初めての店舗開業を成功させよう>>

自尊心が低く自分を責める傾向がある彼への適切な対応、または彼がそういった精神状態にならないための対策などありましたら教えていただきたいです。

A 回答 (1件)

あなたがいつも、彼が落ち込んでいる時に励ましてあげたら、いつも精神的に落ち着いた状態でいれると思いますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
彼が少しでも安心できるよう、頑張りたいと思います。

お礼日時:2017/12/20 00:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彼女の自尊心がとても低くて困っています

現在付き合っている彼女が自分を責めて困っています。

自尊心が低く、なんでも自分が悪く考えてしまうようです。
なんとか自尊心を高めてあげたいと思い、いろいろやってみました。

自分が頑張っていることを認識させようとした時は
学校、バイト、毎日の家事、自分と会う為に時間を作ってくれる等
一生懸命頑張ってると思う、と言っても、普通の事でむしろもっと頑張らないと自分は死んだ方がいいと言います。
普通の事ではなく、そうしない人もいると言っても、みんなしてるはずだと言います。

学校の教科書や道具をすべて自分で買っていて、それはなかなかみんなやってないよ。
と言うと、たしかにやってない人はいるけど生活環境が違うから当たり前で、自分が払うのは普通だと言います。

長所を褒めても、無理して言わなくていい。本当はそう思ってないくせに。と言われます。

自分を嫌いだと言うので、大切に思ってくれてる人がいることを伝えますが
礼儀や常識で言ってるだけできっと本心では自分のことをいらないと思ってると言います。
それは大切に思ってくれてる人に失礼だと言っても、きっとそうだから仕方ないと言います。

私が好きだと言うのもきっと嘘なんだろうと言われます。
自分を褒めてみようよと言うと、褒めるところが無いといいます。
いくらがんばってる点を上げてもやはり普通だと言われます。

言ってはいけないと思いましたが、自尊心を高めたほうがいいと思うと言ったことがあります。
すると、自尊心を持つとプライドに繋がるから持たないほうがいいと言われました。
自尊心とプライドは似てるけど違う面もあると言うと、辞書で同じ項目にあるから同じだとの一点張りなので、自尊心を「自分を褒める事」と言い換えましたが無駄でした。
自分を褒める→他人を褒められなくなる(?)→プライドが高い
ということらしいです。
自分を褒めると他人を褒められなくなるのは私には理解できません。
これに関しては話すと、うーん・・・と考え込んでいましたので、すこし考える所もあったのかもしれません。

また、自尊心を持つ事は円滑に生きる事の邪魔になると言っています。
つまり自尊心があると他人を褒められなくなる、プライドの高い人とコミュニュケーションを取る時などは自尊心が無いほうが人生丸く収まる、と。
どういう人生が円滑な人生かは人それぞれだと思いますが、私は人の言うことを何でもはいはいと聞く人生が円滑だとは思えません。もちろん私の考えを押しつけるつもりはありませんが…。
しかし自尊心があるとプライドの高い人と円滑に付き合えないというのも違うと思います。

自尊心を高めさせてあげたいと思う事は私のエゴでいらないお世話なのでしょうか。
…正直な事を言いますと、自己卑下ばかりされているとこちらの気分も滅入ってしまいます。だから自尊心を持ってほしいという事もあり、確かに私のエゴかもしれません。
しかしやはり自尊心は生きていく上で必要な物だと思います。
自尊心を高めるにはどうしたらいいのでしょうか?
もしくは、余計なお世話であり今の彼女の考えを尊重するべきなのでしょうか。
私のアドバイスが自尊心を高める障害や傷つけていたりするでしょうか…
アドバイスをよろしくお願いします。

現在付き合っている彼女が自分を責めて困っています。

自尊心が低く、なんでも自分が悪く考えてしまうようです。
なんとか自尊心を高めてあげたいと思い、いろいろやってみました。

自分が頑張っていることを認識させようとした時は
学校、バイト、毎日の家事、自分と会う為に時間を作ってくれる等
一生懸命頑張ってると思う、と言っても、普通の事でむしろもっと頑張らないと自分は死んだ方がいいと言います。
普通の事ではなく、そうしない人もいると言っても、みんなしてるはずだと言います。

学...続きを読む

Aベストアンサー

不思議と、質問者さんが少し自尊心にこだわり過ぎられているところが見受けられます。
そういった観点から、彼女からしたら少し押し付け感を感じられているのかもしれません。

ですが、これは私が客観的にみたお話です。
そこで、お聞きしたいのですが「彼女に必要なものは自尊心であると言い切れます?」でしょうか。

自尊心は必ずしも生きていく上で必要かとなるとそうではないかもしれません。(断定はできませんし、もちろん必要な場面も沢山あると思われますが・・・)

>「プライドの高い人とコミュニュケーションを取る時などは自尊心が無いほうが人生丸く収まる」
この言葉については彼女が的を射ているかと思います。
「自尊心が高い人と自尊心が高い人は衝突が発生することが多い」ので。(必ず衝突する訳ではありませんけれども)

“自尊心が高いから自尊心を低く見せる…”というのは、
自尊心を傷つける訳でもありません、そうすることで相手を広い視野で捕らえたりもできるので、逆に自らの成長に繋がる事もありえます。

人にはその人その人にとって必要なものも違ってくるので、彼女に必要なのはもしかしたらもっと別なものである、ということも考えられなくはないです。

確かに「自尊心を高めさせてあげることができたら、それはそれでいい」のかもしれませんけれど、彼女もまた今のままの彼女でもいいのだと思います。

彼女の性格を質問者さんから無理に変える必要はないと思います。
「彼女が自分から変わりたい!」とそう思ったときに、質問者さんなりに一緒に考えていってあげれたらいいのだと思いますよ。

彼女が今困っていて「そこから抜け出させてあげたい」のだとしたら、本当に彼女のことを理解することを続けられて、それで彼女の盲点である場所をそっと教えてあげてください。

後は「質問者さんが無理に彼女を変えようとされないこと」です。
大切なのは「彼女が変わりたいときに、彼女が変わりたい方向性に変えてあげること、促してあげること」ですから。

私は以前、質問者さんのように考えていた事があり
「困っている人が居たら助けてあげたい、直ぐにでも変えてあげたい」そう思っていました。

ですけれど、それは少し違ったんです。
「本人が変わりたいと思っていないときに、変わりたくないものに変えられようとしても変われることはできない」んです。

人の心は時に凄い力をもっていますので
「質問者さんが彼女の力になりたい」と思われているのであれば、彼女をより知っていくことができたのなら、そして、彼女が質問者さんと共に成長していきたいと願われているのであれば、本当に正しいタイミングでそういう切っ掛けが訪れると思います。

きっと恐らくは質問者さんが「彼女が“すぐに変わらなければいけない”」という条件を無理矢理お作りになられてしまっているのです。
人の成長には遅い早いもありますので、その人のペースで成長していくとことも大切になってきますから。^^

ですから今は、彼女のことをただ優しく、暖かく、理解することを続けていってあげてください。

彼女は「無理して言わなくていい。本当はそう思ってないくせに。」な少し突き放したような言葉を使われているにも関わらず、質問者さんと一緒におられるところをみると、彼女自身もわかっておられるのだと思いますよ。

「分かっていても、できないこと」というのもありますし、皆が皆、いつでも素直になれる訳でもないですからね。(^^;

質問者さんも、彼女と一緒に成長するに連れて沢山のことがわかってくると思います。
お互いに良い影響を与え合って歩いていけるといいですね。

不思議と、質問者さんが少し自尊心にこだわり過ぎられているところが見受けられます。
そういった観点から、彼女からしたら少し押し付け感を感じられているのかもしれません。

