教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

皇族の女性の名前には、全て「子」が付いていますけど、何故なんでしょうか?

生まれながらの皇族に「子」が付いているのは、何か伝統的な意味があるのでしょうか?
旧皇族もちょっと見た限りでは、「子」が付く名前ばかりですし・・・

又、それだけでなく、婚姻によって皇族となった女性も全て「子」が付いているのも、確率的に考えるといかにも不自然なんですけど、どうしてなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

奈良時代は皇族でも「子」を付ける方は稀で、藤原不比等の娘で、文武天皇の夫人になった宮子、それから臣民から初めて皇后となった光明子くらいのものです。


ある説では、藤原氏の娘に「子」が多いから、その習慣ではということを書いた資料もありますけど、この光明子などは、本名は安宿媛と言いましたから、「子」という文字に何かの意味があれば、藤原氏の習慣というのもちょっと信じがたい。

http://www.marutoku.jp/roots/Kfujihokke2.html

↑藤原北家の系図ですけど、女性は全て「子」ですね。

他氏族ですと768年の女官の位階表(柏木ゆげひ氏の資料)
 无位 文屋布登吉[ふみやのふとき] 
 正四位上 吉備由利[きびのゆり] 
 従五位下 平群真継[へぐりのまつぐ] 
 无位 藤原浄子[ふじわらのきよこ]  
 従三位 藤原百能[ふじわらのももの] 
 正四位下 藤原家子[ふじわらのやかこ] 
 従四位上 大野仲智[おおののなかち]  
 従五位下 久米若女[くめのわかめ]  
 无位 多治比古奈弥[たじひのこなみ]  
 従五位上 桑田弟虫売[くわたのおとむしめ] 
 従六位下 朝妻綿売[あさづまのわため] 

他氏に比べ、藤原氏に「子」が多いですけど、藤原麻呂(京家)の娘の藤原百能は「子」が付かない。


平安時代からは「子」が流行して、「子」が付く女性が増えてきますが、本当のところ「子」を付けたかどうか不明な面もあります。
例えばお馴染みの藤原明子ですけど「あきらけいこ」、藤原高子は「たかきこ」と読むかと思えば、文徳天皇の母親など、藤原多賀幾子(たかいこ)と読みます。
ここまで来ると、暴走族の「夜露死苦」のように、読みが先行して、それに漢字を当てたということも考えられ、一部では定子が「ていし」なのか「さだこ」なのか不明ということです。
いずれにせよ、嵯峨天皇の時代には定着し、皇女は全て「子」が付き、外部から入った女性も「子」をつけるようになりました。
例えば、明治天皇の皇后は一条美子といいますけど、結婚前は寿栄君と名乗っておられました。
ここまで来ると、最早伝統でしょうね。
たまたま、美智子、雅子、紀子という「子」が付く方が民間より入られましたが、中には秩父宮勢津子さまのように、本名の「節子」から、大正天皇皇后の九条節子と同名を憚って改名されていますし、今後、悠仁親王の妻が「子」が付かない方ですと、あゆみなら「鮎子」、かをりなら「香子」と改名される可能性はありますね。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「子」についての歴史的な考察、大変参考になります。
近年は皇族は「子」を付けるのが当然になり、時には改名さえしてきたのですね。
たまたま民間から入られた方が「子」が付いていたのは、そんな改名の検討をしなくて済むので、変な議論になる可能性がなくなり、ある意味ではラッキーなことだったかもしれませんね。

お礼日時:2006/09/13 05:30

皇太子、秋篠宮両夫妻の世代(1966年以前)なら、未だ、女性の名も★(#)「子」が曲りなりにも多数でしたから(!?)「子」で終わる名に絞って、結婚相手を探す余裕があったかも知れません。



ですが、(NO9さんがURLを張られた)明治安田生命の調査によると裕「子」(1982年)が最後で、1983年以後は「子」で終わる名が1位の座に就いていない傾向があります。

そして(2006年9/6に)秋篠宮夫妻の第3子が長男で、悠仁(ひさひと)と命名され、一息つきましたが、彼を取り巻く環境(縛り)には相当な厳しさが待ち構えているリスクも有得ます。

●即ち(不謹慎なのは熟知していますが)皇太子が昭和天皇や(非皇族ですが)石原現都知事の如く、弟に先立たれた時、"皇太子を経験出来ない型の次の次の天皇の誕生"になり兼ねず、所謂"帝王学"の充分ではない可能性がある

●女児の「子」離れと同時並行的に、少子化も急速に進展しているので、多少譲って(親世代と同比率だとしても)将来の対象者数に余裕がない、と考える妥当性が高そう。
*将来の天皇に於いても、一定の格式が関るだろうから「子」で終わるが、ヤ●ザの一族よりは「子」で終わらぬが医師、弁護士等の一族を選ぶだろうと言う事、
がそれです。

更に皇族の配偶者になるのに、同意した女性は今迄20余年使い慣れて来た、姓が無姓になる点は自明だから未だしも、親が命名したり、何等かの故あって「子」をつけぬ場合も当然有り得るでしょう。

それを本人やその一族等に同意を求めるなら別ですが、
後になって伝統だから改名なんて無粋な事持ち出したら自殺行為なのは宮内庁も薄々認識していると思いますね。

(2006年9/13)現時点では"男系男子"がやっと1人産まれただけですから、少なく共約四半世紀後の候補者の名が「子」で終わる点に(宮内庁は)拘る程先見の明があるとは私には思えません。

その前に、皇太子ではなく、秋篠宮家への人的、資金的対応に追われてそれ所ではない、のが現状ではないか?と言う気がします。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

別に今でも「子」の名前の女性に限って選んでいるとは思いませんが、もしかしたら、他の要因があるのかと疑問に思ったわけでした。
「お世継ぎ問題」については、又別の機会にお聞きしたいと思います。

お礼日時:2006/09/16 05:00

No.3です。


ついでに計算しておきますね。
三人とも「子」がつかない確率はやはり八分の一。
三人のうち一人に「子」がつかない確率は八分の三。
三人のうち二人に「子」がつかない確率は八分の三。

