親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

先日お見合いをしたのですが、その際に相手の女性から「実はプロテスタントの洗礼を受けてます」と告白されました。そこで質問なのですが、、、 

■プロテスタントの洗礼とは簡単に言うとなんですか?
■洗礼を受けた女性は結婚するまで処女を守るとは本当ですか?また結婚後は避妊してはいけないというのも本当ですか?
■仮に洗礼を受けた女性と、無宗教の小生が結婚したとして、生活上どんな支障?(変化)がありますか?
■洗礼を受けた人は、生涯教会にまとまったお布施をするとは本当ですか?


全くの無知であり、断片的な知識しかないので、ご存知の方いらしたら是非ご指導願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

プロテスタント棄教者です。



プロテスタントにまで言及したということは、
自らの信仰の立場を明らかにしたということでしょう。
すなわち、
・信仰のみ(信じていれば、救われる。善行は救いの要件ではない)
・聖書のみ(聖典は旧約聖書、新約聖書のみ。)
・誰でも福音を宣べ伝えることができる(万人祭司)
(以上3点はルターの宗教改革の根幹ですが、広くプロテスタントで
共有されています)
・信仰の対象は、神、キリストとされるイエス、神の霊である聖霊のみである。
 マリアや12使徒、ローマ法王が認定した「聖人」など、
 人間を信仰の対象にしない(尊敬、信仰の先輩として手本にはする)

ただ、プロテスタントも幅が広すぎて、
聖書に対する捉え方も相当違います。
(進化論完全否定から、当時の人がわかるように書いた、果ては
出来事の真否には踏み込まず、
聖書は神と人間との間の関係における信仰や罪の歴史であるとするまで)

■洗礼とは
神を信じ、自らを神に捧げるという告白と、神からのしるしです。
神の役割を聖職者が代行し(按手を受けて任命された牧師や
カトリックの制度に従って神父になった者しか執行できません)
洗礼を施します。
見えないですが、TATOOのようなものだとお考えください。

■プロテスタントの洗礼
教派ごとに洗礼の微妙な意味合いが異なってきます。
また「神を信じ」の内容が異なってきます。
そこで、教派によっては、他教派で執行された洗礼を認めず、
ありえないはずの再洗礼を執行するところもあります。

■処女・避妊
カトリックは厳格です。
ルター派の婚約式の式文には、結婚まで貞操を守るよう勧告があります。
一方で大学生のできちゃった結婚の司式をやったルター派の牧師もいます。
しかし概ねプロテスタントでは個人の信仰に任されていると考えてよいでしょう。

■結婚後の支障
彼女は日曜に教会に行きたがるでしょう。
これはかなり強い信仰上の要請です。
教会に行かせない家庭運用をすると、亀裂が入ります。
また、寝ていたい日曜に朝からガタガタされて眠れないなどもあります。

■お布施
正確には献金といいます。
礼拝では、必ず献金・奉献の式次第があります。
これは神の恵みへの応答とともに、自らを神に捧げることの再確認として
礼拝式の組み立ての中でも非常に重要な意味を持ちます。

これとは別に、意味上は献身、実務上は教会財政を支えるために、
月次献金があります。

金額は「裁量だが多少痛みの出る範囲で(キリストの十字架の苦しみに与る)」
から、「旧約聖書に書かれているとおり十分の一を捧げるべき」まで
教派・教会によって非常に幅があります。

そのかわり、毎年総会が開かれ、その中では予算・決算も明らかにされ
教会員の審議に付されます。
    • good
    • 1

■プロテスタントの洗礼とは簡単に言うとなんですか?



回答:

キリスト教は大きくカトリック教会とプロテスタント教会に分けられますが、お見合いをされた女性はプロテスタントのキリスト教会で洗礼(バプテスマとも言う)を受けられたのでしょう。

洗礼(洗礼式)とは、信仰の表明として、水にからだを浸す儀式であり、キリストの死と復活を象徴するものです。洗礼にはからだ全体を水に浸す(浸礼)と額等の一部に水を振りかける(滴礼)等があります。

■洗礼を受けた女性は結婚するまで処女を守るとは本当ですか?また結婚後は避妊してはいけないというのも本当ですか?

回答:

正統的キリスト教ではカトリック、プロテスタントに関わらず、結婚外での性交渉は神の前に罪であり、神の祝福を失うものであると考えています。真のクリスチャンは男女を問わず純潔を守ることを努めます。

避妊に関しては、カトリック教会においては罪とされるようですが、プロテスタント教会においては各教派によってそれぞれ考え方が異なるようです。

■仮に洗礼を受けた女性と、無宗教の小生が結婚したとして、生活上どんな支障?(変化)がありますか?

純粋なクリスチャンであればあるほど、クリスチャンでない方(ノンクリスチャン)との世界観、人生観、倫理観、価値観等に大きな開きがあると思います。ですから、クリスチャン(教会)側としてはノンクリスチャン
との結婚はあまりすすめないところが多いように感じられます。生活上の支障は多分にあるでしょう。クリスチャンの方がほとんどノンクリスチャンと同じような考え方をされる方なら別ですが・・・

■洗礼を受けた人は、生涯教会にまとまったお布施をするとは本当ですか?

回答:

プロテスタント教会では多くの場合、毎週の礼拝での感謝献金と月定献金(十一献金)等があります。ただし、これらの献金はあくまで自由意志に基づくものであり、強制ではありません。ただ、この献金の問題で、クリスチャンとノンクリスチャンの夫婦の間に支障が生じることが多いようです。
    • good
    • 1

プロテスタントの洗礼とは簡単に言うとなんですか



私はイエスキリストを救い主として信じていますということを言いたかった。それでもいいですか?これだけしかわかりません。

洗礼を受けた女性は結婚するまで処女を守るとは本当ですか?また結婚後は避妊してはいけないというのも本当ですか?
■仮に洗礼を受けた女性と、無宗教の小生が結婚したとして、生活上どんな支障?(変化)がありますか?

これは私にはわかりません。その人の考え方ですから
2人でお話してください。
まず考えられること
日曜日教会に行くことを理解できますか?
そしてある人とたちは宗教儀式を他の宗教でやることを嫌うかもしれません。
お子様が生まれたとき、教会に連れいていくこと同意されますか?
まあその他の問題がありますが、これらはクリスチャンの義務でもありません。
ある人は全く気にしない。教会にも行かない人や色々ありますのでわかりません
そして

洗礼を受けた人は、生涯教会にまとまったお布施をするとは本当ですか?

これはまずノーです。聖書に書かれているのは毎月の収入の10パーセントを献金するということをいわれていますが。これも様々でね。わかりません。

だから、今度お見合いされるとき、本人に正直に「なにもわかりません。教えてください」とお聞きになるのが一番ベストでしょう。
    • good
    • 2

聖書の中には、結婚に関してこのような言葉があります。



コリント一7章39節
彼女(クリスチャン)は自分の望む者と自由に結婚できます。ただし主にある者とだけです。
    • good
    • 1

洗礼とは自分がクリスチャンであることを公に示す意味があります.クリスチャンとは神のひとり子イエスキリストが自分の罪のために死んで下さったことを受け入れ,自分の心の王座にイエス様を迎え入れた人のことです.


その女性の方が洗礼を受けていると言ったのは,自分の心の王座にイエス様がおられ,自分は聖書に忠実に生きていることを言いたかったのだと思います.ですから結婚後何をして良くて,何をしてはいけないとかいう規則に縛られているという意味ではなく,結婚しても聖書を学び神様に忠実でありたいと思っていることでしょう.すべては本人と神様の問題です.信仰の問題です.そしてそんな彼女はあなたに自分のことを受け入れてほしくて(クリスチャンに対して偏見を持ってほしくなくて)そう告白したのです.もしあなたがそんな彼女を拒否したら彼女は無理にあなたを追いかけたりはしないはずです.あなたがクリスチャンを受け入れることができるかどうか,あなたの反応を確かめたかったのかもしれません.
    • good
    • 2

 洗礼とは教会においてその方がクリスチャンになりましたと宣誓した事です。


 避妊はその家庭によってまちまちで「してはいけない」ということはありません。
 結婚後の支障については私がここで書くのではなく
ご本人に聞いてください。そして家庭としてルールを決めて良き家庭を作ってください。
 まとまったお金をお布施するのではなく、教会では収入の10パーセントを献金するように言われていますが、教会によっても違い、その方の信仰によっても違い、これも本人に聞いてみてください
参考になったでしょうか?
    • good
    • 1

#1です。

勘違いを引き起こす部分がありました。

>結婚後の避妊なんぞ、聞いたこともございません

ここなんですが、「結婚後の避妊“をしてはいけない”なんぞ、聞いたこともございません」でした。
私の学校では、ちゃんと育てられないのなら、神様から親として預けていただく命を、最初から預かる行為をしてはいけない、と教えられた記憶があります。結婚していても、子供を育てようと思えないのであれば、ちゃんと避妊するようにということです。
    • good
    • 1

No1の方が詳しいみたいなので、私の書き込みは無視してください^^;


私はカトリック系学校卒業なので、勘違いしてたかも。
そうですね、プロテスタントでは堕胎は罪深いとされますね、そう言えば。
    • good
    • 2

当方、プロテスタント系ミッションスクール卒業者です。


すごく一般的で、学校で習った程度のことしか答えられませんが、参考までに。

■プロテスタントの洗礼とは簡単に言うとなんですか?
私はキリスト教を信仰します、という宣言と、キリスト教教会がそれを認めるというだけです。(色々手順はありますが。)プロテスタントでは洗礼名もありません。カトリックでは洗礼名を授かります。

■洗礼を受けた女性は結婚するまで処女を守るとは本当ですか?また結婚後は避妊してはいけないというのも本当ですか?
処女放棄した後、洗礼を受ける方もいらっしゃいますよ。処女を守ることを重視するのは、カトリックです。プロテスタントではさほど厳しくはありませんが、慎むようにとは言われています。結婚後の避妊なんぞ、聞いたこともございません。むしろ、堕胎の方を強く反対していますから、避妊に関しては社会的なモラルと照らし合わせて、お考え下さい。

■仮に洗礼を受けた女性と、無宗教の小生が結婚したとして、生活上どんな支障?(変化)がありますか?
ありません。強いて言えば、奥様が日曜日の午前に礼拝のため、教会に通うことぐらいでしょうか。旦那さんも一緒にとすすめられますが、憲法にあるとおり、信仰の自由として拒否できます。

■洗礼を受けた人は、生涯教会にまとまったお布施をするとは本当ですか?
そんなことはありません。全く個人の自由であり、強要されることはありません。ぜんぜん、寄付しない信者さんもいます。社会奉仕の気持ちの形であり、自分の生活に余裕がなければする必要もありません。

片方がキリスト教の洗礼を受けていて、片方が無宗教なんて、ざらです。単に宗教が違うかもしれないことを、先に述べられただけです。特に気にすることでもないと思います。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洗礼のお礼について

キリスト教プロテスタントの信者です。
家族そろって洗礼を受けましたが、牧師さんにお礼や献金はしたほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受洗おめでとうございます。
私もプロテスタント教会で洗礼を受けたクリスチャンです。主人は教会の会計担当役員なので、少しは教会内のお金の問題もわかると思います。
感謝の気持ちは人にではなく神様に奉げましょう。
牧師個人へのお礼は必要ありません。
洗礼感謝の献金するのはよいことですが、しなければならないとは決まっていません。ちなみに私自身はまだ学生だったので、しませんでした。
これから始まる、長い長い教会生活の中で
献金の機会はたくさんあります。
その中で自分が奉げるべきだと思うときに奉げられる金額を献金しましょう。誰でも、できないときもあります。私も失業中は献金できなかったし、お給料が下がったときは献金の金額を下げました。だから、収入が増えて少し多く献金できるときは、感謝の気持ちが生まれます。
第二コリント9章7、8節より
「ひとりひとり、いやいやながらではなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。」

Qキリスト教で禁止されること

キリスト教の教えで禁止されていることを教えてください。
食事など、生活にかかわっていくことを知りたいと思っています。

Aベストアンサー

 こんにちは。プロテスタントは宗教の名前ではなく、カトリックに反発してできた宗教の総称ですので、様々な宗派があります。ですのでプロテスタント全てに当てはまるというのは難しいと思います。
 一応カトリックですが、生活にかかわって来る事で一番身近なのは「大斎(だいさい)小斎(しょうさい)」だと思います。対象となるのは14歳~60歳までで、病人や妊娠されている方は除きます。詳しくは↓に書いています。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_danjiki.php
 現在これは全てのカトリック信者が守っているかと言われるとかなり微妙です。例えば金曜日に肉を食べないといっても、給食とかお弁当を取っている人は無理ですし、なるべく守り、その基準は個人の采配にまかすといった感じだと思います。私も一応は守るようにはしています。
ちなみに灰の水曜日とは↓に説明されていますが、カトリックではこの日から四旬節に入ります。カトリック国のカーニバルはこの四旬節に入る前に楽しんでおこう!というお祭りです。これから40日間復活祭まで心を静かに節度をもって生活をします。石井美樹子さんの西洋の食事の本では、四旬節中肉食を禁止して節制するので復活祭では四旬節中食べられていた鰊をなげて喜んだそうです。現在はそこまで厳しくはないですが、暴飲暴食を謹んで節制すると思います。カトリック信者同士で「四旬節なのに太ったよ~」とか会話する事があります(私太りました(^_^;))。
 ちなみに灰の水曜日、復活祭は移動祝日なので毎年変わります。関係ないですが、復活祭では卵が復活のシンボルとしてよく食べられますし、多産のシンボルの兎もモチーフになります。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_hainosuiyou.php
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_sijyunsetu.php
 食事に関してはあとは特にないと思いますが、ミサの中で聖体拝領という儀式があります。これはキリストの体をいただくという行為で、実際は丸く小さなモナカの皮のようなものを司祭からいただきます。食事は少なくともこの聖体拝領の1時間前までに済ませる事が決められています。ただミサが始まって聖体拝領までが1時間ぐらいかかりますので(もちろんマチマチで違いますが)、ミサが始まる直前に慌てて食事しなかったら大抵対丈夫です。これも昔はミサが終わってから朝食をとるとか、ミサ自体が始まる1時間前とか色々あったようですが、現在はゆるやかになっています。
 食事以外では中絶、同性愛、離婚、避妊も禁止されています。前の教皇ヨハネ・パウロ・2世も今の教皇ベネディクト16世も超保守派ですので、これは変わる事はないでしょう。特に中絶は様々な議論がされています。カトリック国であるアイルランドの歌手シニード・オコナーが中絶反対に反対するとして、テレビで前教皇の写真を破った為ものすごいブーイングがあった事があります(その為か以前ライブでものすごくブーイングされて歌えなかった映像を見た事があります)。
http://www.cdjournal.com/main/artist/artist.php?ano=112884
 プロテスタントにはない事ですが、カトリックには様々なお祈りの道具や絵や像があります(これをプロテスタントの方は偶像崇拝といいますが、カトリックではあくまでもこれを道具として祈ると位置付けています)。ロザリオやスカプラリオ、十字架、像、メダイなどがありますが、多くの信者は購入すると司祭(神父)に祝別してもらいます。感じとしては上で十字を切ってもらうのが多いです。これを人にプレゼントしたりするのは構いませんが、販売や転売するのは罪になります(準秘跡ですので)。
http://goseitai-to-seibo-no-sito.web.infoseek.co.jp/send%20de%20hushiginomedai.html
 他には主日(日曜日)と祝日にミサに行く、年に一度はゆるしの秘跡(いわゆる懺悔です)、年に一度は聖体拝領を受けるなどの決まりはあります。あとは大罪とかありますので、詳しくは↓をご覧下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%BD%AA
 あとは特にないと思いますが(飲酒も喫煙も特に禁止されていません。喫煙される司祭もいらっしゃいます)、もっと詳しい方がいらっしゃると思います。プロテスタント諸派の事は分かりません。
 ご参考までにm(__)m。
 

 

 こんにちは。プロテスタントは宗教の名前ではなく、カトリックに反発してできた宗教の総称ですので、様々な宗派があります。ですのでプロテスタント全てに当てはまるというのは難しいと思います。
 一応カトリックですが、生活にかかわって来る事で一番身近なのは「大斎(だいさい)小斎(しょうさい)」だと思います。対象となるのは14歳~60歳までで、病人や妊娠されている方は除きます。詳しくは↓に書いています。
http://www.pauline.or.jp/chripedia/mame_danjiki.php
 現在これは全てのカトリッ...続きを読む

Qキリスト教信者の夫と結婚し洗礼予定です。

プロテスタント(改革派)信徒の夫と結婚して2年になります。昨年娘を授かりました。
このたび、娘が幼児洗礼を受けることになりました。その時に同時に私の洗礼もすることになりそれについて悩んでいます。
主人の実家は義父に彼の母方の祖父、叔父がプロテスタントの牧師家系です。主人自身は大学生の時に信仰告白をしました。私のほうは父方が浄土真宗の仏教ですが、実家が自営業で家に神だながありえびす信仰ではないですが、商売繁盛などのお札があって神棚を拝むような家でした。しかし、幼稚園はカトリックの幼稚園で七五三などは教会で子ども祝福式としてやったり・・・といろいろ混合した典型的日本人です。住んでいた場所も神社仏閣が多く、遊び場はお寺だったり神社だったり教会だったり・・・
そんな環境ですごしたため、八百万の神様だったり阿弥陀様だったりイエス様だったり見えないけどすべてに神様がいるという気持ちがあります。そういう感性を大切にしたいとおもっていました。
主人の実家は敬虔なクリスチャンホームではあるのですが、かなり柔軟な義母でクリスチャンホームの方々があまり行わないと言われる日本古来の行事(お食い初め、お雛祭り、七五三など)を行うことに否定的なことは言わないし、主人もライフイベントとして行うことに抵抗はないようです。(神社仏閣に行っても拝みはしないですが)
娘の幼児洗礼に合わせて私も洗礼を受ける予定だと先に述べましたが、主人は「娘のためにするものではないから、しなくても大丈夫だよ。」と言ってくれます。義実家にしても私の信仰に関してはなにも言いません。ただ、通っている教会からは無言のプレッシャーといいますか、遠まわしに言われまして、主人とずっと生きていくなら私もいつかは改宗しようと思っていたのでそれが少し早まったのだと思い、娘と一緒にしようと思い立ったのですが、勉強会の話になり思いが揺らいでいます。
結婚が決まってから今まで毎週日曜日(休むこともありましたが)礼拝にでています。子どものころはイエス様にお祈りをしてからご飯を食べるような幼稚園だったのでキリスト教に抵抗があるわけではないのです。
でも、上記に記載したとおり、私にとって八百万の神様もイエス様も同じなので、一神教であるキリスト教徒になるのはどうなのだろうか・・・・そういう思いが抜けません。
主人みたく神社仏閣に神様はいない!とは宣言できないのです。この気持ちがなくなってから洗礼をうけるのが筋なのではないか・・・・でないと、他の方々に失礼にあたるのではないか・・・・など色々と考え混んでしまっています。
やはり、まだ私は受けるべきではないでしょうか・・・・。これから物ごころがついていく娘にクリスチャンホームを守り教えていく母としてこのままでよいのでしょうか・・・・。(ちなみに主人と話、娘の宗教に関しては成人するときに自分で選ばせる予定ではあります。)
プロテスタント教徒の方、結婚を機にキリスト教徒になられた方などアドバイスを頂ければ幸いです。

頭の中がうまくまとまらず、読み難い文面や不快に感じる文面がございましたら申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

プロテスタント(改革派)信徒の夫と結婚して2年になります。昨年娘を授かりました。
このたび、娘が幼児洗礼を受けることになりました。その時に同時に私の洗礼もすることになりそれについて悩んでいます。
主人の実家は義父に彼の母方の祖父、叔父がプロテスタントの牧師家系です。主人自身は大学生の時に信仰告白をしました。私のほうは父方が浄土真宗の仏教ですが、実家が自営業で家に神だながありえびす信仰ではないですが、商売繁盛などのお札があって神棚を拝むような家でした。しかし、幼稚園はカトリック...続きを読む

Aベストアンサー

参考になるかどうかは判りませんが・・
私はカトリックです。中学洗礼でした。聖歌隊に属し、中高と聖書を学び、大学時代も近くの教会で聖書の勉強をしました。
その頃の神父様は比較的広い心を持ち、亡くなった人を送るための葬儀なのだからどの宗派でも出て構わないと教わりましたし、誰を祝うのかを考えれば七五三だろうと何だろうとやってもいいとおっしゃっていました。
「神(本来キリスト教では父とか主とか創造主と呼ぶべきものです。本来の神の意味とは違います)というものは一つしかない。言語や考えが異なっていても私達が主と呼ぶものも他の宗教で神と呼ぶものも、その実態は同じものだ」とおっしゃっていたのです。

細かい事を書くと長くなってしまうので結論だけを申し上げれば
納得できなければ洗礼を受ける必要は無い・・そう思います。
それは人に失礼とか言うのではなく、自分自身の問題です。
揺れる心を洗礼によって固めるのも一つの手でしょう。しかしそれは悪くすると恐怖心による束縛にしかなりません。
洗礼を受けたんだからと疑問を解く事無く信じ込むことは自分にとっては大きなマイナスになります。
それなら洗礼を受けずに信仰を学んでいたほうが遥かに尊いと私は思うのです。

よく出される疑問ですが、「洗礼を受けて悪行を働き、告白によって許されたものと、洗礼を受けずに清浄な心を持ち、知らずの内にキリストの教えに即した人生を送ったものでは、どちらが天国に近いのだろう」
後者であれば洗礼の価値がなくなります。しかし前者であれば告白が免罪符となり、洗礼の価値がなくなるのです。
洗礼を受けるということは神の道を知ることです。むしろ神の道を知りながら悪行を行う事は知らずに犯す罪より重い。私はそう考えるのです。
洗礼者ヨハネの洗礼はそれまでの価値観や基準を180度替える為の洗礼です。許しを得るためのものではありません。
それほど大きな人生の転換を、「とりあえず受けましょう」とは言えませんよね。
だから私は幼児洗礼も否定します。実際私は子供達に洗礼を受けさせていません。
洗礼を受けるというのはそんな軽いものじゃないと思っているからです。

貴女は充分に信仰の道を進んでいると思いますよ。でも心が揺れているなら辞めておくべき事だと思います。
あと一歩踏み出せば、キリスト教の道を進める。そのときこそ洗礼を受けるときでしょう。
そして貴女の周りにはそれを教えてくれるご主人屋家族がちゃんと居ますから大丈夫だと思います。

私はカトリックですが妻の家は浄土真宗なんです。
義父の葬儀に先立ってお坊様と話をしていて、浄土真宗の考えは実に素晴しいと思いました。
日本の仏教は日本における人間の生き方を説いています。だから中国やインドの仏教徒は解釈が違って当たり前。
日本の風土に合った生き方を説いているんです。
その教えはキリスト教の中でも充分生かされるものだと私は思います。
それが見えてきてからでも、洗礼は充分に間に合うのではないでしょうか?
いつでも相談できる人がいる事は実に素晴らしい事です。だから家族に相談しながら自分を高めて行って下さい。
そして納得したら脇目もふらずに飛び込んで行って下さい。

参考になるかどうかは判りませんが・・
私はカトリックです。中学洗礼でした。聖歌隊に属し、中高と聖書を学び、大学時代も近くの教会で聖書の勉強をしました。
その頃の神父様は比較的広い心を持ち、亡くなった人を送るための葬儀なのだからどの宗派でも出て構わないと教わりましたし、誰を祝うのかを考えれば七五三だろうと何だろうとやってもいいとおっしゃっていました。
「神(本来キリスト教では父とか主とか創造主と呼ぶべきものです。本来の神の意味とは違います)というものは一つしかない。言語や考えが...続きを読む

Qキリスト教の人と結婚したらどうなる?

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、私自身キリスト教系の学校に通っていた為、なじみが全く無いわけではありません。特にキリスト教に対する偏見などもありません。

ただ、先日神社であったお祭りに出かけた時「お参りする?」って聞いたら「宗教が違うからしないほうがいいような気がする・・・」と言われ、これが宗教が違うと言う事なのか!と実感してしまいました。
またクリスマスもやはり毎年ミサに参加しているそうで、「良くある『ホテルで2人でディナー』とかは出来ないの?」と聞くと「親戚とか集まるからクリスマス位は・・」ということでした。イヤ特にホテルのディナーに行きたいわけではありません。私も去年のクリスマスは子供と一緒に近所の教会へ行ってみたほどなので。ただそういった「宗教的行事」などは強制参加になるのでしょうか?

お付き合いしていく分には特に支障はないようなのですが、今まで自分が当たり前にやってきた宗教行事(お葬式、法事等)とかけ離れた世界の事が日常的に繰り広げられてるようで結婚後の想像がつきません。
また宗教が違うと結婚の際もめたりする事は考えられるのでしょうか?何か体験談等ありましたらお聞かせください。

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、...続きを読む

Aベストアンサー

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなのに出席する。奉仕で教会の掃除をする。教会の運営に携わる。などでしょうか?また、結婚式の仲人も神式だったら引き受けないとか、身内の結婚式でも神式だったら式場の外で待っているとか、お葬式でお焼香はしないし、手を合わせたりの行為(人を拝む)はしないとか、お供えものは頂かないとか、初詣もしないし、七五三もしない。お祭りや地蔵盆も拒否っていう人も。

私のクリスチャン生活。礼拝に出席する。聖書は時たま。寝る前にお祈りする。食事の前のお祈りはおなかがすいているので出来ない(笑)。勉強会は気が向いたとき。奉仕はしない。教会の運営にも携わらない。結婚式は何でも出席する。お葬式も数珠持って拝むし、お焼香ももちろんする。お供え物は頂ける物はなんでも!初詣もするし、息子はきっちり三歳と五歳に七五三しましたよ。お祭り大好き!地蔵盆も息子と行きました。(これを読んで怒るクリスチャンの方もいらっしゃるかと・・・)

と、言うように一般にクリスチャンといっても千差万別。また、カソリックやプロテスタントとの違いもあります。彼はミサというのでしたら、カソリックでは?プロテスタントではミサとは言いません。

彼と彼の家族がバリバリのクリスチャンだったら、あなたと子どもさんも宗教行事に参加でしょうね。でもあくまで自由参加。私の夫も行ったり行かなかったりです。でも教会の人達は「ご主人も参加してもらおうね」とか言ってきます。心の中で「大きなお世話!」と言ってしまっている私がいます。(主よ お許しください)その辺を彼がどう思うか、彼の家族がどう思うかによって変わりますよね。

具体的に話が進んで行っているのですね。お幸せに。

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなの...続きを読む

Q教会の日曜礼拝の献金の額について、他の相談の回答に500円~1000円

教会の日曜礼拝の献金の額について、他の相談の回答に500円~1000円とありました。私も その位かなと思っていたのですが 
教会に縁があり、会員ではありませが、日曜礼拝に通っています。先日、子ども達に牧師先生が献金の額は、高校生は最低200円、親は1000円と はっきり言われました。
私達は会員でないので 高校生は100円、親は500円くらいでいいかしら と考えて いたので、戸惑ってしまいました。
はっきり言われてからは、その額を献金していますが、月に三回だとして3600円。高収入ではないので、なかなか厳しい金額です。

教会員でない場合の 献金額は はやり牧師様が言われたのが 常識なのでしょうか?

Aベストアンサー

教会もそれぞれ財政の事情が違うとおもいます。
建物の維持、水光熱費、人件費などの必要経費に対する教会員の人数付属幼稚園からの収入などで少子化高齢化の影響も少なくありません。
牧師がみづからおっしゃると言うことは、相当厳しいのでしょうね。

内も右にならえで皆さんだいたい礼拝献金は1000円ですね。
私は教会では礼拝が最も大切だと思っています。ですから抵抗はありません。
その他月定献金、特別献金、感謝献金など教会にささげるお金は、
生活費の中からあらかじめ取り分けています。

教会員以外の方には牧師は一応の目安としておっしゃったのではないかと思います。
必ず守らなければならないと言うことはないでしょう。
只教会を維持するためには、大変な費用がかかっている事をご理解していただければ有難いです。

Q友人の洗礼に立会います。

どうぞ、お知恵をお貸しください。
親友がキリスト教カトリックの洗礼を受けることになりました。
その洗礼式に立ち会うことになり、いくつか質問をさせていただきます。

1.式にはどのような服装で出席すべきか。
2.洗礼を受ける親友には何か贈り物をするものなのか?
(お祝い?など、お金を包むのか)
3.親友には何と言葉を掛ければいいのか。(「おめでとう」でいいのか)
4.親友のご両親、ご親戚には何と言葉を掛ければいいのか。

高校、大学とミッションスクールに通った私ですが、洗礼に立ち会うのは初めての経験で、分からないことだらけです。(汗)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は同じキリスト教でも聖公会の者ですので、カトリックの場合は多少違うかもしれませんが、参考になさってください。
1、服装は基本的には人に不快を与えないかっこうであれば問題はないと思います。ただ、洗礼の時にご本人と一緒にこられる、親戚の方や、お知りあいの方は、ちょっと改まった服装の場合が多いです。「改まった」と言っても、「ちょっとおしゃれ」、「普段着よりはちょっといいもの」程度のですので、そんなに深く悩まなくても大丈夫です。
2、しなくても問題ありませんが、する方が多いです。プレゼントの内容も何でも良いと思います。よくあるのは十字架のネックレスとか、ご自分の好きな本とか、学生さんであれば図書券とか・・・。ただ現金を渡すということはほとんどないですし、あまり私は好感をもちません。「受洗おめでとう」というような内容のカードだけでもいいと思います。
3、「おめでとう」でいいです。
4、やっぱり「おめでとうございます」でいいと思いますよ。

3と4なんかはあんまり深く考えなくても、なりゆきでなんとかなっちゃうと思いますし、心配なさらず自然体で式に臨まれれば良いと思います。

私は同じキリスト教でも聖公会の者ですので、カトリックの場合は多少違うかもしれませんが、参考になさってください。
1、服装は基本的には人に不快を与えないかっこうであれば問題はないと思います。ただ、洗礼の時にご本人と一緒にこられる、親戚の方や、お知りあいの方は、ちょっと改まった服装の場合が多いです。「改まった」と言っても、「ちょっとおしゃれ」、「普段着よりはちょっといいもの」程度のですので、そんなに深く悩まなくても大丈夫です。
2、しなくても問題ありませんが、する方が多いです...続きを読む

Q洗礼

最近、教会へ通い始めました・・・
洗礼を希望する場合、準備期間として講習などを受けると聞きましたが
実際の期間や内容はどういったものなのか教えて下さい。

あるプロテスタント教会で「洗礼を希望する場合は準備などの講習期間はどれくらいですか?」と質問したら・・・牧師様は「4回です」と答えました。
私は「チョット短すぎだろ~」と感じ、聞き間違えかも?と思ったので
「4回とは、4クール(1クール1ヶ月とか)の意味ですか?」と聞くと、
「いいえ、4回で洗礼を受ける講習は終わります」と言われました。

カトリックの方の話などを聞くと半年~1年などと言われますが
これほどまでに期間の違いがあるのでしょう?
内容なども多少は違うと思いますが、あまりにも期間が違いすぎて・・・
教会や個人によって違いはあると思いますが、一般的な経緯を教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

 こんにちは。教派によって違うかもしれませんので、一応の参考にしていただければ幸いです。
 私はカトリックの成人洗礼だったのですが、期間は7ヶ月でした。毎週日曜日の主日のミサ前の1時間×7ヶ月です。多分一般的に特に知識のない人向けで、最初は十字の切り方などや十戒などや、カトリック教徒として守らなければならない事などの基礎知識から、現代の問題とカトリックとの関わり方や、少し聖書の事も勉強したと思います(忘れてきましたが(^_^;))。その間にも何回かミサ中に洗礼志願式のようなものがあって、無事に洗礼できるようにお祈りしてもらったり、代父母を決めたり、洗礼名を決めたりなどの事が後半にどどっとありました。
 4回というのはまあ短いと言われれば短いですが、例えばカトリックでも高校や大学がカトリック系の大学で、司祭が充分な知識を持っていると判断したりすると期間が短くてもOKを出したりする事もあります。ただし個人的にはあくまでも最終的に決めるのは自分だし、一生の事になるので勢いでわっとしない方が良いのではないかな?とは思います。
 プロテスタント諸派の場合は本当に多岐に渡っていますので、変な言い方になりますが、怪しげな所やかなり勧誘がキツイ所まで様々です。プロテスタント諸派の大手(?)、日本基督教団や聖公会などはカトリックとゆるやかに一致する傾向がありますので、大体同じような期間だと思いますし、私の友人もプロテスタントの成人洗礼なんですが、やはり復活祭に洗礼を受ける為、秋ごろから勉強会に通っていたので、大体が半年弱ぐらいから長くても1年ぐらいが大体の所だと思います。
 洗礼は殆どが復活祭の前の日、復活徹夜際で行われますが、一部クリスマスの事もあります(幼児洗礼はその都度)。カトリックは代父母や洗礼名がありますが、多くのプロテスタント諸派ではありません。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。教派によって違うかもしれませんので、一応の参考にしていただければ幸いです。
 私はカトリックの成人洗礼だったのですが、期間は7ヶ月でした。毎週日曜日の主日のミサ前の1時間×7ヶ月です。多分一般的に特に知識のない人向けで、最初は十字の切り方などや十戒などや、カトリック教徒として守らなければならない事などの基礎知識から、現代の問題とカトリックとの関わり方や、少し聖書の事も勉強したと思います(忘れてきましたが(^_^;))。その間にも何回かミサ中に洗礼志願式のようなものが...続きを読む

Qプロテスタントの総本山は?

プロテスタントの総本山は?

カトリック教会の総本山はバチカンですよね。
では、プロテスタントの総本山ってどこなのでしょうか?

Aベストアンサー

【プロテスタント】
 プロテスタントはどのように生まれたのかと言いますと、ヨーロッパのルネッサンスの一部、宗教改革によってもたらされました。プロテスタントの元々の意味は、英語で「抗議」という意味です。カトリック教会に抗議するという意味で後に付けられた名称です。初期の宗教改革のリーダーの中には多くの聖書学者がいます。その中にはルター、カルヴィンなど一般の方でも聞いたことがある名前があります。

宗教改革には共通した3つの主張があります。

第一に、各々が聖書を読む機会が与えられるべきである、と主張しました。(聖書が信仰生活のすべての基準になりました。)これはルネッサンスにおける産業革命で印刷の技術が発達した事にも関連してきます。カトリック教会では、一般の信者は聖書を所有できませんでした。ところが、この時代に聖書は英語に翻訳され、出版技術によって一般の信者の人たちに聖書が届くようになりました。このような環境の中で、各々が聖書を読むべきだと言う考えが浮かび上がりました。

第二に、信仰と神の恵みによる救いを宗教改革者たちは訴えました。カトリックの信仰では、信者は赦しを得るために、ローマ教会への巡礼、祭司への罪の告白などの様々な事を行ないました。恵みによる救いという概念は、残念ながら中世のキリスト教にはありませんでした。それを宗教改革者たちは正そうとしたのです。

第三に、教会の権威を認めながらも、聖書の権威を強調しました。カトリック教会では教会の権威のもとに、聖書とは他にいろいろな決まり事を作りました。これらの決まり事に、ある一部の宗教改革者達は反発を覚え、聖書の権威の重要さを強調したのです。


 つまりカトリックとプロテスタントのには明確な違いがあります
一番の違いは、権威をどこに置くか・・・によります


カトリックの権威は次のような順番になります。

神>>教会>>聖書>>信者

プロテスタントの権威の順番は次のようになります。

神>>聖書>>教会(信者の集まり)

カトリック教会は教会が恵みの取次ぎ者として考えています。聖書の正典を決めた教会の権威は、聖書の権威よりも上にたつと考えます。

ところがプロテスタントは、聖書、神の御言葉に権威があると主張します。その権威に基づいて教会形成をするのです。その反対にカトリックは、教会(ローマ教皇)の権威によって教会形成をするともいえます。

 つまり総本山はないのです。しいて言うなら『聖書』が総本山なのです

【プロテスタント】
 プロテスタントはどのように生まれたのかと言いますと、ヨーロッパのルネッサンスの一部、宗教改革によってもたらされました。プロテスタントの元々の意味は、英語で「抗議」という意味です。カトリック教会に抗議するという意味で後に付けられた名称です。初期の宗教改革のリーダーの中には多くの聖書学者がいます。その中にはルター、カルヴィンなど一般の方でも聞いたことがある名前があります。

宗教改革には共通した3つの主張があります。

第一に、各々が聖書を読む機会が与えられ...続きを読む

Qクリスチャンの彼。婚前交渉。

クリスチャンの彼について
私の彼はアメリカ人クリスチャンです。彼は私との結婚も視野に入れているくらい真剣に私と付き合ってくれています。彼の両親も、真剣に私を認めてくれているようです。
しかし最近無宗教の私にとって彼の宗教的な考え方に疑問を持つようになりました。
というより、正直今までの私の元彼との付き合い方や、互いの価値観の違いなど比べものにならない程違うので戸惑いを隠せません。
彼は29歳にして童貞を貫いています。彼女は私が初めてだそうです。しかし私はごく普通の日本人女性で、初体験は17歳に終えています。交際人数も今の彼が5人目です。
彼とは全く恋愛境遇が違います。彼にはまだ私が処女であることを言っていません。なぜなら成人した女性が処女でないことを驚くことはないと考えていたからです。
しかし、インターネットで調べていくにつれ、童貞のクリスチャンは処女としか結婚できない、というのを見て、もしかしたら彼は私のこと処女だと思っているから付き合っているのか、と不安になってきてしまいました。言おうと思えばいつでも言えますが、これを言うことでもう付き合えないということにならないかが不安で言うことができません。やはりクリスチャンは処女としか結婚できないのでしょうか?
また、婚前交渉について彼と話しました。私は婚前交渉の何がいけないのか、と彼に言いました。彼は、やはり婚前交渉をするつもりはないそうです。しかし私は、セックスは愛し合う2人の愛をさらに深めてくれるものだと思います。もちろん、道徳に反するような、快楽のためだけのセックスは私も反対です。そのようなセックスのことを悪く言うのはわかりますが、愛し合っているのになぜキリスト教においてセックスが許されないのか。無宗教の私にとってはこの考えが馬鹿馬鹿しくてたまりません。もちろん彼のことは大好きですし、理解したい気持ちでいっぱいです。でも私はまだ学生で、若いうちに若いセックス、と言っては語弊がありますが、できるうちに沢山愛を深めたいタイプです。結婚を待っていたら彼は年老います。本当に彼を愛しているなら我慢できるはずだ、という綺麗事は実際問題少なくとも私には通用しないのです。なぜなら性欲は人間の本能ですし、それ以上に大好きな彼とセックスという形で結ばれたいと思う気持ちが強いからです。

別れるという選択肢以外で、無宗教で無知な私に、この壁をどのように乗り越えられるかアドバイスを頂けますか?切実に悩んでいます。

クリスチャンの彼について
私の彼はアメリカ人クリスチャンです。彼は私との結婚も視野に入れているくらい真剣に私と付き合ってくれています。彼の両親も、真剣に私を認めてくれているようです。
しかし最近無宗教の私にとって彼の宗教的な考え方に疑問を持つようになりました。
というより、正直今までの私の元彼との付き合い方や、互いの価値観の違いなど比べものにならない程違うので戸惑いを隠せません。
彼は29歳にして童貞を貫いています。彼女は私が初めてだそうです。しかし私はごく普通の日本人女性で、...続きを読む

Aベストアンサー

どちらか一方がノンクリスチャンの夫婦なんて無数(と言ったら大袈裟ですが)に居ますよ。

聖書によれば、どちらか片方がキリスト信仰を持っている事によって連帯責任よろしく信仰を持ってい無い方の片方も救われます。

だから、あなたの彼はあなたの救いに対して大きな役割を持つ事に成ります。あなたが信仰を持とうが持つまいが。


ただ、例えばですが、家が火事で焼けており、直ぐにでも逃げ出さなければならないような普通に考えれば考えるまでもない明らかな方向性が見えていると一般の人が考えている事柄について「逃げずに祈る。祈れば火は消える」などと発想するような葛藤なんて言葉では形容できないほどの「差」を感じる機会はあるかもしれません。

そんな時、貴女は日本国内に於いて多数派になっている場合が多いかもしれません。
しかし、多数派は必ずしも智慧に基づいておらず、多数派の数の利を活かして少数派は足下で蹴散らしているだけの事柄も多くむしろ智慧に基づいているとは言いにくいケースも枚挙にいとまがありません。
しかし多数派というだけでそれが智慧であるかの様に思い込めてしまいます。


クリスチャンの多くは無抵抗主義ですから、そうなった場合あなたの彼氏はサンドバックです。
日本国内で過ごしているなら、日頃から少なからず周囲とのギャップには悩んでいる事も予想され、それら彼のストレスの小さな一つ一つを理解できていなければある日突然「何でこんな事でそんなに怒るのか分らない!プンプン!」と不毛な時間を過ごす事になりかねませんし、愚かな結果を招く事も考えられます。


彼との付き合いだけではありませんが、特に彼との付き合いに対しては思考停止で右に倣えの日本人らしさをコントロールしなければならないかもしれません。
今当たり前に思っている婚前交渉は誰しもが持っているものというあなたの世界観が既に彼の世界観とは違っている事が発覚しているのですから、それに関連する他の部分もそのうち明らかになってくると思います。



ただ、恐れる必要はあまりなく、心配する必要もあまりありません。
思考停止を止め、一つ一つ目の前の事柄を自分の目で見て、自分の耳で聞いて自分の頭で考えて、自分の心で感じて、自分の理性と信念とで判断する。
人間として当たり前の事を日々行っていれば良いだけです。
念の為に言っておきますが、きっとあなたは今現在はそれをしていないと私は考えているので、今以上にという意味です。


今までの回答者たちへの受け答え拝見しました。
誠実で良いと思います。
今のあなたなら私は応援できます(笑)
頑張って最高に幸せになって下さい♪(^^)

長文失礼。

どちらか一方がノンクリスチャンの夫婦なんて無数(と言ったら大袈裟ですが)に居ますよ。

聖書によれば、どちらか片方がキリスト信仰を持っている事によって連帯責任よろしく信仰を持ってい無い方の片方も救われます。

だから、あなたの彼はあなたの救いに対して大きな役割を持つ事に成ります。あなたが信仰を持とうが持つまいが。


ただ、例えばですが、家が火事で焼けており、直ぐにでも逃げ出さなければならないような普通に考えれば考えるまでもない明らかな方向性が見えていると一般の人が考えている事柄に...続きを読む

Qプロテスタントにおける求道者とは?

 プロテスタント(キリスト教新教)における求道者とはどういう人のことをいうのでしょうか?私は縁あって昨年から毎週…とまでは行きませんが,つき2,3回プロテスタントの教会での礼拝(毎週日曜に実施される)に出席し,それ以外の行事にも可能な限り出席していますが,洗礼は受けていません。左様な私が求道者であるというのは問題ありでしょうか?

Aベストアンサー

私の教会では、洗礼を受けている人は信者と言われ、信仰を未だ持ってないで集われる方を大まかに求道者と呼んでいます。もしかすると、その辺りは宗派・教会によって違うかと思いますが、その程度の事です。
つまり、教会とは信者だけが集まる場所では無い(生また時から信じてクリスチャンでいる方はいない)ので、今、聖書に触れたい、神様を知りたい、救いが欲しい、なんとなく興味がある・・・等々、どんな理由にせよ心に弾き付けられるものがおありでしたら、いろいろな集会に出席を続けられたら良いのではないでしょうか。
確たる信仰を現時点で持っていようがいなかろうが、洗礼を受けていようがいまいが・・・そんな事は気にしないで下さい。
でもそのお気持ちは判ります。私もそうでした。
でも、あなたに最善の時に、信じる気持ち、洗礼を受けようと思う気持ちを、神様が与えられるでしょう。
教会の皆さんもそれを祈って、神様の定められた時をお待ちでしょう。


人気Q&Aランキング