テイカ法?テイガク法?どっちか教えて

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「低価法」は、有価証券や棚卸資産の評価方法の一つで、他に「原価法」などがあります。



「定額法」は、固定資産の減価償却の方法の一つで、他に「定率法」があります。
    • good
    • 0

テイカ法(低価法)は棚卸資産や有価証券の評価方法のひとつ。


テイガク法(定額法)は固定資産の償却方法のひとつ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教えてください! 中2の方!テスト勉強どうやってしてますか?勉強法を教えてください!

教えてください!

中2の方!テスト勉強どうやってしてますか?勉強法を教えてください!

Aベストアンサー

教科ごと、分野ごとに質問しなさい。

バスケットをうまくなるにはどうしたらいいか、と聞かれても、こたえようがない。

Q早稲田商学部か中央法か東北大学経済か 今受験をしているのですが、中央法だけは決定しています。東北大

早稲田商学部か中央法か東北大学経済か

今受験をしているのですが、中央法だけは決定しています。東北大学はa判定をもらっており、合格した場合どうすべきか迷っています。また、早稲田の商学部も可能性があるのですが、世間一般ではどうすべきでしょうか?

自分的には早稲田商学部>東北大学経済>中央法なのですがどうでしょうか?

Aベストアンサー

かつての早稲田、かつての中央法なら迷うところでしょうが、今なら東北大ですかね。今の早稲田は完全に慶応の後塵を拝してますし、中央の法も慶早につぐ三番手のイメージです。もちろん他の方がおっしゃっていらっしゃるように将来何らかの国家資格を取って…というのなら、早商、中法のどちらもありだと思いますが。東北地方での東北大の威光はこれはもう絶大です。東京で、早稲田だ中央法だといってもとても及びません。どうせなら全部合格して、うんと悩んでください。何て贅沢な……。

Q管理栄養士国家試験を勝ち取るにはどっちの勉強法がいいでしょうか?

管理栄養士の国家試験の勉強の仕方なんですけど、通信教育がいいのでしょうか?それとも、書店で問題集の本を買って勉強したがいいのでしょうか?通信教育も魅力的なのですが、金額的に高くありませんか?

Aベストアンサー

通信教育は、添削してくれる人の人件費もありますから、問題集よりは高くつきます。
それを「高い」と思うかどうかは、ご自分の価値観だと思います。
『これだけ払ってるんだから、しっかりやらなきゃもったいない!』
と思って勉強できるなら、通信教育のほうがいいでしょうし、
『通信教育受けてるんだから、安心だ』
と思って気が抜けてしまうなら、やめたほうがいいでしょう。

私も含めて、知り合いでは問題集を買ってひたすら勉強して受かった、という人がほとんどでしたよ。

Q(1800×900)と書いてあったら、どっちが縦で、どっちが横?

(理系の学問)を、お騒がせするほどの質問ではないのですが、カテゴリが分らないのでお願いします。
サイズ(1800×900)と書いてあった時、縦が先で(縦×横)と、習ったような気がするのですが、
職場の人達は皆ばらばらに書くものですから、縦長の製品か、横長の製品かわかりません。
縦、横、どっちを先に書くのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

 PC/数学の世界では横×縦が普通のようですが,額縁や写真立てなどでは縦×横が一般的なようです(検索エンジンで"額縁"+"サイズ"や"picture frame"+"size"で調べてみました)。用紙(ハガキなど)のサイズも縦×横ですね。
 でも「どちらが正しい」とか言うより,100H x 80W などと明記するようにすればよいのではないでしょうか?

Q表面浮遊法と注入流脈法を教えて!!!

流れ学の可視化で使われる表面浮遊法と注入流脈法を教えてください。本当に困っています。文献にも載ってないし、インターネットにも詳しくにのていません
お願いします。

Aベストアンサー

一般論として書きます。

流れの可視化の手法の一つに、トレーサー直接注入法 と呼ばれる手法があります。これは トレーサーとなる 煙,色素,油類,微粉末 などを流れの場の中に直接注入する事により、流れの状況(流線・渦 etc)を目で見える形にして観察する方法です。

このトレーサー直接注入法にもいくつかの手法がありますが、一般的によく使われるのが、注入流脈法と表面浮遊法です。 以下、簡単ですが・・・

注入流脈法
流れ場の中にトレーサーを連続的に注入して流脈を得る方法で、比較的低速の流体に適しています。トレーサーと流体との比重差や、トレーサーの流体中への拡散が問題となりやすい欠点があります。

トレーサーには、煙草の煙,線香,バルサン煙,ケロシン,流動パラフィン,ドライアイス,色素,コンデンスミルクなどが用いられます。

概略の摘要流速は
  水  :  V = 5*10^(-4) ~ 0.4 m/s
  気体 : V = 0.1~100 m/s   程度です。

表面浮遊法
自由表面上の液流の挙動を観察するための方法で、流体の液面上に軽い粒子を浮かべて流れの状況を目視します。粒子は液面に浮いているため、表面張力と重力の影響を受けやすい欠点があります。

浮遊粒子には、アルミ粉末,ベークライト,おがくず,発泡スチロール,スキムミルク,コルク,ナイロン粒子などが用いられます。

概略の摘要流速は、水で ~ 0.2 m/s  程度です。 

(注)浅沼編 「流れの可視化ハンドブック」 朝倉書店
   に詳しく載ってるそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 参考 : 日本機械学会 「伝熱工学資料」

一般論として書きます。

流れの可視化の手法の一つに、トレーサー直接注入法 と呼ばれる手法があります。これは トレーサーとなる 煙,色素,油類,微粉末 などを流れの場の中に直接注入する事により、流れの状況(流線・渦 etc)を目で見える形にして観察する方法です。

このトレーサー直接注入法にもいくつかの手法がありますが、一般的によく使われるのが、注入流脈法と表面浮遊法です。 以下、簡単ですが・・・

注入流脈法
流れ場の中にトレーサーを連続的に注入して流脈を得る方法で、比較的低速...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報