つまり、三人の中に「子」がつかない人がいる確率は、八分の六になります。

ただ、これは三人の世代のお嫁さん候補の中に「子」がつく人が50%という前提です。
他の方もお書きですが、美智子さまの場合はその家柄などを考えると「子」のつく名前をつけるのが普通なので、三人とも「子」がつく八分の一の確率は、実際にはもっと高くなるだろうと思います。

あ、お礼はいりませんよ。ついでに計算しただけですから。
皆さんの回答を拝見して、私も勉強させていただきました。ありがとうございました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度のご回答、ありがとうございます。

「子」がつく確率は、もっと上になりそうでした。
勉強になりました。

お礼日時:2006/09/16 04:56

大和時代から順に説明していくと、次のようになると思います。



(1) 大和時代、「……子」という人名は男にも女にもあった。

(2) 奈良時代に入ると、男性名の「……子」は廃(すた)れた。

(3) 嵯峨天皇(第52代。在位809~823)の時代から、皇女の名は「……子」一色となった。竹田恒泰によれば、このことは外戚の藤原氏から来ているそうだ。
皇室のきょうかしょ vol.8 天皇の御名(おんな)
http://www.fujitv.co.jp/takeshi/column/takedatsu …

これに倣って、上流階級の女性の諱(いみな。宮仕えや叙位に際して命名される)も「……子」に統一された。昔の人は、通称・実名など何通りもの名前を持っていたのである。また、天皇の側室や后となるときは、宮仕えや叙位を伴う。したがって、天皇の側室や后は必然的に「……子」の名前を持つことになる。
以上のように、嵯峨天皇の時代以降、「皇女」および「天皇の配偶者」は、すべて「……子」の名前だそうだ。この前例を踏襲し続けて1200年、現在に至っている。

(4) 豊臣秀吉の正妻は「木下ねね」だった。しかし、その名では叙位を受けられないので、公式の名を「平朝臣寧子」にして、その名で従一位に叙されている。

(5) 明治時代になってもしばらくは、「……子」の女性名は公家・華族のもので、それ以外の女は「仮名(かな)2文字」が多かった。例えば、乃木希典の夫人は江戸時代の生まれで藩医の娘であり、戸籍名は「……子」ではなく「シヅ」だったが、通称として「静子」を名乗った。さらに時代が下ると(明治30年代)、正式な戸籍名として、庶民でも娘に「……子」の名を付けるようになった。
生まれ年別名前ベスト10女性(明治安田生命)
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/etc/ranking …

> 又、それだけでなく、婚姻によって皇族となった女性も全て「子」が付いているのも、
> 確率的に考えるといかにも不自然なんですけど、どうしてなんでしょうか?

確率的に考えると、不自然とは言えない。なぜなら、最も若い紀子さんでも1966年生まれであり、前出の表で66年の所を見ると「……子」優勢だからである。それ以前は、さらに「……子」優勢だった(1940年代あたりが最も優勢)。

(6) 将来、悠仁(ひさひと)の妃となる令嬢の名は、「……子」でない可能性が高い。1200年の伝統が破られるわけだが、それも時代の趨勢と言うものだろう。それとも、「……子」限定でお妃選びをしたり、わざわざ改名させたりするのであろうか? そのように万事固陋なことをしていては、嫁の来手もなくなってしまう。徳仁(皇太子)の時も、妃候補と目された令嬢たちにことごとく忌避されて、大変だった。雅子さんは犠牲になる覚悟で皇室に入ったと思われ、実際に犠牲になっている……。
(参考にした本)
『世界大百科事典』平凡社
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。詳しく調べていただき、お手数をおかけしました。

嵯峨天皇の時代以降、「皇女」および「天皇の配偶者」は、すべて「……子」の名前になった、ということですね。それにしても、藤原家の伝統を引き継ぐ結果となったというのは、日本人の姓に「藤」の付く名前が多いことと併せて、藤原家の権勢がいまだに強い影響が残っているとも言え、興味深いですね。

確率論については、ちょっと自信がないので、これ以上は止めておきますが、皆さんのご回答を下に色々と調べてみましたら、「子」がつく名前の率が高かった時期は、1940~1955年がピークで、何と70~78%にも上るそうです。
逆に、1966年は少なめで50%、美智子皇后様のお生まれの頃は多目で、65%だそうです。
1920年以前と、1982年以後は、30%以下で、今では10%にも達していないようです。
ですから、これからは大きく変わる可能性が高いでしょうが、まさか改名などはさせないだろうなあ、と思いつつも、ちょっと危惧も残りますね。

単純な質問が皆さんのご回答から色々と発展して、勉強になります。

お礼日時:2006/09/13 06:03

No.2、No.5に続いて、三度目です。



ええと、雅子さまと紀子さまだけなら、不思議はないけど、他の妃殿下がたも皆「子」がつくのが不思議とのことですよね。

まず、美智子さまと雅子さま、紀子さまの三人以外は皆皇室と縁のある方々です。つまり一般人はこのお三方だけなんです。

美智子様が「子」がつくのはなんら不思議ではありません。一般庶民でも、この年代の方のほとんどに「子」がつきますから、
まして正田家は、民間人とはいっても、相当な財産家。つまり「いい家柄」なわけです。
この時代に、いい家柄に生まれたら、まず普通は「子」のつく名前です。


さらに雅子さま、紀子さまですが、
雅子さまのおうちは外交官ですから、結構モダンな家庭だったと思われますね。
「子」がつかない名前をつけてもおかしくない環境かなあとも思いますが、ご両親のお年を考えても、
「子」のつく名前をつけても不思議はないですね。

紀子さまのおうちは大学教授だし、川嶋家はちょっとユニークですから、「子」がつかない名前をつけるとしたら、川嶋家だったでしょうね。
紀子さまのお父様が一番「子」がつかない名前を
おつけになるタイプかなあと。。(笑)

「子」はついていますが、「きこ」と言う名前は
そんなに一般的ではないと思います。
ここにお父様のユニークさが表れているのでは、
と思います。

こんな回答ではいかがでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。色々とお考えいただきまして、感謝します。

私は、皇族以外の旧皇族でも「子」がつかない人も多少はいると思ったんですけど、ちょっと調べた限りでは全てに「子」がついているようでした。
その中で、一般から皇族に嫁がれた女性がどの位いらっしゃるのかが分らなかったのですが、こちらも例外なく「子」が付く方ばかりだとすると、本当に不思議な傾向だな、となるのですが、調べ切れませんでした。

川嶋家については、例えば家庭でテレビを見なかったとか、色々とユニークなお考えをお持ちのようですし、確かに「子」がつくとはいえ「きこ」という読みのお名前は珍しいですよね。
私の娘も、テレビは見なかったし、ちょっと変わった名前ですけど、皇族には嫁がなかったかったです(笑)

お礼日時:2006/09/13 05:45

No.3です。



>皇族と結婚した女性の名前が全て「子」がつくというのは、その世代の半分がそうだとしても、1/2×1/2×1/2=1/8の確率ですし、更にこれに旧皇族の分も含めると、相当低い率になるのが不思議でした。

民間から皇室に嫁いだのは美智子さま・紀子さま・雅子さまの三人ですよね?
皇族や旧華族では「~子」と名づけるのが一般的なのですから、民間出身の三人だけの確率で見てみましょう。
八分の一と言うのは、別に低い確率ではないと思いますよ。
三人兄弟がみんな男の子あるいは女の子になるのと同じ確率です。
三人兄弟が同性だからといって、別に不自然な兄弟ではありませんよね。

他の方もお書きですが、質問者さん、かなりお若い方なんでしょうね。
私の年ですと、皇族女性が全員「~子」だって、何もひっかかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

勿論、3人に「子」がついた程度では、低い確率とは言い切れません。でも、3人に「子」がつかない人がいる確率の方が、ずっと多いような気がしますが、まあ確率論は苦手なので自信はありません(笑)

私は若くないんですけど、同世代では「子」がつかない女性も、かなり多かった印象がありましたので、不思議な感じがしたというわけでした。

お礼日時:2006/09/13 05:35

またまた回答します。



たぶん、このご質問者さんはお若い方なのではと推測します。

たまたまでは腑に落ちないとのことですが、
雅子さまも紀子さまも、ほぼ私と同世代です。
私は東京生まれで東京育ち。
うちも含めて私の同級生のほとんどがサラリーマン家庭でした。

つまり旧家の子も、旧華族の子もクラスメートにはいなかったわけです。
それでも同級生の約半分は、子がつく名前でした。

そこから考えても、雅子さま、紀子さまのお二人が「子」のつく名前だとしてもそんなに不思議なことではないと思います。

それよりも今私の生徒さん(あるお稽古事を教えています)の約7割が「子」のつく名前なんですよ。その方が不思議です。
約40人中7割ってすごい確率に感じます。
それも30代がほとんどなのに。。。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たびたびのご回答ありがとうございます。
残念ながら、私は若くはないんですけど(笑)

お二人だけなら別に珍しくもないんですけど、皇族は「美智子様」「雅子様」「紀子様」「華子様」「百合子様」「信子様」「久子様」と、嫁いだ方7人が、例外なく全て「子」が付きます。
又、天皇家で既に亡くなられた方で見ても、秩父宮「勢津子(元は節子)様」「高松宮喜久子様」を始めとして、一人も例外が見当たらないんです。

又、手元にある名簿で見てみましたら、71名中「子」がつくのは39名で、55%でした。(ご回答者より、だいぶ上の年代ですけど)

やっぱり、腑に落ちないです(笑)

お礼日時:2006/09/12 23:23

祖母が言ってました。


昔は一般庶民の名前に「子」をつけてはいけなかったそうです。
なのでみんな「ちよ」「うめ」「まつ」「はる」「とら」・・・などなど。
祖母の母親は京都の公家の娘だったので「子」がついていました。
公家の娘には「子」がついている。なので徳川に嫁いだ公家の娘達もみな「○子」です。

明治時代あたりでしょうか、一般庶民も「子」をつけることが許されたんだそうです。
それでみんな喜んでつけたと聞きました。

おそらく代々続くような名家のお嬢様は「○子」とつけるのが当たり前なのでは?
美智子様も雅子様も由緒正しきお家柄でしょう?
紀子さまのお父さまは学習院大学の教授ですが、将来のことを考えての命名だったかも・・・なんて勘ぐってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

皇族だけでなく、公家さんとか高貴な方には「子」を付けているんですね。
ですから、旧家や名家であれば、それにあやかって「子」を付けることが多いのは分ります。
常陸宮妃殿下の華子様などは、その典型ですね。
美智子様の正田家も、お父様は財界人ですけど由緒がある家系ですね。

ただ、雅子様の小和田家は、旧家・名家ではないようです。

将来のことを考えて・・・と勘ぐるところまではいかなくても、何か不思議さが消えないんです。

ただ、

お礼日時:2006/09/12 22:29

>婚姻によって皇族となった女性も全て「子」が付いているのも、確率的に考えるといかにも不自然なんですけど



私は40代ですが、この世代なら女性の半分以上は「~子」です。不自然じゃないと思います。

「~子」という名前は上流階級から庶民に広まったと読んだことがあります。

私の祖母の世代は「トメ」「つや」「うめ」なんて名前が多いです。
「~子」の流行以前の名前ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

前の方へのお礼にも書きましたけど、やはり確率からして不自然な気がして仕方ないんです。

考えすぎでしょうかね?(笑)

お礼日時:2006/09/12 22:20

昔は、「子」は身分の高い女性だけに許されていました。


例えば農家の娘とか、町人の娘は、
梅、松、春、といった二文字の名前がほとんどだったわけで、
武家や公家のお姫様だけが、和子、澄子、徳子といったように、「子」をつけることができたんです。

私の祖母は 初 といいました。(明治の終わりの生まれです)
母は、恵子です。
母は60代ですが、母と同世代の人たちは「子」がつく名前の人がほとんどではないでしょうか?

