知人でも友人でも無いので小室圭君と書きますが、今朝のワイドショー見てたら、それらしき方がタクシーのドアの明け閉めして別の車に乗り込もうとしてる様子や、制服警官らしき人物も映ってましたが、彼は身辺警護の対象者なのですかね?
婚約発表直後は、警視庁が身辺警護していたようなのですが、結婚(?)延期報道がでた今後も警護されるんでしょうかね?

A 回答 (7件)

ネトウヨ法学によれば、天皇が「象徴」であることは、現在に生きている人間が変更できるものではないという。

しかしそれはウソだろう。勉強したことがないと見える。
学んだ人ならご存知のように、天皇は、(憲法が規定する)国事行為、(憲法に規定のない)公的行為、その他の行為の3つを行い、それぞれ象徴、公人、私人の3地位が対応する。いわゆる三分法である。学説としては他にもあるが、政府の公式見解はこの三分法だ。
例えば、「外国の大使及び公使を接受する(国事行為の一つ)」時の天皇は「象徴」だが、外国訪問して皇室外交する時の天皇は公人である。もっと細かいことを言うと、国会を召集するのは象徴天皇だが、召集した国会の開会式で慣例にのっとりお言葉を述べるのは公人天皇である。
そして憲法は、現在に生きている人間が変更できるものである。第1条の「象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」という条文を変更することによって、「象徴」としての天皇の地位は変更できる。しかし、それが分からないのがネトウヨだ。

ネトウヨ思想によれば、「象徴」は憲法の条文だけの言葉ではなく、遥か昔からの歴史性を帯びた概念ということらしい。しかし、それをいうなら「紐帯」(ちゅうたい、古くはじゅうたい)ではなかろうか。昭和天皇が「天皇人間宣言」で述べた「朕ト爾等国民トノ間ノ紐帯ハ、終始相互ノ信頼ト敬愛トニ依リテ結バレ」である。これは長年の結び付きであり、憲法を変えてもすぐには変更できないと思われるものである。
残念ながらネトウヨの大将は、「象徴天皇」という言葉の「象徴」に我流の観念を勝手に盛っているらしい。しかし、天皇は終始(はるか昔から今まで)象徴的な存在だったわけではない。象徴的だったり象徴を超えたりした。終始存在したのは、天皇と国民との間の紐帯であった。

さて、以上は前置きである。要するに回答は何かというと、「三分法がご参考になるかも」と申し上げたい。小室圭は現在身辺警護の対象者であり、結婚延期が公表された今後も警護されるだろう。「公務に就いているわけでもないのに、なぜ?」「納采の儀を済ませてないから正式な婚約者じゃない?」などという声も聞くが、公人と私人の二分法ではなく、「ビミョーな警護対象者」もしっかり守っていく三分法が現実的である。そういうことで、今後も警護されると思う。ビミョーといえば、天皇の公的行為もけっこうビミョーなものが含まれる。それでも三分法は現実的だから、日本政府も採用しているのだろう。
    • good
    • 0

警護をつけなかったら、マスコミがうるさくて、何をされるか分かったものじゃありません。

    • good
    • 0

敬語対象になんかなったらつまらないぞ〜、寄り道できないし居酒屋も行けないだろうね。


軟禁状態と変わらないよ、俺なら気が狂うね。
    • good
    • 0

No2です。


回答順に表示を推奨します。


質問の主旨を読解できずに(できないふりをして)、「費用「やら「税金が~」とかの斜め上の言妬みを語るようなマヌケな事は避けたいので、それを確認させていただきたいのですが、
【小室圭氏は未だに警護の対象なのか?】
ということで良いのでしょうか。 


象徴天皇 と 親王が結婚して私人になる事 や 税金を使う事 の関係が全くわかりません。
(パヨクな貧乏人は、自分以外に税金が使われさえすれば、何にでも同じことを叫ぶような気がします)

「象徴」は、無知な方が誤解しているような「看板やマスコット」のような軽薄な言葉と同義な概念ではありません。(故意に誤解させようとしている人たちがいるようですが)

実は、会社や店名のロゴ等の意味で使われている「看板やマスコット」である「シンボルマーク」は「和製英語」で、アメリカにはそのような言葉はありません。
それらは本来は「サイン(目印・記号)」であり、当事者の都合で変更可能なものです。

一方「象徴(Symbol)」は神聖さと歴史性を帯びた概念であり、現在に生きている人間が変更できるものではありません。
ヒント:キリスト教の十字架

天皇は、日本の始まりとともにある神聖さと歴史性を帯びた存在であり、遥か昔から象徴的な存在でした。
日本国憲法は、それを明文化しているにすぎません。



「日本が嫌いな方」や、【ブロックしてから回答に文句をつける方】にこれらを語っても無駄かもしれませんが。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10267799.html



最後に、前回の回答への訂正をさせていただきます。

誤:それでも「婚約者」という立場に変わったわけではありません。
正:それでも「婚約者」という立場が変わったわけではありません。
「知人でも友人でも無いので小室圭君と書きま」の回答画像4
    • good
    • 0

警護の人も2人いたのなら、交代要員も含めその3-4倍は要員が要りそう。


要員の給与も全部税金なので、毎年億単位の金が要る。
引き延ばして欲しくないネ。

納采の儀とかなんとかの行事も、ぜーんぶ税金でやっている。
象徴天皇になっているのだから、私人になる事だし
前例は止めて簡素に願いたいネ。
    • good
    • 0

B:>彼は身辺警護の対象者なのですかね?



回答B:そうだと思います。
延期を理由にした質問をしていますが、それでも「婚約者」という立場に変わったわけではありません。
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 0

その通りだと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

東京都職員の黒田さんでしたか、あの方も警護対象者ですかね?

お礼日時:2018/02/07 12:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング