実際はどの国でも普段着にこだわりを持たない人、普段着にお金をかけない人が大多数です。

一方、TPOもあります。欧米だとその中には服装だけではなく化粧も含まれています。

その点で言えば日本人女性は観光先でもメイクを欠かさず、
ですが彼らにしてみれば何故そこまでこだわるのかが分からないようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに海外ではファッションにあまりお金をかけないそうですね。だからでしょうか。

お礼日時:2017/07/13 00:12

わかります……!


好きなブランドがフランスのブランドなのですが、こういう画像の服、ないです。

あくまで私の感想?ですが、外国…欧米は白人だけでも髪の色がカラフルですよね。ブルネットの人もいれば赤毛もいるしブランドもいるし。そういう多様性の中に生きていて、自分のもっている素材を意識していたら、元々の自分を活かすシンプルなファッションに落ち着くんじゃないかな。
あと、アジア人は童顔だからこういうファッションをしてやっと大人だけど、欧米人は元々若くても大人っぽいので、日本人が着たら子供っぽくなっちゃうようなファッションもちょうどよく着こなせるのかな、と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

共感して頂いてありがとうございます。考察、興味深く拝見致しました。ありがとうございました。

お礼日時:2017/07/13 00:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大型連休羨ましい!海外旅行してみたい。 大人5人。ヨーロッパ旅行いくらかかるかわかりますか?

大型連休羨ましい!海外旅行してみたい。
大人5人。ヨーロッパ旅行いくらかかるかわかりますか?

Aベストアンサー

以下のようなサイトでツアー(添乗員同行の物)や航空券とホテルがセットになった旅行商品を検索して見られると簡単にわかります。
人数、行き先、出発日、旅行日数などを指定して検索してみて下さい。

http://www.tour.ne.jp/

日本のゴールデンウィーク、お盆安み、年末年始などはお高いです。
また金曜、土曜出発も高いかと思います。
あと、一口にヨーロッパと言っても国によって物価がかなり異なります。イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、北欧(デンマーク、ノルウェイ、スウェーデン、フィンランド)などは高いですしスイスは更に高い。対してイタリアは少々お安めで、バルト3国やブルガリアやルーマニアは安い。

参考まで。

Q【人種差別】外国において日本人は差別を受けやすいか【日本人】

佐藤琢磨選手がインディで初優勝を果たしたことに対して、
アメリカの記者が差別発言を行い解雇されました
日本人として、このような差別が行われていることは、
大変悲しいことです

外国において日本人(東アジア系黄色人種)は、
やはり差別を受けやすいのでしょうか?

外国生活や留学を経験された方、
実際受けた差別経験などありましたら教えていただけませんか?

Aベストアンサー

差別というのは,人間の根源的な本能でもあります.あえて言うと,生活や生きるための,競争を踏まえた生存本能に根差しているのでしょう.
差別とは,自分の快適な環境を保守的に守りたいための,外敵への防御意識の表れでもあります.
かつて,日本では米国人を賛美する傾向が如実にあったことも知られています.第二次大戦後ですね.
その結果,日本人は劣等感を無意識に抱くようにもなりました.食料不足の状況で,米国が大規模な援助をしてくれたこともあります.

回答へ追加された補足コメントに「ご主人がアメリカの方なんですね、素敵です」とありますが,なぜ素敵なのか理由を示されていません.
これが,同じアメリカの方でも,白人なのか,黒人なのか,で印象がまったく変わったりするのはなぜでしょうか?
黄色人種のアメリカ人なら?日本人には,黒人と握手するのを嫌う人もいます.

差別は人種だけが原因でもありません.いじめもアメリカに存在します.これらが人間の動物本能だとして,それをどのように意識しながら社会と付き合っていくのか,大きなテーマではあります.