昔は身分の高い人にしか許されなかった名前を、
わが子につけるということが流行ったのだと思います。

私の名前には子はつきません。
私の同級生は「子」がつく人と、つかない人が半々くらいだったかな。。。

ちょうどモダンな名前が流行り始めたころだと思います。

ただ今でも旧華族や財閥の家柄、由緒ある家柄では、
伝統として、「子」をつけるのではないでしょうか。

雅子さま、紀子さまのご実家は、どちらかというと、旧家というよりは、モダンなおうちだと思うので、
「子」がついていたのは、たまたまだと思います。
次世代は、初の「子」のつかない妃殿下が誕生するかもしれないですね。

質問の答えになってないかもしれませんが、
少しでも参考になれば。。。

いつから正式に一般人でも「子」をつけられるようになったのか、また、なぜ身分の高い女性には「子」と言う文字を使ったのか、その辺は私もわかりません。
どなたかわかる方、よろしくお願いします。
私も興味があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

皇族に「子」がついているのは、高貴の印ということですね。

ただ、皇族と結婚した女性の名前が全て「子」がつくというのは、その世代の半分がそうだとしても、1/2×1/2×1/2=1/8の確率ですし、更にこれに旧皇族の分も含めると、相当低い率になるのが不思議でした。

そして、「雅子さま」の小和田家は武士ではあっても旧家ではありませんし、「紀子さま」の川嶋家は、一般のご家庭ですよね。

やはり、たまたまというには、どうも腑に落ちない気がするんですけど。

お礼日時:2006/09/12 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性の名前に「子」がつくことについて

歴史に疎いので質問させてください。

本日、NHK大河ドラマ「義経」を見ていてふと思ったのですが、
女性の名前に義経の時代は「子」がつくことが多かったみたいです。

例:平家の「時子」「能子」、その他大勢。「北条政子」など。

しかしついていない人もいます。
例:義経の生母「常盤」、義経の想い人「静」など。

義経の時代は「子」がついていますが
江戸時代になると「お○」という名前が多くなり、
「子」がつく名前はあまり無かったのですよね?

昨年の「新撰組!」ではたしか女性は殆ど「お○」という名前でした。

これまたテレビのドラマの話で恐縮なのですが
フジテレビの「大奥」でも「お万の方」「お楽の方」など「お」がついた名前が多かったような気がします。

「子」のつく名前があった時代があり、
またあまり使われなくなった時代もあったようで、
そして現代は復活しています。

何故なのでしょうか?

詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

女性の名前で「○子」というのは、#2さんが印象で答えていらっしゃるのが正解に近いですね。
「○子」というのは、位を貰うときにつけられる名前なので、当然ながら位をもらえるような、「宮廷の貴族の女性に多かった」ということになります。

ちょうど、今年の大河ドラマ「義経」を引き合いに出されていますので、平家物語からお話しますと…。
平家物語の原文を読んでも、女性の名前って殆ど出てこないんですよ。
「女」としか書かれていなくて、名前がついているのは位を貰っている、高い身分の女性だけなんです。
すなわち、女性が後宮などで「女官」として働くる場合(天皇の后(皇后、中宮、女御、更衣)なども一種の女官)、従三位典侍や従五位命婦という位と官職をもらっていたので、その時には名前の登録をしなければならず、その時に「○子」とする-となっているのです。

大河ドラマの「義経」は、宮尾登美子さんの小説がもとになっており、女性の名前も宮尾先生が考えられたものもありますので(朝日新聞社刊「平家物語の女たち」にも載っていますのでごらんください)、そのまま全ての名前を史実として話されると困るのですが…。
「時子」は、二位の尼ともいわれるように、「二位」という位を貰っているので、記録に「時子」という名前が残っています。
「徳子」も高倉天皇の中宮になっていますのでこちらも記録に「徳子」と残っています。
ですから、「時子」も「徳子」も、生まれたときから「時子」とか「徳子」という名前だった訳ではないのですよ。
また、「能子」は、宮尾先生がつけられた名前で、「平家物語」では「廊御方」としか出てきませんし、歴史関係の書物でも「名前」は出てこないのです。

いつの時代においても、庶民は、位を貰って女官になる訳ではなかったので(将軍の大奥や武家の奥向きに勤めにあがるからといって、位や官職がもらえる訳ではありません)、○子という名前がつけられることはなく、家族からは「○」、近所の人からは「お○さん」とか「○ちゃん」と呼ばれていたのです。

「常盤」も「静」も本名ではありません。
「常盤」は九条院に雑士女として使えていたときの「候名(さぶらい-な)」ですし、「静」は芸名に近いものでしょうね。
江戸時代における将軍側室の「お万の方」や「お楽の方」は、本名から派生した「局名(つぼね-な)」です。
庶民出身であるが、将軍の側室となったので、一種の尊敬語(?)として「お」と「方」を付けた-といったところです。
ついでに書けば、豊臣秀吉の正室・おねも、位を貰っていますから記録に残っています。その名前は「豊臣吉子」です。

明治以降に「○子」が流行したのは、「○子」だと高貴な人と同じような名前で気分がいい-程度のことではないでしょうか?
ただ、明治期か大正期には「○江」も流行したと聞きましたが…。
しかし、最近「○子」ってお名前、同世代以外では見かけなくなりましたね。
私も「○子」ですが…。

最後に、#6さんの「清和天皇の母親は「明子」と書いて「あきらけいこ」と読みます。」ですが、この方は、ちゃんと読み方まで記録に残っているのですよ。
この人と「高子(たかいこ)」さんと「多賀幾子(たかきこ)」さんだけは。

専門は平安期の日本史で、近現代の事情には疎いもので、中途半端な回答になってしまい失礼いたしました。

女性の名前で「○子」というのは、#2さんが印象で答えていらっしゃるのが正解に近いですね。
「○子」というのは、位を貰うときにつけられる名前なので、当然ながら位をもらえるような、「宮廷の貴族の女性に多かった」ということになります。

ちょうど、今年の大河ドラマ「義経」を引き合いに出されていますので、平家物語からお話しますと…。
平家物語の原文を読んでも、女性の名前って殆ど出てこないんですよ。
「女」としか書かれていなくて、名前がついているのは位を貰っている、高い身分の女性だけな...続きを読む

Q昭和はなぜ子が付く名前の女の子が多かったのか?

子どもの名前は今は名前もいろいろとバリエーションが豊かですよね。
昭和生まれは女性は○○子というように子が付いた名前がかなり多かったです。
何か理由があるのでしょうか?
広まるきっかけや、人気が出てきた時期などはいつでしょうか?

Aベストアンサー

どうやら、皇室の女性名の習わしにあやかって、大正時代から昭和時代にかけて広まったのが「○子」という女性名の背景のようです。

女性名から「子」が消えたワケ? 明美が分岐点 - 日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXBZO54242310S3A420C1000000&uah=DF270920114369

名前ランキング2014 - トピックス - 時代による名前の人気の変遷(女の子)
http://www.meijiyasuda.co.jp/sp/enjoy/ranking/topics/others1_girl.html

Q今だに、子供の名前に「子」をつける親がわからない

私は中学生ですが、「子」がつく名前です。しかも「信子」という、本当に昔みたいな名前です。
学校の友達は、「○○菜」「○沙」等々、かわいい名前ばかりなので、とてもダサくて嫌です。みんなには「のんちゃん」と呼ばせています。
 で、現在も少数ではありますが、自分の子供にまだ「子」をつける親がいるので、正直「なんで?」と思ってしまいます。
 テレビを見ていても、雑誌の投稿者の名前を読んだりしても、私より年下の小学生や幼稚園の女の子が「○子」(しかも、裕子とか、典子とか、昔流行った名前)が出ているのを見たりすると、どうしても信じられません。

 それで、お子さんがまだ小さくて、「子」をつけた親に質問です。
なんで「子」をつけたのですか?どうして「子」にこだわるのですか?
子供の気持ちを考えたことがありますか? 

Aベストアンサー

回答が一部消されたついでに、もう一度回答していいでしょうか。
見当違いだったら超恥ズイですが。
あれからしばらく考えていたのですが、
質問者様は生徒に心無い言葉を浴びせられ、
傷ついているのではないでしょうか。

子供は無垢であるがゆえに残酷です。
人がどんな気持ちでいるかなど考えもしません。
だからいくらでも酷い事を言ってきます。
人の名前を中傷するなんて何とも思ってません。
餓鬼という悪いあだ名までついているくらいですから。
それだけでなく、全てにおいて考えが足りないにもかかわらず、
最近の餓鬼は特に節操を知りません。
破壊衝動をストレートに表現する事が多々あります。

でも質問者様、それを分かっていて先生になられたのではないのですか?
先生がそれだけ大変な仕事だという事を。

私は信子という名前は素晴らしい名前だと思います。
学校という閉鎖された空間の中で生徒が貼ったレッテルが、
世の中で何の意味がありましょう。
ここに来られている回答者様たちの大半が、
あなたの名前は良いと述べられています。

是非、世界よりも明らかにレベルの低い餓鬼の言葉に振り回されないでほしいです。
そして頑張ってほしいです。
人の心が分からない生徒にどうやって人の心を教えるか、
その事に意識を集中して欲しいです。
私は子供の破壊衝動が苦手なのでとても真似できませんが、
質問者様は学校の先生なんですよね。
だったら、頑張るしかないでしょう。
陰ながら応援していますので。

そうでなければ、30代の先生が単に子を嫌う理由が分からないです。
子そのものにコンプレックスを持つ30代の人なんて想像つきません。

回答が一部消されたついでに、もう一度回答していいでしょうか。
見当違いだったら超恥ズイですが。
あれからしばらく考えていたのですが、
質問者様は生徒に心無い言葉を浴びせられ、
傷ついているのではないでしょうか。

子供は無垢であるがゆえに残酷です。
人がどんな気持ちでいるかなど考えもしません。
だからいくらでも酷い事を言ってきます。
人の名前を中傷するなんて何とも思ってません。
餓鬼という悪いあだ名までついているくらいですから。
それだけでなく、全てにおいて考えが足りない...続きを読む

Qできちゃった結婚は何故できる?

子供ができたっていう女性の告白に男性が青ざめる…。ってよく耳にする状況ですけど、 なんで、子供を望んでいないんなら、避妊をちゃんとしないんでしょうか?
いや、ちゃんと避妊しててもできちゃうもんなんでしょうか?

あと、それじゃあ、AV女優さんは妊娠とかしちゃうリスクが伴わないんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。
出来ちゃった婚、弟もそれで結婚しましたが、本当に青ざめていました。
 付合っていたとはいえ、嫁が太めで風邪をひいたとばかり思っていて、病院へ行った時にはもう7ヶ月の後半だったのです。
 家族には何も言ってなかったし、両方の親の顔合わせも相手が自営業でなかなか合わず・・そうこうしているうちに「逆子で来週手術しましょう」と九ヶ月になってしまったんですから・・・。
 まあ、普通の場合、男の人が青ざめる原因は、3つ。
1.結婚を考えているが、まだ生活の事や結婚について迷いがあった場合。
2.彼女とは遊びのつもりだったので・・の場合。
3.避妊に自信があったので、避妊を失敗した事にショックを受けている場合。
 子供は避妊をしても100%ではありません。
女性側が病院でもらうピルを忘れずに飲めば、100%に近い状態で避妊が出来ます。
 男性避妊の場合は、コンドームがずれたり、破れていたり、穴が開いていても妊娠の可能性があるし、ましてやお腹の上で出す避妊は割と男性は誤解をしていますが、妊娠率は高いそうですよ。
 男性が避妊を嫌がる理由は、面倒だとかその時の雰囲気が壊れてしまうからと聞きます。
 やっぱり自分が妊娠する訳ではないから、他人任せなんじゃないですか?
 どうせなら、竜のおとしごみたいに男子が妊婦になって見て欲しいです。
 現代医学も発展していますので、24時間以内なら、薬で受精を阻止する事も出来るみたいですが、やっぱり自分の身は自分で守る方が安心かも・・・。
 昔のAV女優さんは、確かにリスクも高かったと思いますが、今はみんなピルを服用して自分の身を守っているみたいですよ。

 こんにちは。
出来ちゃった婚、弟もそれで結婚しましたが、本当に青ざめていました。
 付合っていたとはいえ、嫁が太めで風邪をひいたとばかり思っていて、病院へ行った時にはもう7ヶ月の後半だったのです。
 家族には何も言ってなかったし、両方の親の顔合わせも相手が自営業でなかなか合わず・・そうこうしているうちに「逆子で来週手術しましょう」と九ヶ月になってしまったんですから・・・。
 まあ、普通の場合、男の人が青ざめる原因は、3つ。
1.結婚を考えているが、まだ生活の事や結婚につ...続きを読む

Q妊娠後期になってから膣が刺さるような痛み

32週の初産婦です。
30週くらいから、膣が刺さるような痛みが出ました。
体勢を変えたりすると長く続く痛みではないのですが、そうゆう方はいましたか?
もうすぐ検診なので、その時にも聞いてみますが
胎動がある時に、膣の痛みを感じるようです。
こうゆう症状がある時は、早産になったりするのでしょうか?
出産日の事も含めて、教えて下さい。

Aベストアンサー

現在、予定日を目前に控えた妊婦です。
たぶん、ほとんど同じ痛みを私も体験しています。
まさに膣が刺さるような痛み。膣とか、子宮口とかの方向に向けて、太めの針でズーンと刺されるような、結構な痛みが、9ヶ月くらいからたまに感じるようになり、臨月になってからはしょっちゅうです。
そして予定日1週間をきってからは毎晩、ものすごく「その痛み」があるんです。妊婦友達が複数いますが、少なくない人が同じ痛みを体験しているので、「きっと赤ちゃんの頭突きだろうね」と笑っています。

先日、かなり頻繁にその痛みがあり、その直後に検診に行ったら、赤ちゃんが随分下がっており、子宮頸管も短くなり、子宮口も開き気味。まさにお産に向けての準備として、赤ちゃんがメリメリと下降したんだなぁと思わせられました。

診察では特に異常もなかったし、後期特有の症状かな、と思います。
donpatiさんも検診で特に言われなかったのなら、少なくない妊婦が体験する痛みじゃないかしら?

お互い元気な赤ちゃん産みましょうね。

Q一人で外食をする人を見るととても不愉快です。どういう育ち方をするとそんな人間になると思いますか?

一人で外食をする人を見るととても不愉快です。どういう育ち方をするとそんな人間になると思いますか?

TPOをわきまえないふるまいだと思うのですが、どういう精神状態の人たちなのか教えてください。

私は正直気持ち悪いし気味が悪いのでいなくなって欲しいといつも思ってしまいます。

※質問に対しての答えではなく批判はいりません。

Aベストアンサー

色々なケースが考えられますね。
私が思い付くところをいくつか。

①一人暮らしをしているが、
料理ができない、
料理するつもりがない、
調理器具がない、などなど。

この場合の家庭環境を考察すると
あー、料理を教わる機会が無い
興味を持つ機会もない、
そんな家庭だったんだね、
と言ったところでしょうか。

②基本、料理は一通りできるが、
今日は作りたくない気分、
自分では作れない物を
食べたい気分、
専門店で食べたい気分、
そんな心理状態だけど、
誘う人が居ない、なんて時。

これはそのまま心理状態ですから
説明を割愛しますね。

③上記②に付随して、
一人で食べるのは寂しいが、
(友人の都合がつかないなどで)
誘う相手が居ない。
でも、誰かと一緒に食べている
気分にだけでもなりたい。

そんな心理状態のとき。
ちと寂しいですが、
少数派では決してないはず。

④タクシードライバーなど、
基本的に一人で仕事をしている
方々が食事を摂っている。

しょうがないですよね。
勤務中だから家族を呼ぶ訳に
いきませんから。
心理も家庭も介在しませんね。

⑤一般的な会社員の昼御飯など。
他の同僚と休憩を取る
タイミングがあわなかったり、
食事の好みがあわなかったり、
などが考えられます。

そう言う環境なんですね。

家庭環境に目を向けると、
子供が店屋物のカツ丼を
一人で暗い食卓で食べている、
食卓には
「仕事で遅くなります。
 出前でも取って
 晩御飯を済ませなさい。」
の書き置きが…。
そんな、漫画によくある
シチュエーションが浮かびます。
きっと、そのまま大人になり、
食事は一人で済ますもの、
と言う概念が出来上がっている
若干切ない状況ですね。

また、家族で外食が当たり前の
家庭の味を知らない人も
少なくないのかもしれません。


質問者様の年齢も性別も
私にはわかりませんが、
少くともこう言う家庭では
なかったんですね。
幸せな事ですよ。

だからと言って
不愉快に感じてはいけません。
誰にも迷惑はかけてないんですから。

色々なケースが考えられますね。
私が思い付くところをいくつか。

①一人暮らしをしているが、
料理ができない、
料理するつもりがない、
調理器具がない、などなど。

この場合の家庭環境を考察すると
あー、料理を教わる機会が無い
興味を持つ機会もない、
そんな家庭だったんだね、
と言ったところでしょうか。

②基本、料理は一通りできるが、
今日は作りたくない気分、
自分では作れない物を
食べたい気分、
専門店で食べたい気分、
そんな心理状態だけど、
誘う人が居ない、なんて時。

これはそのまま心理...続きを読む

Qなぜ中国は北朝鮮をかばうのですか

中国は北朝鮮にあまり厳しい態度をしないみたいですが、なぜ中国は北朝鮮をかばうのですか?
仲良しな国なんですか?

それとなぜアメリカはイラクの独裁政権をやっつけたみたいに、北朝鮮の独裁政権をやっつけないのですか?

Aベストアンサー

まず中国ですが、中国は北朝鮮と国交のある数少ない国の1つです。同じ共産主義政権という事もありますし、共産主義独特の思考で「同志」をかばうのは、これ当然の事なんです。

かつて連合赤軍や赤軍派・京浜安保共闘・反日武装戦線グループが日本の共産化を目指し、あちこちで犯罪を犯しましたが(よど号ハイジャック事件・ダッカ事件・連続企業爆破事件・あさま山荘事件・塚田銃砲店襲撃事件・M作戦・クリスマスツリー爆弾事件など)、結局彼らのした事は鎮圧・制圧されました。こいつ等も仲間を「同志」と呼び、裏切り行為があれば、リンチにかけて激しい制裁を加え、挙句殺してしまうところまでいっています。中国が死刑を強硬に行うのは、所謂、同志の「裏切り行為」に対する制裁と見せしめです。おっかないんですよ、中国って。日本でも共産党委員長になった宮本顕治元議員も同志を殺害したという事実があります。とにかく危険な主義・思考なんです。


アメリカが北朝鮮の独裁政権を潰せないのは、イラクの時みたいに大量破壊兵器を持っているのは分かってはいるんですが、問題はその兵器にあるんです。CIAが入手した情報によれば、核ミサイルは勿論、生物兵器・細菌兵器という怖っそろしい武器をゴロゴロ持っているからです。それと並行してアメリカは北朝鮮に対し「攻撃」の大義名分を持っていない。それがアメリカが北朝鮮に対し攻撃できない理由なんです。もしアメリカと北朝鮮が戦争状態に突入したら、アメリカの同盟国である日本にも甚大な被害が出ると、きちんと計算してるからなんです。それと中国にも。


北は中国の言う事なら何でも「ハイハイ」と聞きます。それでアメリカは今懸命に中国を通して北を何とかしろと影の部分で交渉しているのですが、先にも書いた通り、北と中国は「同志」。かばっているからいつまで経っても進展が無いんです。

まず中国ですが、中国は北朝鮮と国交のある数少ない国の1つです。同じ共産主義政権という事もありますし、共産主義独特の思考で「同志」をかばうのは、これ当然の事なんです。

かつて連合赤軍や赤軍派・京浜安保共闘・反日武装戦線グループが日本の共産化を目指し、あちこちで犯罪を犯しましたが(よど号ハイジャック事件・ダッカ事件・連続企業爆破事件・あさま山荘事件・塚田銃砲店襲撃事件・M作戦・クリスマスツリー爆弾事件など)、結局彼らのした事は鎮圧・制圧されました。こいつ等も仲間を「同志」と呼び...続きを読む

Q点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。
心拍数は70くらいで酸素濃度は時々80代まで下がってしまうようですが基本的に95以上はありますし、おしっこもちゃんと出ているようです。
血圧も標準です。
何を言っているか聞き取れないのですが、1日2.3回は口を動かして言葉を発します。
寝返りもうちます。
時々笑ってくれたりもします。
帰りたいのに帰れない、言葉も伝わらないことで怒って弱々しくですがパンチしたりもしたそうです。

それでも病院側はまた鼻から管を入れて食事するのは難しいでしょうと言います。
このまま点滴だけで...と言う感じです。

重度ではないですがもともとパーキンソン病も持っています。
身長140cmない位で体重は今25kgあるかないか位です。
今は歩くことは不可能です。

身内として見てるのも辛い、可哀想で仕方ありません。
私達の家から祖母のいる病院まで片道3時間程かかるので、次また危篤の連絡が来た時、最後一緒にいてあげられないんじゃないかと母といつもヒステリックになってしまってしまいます。
私も仕事が忙しく、母も父方の祖父祖母の世話をしていてずうっと付きっきりにはなれない状態です。
鼻からの管がこれから先出来ないと断定された時、点滴だけでどれ位生きられるのでしょうか?
昼間はKN3号と言う点滴を入れているようです。

どなたかお返事くだされば嬉しいです(;_;)

86歳の祖母が今月5月の17日から点滴のみで寝たきり状態です。
4月に酸素濃度が低いと言われ入院。
そのままご飯を飲み込むのが難しくなり、鼻から食事を取るようになりました。
5月の15日に胃ろうの手術を行う予定でしたが、体調が悪そうなので断念。
そして17日の朝に危篤と言われ、あと30分しかもたないでしょうと連絡があり、家族で病院に駆けつけました。
病院に着いた時は安定しつつあり、それでも2.3日が山でしょうと言われました。

今10日以上経ちましたが、変わらず点滴のみで酸素を鼻から送っています。...続きを読む

Aベストアンサー

水分と最低限の栄養素だけ点滴で賄えれば、何年も生きる方もいますよ。
自発で呼吸ができず人工呼吸器をつけ、点滴だけで数年生きて、数年ぶりに目覚めたといった話を聞いた事はありませんか?

KN3は維持薬ですね。水分の維持をする為のものです。これだけでも生きられますが、胃ろうができない方に高カロリーの点滴を使う事もありますが、高齢でその状態ではちょっと難しいかも知れませんね。

人間は、食事をせずとも点滴だけで生きていられるんですよ。

ただし高齢で体重も少ないですからどうしても感染症等の危険もあるでしょうし、臓器の状態、おそらく血液検査や胸部、腹部エコー等もされているでしょうが書かれていませんからなんとも。。
前日まで元気そうに見えていても、翌日急変してその数時間後にはという方もいれば、数か月の方もいますしね。

余命は、現場にいても医師でも数時間前~数日前まで判断できないものです。

残された時間を大事にお過ごしください。お大事に。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q創価学会って実際、なんですか?(長文です)

婚約した途端、彼に家族全員創価学会だと告げられました。

隠されていた事がかなりショックでしたし、私は創価学会についてよく知りません。
でも、結婚するなら入信するよう、彼の家族は言っています。

私がショックで、彼が脱会してくれなければ、結婚をやめるというと、しょうがないね、と言われました。
彼は熱心な学会員ではないらしいのに、です。

私の家族は浄土真宗(一応)ですが、彼が創価学会ということについても何も反対していません。

ただ、友人知人が、もし私が入会するなら、私とはもうつき合えない、と言います。人に聞いてみても、創価学会に対して良い感情を持つ人はいないようです。

私自身、学会には色々矛盾を感じています。
でも、彼にそこを聞いても、世間の間違った思い込みだと言われます。

私は仏教には関心があるのですが、創価学会も仏教なんですよね?
それなのに、私には学会員が何を信仰して、何を目的としているのか
さっぱりわかりません。
学会員に聞いても、よくわかっていないようなのですが…
しかも仏教の教えについて批判さえしています。

それでは、創価学会とは一体なんなのでしょう?

そして、どうして非学会員のほとんどが学会を毛嫌いするのでしょう?

