教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

以前どこかで「(ご)懐妊」という言葉は皇族の方が妊娠された時に使用する言葉で
一般の国民に対して使用するのは実はおかしい、と聞いたことがあるのですが。。。
(たとえば、病院のパンフや本でも読者に対して「ご懐妊おめでとうございます」と記してあるのを見た記憶はなく)

それが引っかかっているので
改まった場所などで(そう親しくない相手に対して)
「ご懐妊おめでとうございます・・・」と言えず、
さりとて同等に改まった言葉が浮かばず・・・

ネットでも探してみましたが、上記に値するようなサイトは見当たらず、
逆に普通でネット上の相手に対して「ご懐妊~」とあるのが検索されるので
(このQ&Aサイトでも(特に育児カテなど))
「たとえ「皇族に対しての言葉」だったとしても世間一般で既に認められているから使ってもいいのかな?」とさえ思うのですが。。。
(ただ、性格上、そうであっても使用しないと思いますが)

ご存知の方、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ある文化を否定乃至はその国が崩壊したと見なされるときに、こういう問題が明確にあらわれます。


 アメリカにおいて誰かが「宣誓」することは一般的ですが「大統領就任式の宣誓」を行えばアメリカは崩壊しているわけです。日本では言葉によっての区別が多い国です。従って、他と明確にするための「畏敬」の意味、つまり象徴としての意味で「崩御」「懐妊」という、一般人とは異なる言語を使用して区別化しているわけです。
 従って、言葉の意味としては天皇家専門だとか一般人専門だとかの区別はありません。使用しておかしいことばでもないわけです。
 しかし意図的にせよそうでないにせよ、こういう区別の文化を否定したいと言うのであれば、どんどん使用したらいいと思いますし、そうでなく「皇室伝統」を尊重したいというのであれば一般人の使用は慎まれたほうがいいと思います。
 ちなみに私は後者です。
    • good
    • 16

 「身籠る」事を、懐妊(or妊娠、更には受胎又は懐胎)と呼んでいる訳ですが、皇族専用ではない点が例えば「崩御」等と明らかに異なると言えそうです。



 ご存知の通り、昭和天皇との関係では雅子(様:元小和田姓)にせよ、黒田慶樹氏にせよ、「(義理の)孫」には一切変化はありません。
 にも拘らず、(将来?)黒田夫妻の場合、清子(さん*)が「妊娠」後、出産なのに、皇太子妃は「懐妊」され、出産・・ではアンバランスだと私は解します。
 
 *→「(女性皇族が結婚後、皇籍を離脱したとされるなら)黒田清子さんは(都職員の)黒田慶樹氏の夫人で、我々一般と何等差がない」事になります。

 重要なのは主にマスコミが「懐妊」を用いるか? 「妊娠」を用いるか?ではなく、2005年3月時点で、(男系ではないにせよ)「男の子」が誕生する最後の可能性を秘めているのは黒田夫妻の処だけ、と言う状況の方ではないでしょうか。

 尚、(その前段階として)「どちらにせよ!(御)が付くいている方が無難なのは言う迄もない」のも付記して置きます。
    • good
    • 5

補足。



第三者の妊娠の話題をする際は「妊娠」とダイレクトに言うほうがいいかと思います。
先の回答は、妊娠した本人におめでとう、という主旨を伝える際の例を述べたものです。
    • good
    • 15

問題点を明らかにしていただきたいのですが、おっしゃっているのは



・「敬語」として適切か?
・「言葉遣い」として適切か?
・「ご懐妊」ではない適切な言葉は何か?

という(他にもあるかもしれませんが)うちの、どれなんでしょうか?

私は、言葉はなるべく平易で、かつ、相手との関係性を考慮した敬語の使用度合いを考える、ということを意識しています。

そのスタンスでお答えすると、「ご懐妊」という言葉そのものは、だれが使っても問題はなさそうです。

以下、言葉の問題とは離れます。

はたして「懐妊」という段階のこと、つまり、妊娠、子をはらんだ、という段階で、他人が「おめでとう」ということが適当かどうか、という問題はどのようにお考えでしょうか?
相手が親しい友人であったり親戚関係ならば、それを知ったのと同時に「おめでとう」と単にいえばそれですみますね(懐妊、等の妊娠を指す言葉は不要)。

知ったのと同時にいえない(人づてに聞いたときなど)は、「今度お子さんが生まれるそうでおめでとうございます」といったような言い方が生々しくなくていいのではないかと思います。

また、それほど親しくないのだったら、人づてに聞かれたときは本人に直接言われるまで言う必要はないと思いますし、本人に直接いわれたときは「おめでとう」とだけいえばいいでしょう。

ということで結論。

・言葉としてもしどうしても、妊娠に関して言いたいなら、もっとも適当な単語は「懐妊」

・しかし、実際には、妊娠を指す単語そのものを使用する必然性はあまりない、ように思う
    • good
    • 4

#2です。

 
        
ちょっと書き方が拙かったですね。
つまり私が言いたいのは、
一般的には、妊娠したことに対して、
「おめでとう」とは言わない方がいいということです。
親しい仲ならともかく、
そうでない間柄では、
さらに注意した方が良いと思います。
       
しかし、皇族や王族に関しては、
血を絶やさないという意味で、
いわゆる公務の一つのようなものであり、
懐妊に対して祝辞を述べるのは構わないと、
私は考えています。
                   
    • good
    • 3

「ご懐妊おめでとう」というのは、お母さんの卵巣の中で精子が卵子に受胎したということがめでたいのではなくて、お子さんができたことがめでたいのであって、これは、「ご出産おめでとう」というのが、出産という大仕事に頑張って耐えてその行為が無事終了したということをおめでとうと言っているわけでは無いということと同じだと思いますが、してみれば、懐胎中であるか出産済みであるかという時期の状況を排除して、子供ができた事実のみを端的に摘示した言葉があればいいのだろうと思えるところ、残念ながらそういった言葉は思い当たりません。

やはり一般には子供が出てきた時点で子供が出来たと具体的に認知されると思います。お祝いはご出産後が多いんでしょうね。リアルな問題を言うと、「子供出来ちゃった」「え。。どうしよう。。」なんてことはわりとよくあるらしいですし。産科は堕胎の相談に来る人も相手するでしょうから「妊娠オメデトー」とばかり言ってられないという事情があるのかもしれません。でも出て来てしまえば基本的には誰も彼もがオメデトーと祝ってくれます。
要は出てこようと出て来るまいと、「お子さまができておめでとうございます」ということだと思うんですが、「ご懐妊」を使いたくないのなら言い回しで逃げるしか思い当たりません。「ご懐妊おめでとうございます」が言葉の使い方として適切かどうかというと、辞書の用例に「御-」と出てるぐらいですから適切です。言葉が適切かどうかの基準は社会通念に準拠すべきだと思いますし、語義に照らしても「ふところにみごもった」でしか無いわけですから、もし将来何らかのそれ以外の含意が込められるとすればそれはやっぱり社会通念によるはずです。

「懐妊」という言葉は誰に対しては使っても良い。
自分に対して使う場合「ご」を付けるのは間違い。
自分について述べる場合も単に「懐妊」とするなら用法として間違いではないが「ご懐妊」と使われることが多いため「懐妊」自体に尊敬語的な意味合いを感じ違和感を覚える人がいるかもしれない。
誰に対して言うのか、或いは文書に書くのか、それはそれを聞き又は読む人にとって違和感を与えるものではないか、という観点で考えればいいと思います。「懐胎おめでとう」でも「受胎おめでとう」でも「受精おめでとう」でも間違いではないんですけど、社会通念上そうは言われていないという理由で、使うべきじゃないというだけです。
    • good
    • 2

再び1です。



相手には何と言うのが良いのでしょうね。

会話で、
「ご妊娠おめでとうございます。お大事になさってくださいね。」
と言ってます。

2さんの補足にあったご質問は、
万世一系を保つこと(御家の存続)が、大きなウエートを占めているという事ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度もご回答ありがとうございます。

「懐妊」という言葉自体には皇族云々と意味合いはなさそうだと理解したのですが、
「ご懐妊おめでとうございます」が果たして一般に使用してもいいものなのか?
(ってほとんど半分使用されている状況ですが(^^ゞ)
ということがやはりまた自分の中で疑問として残った状態です。

私もそのような状況では、妊娠しているとわかってのお祝いの言葉なので単に
「おめでとうございます」としか言っていないかなぁ・・・

>2さんの・・・
わざわざ、ありがとうございます。
>万世一系を保つこと・・・
の内容は理解しているのですが、それと「ご懐妊」の言葉使いに対しての質問
(=一般国民に向けて「ご懐妊」という言葉は本来使用しても差し支えないことばなのか」との相関性がわからなかったもので(^^ゞ

お礼日時:2005/03/24 14:25

いま、広辞苑で調べてみたのですが、特に皇族の言葉、というようなことは書いてありませんでした。


でも、何だか改まった感じのする言葉ですね。

以下、広辞苑より引用です。
子をはらむこと。みごもること。妊娠。懐胎。

この回答への補足

すみません。お礼欄に「#2さんへの補足」とありましたが、#1さんへの補足の間違いです。m(_ _)m

補足日時:2005/03/24 14:27
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

先ほど、#2さんの補足にも書いたのですが、
おっしゃるとおり「懐妊」という言葉自体には皇族の言葉云々のくだりはありませんでした。

ただ(私が遭遇していないだけかもしれませんが)
質問欄にも書いたようにパンフや書物が不特定多数のおそらく「一般の国民にむけて」書いているであろう妊娠に関するもののなかでは「ご懐妊おめでとう~」という言葉を見たことがないのです
(大抵は「妊娠おめでとう」など)

>何だか改まった感じのする言葉ですね。

そうなのです。
ですので「改まった人」などに対して使っても間違いではないのか・・・・と考えてしまってます。

お礼日時:2005/03/24 14:00

万が一、流れてしまった場合、


非常に気不味くなるので、
お祝いの言葉は出産してからの方が良いでしょう。
          
ちなみに皇族や王族の場合は、
それが公務の一つみたいなものですから、
一般の場合とは意味合いが違います。
      

この回答への補足

>お祝いの言葉は出産してからの方が良いでしょう。
相手から告げられたり、既に「妊娠を知っている」状況では、やはりお祝いの言葉を言いたいものですが。


>ちなみに皇族や王族の場合は、
それが公務の一つみたいなものですから、
一般の場合とは意味合いが違います。

すみません、この部分が(この質問に対しての回答として)理解できなかったので、できましたら改めてご回答をお願いします。
      

補足日時:2005/03/24 13:44
    • good
    • 0

こんにちは。



一般的に広まったのは、
二谷友里恵の著書「愛される理由」で自分の妊娠のことを
「懐妊」と表現してからだと記憶しています。

私の個人的な思いですが、
相手に対し「懐妊」という表現は使用いたしませんし、
その当時、二谷友里恵が自分に対して「懐妊」という言葉を使用していたことに非常識なものを感じました。

この回答への補足

すみません。先ほどお礼欄で「自分に対して『懐妊』だなんて」と書いてしまいましたが、
「懐妊」=皇族方の妊娠」という思い込みで書いてしまいました。
goo辞書では「妊娠」「身ごもること」とのみありましたので、偏った意見をだしてしまい、お詫び申し上げます。

補足日時:2005/03/24 13:51
    • good
    • 2
この回答へのお礼

改まった相手に対してであっても「懐妊」という言葉はどうかと思うのに、
自分に対して「懐妊」とあったなんて、私もどうかとおもいます。

と、いうことは、やはり一般の国民に対しては使用しては(本来は)おかしいのでしょうか?

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/24 13:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「妊娠」 と 「懐妊」 の意味の違い?

題名の通り、「妊娠」と「懐妊」の違いはなんでしょうか?

天皇の方などは よく「御懐妊」と発表されますが
一般の方は この言葉は あまり使用しないのでしょうか?