ですが、これは私が客観的にみたお話です。
そこで、お聞きしたいのですが「彼女に必要なものは自尊心であると言い切れます?」でしょうか。

自尊心は必ずしも生きていく上で必要かとなるとそうではないかもしれません。(断定はできませんし、もちろん必要な場面も沢山あると思われますが・・・)

>「プライドの高い人とコ...続きを読む

Q自尊心の低い子に育ってしまいました

私の育児のやり方が悪かったと思いますが、自尊心の低い子に育ってしまったように思います。周囲の人と比較したり傷つけるような叱り方をすることが多かったためだと思います。最近本やサイトを見て反省しました。小学校低学年です。少々周囲の人を困らせたりというプチ問題行動も出てきています。自尊心を高めるためにできることとしてどんなことがあるでしょう。経験談でも結構です。お願いします。

Aベストアンサー

早めに気が付いてよかったですね。

小学校低学年なら大丈夫です。まだやり直せますよ。
お母さん自身が自覚し、反省していらっしゃるのでしたら、なおさら大丈夫だと思います。

まず、今まで傷つけてしまった言動に対して、お子さんに謝ることが大切だと思います。

「お母さん、あなたに謝りたいことがあるんだけど、聞いてくれる?」
「お母さん、今まであなたを人と比べて傷つけるような叱り方をしてきたと思うの。
…ごめんね。お母さん、悪かったと思っているの…」と。

「これからは、そういうことをしないように気をつけていくつもりだから、許してくれる?」と。

本当に心からそう思って伝えれば、お子さんの心に届くと思います。
うまくいけば、それだけで少し変化が見られるかもしれません。

そしてその後は、かなり意識して、毎日お子さんの言動をほめることです。
「ありがとう」
「すごいね」
「上手にできたね」
「優しいね」
「頑張ったね」
「お母さん、うれしい」
男の子なら、「強いね」「かっこいいね」
女の子なら、「かわいいね」「きれいだね」と。

肯定的な言葉だけをたくさんかけてあげることです。
生死に関わることでなければ、子供が何をしても怒らず、受け入れてあげることです。

気になる事、注意したくなる事は、優しく、「~しようね」「~しないようにしようね」と言う。(紀子様流です)

たとえ字が汚くても、「丁寧に書いてるね」「この字はきれいで読みやすいね」とほめる。

何かが出来なくても、「こうすればできるよ」「そのうち出来るようになるから大丈夫!」と励ましてあげる。

はっきり自分の意見が言えなくても、「どっちがいい?」「どうしたい?」と聞き、意思を育ててあげる。言えるようにしてあげる。

など色々あります。
また、「あなたは本当にいい子ね」と、そうなってほしいと思うことを言い続けると、その通りの子供になります。

さらに、子供は家で十分に甘えられて、自分の欲求が満たされると、外ではわがままを言わず、人に優しくできるようになります。

些細なことで、親の意地を通し、勝とうとしないことです。
甘やかしすぎかしら…?と思うくらいがちょうどいいと思います。

10のうち、8,9まで「いいよ」と言っておいて、初めて「だめ」という言葉が効果を持ちます。

「~しなさい」という命令口調は極力やめたほうがいいと思います。

ほかにもたくさんアドバイスがありますが、書き切れないので、お勧めの本を紹介します。

金盛浦子「少し叱ってたくさんほめて」「子どもを元気にするひと言」「子どもは親の鏡」
田上時子「子どもに愛を伝える方法」
ドロシー・ロー・ノルト「子どもが育つ魔法の言葉」

早めに気が付いてよかったですね。

小学校低学年なら大丈夫です。まだやり直せますよ。
お母さん自身が自覚し、反省していらっしゃるのでしたら、なおさら大丈夫だと思います。

まず、今まで傷つけてしまった言動に対して、お子さんに謝ることが大切だと思います。

「お母さん、あなたに謝りたいことがあるんだけど、聞いてくれる?」
「お母さん、今まであなたを人と比べて傷つけるような叱り方をしてきたと思うの。
…ごめんね。お母さん、悪かったと思っているの…」と。

「これからは、そういう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報