Q現在大学1年生で、9月に一人でロンドンへの3〜4日の一人旅行を計画しています。 目的は観光ではなく、

現在大学1年生で、9月に一人でロンドンへの3〜4日の一人旅行を計画しています。
目的は観光ではなく、ミュージカル オペラ座の怪人を観に行くためです。現在ファントムを演じていらっしゃる俳優さんが9月の中旬に役を演じ終えるので、それまでに絶対に行きたいと思っています。

一度も海外旅行、ましてや丸っきり一人で日本の中のどこか遠くに行ったことがありません。
英語については不安はさほどありません。コミュニケーションが心配ですが、リスニングとリーディングでは力があると言えるくらいの英語力はあります。

親からはやんわりと反対されているのですが、いざとなれば協力してくれるであろう状態です。

18歳で一人で初めての海外旅行でロンドンに行くのは、無謀でしょうか?
もし未成年の時に海外旅行に行ったことがある方や、海外旅行で知っておいたほうが良いことを教えてくれる方がいたら回答お願いします。

Aベストアンサー

長文になってしまったので最初に要約を書きます
A.航空券、ホテル、ミュージカルのチケットはさっさと取ったほうが良い
B.入国管理はうるさいので準備要
C.市内移動法を事前に知っておいたほうが良い
D.UK支払い事情を事前に知っておいたほうが良い
E.航空券は値段だけでなく所要時間や航空会社の定時性も考慮して買ったほうが良い

A.肝心なミュージカルが見れなければ渡英する意味もないことになりませんか。
航空券の目安は付けておいて、私ならお目当ての俳優さんが出演する公演のチケットを事前に抑えます。

英語に不安が無いとの心強い文章があるので、バンバンリンク貼ります。
Phantome Of Opera
http://uk.thephantomoftheopera.com/

B.大学生と言うことは18歳以上ですか?(そうでなければ保護者の同意書が必要になります)
英国は入国審査が厳しい国として有名です。概略は外務省の海外安全ホームページをご覧ください
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=154#2
英国政府のVISA無し渡航条件の見解は、以下サイトで適切な物を選んで調べてください。
https://www.gov.uk/check-uk-visa

日本籍で観光目的(ミュージカル鑑賞は↓の回答者さんがご指摘の通り立派な観光です)の場合こう出て来ます。
You won’t need a visa to come to the UK
However, you should bring the same documents you’d need to apply for a visa, to show to officers at the UK border.

そのDocumentsをさらっと見ておいてください。
要はVisitor扱いしてもらうための書類が必要です。ご存じの通り英国は移民以外にも不法滞在に厳しい国です。

PDFのリンクVisitor: supporting documents guideにあるbank statement
(西欧の銀行は通帳が明細書方式なので、日本語で言うと残高証明書に当たります)を
持って行く必要性はあまり感じないですが、
1.ロンドンでの宿泊施設予約確認書(英文)
2.4日以内にUKから外国へ抜ける航空券の控え(今時はE-Ticketの控えというメールかPDFです)
3.ロンドンに観光するという強い味方としてオンラインで取ったミュージカルのチケット
この3つを見せればまず入国審査は問題ないと思います。

C.ロンドン市内ですが、Oyster CarというICカードを作らないと
地下鉄やバスの1回乗車券が途方もない値段です。
Transport Londonの最低このページあたりをご覧になっておくと良いと思います。
https://tfl.gov.uk/travel-information/visiting-london/

D.英国ポンド現金は日本で両替するとかなり目減りするので、UKでしたほうが良いのと
クレジットカード(VISAかMASTERのICチップ入り)をお持ちになると良いと思います。
学生さんならさほど限度額があるとは思えないので、宿泊費をどうするかはお任せするとして、
現地ではできるだけカード払い(案外なんでもカードで払えます)にできるものはしたほうが良いと思います。
スリ置き引き引ったくりは、欧州大都市には普通に存在します。彼らがいることを治安が悪いとは言いません。

E.東京(羽田/成田)なら直行便があります。ご予算によりますが直行便が楽です。
場所的に、ご予算的に経由便になる場合、できるだけ欧州経由をお勧めします。
韓国や中国、中東経由にすると安くなりますが、前者はセキュリティやフライトの定時性の問題、
後者は純粋に所要時間の問題からあまりお勧めではありません。

楽しんできてください。

長文になってしまったので最初に要約を書きます
A.航空券、ホテル、ミュージカルのチケットはさっさと取ったほうが良い
B.入国管理はうるさいので準備要
C.市内移動法を事前に知っておいたほうが良い
D.UK支払い事情を事前に知っておいたほうが良い
E.航空券は値段だけでなく所要時間や航空会社の定時性も考慮して買ったほうが良い

A.肝心なミュージカルが見れなければ渡英する意味もないことになりませんか。
航空券の目安は付けておいて、私ならお目当ての俳優さんが出演する公演のチケットを事前に抑えます。
...続きを読む

Q専属ガイド(通訳)付き海外旅行について

行先などで大きく異なるとは思いますが、ざっくりと教えてください。

ヨーロッパ各国3~4週間(ツアーではなく自分で行きたいところを決める)
ホテルのランクは、日本のビジネスホテル程度(バックパッカーの利用するような相部屋や、設備が壊れてても文句言えないようなところではない、程度)
専属の通訳兼ガイド(日本人)1名
飛行機は日本―ヨーロッパがビジネスクラスで、ヨーロッパ内の短時間移動はエコノミー
特別高級な食事はなし
1名(ガイドと合わせて2名)

この条件で、ざっくりいくらくらいお金がかかるでしょう?
100万では全然きかないですよね……?

Aベストアンサー

>飛行機は日本―ヨーロッパがビジネスクラスで、ヨーロッパ内の短時間移動はエコノミー

欧州系で比較的安い航空会社で、日本~ヨーロッパのビジネスクラス(正規割引運賃)往復が、オフシーズンでも40万円~50万円からです。安い中華系航空会社を使うなら、もっと安く済むでしょうが。
ヨーロッパ内の航空券代は、どれくらい長距離移動するのかによって大きく変わります。まあ、少なくとも飛行機代だけでも最低50~60万は見積もった方が良いのでは。

>ホテルのランクは、日本のビジネスホテル程度(バックパッカーの利用するような相部屋や、設備が壊れてても文句言えないようなところではない、程度)

日本のビジネスホテルは、実はかなり高コスパで優秀な宿泊施設です。ヨーロッパ、特にEU各国の観光地や大都市では、日本のビジネスクラス程度の設備の平凡なホテルでも、最低のオフシーズンで60ユーロ、物価の高い都市ならば100ユーロはします。周辺で見本市やイベントに重なると、その時期だけ2倍以上高騰することもあります。
ちなみに日本のようなシングル設定は少なく、たいてい2名定員の部屋を1人で「1室いくら」で留まることになります。したがってひとり旅は割高になります。
物価の高い都市と安い都市を平均して、1泊60ユーロで計算して、1人1室60ユーロ×28泊=1680ユーロ。今のレートで約22万円です。

ヨーロッパでは外食は高くつきます。ロンドンやパリ、ローマのようなメジャー観光都市で食べようと思えば、普通のカジュアルなレストランでも、ランチで最低20ユーロ、ディナーは30ユーロは見積もっておく必要があります。慣れていれば費用を抑えることは出来ますが(そのへんは地元に詳しいガイドさんに教わることも出来るでしょうが)、安く済ませようと思うと、ファストフードやB級グルメの感覚になります。
1日の食費が約50ユーロとして、50ユーロ×28日=1400ユーロ。約18.5万円です。

挙げていらっしゃる条件ですと、ヨーロッパの中でもよほど物価の安い国(東欧の、それもあまり観光地化されていないところ)でないと、普通に計算しても、
・飛行機代(ビジネスクラス&欧州内エコノミー)60万円
・宿泊代(1人分)22万円
・食費(朝食はホテルとして、1日2食分)18.5万円
合計約100.5万円、ということで、これだけで100万円です。
現地での観光代(入場料など。結構高くつきます)、市内交通費、そしてガイド代はこれに含まれていません。

ちなみに、現地のガイドはライセンス制ですので、ライセンス持ちで日本語の通訳も出来るガイドさんだと、相場は安くないでしょう。日本の旅行代理店の価格表だと、都市にもよりますが、半日(約4時間)で150~400ユーロ(約2万~5万円)。ライセンスなしの通訳だけならば、その半額以下で済むでしょうが、スキル持ちの人を1ヶ月(ずっと同じ人でなくても)雇うということは、要するに1ヶ月分のまともな給料相当のお金を払う必要があるわけで、相手の能力次第では1ヶ月数十万円ではきかないかもしれないわけです。

まあ、ガイドはあきらめるとしても、100万円以内に抑えたいならば、よほど物価の安い国でないと残りの条件をクリアするのも難しいでしょう。
ビジネスクラスをあきらめるか(あるいは安い中華系のビジネスで行くか)、日程を短くするか、移動を減らして同じ町に連泊するか、ホテルではなく連泊型のB&Bやレジデンスを利用するか、食費を節約するか、など、かなりの工夫が必要だと思いますよ。

>飛行機は日本―ヨーロッパがビジネスクラスで、ヨーロッパ内の短時間移動はエコノミー

欧州系で比較的安い航空会社で、日本~ヨーロッパのビジネスクラス(正規割引運賃)往復が、オフシーズンでも40万円~50万円からです。安い中華系航空会社を使うなら、もっと安く済むでしょうが。
ヨーロッパ内の航空券代は、どれくらい長距離移動するのかによって大きく変わります。まあ、少なくとも飛行機代だけでも最低50~60万は見積もった方が良いのでは。

>ホテルのランクは、日本のビジネスホテル程度(バックパッ...続きを読む

Qイタリア留学 人種差別が怖いです

高校卒業後、落ち着いたら語学と美術を極めようと思いイタリアへ留学しようと思っている者です。
タイトルを見て「甘ったれんな」と思った方はいると思います。ですが自分でも驚くほど怖いと思う時があって留学するのもやめようか…と何度も思いました。ですがやっぱりイタリアの文化や歴史が好きで人種差別なんてちっぽけなものだと思う時もあります。でもその後やはり気になって欧州の人種差別について調べてその繰り返しなのですが…。ほんとこんなことばっかり考えてたら何にもならないですよね、自分でも呆れてしまいます。留学や旅行などの前にこんな感じのことを思った方がいれば体験談などお聞きしたいです。そしてイタリアで比較的人種差別の多い地域などご存知でしたら教えていただきたいです。辛口の回答でも構いません。(←偉そうな言い方になってしまったかもしれません!すみません)

Aベストアンサー

イタリア在住者です。もちろんイタリア留学経験もしました。
人種差別が怖いとのことですが、まず、何を学びにイタリアに行きたいのか、目的を明確にする事は大切です。異国文化や言語を学ぶには、まずあなたの母国である日本についてを良く勉強してくる事が一番大事です。
私は他国との違いや差を知る事が真の国際交流であると実感しました。
例えば、欧州人か私達のようなアジア出身の非欧州人かというような区別はあります。それは差別ではないのです。

違いがあれば、そこに優越という差が出てきます。そこで無知な人は「差別」をしてきますが、まともに義務教育を受けて真っ当な生活を送っている普通のイタリア人ならば、日本とイタリアの国力の違いくらいは、分かっています。ざっくり国内総生産GDP一つとってみても、日本は世界第3位の経済大国です。イタリアは9位です。

世界のどこにいようと、あなたは日本人である事ということに自身と誇りを持って、堂々としていてください。
どこに出ても恥ずかしく無い、常識と品位と知性を兼ね備えている民度の高い国民が日本人です。あなたはイタリアでそれを感じる事ができると思います。

生活していると、どんな場面でも「あれ?おかしいな。意地悪されたな」って感じる事は多々あります。
アジア人を見れば、”どうせ中国人だろう”という先入観で意地悪はされます。日本人だと言うと手のひらを返したように対応が良くなったりする事があります。まずは、中国人に間違われないようにする事を目指して下さい。
逆に「私、日本人だよ?」と言った事で、急に態度や対応が悪くなったというマイナス効果はほとんどありません。

あなたは、誇り高き日本文化
を世界の人達に紹介したりできますか?是非、発信できるようにイタリア語を頑張って下さい。
イタリアには、日本文化や日本人に興味のある人はたくさんいます。
あなたに色んな事をどんどん質問してくるのもイタリア人です。
その場では、あなたは小さな日本代表になります。何でもいいので、あなたの生まれ育った町についてを事前に調べるとか、日本文化についてを詳しく調べたり、実際に自分が体験した事をイタリア語で話してあげて下さい。必ず友達になれますよ。差別をする人はかわいそうな人だと同情をしてあげるくらいになって下さい。

どんな世界でも心無い差別主義者はいます。でも、そう人達とは自分は別次元にいると思いましょう。
決して気にしたり、めげたりしないで下さい。

あと、イタリア語留学中の経験ですが、グループ学習での教室を選んだ場合、イタリア人の先生が1から親切丁寧に教えてはくれますが、完全にイタリア語のみで授業は進みます。初級のクラスには、近隣欧州国出身のドイツ人やフランス人やスペイン人がいましたが、数段に吸収力が早く語学の上達は比べ物にならないので、あまりの違いに劣等感に苛まれ悲観的になりますが、あなたは常にあなたらしく、マイペースで地道に頑張って下さい。
会話はおぼつかなくてもペーパーテストで満点を取るのはいつもでも日本人だけです。
そういった面では、どの国の人達にも劣りません。
3ヶ月もすれば、誰でも自分の言いたい事や意思疎通はイタリア語で会話きるようになります。あんたもきっと大丈夫です。
私は、グループ授業の時に不満だったのは、
英語圏のアメリカ人やオーストラリア人、イギリス人もたくさんイタリア語を学びに来ていますが、先生が分からない生徒の為にと英語を話し出したのが不満でした。彼らと同じ授業料を支払っているのに、彼らだけの為に彼らの言語を使って授業するのはおかしいし、不公平だと抗議しました。
イタリア語でちゃんと抗議できるまでの基礎の語学力はつけていたので、是非、あなたもイタリアに来る前に、基礎の文法だけは日本語で理解しておいた方が良いとオススメします。

In bocca al lupo!

イタリア在住者です。もちろんイタリア留学経験もしました。
人種差別が怖いとのことですが、まず、何を学びにイタリアに行きたいのか、目的を明確にする事は大切です。異国文化や言語を学ぶには、まずあなたの母国である日本についてを良く勉強してくる事が一番大事です。
私は他国との違いや差を知る事が真の国際交流であると実感しました。
例えば、欧州人か私達のようなアジア出身の非欧州人かというような区別はあります。それは差別ではないのです。

違いがあれば、そこに優越という差が出てきます。そこで...続きを読む

Qフランス(パリ)、イタリア(ミラノ)での差別についてです。 アジア人はヨーロッパでお店の奥に通された

フランス(パリ)、イタリア(ミラノ)での差別についてです。

アジア人はヨーロッパでお店の奥に通されたり、ホテルでも差別(区別?)されるということを聞いたのですが、本当ですか?

旅行でフランス、イタリアにいこうと思っています。観光はもちろんですが、オペラを観ようと思っていて、劇場でも何かあったりしますか?

また、後々には妹は留学をしたいといっています。(フランスで音楽を学びたいそうです)
留学でもそんなことはあるんですか?
フランス人と友達になることは難しいんですか?
もちろんもしそうだとしても、人それぞれだと思いますし、全く友達が作れなかったりすることは無いとは思いますが…。

イタリア(留学)だとしてもそんな感じですか?

もちろん、日本人で活躍されてる人も沢山いらっしゃると思いますが、やはりそういう差別は受けてきているのでしょうか…?
ずっと海外にいたいらしく、その差別は(あるとすれば)ずっと続くのかも疑問です。

確かにオペラでも日本人は活躍してる人もいますが、主役となるとまた別ですよね。本当に日本人にはより厳しいのでしょうか…?

最近になって差別された話を初めて聞いたり、差別されてないと思う人は鈍感なんだ、って言っている人もいて、びっくりしています。

フランス(パリ)、イタリア(ミラノ)での差別についてです。

アジア人はヨーロッパでお店の奥に通されたり、ホテルでも差別(区別?)されるということを聞いたのですが、本当ですか?

旅行でフランス、イタリアにいこうと思っています。観光はもちろんですが、オペラを観ようと思っていて、劇場でも何かあったりしますか?

また、後々には妹は留学をしたいといっています。(フランスで音楽を学びたいそうです)
留学でもそんなことはあるんですか?
フランス人と友達になることは難しいんですか?
もちろんもしそう...続きを読む

Aベストアンサー

EU圏内に数年住んでいました。差別は日本より少ないレベルと思います。
都会には様々な人が居るので嫌な思いは有ると思います。日本も同じです変わりません。
島国の日本よりEUの人々は文化や習慣の違いを理解し受け入れていると感じます。

ただし、アジア人は文化風習行動が違うので向こうも戸惑っている場合が有ります。
例えば挨拶。店員や場合によっては町中で他人と目を見てあいさつをするのが普通ですが、日韓中人はあまりしません。
結果、場合によってはこちらが挨拶しても「どうせ彼らは挨拶しない」と無視されたりします。
こんな場面や状況で御互いの気持ちがすれ違ったとき、「差別された」と感じるのかなぁと思います。

仰るレストランの件もよく聞く話ですが、例えば過去に案内したアジア人が奥を希望してからはそのようにしたのかもしれない、
常識マナーを守れない観光客が多いのでとりあえず奥にするようになったのかもしれないです。
それはそれで、我々は現地のマナーを知らないのにその店に入れてもらってる、くらいの謙虚さが必要だと思います。
日本の常識や我々の期待が裏切られてもそれは十中八九、差別では無いです、悪くて区別。相手の立場から考えれば理解出来ます。

海外は日本では無いので期待した結果が帰って来ず、居心地が悪い事も有ります。ですが反対に素晴らしい事も沢山有ります。
素晴らしい人、体験の方が間違いなく多いです。ただ嫌な経験の方が凹みますよね、また日本国内で噂になりやすいです。
最終的に8~9割良い事が有っても1割気分の悪い事が有った場合、そこをどう捉えられるかですかね。

差別やそれに近い区別をする人はその個人の性格であって皆がそうではないです。それは日本でも一緒です。
日本の方が酷いかと思います。「あの人は〇〇人だから××」と言う会話を良く耳にしませんか?人種で括る場合が多いと感じます。
この考えは欧米では日本より確実に少ない表現と言うか、一定以上の人達で友人関係含む社交の場ではホボ無いです。

差別という概念を忘れて、相手(国)を理解して馴染もうと努力すれば海外滞在は楽しい体験になると思います。
日頃から「〇〇人だから」と言う表現、差別という言葉を忘れる(区別に変換する、相手の立場・事情で考える)、と海外は楽しくなりますよ。

EU圏内に数年住んでいました。差別は日本より少ないレベルと思います。
都会には様々な人が居るので嫌な思いは有ると思います。日本も同じです変わりません。
島国の日本よりEUの人々は文化や習慣の違いを理解し受け入れていると感じます。

ただし、アジア人は文化風習行動が違うので向こうも戸惑っている場合が有ります。
例えば挨拶。店員や場合によっては町中で他人と目を見てあいさつをするのが普通ですが、日韓中人はあまりしません。
結果、場合によってはこちらが挨拶しても「どうせ彼らは挨拶しない」と...続きを読む

Q機内の窓からフラッシュが光っても大丈夫??

ネットで注意事項に デジカメも禁止とか書かれてありました
でも 機内で撮れる席に替えてくれたという事は 大丈夫って事ですよね・・?
前の方の席で コンデジでした

ストロボは 後ろの方で光ってしまいました
大丈夫かと思いつつ 一応聞いてみました・・
さすがに一眼はまずいですよねぷん・・

夜が作られる機内
特に人が周りにいなければ ちょこっとだけ窓のブラインド開けても 大丈夫ですよね・・
一々はらはらしますぷんぶは・・まだ開けた事は無しぷんぶは・・

Aベストアンサー

国内の基本的なルールは国土交通省で決める。
国内線であれば、デジカメ、機内モードにした携帯も使用できます。
一眼レフなども使用可能。
しかし、適用するかしないかは、航空会社の独自判断。
国内の航空会社の国内線は、上記の通り。
ただし、国際線については、到着地の法令とあわせるため従来の通りが多い。

国内線において、ストロボについては、撮影のマナーの問題。

国内線で「夜を作る」ったところを見た事がない。
国際線において、
開けるか開けないかは窓側に座る人の気分次第。
開けっ放しにする人も結構いる。

Q海外でクレジットカードを使用するために何か必要なことはありますか?

海外でのカード利用について何もわからないのですが

海外でカードを使用する際は、ただ日本からカード一枚持って行けば問題ないですか?(海外でも使えるカード会社という前提で)

何かカード会社に申請したり、何らかの別の契約を結ぶ必要があったり、
外貨の口座をどこかに開設する必要があったりするのでしょうか?

またもしも外貨口座の開設が不要の場合、為替レートはいつ時点のレートで換算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>ただ日本からカード一枚持って行けば問題ないですか?(海外でも使えるカード会社という前提で)
利用限度額がいくらのカードか分からないですが、それは問題ないと仮定していいですか?

紛失や盗難に遭うリスク、クレジットカード決算会社や店舗の端末、回線都合で使えない等
リスクを想定して、できればVISAとMASTERなど決済ブランドが違うICチップ入りカードを
最低1枚ずつお持ちになることを勧めています。

アジアならJCBもそれなりに、北米ならAMEXもそれなりに使えますが、
VISAとMASTERならクレジットカード払いができる店なら大抵使えます。

欧州やアジアではICチップが入ったカードしか受け取らない店が増えています。
三井住友カードや三菱UFJニコスあたりの説明をご覧ください。
https://www.smbc-card.com/mem/service/sec/iccard02.jsp
http://www.cr.mufg.jp/carduse/ic/index.html

>何かカード会社に申請したり、何らかの別の契約を結ぶ必要があったり、
>外貨の口座をどこかに開設する必要があったりするのでしょうか?
日本発行のクレジットカードでInternational等記載があれば普通に使えます。
VISAならPLUS、MASTERならCIRRUSと記載があれば恐らく使えます。
カードの裏のコールセンターに一応聞いてください。

別途契約は日本国内専用カード(なんて今発行されているか不明ですが)以外は不要。
外貨口座専用カードは極一部の会社しか発行していません。
それをしたければむしろ別に質問を立ててください

>為替レートはいつ時点のレートで換算されるのでしょうか?
カード売り上げ伝票が各クレジットカードの決算センターに届いた日に
各クレジットカード決済会社が任意で決めた為替レート+各カード会社の手数料で日本円換算されます。

三井住友カードの説明
https://www.smbc-card.com/mem/service/sec/kaigai01.jsp
三菱UFJニコスの説明
http://www.cr.mufg.jp/dc/service/payment/abroad/index.html

皆さまご指摘の通り、現地通貨か円貨を選べるケースがあります。
現地通貨を選ぶと上述ルール通り、円貨を選択するとその店舗のオリジナルレートになります。
どちらが得かは正直運だと思います。

>ただ日本からカード一枚持って行けば問題ないですか?(海外でも使えるカード会社という前提で)
利用限度額がいくらのカードか分からないですが、それは問題ないと仮定していいですか?

紛失や盗難に遭うリスク、クレジットカード決算会社や店舗の端末、回線都合で使えない等
リスクを想定して、できればVISAとMASTERなど決済ブランドが違うICチップ入りカードを
最低1枚ずつお持ちになることを勧めています。

アジアならJCBもそれなりに、北米ならAMEXもそれなりに使えますが、
VISAとMASTERならクレジットカ...続きを読む

Qイギリスのレンタカー会社とのトラブル

イギリスに本社があるレンタカー会社と以下3点でトラブっています。

フィンランドでレンタカーを借りて(4週間)スウェーデン→ノルウェー経由でフィンランドにて返却しました。
【問題点】
①駐車中に、20cmくらいの長さでバンパーをこすられ(凹み無し。塗料が剥げたのみ)とテールランプが切れていたから、とデポジットの1000€(約12万円)が返って来なかった。*修理代として高額過ぎるのではないでしょうか?

②契約時に「国境を越えたら課金する」との一文はあったが、具体的な金額はなくて返却後に、「スウェーデンから通知が来た。1kmにつき0.4€の請求する」とのメールが来た。*重要事項説明義務の責任は会社側にないのでしょうか?

③契約書に「走行距離は無制限」とあったのに、「長距離走ったから課金対象になる」とのメールが来た。*契約違反ではないのでしょうか?

今回、初めて海外でレンタカーを借りました。英語もわからないことがあり、困っています。どなたか教えてください‼︎

Aベストアンサー

>1.
 保険に加入しなければ、バンパーの修理代は自腹になるのは当然のこと。
 日本でレンタカーを借りても同じです。
 塗装費用は、日本なら3万円くらいでしょうが、
 英国の見積もりは無いのですか。
 テールランプの球切れは消耗品なので、賠償責任はありません。 

>2.
 課金が謳われていたのであれば、確認しなかったのは質問者さんの落ち度。

>3.
 国境を超えたからでは。

修理代3万円と国境を超えたがために発生した距離超過料金の合計が
12万円相当なら、素直に清算に応じるべきかと。
ギャップが大きいなら、英国政府観光局などに問い合わせてみては。

Q某航空社 海外個人パックツアー ホテルまで送迎付き そこまでは良いのですけれどぷん

説明はお部屋で というのは変ですよね
当方 ばばあ独りぷんぶは
勿論 お断わりしましたぷんぶは
普通 ロビーですよねぷん

Aベストアンサー

大丈夫、こんな偏屈そうなおばちゃんと判ったら急遽部屋行きはなくなるから。

安心めされ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報