初めての店舗開業を成功させよう>>

毎度お世話になっております。

片押しキャリパーのスライドピンに塗布するグリスとして、サービスマニュアル上でシリコングリスが指定されていることが多いことと思います。
スライドピンに塗布するグリスに求められる性能的特徴として、
①耐熱性(キャリパーは摩擦熱で熱くなるため)
②ゴムを傷めない(ラバーブーツに触れるため)
③耐水性(大雨や洗車時に大量の水がかかるとブーツの隙間から浸水する恐れもあるため)
④金属同士の極圧に耐える(2本のスライドピンのうち片方は金属―金属で、ブレーキング時はラジアル方向に強い力がかかりながらスライドするため)
が挙げられると思います。(他にもあるかもしれませんが、ここでは省略)

シリコングリスは、上記特徴のうち①②③を持っている点についてはいいのですが、
④については、シリコングリスは金属同士の潤滑に適していないと認識しています。

上記を踏まえ質問なのですが、スライドピン(金属の穴にはまる方)にシリコングリスを塗布するのは、上記特徴④については多少目をつむり、①②③について恩恵を受けるという一種の妥協なのでしょうか?
また、シリコングリス以上にスライドピン塗布に適しているグリスはないのでしょうか。
例えば、スクーターのトルクカムに塗布するグリス(ヤマハグリースE等)であれば、
用途からして上記特徴①②④は満たしていると思われるので、大量の水をかけないように
注意さえすれば、シリコングリスよりも良いタッチを得られるのでは?などと考えているのですが。

お分かりの方、よろしくお願いします。

「スライドピンにシリコングリス?」の質問画像

A 回答 (2件)

シリコングリスで満足出来ないのであれば、ディスクパッド用グリス


を使用してみてはいかがでしょうか①②③④を共に満たしていますから。
うちの工場ではこれを使っていますが今までクレーム等一切有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

パッド用グリスでもメーカーによって特徴が異なるのかも知れませんが、下記URLのものはゴムNGとのことです。
http://seiken.com/seihin/02padgrease/index.html

お礼日時:2017/12/21 23:31

④金属同士の潤滑ですが、スライドピンの固着はありますが、摩耗してガタがで出ている物を見たことがありません。

即ち、極圧による摩耗の影響はない為、①②③の性能を満たすものになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
つまり、シリコングリスは、防錆油としての機能を果たしているに過ぎず、スライドピンを潤滑する効果はないということでしょうか。
もしそうであれば、例えば、湿度が低い晴れた環境の中で比較した場合、シリコングリスを塗布した場合と何も塗布しない場合ではブレーキの性能としては同じ、ということになりますが…。(そうとは思えません)
質問文にも書きましたが、ブレーキング時はスライドピンに対しラジアル方向に強い力がかかりながらスライドするため、極圧での潤滑性能は重要な要素であるとしか考えられません。

お礼日時:2017/12/21 23:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーキグリスの種類と性能

初めてブレーキグリスを使います(買います)

今までブレーキの分解、パッド、ローター交換など何度もしてきましたが、鳴くのは初めてで対策します。

そこで後学の為に教えてください。

(1)ブレーキグリスは一般のグリス(シャーシグリスでも)と比べて何が違うのでしょうか?
耐熱温度だけでしょうか?
(2)街乗りなので一番安そうなグリスを調達しますが、耐熱温度 以外に機能・性能に差が出る、要素はありますか?(例えば***を含んでいる方が鳴かない、とか)

(3)塗るのはパッドとピストンの当たり面で薄く、の予定ですが、それ以外にアドバイスいただければ助かります。  (パッドの面取り済)

なお、パッドやローターの買換え提案などは不要ですが、面取とグリス以外でも対策あればお願いします。

以上 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)銅が入ってて 耐熱性 溶けにくい 通常のグリスの様な 潤滑性能は無い


(2)パットグリスとしての 性能の長期維持などの 差は有るでしょう。
 塗布後 乾燥し ダストのこびりつきし難いいなど
 安価な物で 良い物は 期待出来ないでしょう。

(3)パッドとハウジングの 当たるところ パットの左右に 爪の様な出っ張り部が有りますよね
そこが ハウジングに はまる所が有るので そこの当たる部分に 薄く 塗ります。

ワコーズのスレッドコンパウンドを使用します スプレータイプでも十分です。



鳴きは、 基本止めるのが 難しい ローターの パット材質の相性が合わないのが 根本要因
グリスで 鳴きを止めるものでも無いです。
パットとピストン間に 入れる鳴き防止シートも有りますが 気休め程度
現状のローターに 合う材質で お好みの 制動力のパットを捜された方が良いでしょう。

Qブレーキキャリパーが戻る仕組みについて

いわゆるピンスライド方式というピストンが1つのタイプのブレーキキャリパーについて質問です。
バイクのフロントブレーキによく使われるタイプですが、ピストンが動きパッドが挟み込んでブレーキをかけるまではわかるのですが、そのあとパッドが開放する仕組みがわかりません。

自分のバイク(ヴェクスター)のキャリパーを見てみるとパッドが戻る構造がどれなのかわからないのです。
キャリパーのピストンは一度出るとちょっとやそっとの力では押し込めません。工具を使って思いっきり力をかけてやっと戻る位です。
さらにパッドはピンにぶら下がっているだけで固定されておらず
これを戻すだけの力はどこから出ているのでしょうか?

画像のように傾けると固定されていないのでパッドが傾きます。
これがパッドが擦る原因だと思うのですが。

Aベストアンサー

締める力は、有ります。
しかし、引っ張る力は有りません。
ブレーキを効かせれば、油圧が働きます。
ブレーキを離したら、自然に緩むだけです。
これで、ディスクブレーキは構造上OKなのです。
ドラムの場合は、しっかり、バネが、効いてます。

つまり、軽い(微量です)引きずりを、起してます。
しかし、思いクラウンでも、男の力で、押したら、動くはずです
その程度ですので、問題が発生しないと言う訳です。
ご理解頂けましたでしょうか?

QABSユニット内部のエア抜きについて

BNR34です。
今日、エアを抜きを失敗して困っています。
下記について教えて下さい。
(1)ABSユニットの内部構造
(2)ABSユニット内部のエア抜き方法

いつものようにブレーキ・フルードを交換したのですが、
フルードの補充を忘れ、一時的にリザーバータンクを空にしたことが原因かとおもいますが、
次のような症状が出るようになってしまいました。
【症状】
(1)ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。
(2)エンジンOFFの時にペダルを踏むと十分固いですが、
   エンジンONの時にペダルを踏むと、上記(1)となります。
【補足事項】
・フルード交換時、ワンウエイ・バルブを使用
・これまで交換における成功&失敗の経験はありますが、
 当該事象が出たのは、今回が初めて
【考察】
・ABSユニット内にエアを噛んでいて、エアがどうしても抜けないようです。
・ディーラの整備マニュアルには、通常のブレーキ・キャリパからのエア抜き手順しか載っていません。

通常の手順でABSユニットのエアが抜けきるかどうかすごく疑問です。

BNR34です。
今日、エアを抜きを失敗して困っています。
下記について教えて下さい。
(1)ABSユニットの内部構造
(2)ABSユニット内部のエア抜き方法

いつものようにブレーキ・フルードを交換したのですが、
フルードの補充を忘れ、一時的にリザーバータンクを空にしたことが原因かとおもいますが、
次のような症状が出るようになってしまいました。
【症状】
(1)ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。
(2)エンジンOFFの時にペダルを踏むと十分固...続きを読む

Aベストアンサー

質問文から判断すると、ABSユニットにエアーは噛んでいないのでは?
(エアーが噛んだ状態でABSを作動させていればアウトだろうけど)

> ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。

典型的な症状ですが、この時にABSは動作していないはずです。
通常時はABSユニット内は通過状態ですので、ソレノイド以降の回路内にはエアーは進入していないはずです。


推測ですが、質問者さんはリザーバーを空にした際にマスター側や上部で十分にエアー抜きをしていなかったのだと思います。
そのままキャリパー側でのエアー抜きを続行し、ABSユニットまでの長い配管内にエアーが引っかかり抜けにくくなっている状態だと思います。

通常、ABS車はブレーキ配管が一度ユニットに集中して接続されており、そこから各車輪まで配管が伸びています。
当然、配管は上下左右に曲げられており、配管経路は単純に上から下ではありませんし、配管自体もかなり長くなりますので、途中でエアーが引っかかる可能性が非常に大きくエアーを抜くのがとても困難になります。

エアーがなかなか抜けない時は、マスターシリンダーや配管等を軽くコツコツ叩いて振動を与えると抜け易くなります。
注意する点は、下から上へと叩いていかないと効果的にエアーは抜けませんが、キャリパー側へ押し出した方が早い場合もありますので、ブレーキ配管の曲がり方や配管経路を見て判断してください。

これくらいの作業になると1人では困難なので、ペダル踏み係りを1人確保してください。
また、マスターシリンダーからキャリパーまので距離がありますので、結構な量のフルードが必要ですので多目に用意しておいてください。



それでも抜けない場合はABSユニット内となりますが、No1さんの仰るようにABSの強制動作が必要になるため、作業の確実性や信頼性を考えるてもディーラーに任せるのが無難だと思います。

質問文から判断すると、ABSユニットにエアーは噛んでいないのでは?
(エアーが噛んだ状態でABSを作動させていればアウトだろうけど)

> ブレーキが効くペダルの踏みしろが奥の方になった。最初の方、ふわふわ感がある。

典型的な症状ですが、この時にABSは動作していないはずです。
通常時はABSユニット内は通過状態ですので、ソレノイド以降の回路内にはエアーは進入していないはずです。


推測ですが、質問者さんはリザーバーを空にした際にマスター側や上部で十分にエアー抜きをしていなかったの...続きを読む

Qブレーキパッドの金属カバーは必須ですか?

ブレーキパッドの金属カバーは必須ですか?

今日、後ろのブレーキパッドを新品(純正品ではない)に交換しました。
交換前のパッドは金属のカバーと何か薄いあて板(パッドと金属カバーの間)のようなものが付いてましたが、
今日はこの金属カバー等を付けないでパッドだけ取り付けました。

金属カバーは必須でしょうか。
必須でしたら今度乗る前に速攻で付け直します。

画像の下が金属カバーで上が間の板です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無くてもブレーキは効きますが、
断熱材なので入れたほうがいいです。
ブレーキパッドには断熱効果も求められます。
ブレーキで発生した熱をそのままキャリパーピストンに伝えたら、ブレーキフルードが沸騰して効かなくなるベーパーロック現象を起しやすくなるからです。
パッド残量が2mm程度に定められているのは、この断熱性を保つためです。
もっとも、社外のパッドと純正パッドで材質が違うなら、断熱性も違うでしょうから、必須ではないですが。

ニッシンのパッドピンかな?ホンダっぽい形のパッドですね。
小径シンングルローターなら暇なときにでも入れておいたほうが安心でしょう。
パッドピンのネジは舐めたり固着したりしやすいので、ワコーズのスレッドコンパウンドなどの耐熱グリスを塗って組んだほうがいいです。

Qブレーキキャリパーボルトにグリス?

ブレーキパッドを交換するのにブレーキキャリパーをとめているボルト
を片方取らないといけないのですが
(キャリパーは片押しシングルピストン)
固着してしまっています。予備のボルトとメス側のスライドピンを
用意したので作業しようと思うのですが
この場合取り付けの際にはねじ部分にオイルなどを使ったほうがいいでしょうか?
使うなら普通のオイル?それともブレーキグリス?
普通のオイルなら熱で蒸発してしまって固着防止には意味がなさそうですし
ブレーキグリスってこんなところに使っていいのでしょうか?
たしか前はブレーキグリスを使ったような気がするんです。

Aベストアンサー

外すときには浸透潤滑剤を使用しても良いんですが、スライドピンのブーツが膨潤して使い物にならなくなることがあります。
出来ればオーバーホールキットを購入してラバーパーツは換えてしまった方が良いと思います。
キットの中にスライドピン専用のグリスが同梱されています。

が、私の場合は、普通にラバーグリスを使用しています。
トヨタ部品共販で買ったピンク色のヤツと、黒いディスクブレーキグリスです。
十分いけていますよ。

ラバーパーツにはラバーグリス
それ以外にはディスクブレーキグリスです。

スライドピンも新品に交換しちゃった方が良いでしょうね。
それほど高い部品でもないし。

Qブレーキのエア噛みを確認する方法

ある程度、エアが噛んでいたら、ブレーキが明らかに
奥まで踏み込めるのでエア噛みを判断できるのですが、
ブレーキフルード交換後に何となく、今までよりも、
ほんの少しだけブレーキが奥まで踏み込める気が
するけど、気のせいな(今までと変わらない)気もするというとき、
どうやってエアを少し噛んでいるのか、全くエアを
噛んでいないのかを判断すれば良いのでしょうか?

一応、ブレーキを踏んだときの床との距離の基準値が
整備書に載っていますが、車体誤差があるからか、
基準値の範囲が広いですし、ブレーキを踏む強さも
測定できないので、正確に判断できません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

完全除去は、キャリパーの分解整備がいると考えて良いでしょうし
作業の丁寧さ=エア抜きにブレーキオイルを2リットルも使うとかすると
かなり良いところで抜けます。

もちろん判断基準は踏み込み面の高さです。
誤差があるのではなく、許容度が大きめであり、
一回目踏み込みで「しっかり停まる所があるかどうか」というところが重要です。
エアを噛んでいると、停まる感覚がやはり柔らかいです。
ホース劣化ということも無いとは言いませんが…
エア噛みに比べると誤差。
でもそれは車両誤差ではありません。
ペダル軸やペダル自体の経年劣化。

ちなみに2回目、3回目とすこし踏み面が下がるのは正常です。
=ブースターの作用による変化です。

Qハブボルトにグリスが塗られていましたが・・・

先日ある作業のためホイールを外したところ、ハブボルトのネジ山にグリスのようなものが塗られていました。
ハブボルトにはグリスは塗らないのが常識だと思っていたのですが、どこかで塗られたようです。いろんな工場やショップに出入りしてるので、いつどこで塗られたかはわかりません。もちろん自分では塗った覚えはありません。

グリスを塗るとネジ部の摩擦抵抗が減るので、既定のトルクで締め付けた場合でも、締まりすぎてネジ山同士に規定以上の張力がかかりネジの損傷に繋がりやすくなのるではと思いますし、砂などが付着しやすいためネジを傷める原因になりやすいです。
なによりもナットが緩みやすそうな気がします。

というわけで塗られているグリスをきれいに除去しようと思うのですが、わざわざ誰かが(しかもプロが)塗ったからには何かしらの理由があると思うのです。
場合によってはグリスを塗ることもあるのですか?
当方の車は大昔の旧車なので、現代の車の常識が当てはまるとは限らないため、もしかしたら塗ったままのほうが良いのではないか、とも思ったりします。

さてこのグリス、除去すべきか、それともそのままが良いか、どちらが良いでしょうか?
皆さんのご意見をお聞かせください。

先日ある作業のためホイールを外したところ、ハブボルトのネジ山にグリスのようなものが塗られていました。
ハブボルトにはグリスは塗らないのが常識だと思っていたのですが、どこかで塗られたようです。いろんな工場やショップに出入りしてるので、いつどこで塗られたかはわかりません。もちろん自分では塗った覚えはありません。

グリスを塗るとネジ部の摩擦抵抗が減るので、既定のトルクで締め付けた場合でも、締まりすぎてネジ山同士に規定以上の張力がかかりネジの損傷に繋がりやすくなのるではと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

座面? ホイールナットのテーパー部と ホイール穴のテーパー部分に
グリスが付着しなければ ねじ山だけなら問題ありません

固着防止と ガジリ防止になります。

但しブレーキで加熱される部分なので 耐熱グリスが絶対条件です。

現状をウエスで拭き取り僅かに残った グリス分だけでも ナットには良い状態で 閉まりすぎ等の不安も解消されます?

自分は マックガードスプラインドライブナット+ロックナットを使ってますが 内部が錆びるので ワコーズスレットコンパウンドを塗布してつかってます。 当然座面に付着しないように注意して締め付けてます。

Qブレーキの引きずり音について

宜しくお願い致します。

フロントのブレーキローターにゆがみがあるとのことで
いっそのことと思い、
自分でローター&ブレーキパッドの交換を行ないました。
そして試運転したところ、
ブレーキの利き自体はすごくスムーズに利くようになったのですが
低速でわずかにすっている音がします。
それが、一定ではなく
ローターの一部分だけですっている感じです。
音を擬音化すると、機関車のシュッシュッっというような感じです。
スピードが速くなると当然シュッシュッの間隔も早くなり、
30kmくらいからは、聞こえなくなります。
っというか、聴力での判断が付かなくなります。

で、
キャリパーのピストンの固着かなとも思いましたが、
それではなぜ、一定の音ではなくシュッシュッという間隔のある音なのかと疑問に思っています。
ただし、かといってブレーキ時は音が止まりますし、ゆがみローターのような
ブレーキペダルの足にブルブルくるような感じもなく、
ブレーキングそのものは非常にスムーズなのです。

キャリパーのピストンの戻りが悪く引きずっている状態で
かつ、このような一定間隔の引きずり音ってあるのでしょうか?

ローターは、2・3回脱着して確認しており、取り付けそのものに
不具合があったっとは考えられません。

考えうる症状を教えていただけますようお願い致します。

宜しくお願い致します。

フロントのブレーキローターにゆがみがあるとのことで
いっそのことと思い、
自分でローター&ブレーキパッドの交換を行ないました。
そして試運転したところ、
ブレーキの利き自体はすごくスムーズに利くようになったのですが
低速でわずかにすっている音がします。
それが、一定ではなく
ローターの一部分だけですっている感じです。
音を擬音化すると、機関車のシュッシュッっというような感じです。
スピードが速くなると当然シュッシュッの間隔も早くなり、
30kmくらい...続きを読む

Aベストアンサー

ディスクブレーキは、常にパッドとローターが接触してます。
なので、ガードレールや壁が すぐ近くにあるような所を走ると そのようなスレ音がきこえてくることもあります。

「常にスッている」といっても、ある程度の「間隙」は発生します。
ディスクパッドとロータ間にわずかな間隙があれば、ディスクとハブの間にも間隙が生じます。
それらによって、わずかな「振れ」がおこり、そのため「シュッ…シュ…シュッ…」と断続的な音がするのではないでしょうか?

もともと存在してた「ローター」の振れ、あるいは「ハブ」の振れ・・・いずれかによても引きおこされます。
ローターやハブに「振れ」自体は無くても、面の凹凸(サビとか)でも 振れは発生します。

パッドは「ほぼ固定」ですので、この場合は「回転部品」を考えるだけでいいと思います。

それでも、そのような音の発生原因はいくつか考えられます。
・・・でも、「気にすること」はないでしょう!

Qブレーキディスクからの異音?

走行中に窓を開けて、壁の横などを通るとタイヤの回転数に合わせて「シャッ、シャッ、シャッ、シャッ」という音が聞こえます(前後共にディスクブレーキです)。パッドはそんなに減ってはいません。ブレーキパッドが減ったときの「キィー」という音とも違います。
そこで、ジャッキアップしてホイールを外し、手でディスクをまわしてみたところ、回転に合わせて金属と石がこすれているような音がします。ブレーキパッドとディスクの隙間を見てもどこがこすれているのかよくわかりませんでした。「ブレーキ鳴き止め剤」をディスクにスプレーするとしばらくは音が止むので、パッドとディスクがこすれているのだと思うのですが、これは簡単に直るものでしょうか?交換部品やだいたいの金額等もしわかればアドバイスお願いします~。

Aベストアンサー

ブレーキパッドの鉄の部分とピストンの
シリンダ部分と、
ブレーキパッドの取り付けピンなどの接触部
に通常、ブレーキグリスが塗られています。

年数が立つと劣化して機能しなくなります。
すると、ブレーキパッドとシリンダの間が離れたり、
ブレーキパッドが動くときにピンなどの接触部
の抵抗が大きくなりブレーキパッドが戻りきらないようです。
そのため、振動で異音ががでます。

だいたいが、ブレーキグリスを塗ることで解消します。

ブレーキグリスは、通常のグリスとは違いますので、
間違えないように、グリスはカー用品店、バイク用品店にあります。
くれぐれもディスクや
ブレーキパッドのディスクとの接触面にはつかないように
注意して下さい。

それから、ブレーキグリスを塗る前に
ほこりやごみを取り除いてくださいね。

手が汚れますのでボロギレなど、
多めに用意しておくといいです。
では、がんばってくださいね。

Qドラムブレーキの自動調整について

自動調整機構に付いて教えて下さい。
「自動調整が付いている車の場合、ドラムとライニングとの隙間が常に一定に保たれており、これはサイドブレーキを引いた時に自動調整される」
との話を聞いた事があります、
私の車の場合オートマなので普段から駐車の時はセレクターをパーキングに入れるだけでサイドブレーキは引きません、この場合は、自動調整は効かず、やがてはフロントブレーキだけで制動するようになってしまうのでしょうか?もしそうだとすれば、サイドブレーキはどの位の頻度で引けば良いのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自動調整機構の持つ意味合いというか
そのあたりのハナシについては詳しくわかりません
しかしメカニックの目線で言えば
最低限の調整機構として捕らえています
一般の乗用車(前輪ディスク、後輪ドラムのモデルの場合)ではさほど不都合は感じないのですが、
軽自動車や大型のトラックなど前輪までもがドラム式の場合この自動調整機構が必要になってきます
次回の点検まで手動調整のみではブレーキのクリアランスが大きくなりすぎてブレーキが利かなくなる恐れがあるのです そういう意味合いでは無いよりマシというより最低限必要な装備となるのでしょうね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報