※それに HPサイトで お腹が目立たない時は「懐妊」
 目立ち始めた頃は「妊娠」と書いてありましたが
  本当の所はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

以前同じ様な質問があります。たくさんの方が回答しています。私は皇族関係の方が妊娠した場合に使う言葉だと思っておりました。
下記回答の#1の方と同様この本が出た時に二谷友里恵が自分に対して「懐妊」という言葉を使用していたことに違和感を感じました。当時、ニッポン放送で朝の番組を担当していた高島秀武さんも同じ様な事を言っていました。

「ご懐妊」って
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1288242.html?ans_count_asc=20

Qお祝いの文例を教えてください

メールにて妊娠の報告を受けたので、ひとこと「おめでとうございます」と返信したいのですが、より丁寧な文例があったらお教え下さいませんか?
いろんな文例集を探しましたが、出産のお祝いの文例があっても、妊娠のお祝い、というのはないので困ってます。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

質問者さんの性別や、お相手の方との関係(同僚、友人…等)わからないので、参考程度ですが・・・。

素敵なご報告ありがとうございました!
おめでとうございます。
これから夏本番、暑さに負けずお腹の赤ちゃんとの夏を楽しんでくださいね。
どうぞ、お大事にお過ごし下さい。

なんてどうでしょう?

Q丁寧な言い回しについて教えてください

接客等でよりセンスがよい言い回しができたらいいと思っているのですが、次の日常語をどのように言っていいのか迷っています。

 ・いらっしゃい
 ・そうですね
 ・妊娠おめでとう
 ・体調はいかがですか?
 ・こちらへどうぞ

申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ごく一般的かつ丁寧な言い回しですと、

・いらっしゃい
→「いらっしゃいませ」
 「ようこそいらっしゃいました」
 「お運びくださいましてありがとうございます」

・そうですね
→「さようでございますね(肯定の対象が物)」
 「さようでいらっしゃいますね(肯定の対象が人)」

・妊娠おめでとう
→「ご懐妊おめでとうございます」

・体調はいかがですか
→これは相手が健康か病気か等の状況により異なりますし、神経を使う言葉です。
 「お元気でいらっしゃいますか」
 「お変わりはございませんか」
 「お具合はいかがでいらっしゃいますか」などなど・・・

・こちらへどうぞ
 →そのまま「こちらへどうぞ」でも良いですし、
 「こちらへお越しくださいますでしょうか」とか、
 「ご案内をいたします」
 「ご案内をさせていただきます」などでもよいでしょう。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q臨月の妊婦さんにかける言葉は?

素朴な疑問なんですが、臨月の妊婦さんにかける言葉ってどんなのが適切でしょうか。
プライベートの知り合いでも親しい間柄の人と、顔見知り程度でも多少違うかもしれませんし、仕事上の知り合いだともっと気を使って言葉を選ぶべきですよね?
「頑張って」とか「元気な子供を生んでください」とかですかね?

いままでまわりに妊婦さんがいたことがなかったので、いざそういう状況になったときにかける言葉につまってしまいました・・・。

Aベストアンサー

こんにちは。
私だったら、とりあえず
「もうすぐですね~」。
って言います。
「頑張ってね~」はやはり避けるかもしれません。
お産への不安もあると思うので・・・。頑張ってねと
言われると、「大変なのよね。お産って」とプレッシャーが
かかるというか、辛い、暗いイメージが湧いてしまう気が
するので・・。

元気なお子さんを産むというのも・・・。
やはり産まれて見ないと分からないので、出産前って
「無事に元気な赤ちゃんを産めるかどうか」不安に
なる方もいると思います。なので、
「元気な子供を産んでください」は言いづらいかも。

「安産だといいね~」。
は結構言ってます。

仲が良い方なら
「少しでも安産になるように、お祈りしてるわ~」。
「困った事があったら、遠慮なく言ってね」。
も言うと思います。

困った事があっても・・・そんなに連絡できるわけでは
ありませんが、「何かあった時に声をかけていいんだ」と
思える人がいると、やはりありがたかったので・・・。
(あまり親しくない人には言えませんが・・・)。

こんにちは。
私だったら、とりあえず
「もうすぐですね~」。
って言います。
「頑張ってね~」はやはり避けるかもしれません。
お産への不安もあると思うので・・・。頑張ってねと
言われると、「大変なのよね。お産って」とプレッシャーが
かかるというか、辛い、暗いイメージが湧いてしまう気が
するので・・。

元気なお子さんを産むというのも・・・。
やはり産まれて見ないと分からないので、出産前って
「無事に元気な赤ちゃんを産めるかどうか」不安に
なる方もいると思います。なので、
...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む


人気Q&Aランキング