海外とかの映画って日本にくると原題じゃなくて邦題が多いじゃないですか。
多いのか全部そうなのかちょっとわかりませんが・・。
それで何でちがうんですかね?
「チアーズ」なんて原題は・・・ちょっと忘れちゃったんですけど
何かで日本語に直訳するとやるっきゃないだったかな?
あんまり覚えてないんですけど。。
ってことで違いすぎますよね?
教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

理由のお話は出尽くしてると思いますが…


原題そのままっていうのも、日本人に馴染みにくいのは確かです。

最近ではやはり「ホワット・ライズ・ビニース」など、
なげやりすぎるって感じしませんか?

戦前からの映画ファン、故池波正太郎氏も、
長々しい原題をただカタカナにするのは、
ご自分の年代では(いや、若いものも同じですが)
訳がわからないと批判されていました(池波正太郎の銀座日記)

興業側では、「愛と青春の旅立ち」といった、
タイトルで人を呼べた過去に
多分年配の方が囚われているのでしょうね…
(情報量の違う時代なのに)

しかし、それならそれで、60年代までの頃のように
かっこいい邦題をつけて欲しい。
「唇からナイフ」「勝手にしやがれ」(これは邦題に詰まったあげく、
会議で担当者が叫んだ台詞がついたという話ですが)
みたいに、それだけでキラキラ光るような。
しかし、それって難しいだろうなー。
    • good
    • 0

No.7のjunjunpapaさんに一言♪


007シリーズの話です。第1作目の「007/ドクターノオ」ですが、初公開時には、「007は殺しの番号」と邦題が付けられました。これは、007っと言っても、日本人になじみがなく、なんの事かわからないとの判断から付けられたそうです。
 時がたち、「007は殺しの番号」がリバイバル上映が決まったとき、007=ジェームスボンド=スパイアクションという知名度も上がり、リバイバルでは「007/ドクターノオ」というタイトルが改めて付けられたと聞いております。
 昔は、配給会社も頭ひねって、がんばってましたねぇ(笑)

参考URL:http://www.stingray-jp.com/allcinema/prog/show_c …
    • good
    • 0

これまで回答されてきたみなさんの意見とは逆に、「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」など、直訳すぎて(っと言うよりも単に英語読みをそのままカタカナ書きにしただけ)もうちょっと何とかならなかったのかと思う題名もありますね。

配給会社もどんなタイトルにしようか相当悩んだのでしょうけれど、まさか「世界は十分ではない」など訳のわからないタイトルにする訳にもいかなかったのでしょうけれど・・・。邦題のタイトルをつけるのって難かしそうですね!
    • good
    • 0

回答では無いのですが


私も,LIN-changさんの意見に賛成!
原題と邦題も違いに困まってます。

米人の知人と好きな映画の話をしたのですが、
自分の好きな映画
「レナードの朝」、「今を生きる」、「17歳の地図」
はどれも原題とちがい苦労しました。
かろうじて「アラジン」「ロビンフット」がセーフって感じでした。
皆様のご意見、ご回答見ると、ははぁなるほどって気もしますが
そこまで変えなくても...。

「17歳の地図」の
原作原題はGirls Interrupt(少女を中断する)
翻訳本は「思春期病棟の少女達」
あぁ、どこかでいいから統一してくれ!
    • good
    • 0

 皆様の言うとおり、興行的な考えで邦題はつけられています。


た・だ・し(ここが重要)、原題も、現地では興行的ヒットを目的につけられているわけで、原題と邦題が違うからといって、さほど問題視してもしかたがありません。
 たとえば、シルベスタ・スタローン主演の邦題「ランボー」は、原題「FIRST BLOOD」でした。この作品、日本で大ヒットしたにもかかわらず、製作地アメリカでは、ヒットしなかったそうです。
 そこで、続編の邦題「ランボー/怒りの脱出」では、原題「RAMBO/FIRST BLOOD PART II」と、現地アメリカでも、題名が変わってしまい、FIRST BLOODというのは、サブタイトルへと変わってしまいました。現地でも大ヒットした日本のタイトルを採用したわけです。
 さらにさらに、3作目、邦題「ランボー3/怒りのアフガン」にいたっては、原題「RAMBO III」と、サブタイトルの「FIRST BLOOD」すら、消えてしまいました。
 最近は、原題をそのままカタカナで表記してあるものが多いですが、題名聞いただけでは、何のことかさっぱりわかりません。これって、それだけで興行的には不利ですよね。日本人が誰でもわかる英語ならいいのですが・・・。
 最近の配給会社は、「マスメディアにどれだけ取り上げられるか」なんて、映画の話題性だけに頼りすぎているような気がします。
    • good
    • 0

邦題でぜんぜん違う名前がつくこと、私は反対なんですよね。


直訳もしくは意訳でとどめればいいのに。
一番困るのは、邦題でも結局英語の名前にすること。
英語でかかれたら、それが原題と同じだと思っちゃうじゃないですか。
今までで一番驚いたのは「アイアン・イーグル」シリーズ。
あれ、パート4まで出てるんですけど、2だけ「メタルブルー」なんですよ。
映画見てると思いっきり題名で「アイアン・イーグル2」って出るんですよ。(もちろん英語で)。
いきなり「2」って出されたら困りますよねー。
その後、3と4はそのままの題名で出たんですけど。

「天使にラブソングを」は原題は「SisterAct」ですよね。
全然違うじゃん・・・
なんとかして欲しいものです。

なんか質問に関係ない話になってしまいました。
ごめんなさい。どうしても言いたくなっちゃって。
    • good
    • 0

昔シガニー・ウィーバー主演の「gorillas in the mist」という原題の映画が、日本では「愛は霧のかなたで」になってて大笑いしました(笑)。


まぁ、「霧の中のゴリラ」ってわけにいかないよな、、。
    • good
    • 0

日本の映画会社(配給元)が勝手に決めているんです。


単純にヒットするようにってことです。
原題のままじゃよく分からなかったりする場合に多いです。

邦題をつけることで、イメージが変わってヒットした例もいくつかあります。
デミ・ムーワ主演の映画で、
元FBI捜査官であるストリッパーの主人公が事件に巻き込まれていく話で、
原題はそのまんま「ザ・ストリッパー」ですが
邦題は「素顔のままで」とつけられたため、
女性でも映画館に足を運んだりしたそうです。

スティーブン・セガール主演の映画はほとんどが
「沈黙の」とついていますが、原題にはまったくそんな言葉は入っていません。
ですが、日本では「沈黙」とつけばセガールだと定着していますよね。
これもある意味うまい戦略ですね。
    • good
    • 0

 邦題は配給会社の方(宣伝マンかな?)が考えているのですが、目的は「観客をより多く動員するため」です。

これは間違いありません。
 そして、その目的を達成するための手段として、より多くのお客(この時点ではまだお客ではないですが)が「覚えられる」「意味が分かる」「興味を弾く」タイトルを考えているのです。が、この時点の間違いは結構あると思いますよね。

 ですが、稀にその逆もあります。例えばショパンの伝記映画に「別れの曲(原題は忘れました)」という映画があります。別れの曲と言えば、もちろんショパンの練習曲のことですが、この曲が「別れの曲」と呼ばれるようになったのは、映画の随所にこの曲が使われていたからだそうです。(ちなみに、ショパンが命名した「タイトル」は1つもありません。)

 後、タイトルではないですが、「カサブランカ」の名セリフ「君の瞳に乾杯」も訳者の勝利ですよね。(本当はそんなこと言ってないらしいです。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近の映画について(残虐じゃないですか?)

時間があったので,久しぶりにDVDをレンタルして,鑑賞をしていました。

 有名だと思う○ター○ップトゥ○ーパー○2を見ました。
見た感想としては,ストーリー的には面白かったのですが,人が殺戮されるのが,リアルで,特に,人が人の首を切るところなど、忠実に再現されていて,はっきり言って気持ち悪かったです。(ちなみに本人は戦争が起きたら逃げ回るだろうなって人間です。)

 ストーリー自体が戦争の話であることや,恐怖感を出すためにしていることとは思いますが,もっと,気がかりなのは,倫理委員会が,こういう動画に対して,R指定などを一切していなかったことです。
 これぐらいの動画は人に影響を与えないって考えていて,自分がアマちゃんだけなのでしょうか?
 
 みなさんは,どう思われますか?

 

Aベストアンサー

 私も、映倫はきちんと機能していないと思います。
 映画館でバイトしているので、RやPG指定の境界がはっきりしていなくて、お断りするのに申し訳なくなったり、逆にこれは見ないほうがいいんじゃないかなぁ。などと思いながら発券したりしています。規制をかける基準が曖昧なので、理解に苦しむことが多いです。
 まぁ、諸外国のように宗教的理由での規制がないのは結構だと思いますが。

 映倫は昔、業界内の人たちがメンバーだったのを、今は外部有識者にやってもらっているようですが、いかんせん人数が少ないので、負担も大きいし、偏りがちだと言うのを聞いたことがあります。もっと、組織を明確に健全にするべきだと思います。

 あと、せっかくの規制を生かし切れていない現状も問題だと思います。
 映画館で断られても、DVDなんかはスルーで借りられたり、#2さんのおっしゃるように、TVで流したり。
 あと、子供にしっかりアピールできる状態で、宣伝したり。
 チケットを売っていると、R指定の作品が学校で話題になったのか、中学生が殺到する。みたいな事が時々あります。年齢を詐称する子も多いです。
 中には、親御さんが一緒に来て、「高校生料金払うから」と交渉するということもありました。
 あれだけ、宣伝しているんだから見たい。とか、(宣伝自体は規制のかからない程度になっているので)このくらい大丈夫だろう。と思う親御さんとか、信頼度の有無に関わらず、絶対の規制だという意識が低いです。

 特に、若い親はPG指定などを理解しておらず、親と一緒なら見られるなら、私も見るからいいでしょ? みたいに、考えもせず子供に見せる人が多いです。映画館としても空いている時ならまだしも、混雑時には規制の説明など出来ない実情もあります。
 ルールをルールとして、理解し守ってもらわないと、映倫が変われたとしても意味がないものになってしまうので、出来るだけ多くの人に、規制の意味と必要性、そして絶対性を理解してもらいたいです。
 それに、配給会社、劇場等も、宣伝の仕方を考えてもらいたいし、ソフトを取り扱う業種でも、チェック機能を強化してほしいです。

 私も、映倫はきちんと機能していないと思います。
 映画館でバイトしているので、RやPG指定の境界がはっきりしていなくて、お断りするのに申し訳なくなったり、逆にこれは見ないほうがいいんじゃないかなぁ。などと思いながら発券したりしています。規制をかける基準が曖昧なので、理解に苦しむことが多いです。
 まぁ、諸外国のように宗教的理由での規制がないのは結構だと思いますが。

 映倫は昔、業界内の人たちがメンバーだったのを、今は外部有識者にやってもらっているようですが、いかんせん人数...続きを読む

Q映画「チアーズ」のBGM

はじめまして!早速ですが質問します。映画チアーズのBGMで教えてください!!主役の部長がプロのダンスコーチを呼んで練習しますよね。その時に流れるBGMが知りたいです。そのBGMは予選大会の演技の時にも使われています。最近では、結構ラジオなんかでも聴くんですけど
題名が分かりません。本当に困っています。誰か助けてください!

Aベストアンサー

■Get Ready 4(For) This (2Unlimited)

Get Ready For Thisは色々なCDに収録されていますが、例えば↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008V60D/250-0148682-7117006

参考URLのCDは、1曲目の「Let's Get Ready To Rumble」がゴキゲンなのでオススメです

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000000HKM/250-0148682-7117006

Q爽快な青春映画教えてください。好みの路線とレベルは「ウォーターボーイズ」「チアーズ」です。

映画は好きなのですが、3年くらい見ておらず、
最近の良作映画を見逃しております。

週末、友人の家に遊びに行くので、
明るくて爽快で、スカッとした映画を借りて一緒にみたいなぁ~と思っています。

友達が最近つらいことがあったばかりなので、
できれば頭空っぽで見れて、高揚感で涙が出てくるような映画がいいのです。

となると、やっぱり個人的には青春映画(爽快系・スポ根?)が良いのですが、
どうせならば、レベルの高い一品を見たいので、
ぜひ、お知恵を貸してください!

「ウォーター・ボーイズ」「チアーズ」
「スクール・オブ・ロック」「リトル・ダンサー」
「遠い空の向こうに」(スポ根じゃないですが)
などは、レベルが高いと思っています。

そして、厳しい事を言うと「ドラムライン」は
ストーリーが単純すぎて、イマイチです。
「タイタンズを忘れない」(良い映画ですが、テーマが少し重い)

できれば、洋画で。
邦画でも、字幕が入っている物で教えていただければ幸いです。

映画好きの方、どうぞよろしくお願いいたします。

映画は好きなのですが、3年くらい見ておらず、
最近の良作映画を見逃しております。

週末、友人の家に遊びに行くので、
明るくて爽快で、スカッとした映画を借りて一緒にみたいなぁ~と思っています。

友達が最近つらいことがあったばかりなので、
できれば頭空っぽで見れて、高揚感で涙が出てくるような映画がいいのです。

となると、やっぱり個人的には青春映画(爽快系・スポ根?)が良いのですが、
どうせならば、レベルの高い一品を見たいので、
ぜひ、お知恵を貸してください!

「ウォー...続きを読む

Aベストアンサー

「世界最速のインディアン」
若者の青春映画ではないですが、実話を元にした老人の青春映画で、登場人物があたたかくてストーリーも爽快なロードムービーです。

「ルディ」
スポ根ですが、ちょっとオチこぼれ気味の主人公。
ラストはすごく高揚できますが、お好みに合うでしょうか。

邦画なら、フラガールあたりはいかがでしょうか?

Q同じ邦題で違う内容の映画

お世話になります!

目下、洋画邦画を問わず、「同じ邦題で違う内容の映画」を探しております。
例えば
「初恋」2006年 宮崎あおい主演 府中三億円強奪事件
「初恋」1971年 ドミニク・サンダ主演 ツルゲーネフ原作
・・・というような具合です。
同じ邦題という条件ですが表記も一致していてほしいので、上記の例ですと「はつ恋」や「初恋・地獄篇」ではなくて「初恋」限定で、また「違う内容」に関してはリメイクや翻案ではなく全く別の物語、という意味だとお考え下さい。
また、公開当時は同じ題だったけれども、DVD化にあたって変更されたとか、その逆で、DVDになったら同じ題になっていた、というものでも大歓迎です(できればそうしたご指摘もお願い申し上げます)。

私は上記の例以外では「25時」(アンソニー・クイン主演とエドワード・ノートン主演)くらいしか脳裏に浮かばないのですが、その他の作品をお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

「許されざる者」
60年版ジョン・ヒューストン監督、バート・ランカスター主演。
92年版はイーストウッドの監督主演のオスカー受賞作。
どちらも西部劇ですが、リメイクではなく別の作品。
「ボディガード」
68年版はカーク・ダグラス主演のサスペンス。
92年版はおなじみケビン・コスナー主演作。
「ストリートファイター」
75年版はウォルター・ヒル監督、チャールズ・ブロンソン主演の快作。
94年版はゲームが原作、ジャン・クロード・ヴァン・ダム主演のトホホ映画。
「マイ・ライフ」
78年版 ジョアン・ウッドワード主演、マラソンに挑戦する主婦の話。
93年版 マイケル・キートン主演、末期癌を宣告された男の話。
他にも「望郷」「対決」「激怒」「追憶」などは洋邦で同名タイトルの作品が何本かありますね。

Q邦題の読み方

下記の「邦題の読み方」なんて読むんですか?
長い間、間違って呼んでいたかも・・・・

「81/2」 監督:フェデリコ・フェリーニ
:「はっかにぶんのいち」で正解?

「気狂いピエロ」 監督:ジャン・リュック・ゴダール
:「き○がいピエロ」で正解?
:「き○るいピエロ」??

「汚れた血」 監督:レオス・カラックス
:「よごれたち」で正解?
:「けがれたち」?

正確な呼び方教えてください!

Aベストアンサー

「8 1/2」は、フェリーニの9作目の作品ですが、内1作は共同作品だったため「、8と1/2作目」と言う意味で付けられました。
読み方は、上映当時は「はっかにぶんのいち」でしたが、最近は分数の読み方の教育が変っているので、そのままかどうか疑問もあります。

「気狂いピエロ」は#1の方の回答どおりです。

「汚れた血」は、「よごれたち」です。「けがれ」と読むのは「汚れなき悪戯」ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報