学会の方、非学会の方、両方の意見が聞きたいです…

婚約した途端、彼に家族全員創価学会だと告げられました。

隠されていた事がかなりショックでしたし、私は創価学会についてよく知りません。
でも、結婚するなら入信するよう、彼の家族は言っています。

私がショックで、彼が脱会してくれなければ、結婚をやめるというと、しょうがないね、と言われました。
彼は熱心な学会員ではないらしいのに、です。

私の家族は浄土真宗(一応)ですが、彼が創価学会ということについても何も反対していません。

ただ、友人知人が、もし私が入会するなら、私と...続きを読む

Aベストアンサー

困りましたね・・・
現在私は学会員ではありませんし、過去会員だったこともありません。そもそもが宗教自体に頼ろうとは思っていないので、将来も恐らく入信しようと思うことはないでしょう。
ただ、過去自分が担当していた仕事上のお付き合いから、中央のかなりの地位の方々や地方組織の然るべき方、また一般の会員の方々に至るまで、様々なお立場の方々を存じ上げておりましたので、投稿させていただきました。
仕事でしたので、かなり冷静に見つめてきたつもりです。
長くなりそうですが、お付き合いください。

創価学会は日蓮正宗各寺の信徒団体(各寺檀家の、寺をまたいだ横のつながり)だったものが、異様に大きく膨れたものです。本来の教義についてはNo.5様のおっしゃるとおり、オウムのような悪い考えではありません。どちらかというと、むしろ世界の平和を求めている宗教です(と、彼らは言っています)。
歴史的にはそもそも「日蓮」自体が排他的だったそうですし、「日蓮正宗(大石寺)」は「日蓮宗(身延山)」と袂を分かち日蓮の教えを正しく受け継いだはずですが、本来、日蓮正宗寺院の檀家であった創価学会は本山(大石寺)のご僧侶とも袂を分かち、もう10年位前に破門になっています(学会の仕切る葬儀には僧侶がいません)。
つまり、本来の日蓮正宗からも離れ、特定の個人崇拝になって、ますます排他的・独善的になっているということです。

私は仕事上のお付き合いでしたので、部外者の目で内部のことを見聞きする機会がとても多くありました。守秘義務がありますので、ここでその一つひとつを例示するわけには参りませんが、特定の個人とその周辺を中心にした組織の仕組みには、私個人としては首肯できないものがありました。No1様のおっしゃる「巨悪」が真実かどうかは存じませんが、さもありなんと思うところがあるのは確かです。

逆に、日常生活レベルではいいこともあります。
毎日朝晩、正座して背筋を伸ばして腹から声を出してお題目(南無妙法蓮華経)を唱えれば、冬場に風邪を引きにくくなる程度のご利益はあるのではないでしょうか。まぁこれは冗談です。
学会では地域の会員達の集まり(各地の「会館」で行われるものと、もう少し狭い範囲の「地域の世話役」の自宅で行われるものとがあります)が頻繁に行われます。
組織も年齢、性別や職業(学生・主婦含む)で複合的になっていますので、複数の会合に出席することもあるようです。
昨今隣近所のお付き合いも減り、また、2世代3世代が一緒に暮らす大家族ではなくなりましたので、年寄りの知恵の伝承もなされず、例えば子育てをするヤングミセスにも苦労が多いと聞きますが、学会の地域での会合に出ることにより、フラストレーションが解消される、例えば子育ての先輩の知恵が伝承される、困った時に助け合える、何よりも同じ価値観を持つ仲間がいるなど、町内会やご近所付き合い的な効果により、彼らはとても明るい生活を送っています。

学会員は、それぞれ「仕事」と「家庭」の他に、地域社会でも熱中できる対象を持っているわけですから、それはそれで幸せなんだろうな、ちょっとうらやましい人生かもしれないな、などとふと思うことがあります。

これを、「だまされている」というのは簡単です。でも、これが宗教なのです。
創価学会に限らず宗教は皆そうなのですが、信じない人から見れば全く理解できません。価値の尺度が異なるので、私たちの判断基準と合わないのです。
インチの物差し(学会)とセンチメートルの物差し(一般)ではゼロ以外に一致する個所はありません。
偶然2本の定規の線がそろう所もあります。そこが一般社会との窓口です。
ですが、ゼロからの長さは同じでもインチとセンチですから、お互いに相手の尺度で測らなければ、やっぱり何だかよくわからないのです。
お香典を全部持っていってしまうのも、インチの世界に入って見れば、地元組織として一種の互助会的に対応していると言い換えることも出来ます。

一般に毛嫌いされるのは、「あなたのため」と、学会の考えを強要するように感じさせるからです。実は彼ら一般会員は善意なのですが、センチの領域に入ってこようとしないからです。
これは最初に書いた日蓮自体の排他的な歴史の流れと、第二次大戦中の弾圧への反動もありますが、昭和40年代ごろの全国的に行われた強引な折伏(これにより大きな組織になった)が、「学会は・・・」という評価を定着させてしまったことが大きいでしょう。

試しにインチの世界に入って見れば(1~2ヶ月一緒に活動して見れば)ひょっとすると何か分かるかもしれません。
ただ、No1様ご指摘のような、裏と表までは見分けられないでしょうが・・・
いやなら戻ってこられるうちに戻ってくればいいのですが、おそらくその時は彼とはお別れしなければなりません。きっと「金縛り」から逃れる時のように、思い切った動きが必要でしょうから・・・。みんな良い人たちだし、結構楽しいし、このままでいいやと思えば、あなたには新しい世界が開ける代わりに、今のお友達とは縁遠くなる可能性があります。

今の状態のままで結婚なさっても、ご両親が熱心な学会員であればいつかは入信することになるか、さもなければ価値観の相違に耐えられなくなるかのいずれかのような気がします。

困りましたね・・・
現在私は学会員ではありませんし、過去会員だったこともありません。そもそもが宗教自体に頼ろうとは思っていないので、将来も恐らく入信しようと思うことはないでしょう。
ただ、過去自分が担当していた仕事上のお付き合いから、中央のかなりの地位の方々や地方組織の然るべき方、また一般の会員の方々に至るまで、様々なお立場の方々を存じ上げておりましたので、投稿させていただきました。
仕事でしたので、かなり冷静に見つめてきたつもりです。
長くなりそうですが、お付き合いくだ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング