この前新聞で見たのですが、DNAを保存するサービスがあるそうです。
自分のDNAを保存して、将来の自分や家族のために役立てるそうですが、どんな役だて方があるのでしょうか?
映画のような、クローン人間が出来たりするものなのでしょうか?
将来の病気に備えるとか、色々と書かれていましたが、そんな時代がくるのでしょうか?
結構、高価だったように思いますが、そんな価値があるのでしょうか?
いっぱい質問してしまいましたが、いろんな意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

質問者さんの質問からすでに10年以上経過しているのですね。


そのときから、今は大分技術的に発展したと思います。

まずは、DNAとは?というところから入るべきだと思います。
人間は兆の数の細胞で構成されています。
ひとつひとつの細胞には核DNAという細胞の設計図と呼ばれる化学物質が存在します。
DNAには同じく個人の個性を特徴付ける遺伝子も含まれて居ます。
主に、病気に備えるというのは、この遺伝子を指して言うことが多いと思います。

(1)現在の技術にしても、DNAだけで人間のクローンは出来ません。

(2)病気には様々な状態があります。
漢方では、病気になる前を未病といいます。
西洋医学では発症主義であるために病気そのものを治療することが前提となります。
遺伝子レベルでも同じで、遺伝子疾病も発現(発症)前と後とに分かれています。
遺伝子疾病に関しては世界中で治療法の開発に多額の資金が投入されていますが、未だ根本治療と言う意味で開発が成功しているとは言い難い状況でもあります。
DNAは生涯変わらないために、特段保存する意義はないかと思いますが、遺伝子疾患は本人の変異と家族性とに分けられます。
家族性とは、例えば「うちは代々糖尿病になる人が多い。」と言う風な話を聞いたことはありませんか?
家族(血筋)特有の病気を遺伝子レベルで検査し、判明させることで集中的に検査する選択が生まれます。
通常、数年に一度しか検査しないところに、毎月検査することで発症の早期発見が出来、結果的に早期治療に繋がるという発想です。
もちろん、これには色々な倫理的な問題があり、医療業界では及び腰なイメージを持っています。
なんと言っても、しっかりした治療法が確立していな難病の可能性を事前に知ることが本人や血筋にとって良いのか?悪いのか?公に判断ができないわけです。
最近では、米国の女優が乳腺を切除したことでクローズアップされていますが、本人の決断のほかに、親戚縁者にも同じような検査を強いることにもなるし、その子供はどうなのか?という問題もあります。

(3)現在でもDNAの検査は大変高価です。
が、いずれ現在よりも安価な時代が到来することは確実です。
しかしながら、DNAはその人そのものですから、安価な時代のためにお金を払って保管する意義はないのでは?とも思います。
    • good
    • 0

「将来の病気に備える」という点について。

大やけどなどで外科手術をすることになった場合、自分のDNA由来の血液、皮膚などを使用することができたら、拒絶反応が起こらず比較的安全な治療ができる、ということも考えられます。
ただDNAだけをとっておいても、再生までは経済的にも技術的にも難しい部分があるので、
DNAを取っておく=将来の自分もしくは子孫の役に立つ
とは言い切れない部分もあります。
現在のDNA保存はたとえて言えば「自分用にフォーマットされたフロッピーディスクを用意しておく」くらいのことではないかと推論します。

また、こういう意見を述べると倫理的に問題があるかもしれませんが、生命科学者(または医学者)にとっては人類の謎を解き明かす材料であるDNAサンプルが増えることはたいへんありがたいことではあると思います。
    • good
    • 0

 現状と、将来について自分が得ている知識内でアドバイス致します。


 現状での良いことはあまり無いと思います。
 まず現状、自分のDNAを保存してクローンを作る事ですが、既に技術的には
ほとんど確立していると考えられます。牛、羊(ドーリー)等、哺乳類で出来れば
人間に対しても倫理的な問題だけになると思います。通常の体内のDNAだと、DNAにも寿命があるので、クローンを作っても、DNAの元となるものが寿命で死ぬと、クローンも死んでしまう可能性があるので(ドーリーはそうでした)、意味が無いといわれています。
 DNAを元に、先天的病気を見つけたり、家族に病気の遺伝子が遺伝しているかを見るのは、近い将来できると思います。既に少しづつ実験的に行われてるのではないでしょうか。
 既に人間の遺伝子解析は終了してますので、あとは個人的なデータ(倫理が問題になってきますが)を元に、病気を発現する遺伝子を特定していくのだと思います。
 
 将来の展望としては、DANの問題が解決できれば、体細胞のDNAを使ったクローンも考えられると思います。
 将来の赤ちゃんに対しても、どのような病気が起こり得るかの情報源にもなるでしょう。
 
 クローンについての蛇足ですが、違った方法でクローンの試みが出てきてるのですが、生まれるときに必要無くなるへその緒の部分を凍結して将来に役立てることは現在急速に始まっています。これは、この細胞から幹細胞を作って、各臓器等のクローンを作る技術ですが、上記のDNAの問題を解決しているのでかなり有効な方法だとのことです。これを使用すると、臓器だけでなく、骨髄移植やその他の病気の治療にも使われる可能性が大きいとの事です。
 以下のURLページはあまり、臍帯血=クローンは出てきてませんが、今後注目される医療です。

http://www.melma.com/mag/25/m00011125/a00000012. …
http://www.cordbloodbank.or.jp/

参考URL:http://www.jimro.co.jp/05.kenkyu_support/03.hete …
    • good
    • 0

「将来の自分のため」は疑問です。


「将来の自分」は「いまの自分」と同じDNAを持っているはずだから、今から保存しておかなくても、もっと将来、必要性を感じてからで遅くないでしょう。

骨髄移植や臓器移植などの緊急性を考えるなら、いまからDNAを保存して、いざというときにそこから成長させてクローン臓器を作っても間に合うまい。するなら今からクローンを作っておかないと。

ちなみに、DNAの保存というのは、実質的に、どこかの細胞を冷凍保存しておくだけのことではないのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
DNAは、日々損傷を受けているそうてず。
特にひどく変異を起こすと、癌になったり白血病になったりするそうですが、健康な場合でも少しずつ変化しているそうです。
生まれたての赤ちゃんのDNA保存が有効だとか・・・

DNAは、口腔内の擦過細胞や髪の毛から、特別な方法で抽出するそうです。
自分のDNAは、もうどうでも良いけど、子供のDNAは、保存した方が良いのかな?

お礼日時:2001/07/13 09:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QゲノムDNA溶液を冷凍保存する際のDNA濃度

抽出したゲノムを冷凍保存する予定でいます。
ただ、高分子DNA溶液を凍結保存する際は、濃度を低くしすぎない事と、
凍結融解を繰り返さない事が大事だと教科書に書いてありました。

エタ沈後のゲノムDNAのペレットを100μlのTEで溶解した後、その溶液から
6μlを取って10倍希釈したサンプルを分光高度計で計測した結果、DNA濃度は1100μl/mlでした。

貴重なサンプルなので、ある程度希釈して溶液量を増やして、そして数十μlほどに小分けして冷凍保存、という事を考えています。
ただ、実際にゲノムDNAなどの高分子DNA溶液を冷凍保存する場合、どの
程度の濃度まで希釈してもOKなのかという事がわかりません。
どなたかアドバイスいただければ幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

サンプルの貴重さ優先されて発想が逆転しています。
そのサンプルをどの程度の濃度で一回にどれだけ使用するかによりますよね。10μgを100μl系で使用しなければならなければ、0.2μg/μl以下にするのは現実的ではないでしょうし、一回に50ngしか使用しないのであれば、すべてを希釈して小分けするのは尋常じゃない数のtubeを必要としますよね。必要な濃度になるべく困らないように濃い濃度で、もし薄くても構わないのであれば、一部ととってそれを希釈、小分けするという大本のストックから段階的に濃度や分注量の違ったストックを作る方がいいのではないでしょうか。もちろん一回目のストックと段階的希釈を行った物を使用していく中で出来た50回目のストックは凍結融解の数が1-2回違うかもしれません。が、実験の厳密さによりますが、普通は目をつぶれる範囲だと思います。
どのような濃度で何回実験するかで考えてみてください。
濃いにこしたことはありませんし、なるべく凍結融解はさけてくださいというのは、こうゆう意味だと思います。

QDNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラ

DNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラーゼの違いがわからなくて困ってます。
調べていると両者とも同じものじゃないかと思えてきましたが、アミラーゼとアミレイスのように同じ綴りで発音が違うわけではなさそうです。

誰かご存知の方がいらっしゃいましたら助けてください!

Aベストアンサー

「ご存知の方」じゃないけど, ちょっと調べた限りでは同じもの.
どちらも EC3.2.2 のグループ.

参考URL:http://science.jrank.org/pages/29019/%28DNA%29-glycosylase-or-DNA-glycosidase.html

QDNAクローンと過剰発現について

すみません。初歩的な質問ですが、混乱しています。

特定のヒト遺伝子をE.coliに発現させる場合、
DNAフラグメントをプラズミドに挿入してトランスフェクションするは分かるのですが、挿入するDNAフラグメントはある程度特定できるものなのでしょうか?全てのフラグメントとなると膨大な数になってしまいますが、かといって特定方法がわかりません・・・。

また、その遺伝子をE.coli内で過剰発現させる場合、強力なプロモーターを使うことは想像つくのですが、DNAをプラズミドに挿入する時に一緒に混ぜてしまえば良いのでしょうか?何処でどう組み込めばいいのか、こちらも方法がよくわかりません。

分かる方ご回答頂けると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ヒトの染色体を切り刻んで全部プラスミドに挿入してから、「特定の
遺伝子」が入ったプラスミドを探すようなイメージを持っていらっしゃる
のでしょうか?「特定の遺伝子」を発現させたい場合は、そんなことは
しません。

多くの場合、プラスミドに挿入したいcDNAをあらかじめPCRなどで
増幅したうえ精製しておくので、「特定の遺伝子」が選択的に組み込まれ
ます。

プロモーターに関しては、市販のプラスミドの遺伝子挿入部位(マルチ
クローニングサイト)の上流に、あらかじめプロモーターが組み込まれて
いるので、挿入する遺伝子に組み込んでおく必要はありません。

Qクローン×クローン

クローンで生み出された生体は、寿命が短いと聞きます。
では、クローン同士の生物間に生まれた生体も寿命が短かったりするのでしょうか?
私は、親の寿命よりはやや長く生きることができるのではないかと思いましたが、皆様の意見をお聞かせください!

Aベストアンサー

生物によって仕組みは違いますので、単純に比較は出来ません。ドリーのクローン技術と桜のクローン技術の仕組みも全く異なるものです。

寿命に限りのある我々動物は、DNAにテロメアという部分があり、細胞分裂のたびにこれが短くなっていきます。ある長さよりも短くなった時が寿命です。これは受精によってリセットされます。ですから、クローンの場合はリセットされずに生まれた時から短いテロメアを持つため、寿命が短いのです。

クローン×クローンの場合は、受精によってテロメアがリセットされますので、寿命は元に戻ります。

なお、例で挙げられているクラゲはクローンで殖えるわけではありません。発生の初期に個体が分裂する時期があるだけです。

QDNAとゲノムDNAの違い

DNAとゲノムDNAの違いを教えてください。
遺伝子とDNAの違いはわかるのですが、上記の2つについてはわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゲノム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%8E%E3%83%A0

DNA
http://ja.wikipedia.org/wiki/DNA
DNAは化学的な物質名で人口に合成した化学物質でも、その化学的構造を持っていればDNAといいます。

ゲノムDNAの定義はよく分かりませんが、真核生物などはミトコンドリアなどにもDNAがあり、それと区別してゲノムDNAといえるかもしれません。また、ウイルスが感染しいて、染色体以外にDNAが存在する時、両者を区別するのにそういう表現ができると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報