ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

モリブデングリスを塗りすぎ、取り付けたら上側(ブーツの小さい穴の方)からブニュ~っと出てきました。
出たのは拭き取ったのですが、塗りすぎは良くないのでしょうか?
予想ですがブーツ内満タンにグリス入ってるかとおもいます。

A 回答 (3件)

 意外に知られていないことですが、ボールジョインのグリスについて。



※タイロッドエンドに限らずボールジョイントのブーツ内のグリスは、潤滑よりも実はブーツの形状維持の為に必要です。(潤滑自体はボール部分をグリスで埋める程度で十分です。ボールの潤滑の為にブーツがパンパンになるほどグリスを充填する意味はありません。)
 ブーツの形状維持の為のグリスなので、ブーツが押されるとハミ出すぐらいでちょうどよいでしょう。ハミ出して来たグリスは拭き取っておきましょう。

※ハミ出して来たグリスにも働きがあります。
 それはナックルアーム機械加工面~ブーツ接触部間の潤滑です。
 操舵した時のことを想像してみてください。タイロッドエンドブーツはナックルアームの加工面と接触しながらクルクル回ります。この接触面が完全にドライだと、ブーツはあっというまにナックルアームに削られてしまいます。
 この部分にはグリスが残っている必要があります。故にハミ出してきたグリスをムキになってテッテー的に拭く必要もありません。

※但し。
 スタッドのテーパ部は、脱脂するのが理想です。
 このテーパ部分の設計では、ドライ状態(μ=0.14~0.16)として沈み込み量(スタッドがテーパ穴に入り込む量)を計算します。
 もしグリスが付いているとμは0.125以下となってしまい、沈み込み量が増え、結果、穴側の締付力(スタッドのテーパを締め付けるチカラ)が予想外に大きくなってしまいます。
 タイロッドエンドに限らずロワリンクのナックル側ボールジョイントのスタッドなどもそうなのですが・・・いわゆる『ダブルハンマ』の叩きまくりでは全く外せず、ボールジョイントセパレータでもなかなか外せないほどテーパがキツく入っているケースの殆どは、組付け時にテーパに油が付いていた為に起こります。
 脱脂は、ウェスにブレーキクリーナを染ませ、ブーツを縮めた状態にしてテーパ面をキュキュッと拭くだけで十分です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

組んだ際に塊がブニュ~っと出てきたので、みた感じではパンパンにはなっていないような気がします。

テーパーも両方ただ拭いただけですのでもしかしたらグリス付いてたかもしれません。

前回もだいぶ前に交換したのですがその際はジョイントボール付近に軽く塗る程度で、今回小さな穴開いていたのですが、グリスが出てこなかったので分からなかったのです。

その為今回多めに塗りました。
とりあえず様子を見てみます。

お礼日時:2014/10/02 23:57

エンドブーツですよね。



グリスを出してしまえばいいんです。
出すといってもエンドを掴んでぐりぐり動かして、
はみ出たグリスを拭き取る程度で問題ありません。

ブーツのチャックをエンド本体に密着させてください。
そっちのほうが大事です。

安物グリスで十分ですよ。
    • good
    • 0

>予想ですがブーツ内満タンにグリス入ってるかとおもいます



あまりにも入れすぎは良くないです
ハンドル操作でタイロッドエンドの位置が傾き
内部から圧がかかり
ゴムズレ、外れ、内圧でゴムのひび割れなどが起きる場合があります

どの位入れたのか分かりませんので
しばらく走行して、様子を見てはどうでしょうか
「タイロッドエンドのブーツを変えたのですが」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
塗った量ですが、指の先から第一間接あたりの塊を塗り込みました。

様子をみてみます。

お礼日時:2014/10/02 21:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国産車のサービスマニュアルは入手可能?

国産車のサービスマニュアルはディーラーで入手可能ですか?また、一般的な価格は
いかほどでしょうか?できましたら、パーツリストの場合も併せて教えて下さい。

ディーラーで聞けば済むことは承知していますが、その前にそもそも入手自体可能な
のか、まず知りたいと思って質問しました。

バイクの場合は、サービスマニュアル,パーツリストともにショップで入手可能ですが、
4輪の場合は事情が異なるため(困難さ,失敗時の影響など)、一般ユーザーには見せ
てやらん!みたいなことはないのかな?と思いまして。考えすぎでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

車、メーカーによります。
ディーラーによっては、いやがるところもありますし。

値段はP10 7800円 P11 17000円でした。(整備要領書1冊)
古くなると、扱っていなかったりするので問い合わせてください。
また、雑誌のように不特定多数を相手にしていないので、元々の発行部数は少ないです。

最近は経費削減なのか、販売会社単位で注文を取り、必要部数のみ制作する場合があります。
前は、1車種1冊だったのに、最近はエンジンやドライブトレーンなどに細分化されて、5-7冊ぐらいになっているそうです。全部そろえると3万ぐらいになるそうな。
(以上日産の場合)

そんなことは出来ないので、必要なところをディーラーでコピーを貰ってます。
只だし。

#4さんのリンドバーグでの購入がほぼ確実かも知れませんね。

Qショックやサスのヘタリ具合の判断方法について

標記の質問ですが、どこで判断するのでしょうか?走行中突き上げ感が大きくなったとか?

Aベストアンサー

車重、普段の荷物の積載量などによりけりですが、おおよそ普通に使ってれば7万kmないし、7年程度でショックが抜けて気が付く頃だと思います。

抜け始めを感じたら後は完全に抜けるまで時間の問題です。走行中の突き上げが大きくなる場合、タイヤが原因である事もあります。サイドウォールが硬かったり、扁平率を落とす、空気圧が高いと乗り心地に響きます。

完全に抜けた場合は、車高が落ちるので見た目で判断もつきますね。良く見るのは平成1桁、それも前半だと大抵の車が抜けて車高ぺたぺたになってます。
要はショックが抜ける→スプリングのみで車高維持→スプリングもすぐへたる→ストローク量0ですから一番車が沈んだ状態になります。乗り心地は最悪ですよ。

QタイロッドエンドブーツOリング

タイロッドエンドブーツからグリス漏れのため新品に交換しましたがラジペン使ったりしてもOリングの取り付けが出来なくて面倒なので針金で縛りました。専用の工具があるのか?知りたいです。

Aベストアンサー

回答:No.1です。
ロックリングプライヤー はその名の通りにロックリング、Cリングの脱着工具ですのでブーツバンドには無理だと思います、ブーツバンドの特に板バネを2重巻にしたような物は広げようとするとねじれますので広げた状態で支持できません、この工具は穴の無いスナップリング等に使います厚みのある物です、ラジオペンチとは動きが逆なので代用したりはしません、と言うかこの位のものはどこの整備工場でもあります。

確かに、工場での組み付けを考えると専用工具があるかもしれません、ただそれが手工具だとは限りません、機械にセットして自動で組み付けるのかもしれませんし、製造ライン上にある物かもしれません、手工具だとしても汎用でなくサイズごとに1丁必要なのかもしれません、そうすると一般の市場には出回りません。

整備士だと多分そのような作業をする為に古いドライバーを削ったり曲げたりして独自の工具を自作している場合が多いと思います、専用工具ではありませんが、作業性の向上にはなっています。

QATFの量の入れすぎについて メカニックや車に詳しい方

15年式の110系マークII 2.5ターボに乗るものです。先日こんな事
がありました。車を2月下旬に購入し、距離も4万キロ走っていたので、ATFを交換しました。(自分でカー用品店勤務)最初エンジンをかけた状態で量をチェックしたところ本来の位置より10センチくらい多めにはいっていました。その後10リットル交換をし再度量を確認したところ最初と同じくらいの量だったので、もともと多いいかな?と思ってはいたのですが、とりあえずその量で先日まで走っていました。つい先日車をショップに預ける為、静岡から東京まで高速で行きました。出発前に洗車をしていったのですが、高速クルージングを楽しむ為に140~170キロくらいで飛ばして走行していました。少し休憩と思い、サービスエリアでオーバーヒートを少しでも防ぐ為、ボンネットをあけ冷やそうと思って開けたら少し変な匂いがしました。気にせず後ろを見ると、トランクやら後ろほぼ全面が油が飛んでいたんです。最初はガソリンかと思ったのですが、どうやらATFの匂いがしました。下回りを覗いてみると(車高が低いので真ん中まではよく見えなかったのですが、俗に言う油まみれっぽくマフラーをつたいにじんでる感じがしました。車を買い何度か下回りはみているんですが、いままではそんな事はありませんでした。そこで知識のある方に質問です。ATFの量を入れすぎた場合、ゲージ棒以外に抜ける場所はあるんですか?個人的には普段そんな速度では当然走らないですから、高速走行することで、ATFオイルが膨張し、元々量が多かったからどっかからあふれ出て、マフラーをつたって後ろにでてきたのではないかと?そんなことは考えにくいですか?それともやはりどこか漏っていますかね?教えてください。

15年式の110系マークII 2.5ターボに乗るものです。先日こんな事
がありました。車を2月下旬に購入し、距離も4万キロ走っていたので、ATFを交換しました。(自分でカー用品店勤務)最初エンジンをかけた状態で量をチェックしたところ本来の位置より10センチくらい多めにはいっていました。その後10リットル交換をし再度量を確認したところ最初と同じくらいの量だったので、もともと多いいかな?と思ってはいたのですが、とりあえずその量で先日まで走っていました。つい先日車をショップに預ける為、静岡から...続きを読む

Aベストアンサー

仰る通り、入れすぎたATFがブリーザーから吹いてしまったのです。

ATは密閉されていると思われているようですが、実際は内圧が高くなった時の為に安全弁のようなもの(ブリーザー)が存在します。
今回は、アバウトな交換でATFが多い所に高速を長時間走って内圧が上がりブリーザーから吹いた...と言うことです。
街乗りではそこまで内圧は上がらなかったので吹かなかったのでしょう。

スティックに目盛りが刻んであると思いますが、あれを超えていると今回のような事になります。
ATFの温度により、どのあたりまで入れるかは整備要領書にキチンと書かれていますから厳守しなくてはいけませんよ。
交換した翌日等、車が冷えている状態でもう一度確認するべきでしたね。
マトモに作業している所では、出来るだけ冷えた状態で最終確認をしています。

今回は下周りを洗浄して様子を見てください。
もしかすると、弱っていたシールが破損して漏れが発生している可能性もありますから。

Q朝一番のエンジンがかかりにくい

H18年式のタントカスタムRSに乗っています。
新古車で購入してから半年ほどです。
ここ2ヶ月ほど、朝一番(午前中9時過ぎ)に車に乗るときに
エンジンがかかりにくい現象が続いています。

『キュルキュルキュルキュル・・・』と何回か続いて
エンジンがやっとかかったり、
『キュルキュルキュル・・・』と何度セルを回しても
かからないときもあります。

知人からは、この時期冷え込んでるし寒いからじゃないか?
等と言われていますが、エンジンのかかり具合と寒さと言うのは
関係あるものなのでしょうか?
(ちなみに当方東京です。)

また、原因やチェックするべき点など教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エンジンの始動性と気温は関係があります。
液体燃料であるガソリンを気化して燃焼させているわけですから(笑)
またエンジン始動時のセルモーターはバッテリーの電力で動かしています。
バッテリーの化学反応についても適温というものが存在します。

でもって今回の例ですが、セルモーター自体はまともに作動しているのでバッテリーのほうはまず白と考えられます。

となると燃料関係、具体的には『冷間時の始動補正』といって燃料を増量したり、
アイドリングコントロールのバイパスを開いたりする機構があります。
ということでセンサーやらバルブやらの点検になりますが・・・・
正直、プロの領域です。
またエンジンが完全に冷え切った状態でチェックすることになるので
場合によっては時間がかかるかもしれません。
この辺は整備工場の方とご相談ください。

Qボールジョイントが外れない

コントロールアームのボールジョイントが外せません。3500ccセダン

セパレータ(ボルトを締め付けて上から押すヤツ)を延長パイプ(1m)使ってもうこれ以上力が入らずまで締めても外れません。

そこで今度はフォークタイプの工具を差し込んで、ギンギンに入れ込んだのですが、ダメです。
(フォークの先がブレーキディスクに当たるまで入れ込みました)

もちろんナックルもガンガン叩きまくりました。シリコン浸透スプレーも30分おきに吹きまくり。

ここまで まる半日(6時間以上)やって、、、 諦めて、近所の比較的大きい整備工場にヘルプ。

来てもらって(ハンマーとフォーク持参) いろいろやってもらいましたが ダメです。
(フォークの向きをいろいろ差し込んで+ハンマーでナックル攻撃)

「もうこれ以上やるとボールジョイントがバレる、ナックルごと交換になる」と辞退されました。
前回交換時に締めすぎて、食い込んでしまったのでは? とのこと。(前回交換したのは私!)
来られたのは新米ではなく40くらいのベテランぽい整備士。

なかなか外れないボールジョイント 何か妙手で外せた方いませんか?

アームは交換品(新品)が手元にあり、ダメになってOK(というよりもうほぼダメになっています)

どなたか 詳しい方お願いします。

コントロールアームのボールジョイントが外せません。3500ccセダン

セパレータ(ボルトを締め付けて上から押すヤツ)を延長パイプ(1m)使ってもうこれ以上力が入らずまで締めても外れません。

そこで今度はフォークタイプの工具を差し込んで、ギンギンに入れ込んだのですが、ダメです。
(フォークの先がブレーキディスクに当たるまで入れ込みました)

もちろんナックルもガンガン叩きまくりました。シリコン浸透スプレーも30分おきに吹きまくり。

ここまで まる半日(6時間以上)やって、、、 諦めて、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
大変ですね、基本的にはナックルの嵌合部を攻めるしか無いと思うのですが・・・。
ハンマーは3ポンドなり8ポンドなりを使用しましたでしょうか?
セパレーターで抜け側に力を掛けておいてダブルハンマー(両口3ポンドと通常の片手ハンマー)でナックルを打撃、力が逃げないよう打撃する反対側は8ポンドハンマーでショックの逃げの押さえ、2人がかりが必要でしょう。
それでも外れないのでしたらダメ元・変形覚悟で(ナックルの交換が必要になるかもしれません)、ナックルを車両から外し(当然アームが付いたままです)、大型の金床(アンビル)の上に置いて、8ポンドハンマーと片手ハンマーのダブルで衝撃。
上記方法で大抵の場合は外れたものです。
ただし、70年代の大型アメ車ディーラーでの昔の経験でしたが、ご参考の足しになれば幸いです。
ただ、いまの時代の乗用車の整備工場では8ポンドハンマーや金床(一人では持ち上げられないほどの重さでした)までは持っていないかもしれませんね、トラック扱い店でしたら常備しているのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング