バンドルされているので仕方なく使っていますが、IMEって頭悪いですよね。「ガイドが天井する」、CM通りでした。皆さんは経験ありませんか?投稿した後、びっくりするような変換ミスを見つけて恥ずかしい思いをしたこと。やはりATOKの方が頭が良いのでしょうか?そこで、

1、IMEとATOKではどちらの方が使い勝手が良いですか?
2、WordとATOKの相性はどうですか?
3、それ以外の日本語変換ソフトで良い物はありますか?

ちなみに現在、Windows Me、Word2000を使用しています。
ご回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

1.個人的にはMS-IME方がATOKよりシンプルで、OSに付属なので余計な出費が


抑えられるので好みです。ATOKの方がカスタマイズできる部分は多いように
思えます。また、デフォルトでの誤変換も多少少ないように思います。
多少の誤変換は使用していくうちに改善されますし、自分なりの辞書を作成
すればすみます。また、IMEそれぞれの得意な変換を指摘するのは重箱の隅を
つつくようなものだと思います。ナチュラルインプットは良く分かりませんが
IMEの頭の悪さは使用者が少し頭を使ってやると多くは改善できると思います。
ATOKに変えても劇的に変化はしないと思います、やはり辞書を鍛えた方が
快適になるのではないでしょうか?
(もちろんATOKにもメリットはありますが)

2.大丈夫だと思います。

3.他にもありますが、変換効率や使用感ではMS-IMEかATOKがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございます。
OSに付属、そこなんですよね。有難くもあり、問題でもあり。ただでついてくるのは嬉しい、さらにはそこそこ使えてしまう。いえ、比べなければ十分良いソフトですよね。
辞書はそれなりに鍛えてるつもりなんですが、時々、「おいおい」な変換をしてくれるんです。さらに困るのが、一見ちょっと気付かないような、びみょーーな間違い。後で冷や汗をかいてしまいます。
妙な変換を笑いの種にするぐらいの余裕を持った方が良いのでしょうね。

お礼日時:2001/07/15 02:16

OSを再インストールしたときなど、一番最初にインストールするのがATOKです。

MS-IMEはOSをインストールしている途中で使用者名を入れるときくらいしか使うことがありませんが、それですらイライラしてしまうことがあります。慣れは当然あると思いますが、慣れるようになるまでMS-IMEを使ってみようと考えたこともありません。
私が仕事をしているDTPの現場は、大半がMACですが、全てにATOKが導入されています。

ついでの話ですが、DTPの現場では殆どワープロソフトは使用されておりません。無いことはありませんが、入稿されたデータがワープロソフトの場合に開くのに使用するくらいです。
ワープロの場合制約が多すぎて、しかも印刷されるまで仕上がりがよく分かりません。何を使用しているのかというと、Illustratorです。まず書式設定なるものがありません。印刷可能範囲にある物はその通りに全く見た目通りに印刷されます。行間、文字間、自由自在。全ての配置が指定寸法で納められます。ワープロで苦労していたことが嘘のように解決されます。二度とワープロには戻れません。高額ですが、使えば使うほど価格に納得できるソフトです。PDF保存すれば誰でも見ることが出来ますが、その通りに開くためには相手もIllustratorを持っていることが必要になるのが、唯一の難点でしょう。
回答がずれてしまって申し訳有りませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございます。
徹底してますね。最初にインストールするのもATOK、MACもATOKですか。やはりそれだけ使いやすいソフトなんでしょうね。心がゆれます。
出版のプロの方はワープロ使わないんですね。確かにワープロだと印刷した時、「何でそーなるの」って思うこと多いですよね。”Illustrator”ですね。メモしておこうっと。私も凝る方なんで(笑)。

お礼日時:2001/07/15 22:25

私は、一太郎3(ATOK6)からの登録辞書を代々引き継いでいますので、(今はATOK14)MS-IMEは


すぐ削除しています。

ATOKも最初はお馬鹿さんでしたが、これだけ長く登録されていると、さすがに比べるのがかわいそうなくらいに異なります。(かなり贅肉もあると思うが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございます。
そうそう、私もはじめて触った一太郎はバージョンが2か3でした。ウインドウズどころかハードディスクも無くて、フロッピーから起動してました(それも馬鹿でかい5インチの(笑))。なるほど、やはり何事も積み重ねですよね。
贅肉ですか(笑)。でもお相撲さんのように、その贅肉の内側には鍛え抜かれた筋肉が秘められているのでしょうね。
IMEも鍛えると立派な筋肉がつくのでしょうか。どうも私のIMEは虚弱体質のようなんですが(笑)。

お礼日時:2001/07/15 12:20

   私は、Wordと一太郎を使用しています。


  IMEは、お馬鹿さんでどうしようもありません。
1>ぜひ、ATOKをお使いください。
2>WordとATOKとは、相性がよくないです。
3>ほかのソフトはよく知りません。
  ワードそのものもお馬鹿さんですので、一太郎に代えたほうがよいように思い  ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございます。
積極的な支持者がいる、これが一太郎・ATOKの強みですかね。どちらも良いソフトなんでしょうけど、IMEを賞賛する声はなかなか聞こえてこないんですよね。最近の傾向からしてIME使用者の方が多いと思うんですが。昔はワープロと言えば一太郎だったんですけどね。
んー、やはりIMEだけの問題ではなく、Word自体の使用感なんですかね。乗り換えるならセットの方が良いようですね。

お礼日時:2001/07/15 11:24

1,個人的にはMS-DOSの頃から一太郎を使用してましたから,今もATOKを使用しています.すみませんIMEは眼中にありません.


2,問題なさそうです.それよりもWordそのものが調子悪そうです.
3,すみません.この2つしか知りません.辞書に頼るのは限界があるので単語登録などさせて頭を良くしてあげるのも手です.
私の勝手な総合判断すると連文はATOKに軍配が上がるのでおすすめします.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございます。
そうそう、私もはじめて触ったワープロソフトがDOS時代(学生の時、学校にあったんです。10年位前の話です)の一太郎なんですよ。当時、そんなに変換で苦労した覚えは無かったんですけどね。その後しばらくPCから離れていて、3年ほど前に自分でPC買ったら見慣れないワープロソフトが(笑)。使ってみたらミョーな変換を…(笑)。重いでは美しいんですかねえ。←「おいおい」、まさかこんなタイミングよく…(本当です)。気持ちは一太郎へ加速です。

お礼日時:2001/07/15 08:41

私的には明らかにATOKの方が変換ミスが少ないです。


特に、地名、人名では感心するほど変換候補が豊富です。
学習能力も高く、一度変換すると次からはしっかりとフォローされているし。
さすが老舗という感じです。
しかし、ワードと組み合わせるとなんか制約がでたりして、マイク○ソフトの馬鹿ヤローと思うことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございます。
そうなんですよね。IMEは同じ文章の中でも違う文字に変換するんですよ。モニターに向かって何度「お前は馬鹿か」といったことか(笑)。
そうなんですか。Wordだと制約が…。某社のやりそうなことですね。

お礼日時:2001/07/15 00:46

IMEってMS-IMEのことですよね。



1. 個人の好みの問題なのでどちらが良いとは言えないです…
2. 特に問題はありません。
3. マックの「ことりえ」(笑)

 はっきり言ってしまえば、どちらもおばかだと思いますが…どちらを使うにしても地道に自分の辞書を作ることで、使いかっては格段に向上すると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、有難うございます。
んー、好みですか。となると使い比べてみないとわかりませんね。
「ことりえ」ですか(笑)。確かに噂には聞きますよね。使ってみたいのですが、私の回りにはMacユーザーがいないんですよね。 ショップででも触ってみます。

お礼日時:2001/07/15 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング