グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

海外旅行の航空券って出国当日でも買えますか?

A 回答 (5件)

事前購入のものに対し高止まりですが、買えるには買えます。



LCCの中でも、韓国系や中国系は「足元を見た」価格設定にしないのでそれなりに安い傾向があります。
    • good
    • 0

出発2時間前でも 空席があれば買えます。


でも 普通運賃です。席が余っているなら安くすればよいと思うかもしれませんが それを狙ってギリギリに客が殺到しても 航空会社としては迷惑な話です。
    • good
    • 1

もちろん満席なら買えませんが、空席があれば、当然、買えます。


ただし、出発当日だと、殆どの場合、割引運賃ではなく無割引の『普通運賃』になります。
行き先や航空会社にもよりますが(その航空会社がどのような割引運賃を設定しているか、にもよりますが)、普通運賃は、割引運賃の数倍から十倍近くします。

念のため・・・普通運賃が『高い』のではなく、事前購入が条件となっている割引運賃が大幅に安いのです。

なお、出発当日も購入可能な割引運賃を出している航空会社もありますが、これも、事前購入ほどの割引率はありません(つまり、あまり安くはならない)。また、割引航空券は空港のカウンターでは扱っていないケースも多いので、この場合は、市中の航空会社の営業所で航空券を買ってから、慌てて空港に駆けつける必要があります。
    • good
    • 0

買えます。

あまり座席だから安いと思われる人もいるらしいですが、どうしてもその便に乗らなければならない解釈で、足元見られのメチャ高です。日本-ロス往復が10万円以内であるのに、当日空港買いだと片道42万円です。
    • good
    • 0

パスポートがあれば大丈夫です。

でも高いですよ~当日って。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空港のラウンジって何ですか?

空港のラウンジって何ですか?

Aベストアンサー

もう回答も出てきていますが・・要するに、特別待合室のことです。

飛行機のファースト・ビジネスクラスの客、及び航空会社の上級会員が利用できます。ラウンジによっては、有料で、本来利用資格のない乗客が利用できることもあります。
ラウンジでは、ゆったりしたソファーで、軽食や酒類を含む飲み物も無料です。ラウンジによってはシャワーが利用できるところ、(軽食ではなく)本格的な食事がとれるところもあります。
出発前の搭乗手続き後のほか、特に乗継で時間があるときには、かなり重宝します。

このほか、国内の空港では、クレジットカードの上級会員が利用できる「カードラウンジ」もあります。ただし、このカードラウンジは、立地やサービスレベルは上で書いた本物のラウンジよりも、かなり下になります。そのため、カードラウンジは「なんちゃってラウンジ」と揶揄されることもあります。

このようなサイトでは、時折、この「本物のラウンジ」と「なんちゃってラウンジ」をごちゃまぜにした説明がされていることもあります。ラウンジの説明を見るときは、この点、注意が必要です。

Q大学の推薦入試について

MARCH以上の大学の推薦入試を受けるか迷っています。
ただ、高校で特に部活動をしていたわけでも、生徒会や委員会活動に参加したわけでもなく、
学校外の活動も何もしていません。強いてしていたこととすれば、学校の勉強くらいで、
評定はそこそこです。推薦入試でとる人数が増えたとの噂があり、一般受験のみを考えていましたが、推薦を受けてみれば?と母に言われ検討しています。
特に特筆すべきものが自分になければ、MARCH以上の大学の推薦入試を合格するのは難しいですか?推薦を受けずに一般に専念した方が得策でしょうか?ちなみに第一志望は推薦をやっていないので、受けるとすれば第二志望ということになりそうです。

Aベストアンサー

推薦入試の位置づけは大学によって異なりますが、私の大学(地方国立理系)では、

・普通に受験勉強をしていれば十分に一般入試を突破できる程度の学力を持っているであろう生徒が
・部活・生徒会活動等で活躍していたため、受験勉強が十分にできず
・結果として、一般入試の推定合格ラインにわずかに届かない

と言う場合に、その学習以外の実績を考慮して入学させる、という考え方を取っています。募集要項では、このあたりの事を、募集要項にふさわしい言い方で、やんわりと間接的に書いていますが。
もちろん、入学後は、その、学習以外の活動の経験をもとに、リーダーシップを発揮してくれることが期待されていますし、学力面でも大いに伸びてくれるだろう、というわけです。

推薦について、このような考えに基づいて実施している大学では、質問者さんのようなケースでは厳しいと思います。公言はしていませんが、『単に成績が良い、と言うだけの生徒であれば、一般入試で受けてほしい』という考え方が推薦入試の基本です。

もちろん、学生集めに四苦八苦しているような大学、あるいは見かけの偏差値(あくまで見かけ)を高くしたいため、あの手この手を尽くしている大学では、受験してくれるなら誰でもよい、というケースはあるかもしれません。しかし、ある程度のレベル以上の大学では、やはり、何か特筆できることは必要でしょう。

推薦入試の位置づけは大学によって異なりますが、私の大学(地方国立理系)では、

・普通に受験勉強をしていれば十分に一般入試を突破できる程度の学力を持っているであろう生徒が
・部活・生徒会活動等で活躍していたため、受験勉強が十分にできず
・結果として、一般入試の推定合格ラインにわずかに届かない

と言う場合に、その学習以外の実績を考慮して入学させる、という考え方を取っています。募集要項では、このあたりの事を、募集要項にふさわしい言い方で、やんわりと間接的に書いていますが。
もちろん...続きを読む


人気Q&Aランキング