ロンドンに住んでいますが、ここからまずギリシャまで飛び(これが約4千円)、そこからフェリーと列車等を利用して、イスラエル→イラン→インド→タイ→ロンドンという旅を約2ヶ月~3ヶ月かけてしようと思っています。(10月出発)
滞在期間等は未定なので、現地で次の目的地行きのチケットを買いたいのですが、チケット等は現地で簡単に安く、買えるものでしょうか?
激安旅行をするつもりですが、大体予算はいくらくらい必要でしょうか?
以上の行き先へいっったことのある方、同じようなルートで旅をしたことのある方、役立つ情報があったら教えて下さい。イスラエルのスタンプが押されてもイランは入国大丈夫なのでしょうか?詳しい方、教えて下さい。
また、イランへ女一人旅というのはどんな注意事項が必要でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

イスラエルから隣国アラブ諸国への入国は大方拒否されます。


イスラエルにも入国し、かつアラブ諸国も回るなら、イスラエルへの入国はヨルダンからとある国境を使い陸路で入国してください。裏技?が使えます。
ヨルダンから出国する際、ノースタンププリーズといい、出国スタンプをビザ等の裏紙に押してもらいます。
イスラエルへの入国手続きでも同様、ノースタンププリーズで同じ裏紙へスタンプ。
そうしてイスラエルを堪能した後、再び同じ国境から出ます。その際ももちろんパスポートへはノースタンプ。
ヨルダンへの再入国もノースタンプ。
そうすれば、あなたがイスラエルを訪れた形跡がパスポートに残らなくなり、その後何事もなくアラブ諸国→イランへも移動できます。
ちなみに、この裏技が使える国境一箇所だけで決まっていますので、ご自分で調べてください。
ちなみに、出入国検査官の機嫌次第なのか、その時のタイミングか、人柄か、ノースタンプと言ってもスタンプ押されちゃって、ヨルダンへ戻れなくなり途方にくれちゃう人もチラホラいますので、実行される際は強運を忘れずに。
イランは私も3週間ほど旅しましたが、とても安全です。
エスファハン、シーラーズからのエスファハンを楽しんでください。南部は少し治安悪いので、そそくさと移動して通り過ぎちゃってください。
注意ごとといえば、中東の人は日本人を見ると尻軽と思いナンパしてくるので深入り厳禁です。ナンパされても、お茶して冗談話を聞く程度にしてください。
中東で必要な費用は、一月10万くらいです。
移動にかかる旅費はバスを使えば平気です。当日か前日に買えます。
イランは飛行機がとても安いですが、どこの旅行代理店に行っても英語がまったく通じない(what time?すら通じない)ので、ボディランゲッジでがんばってください。
わたしは、子供のように両手を広げ走り回って飛行機を表現した思い出があります。
    • good
    • 0

答えられるものだけお答えします。



> イスラエルのスタンプが押されてもイランは入国大丈夫なのでしょうか?

問題ないんじゃないかな?
http://waruida.com/eurasia/immigrate_j.htm

> イランへ女一人旅というのはどんな注意事項が必要でしょうか?

他の国を旅するのとなんら変わりはないのですが、服装にご注意ください。ここ2~3年は前ほど宗教警察はうるさくなくなりましたが、イスラムを強く信仰している人のことを考えて、気を使いましょう。
原則的に日本女性は、その国では歓迎されますよ。必ず「ジャポネ?」と聞かれます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイスラエルとパレスチナの対立関係

イスラエルとパレスチナの対立関係も平和式典のように「うんざり」ですか?

Aベストアンサー

間違いなく世界中がうんざりしています。広島原爆の比ではありません。オバマだって、プーチンだってうんざりしています。習近平はそうじゃないかも知れません。あの国は世界でごたごたが起こった方が好都合。それに乗じて資源漁りをしていますから。

Q円→現地通貨vs円→ドル→現地通貨 とっちが得?

今円高というか、もっと正確にいうとドル安ですね。
そうだとすると安くなったドルを間に入れたほうが両替は得ではないのでしょうか?

タイとか東南アジアに行く場合円→現地通貨と円→ドル→現地通貨両替するのとどちらが得なのかおしえてください。

Aベストアンサー

ドル安なので、ドル→現地通貨、のレートが悪くなります。
さらに両替手数料が2回分かかるので、割高になる可能性があります。

ちなみに、今試算すると
1米ドル = 76.81 円
1米ドル = 29.90 タイバーツ
1タイバーツ = 2.568 円
(Google調べ)
として

100万円を交換すると、手数料なしでも
日本円→タイバーツなら
38.93万バーツ
日本円→米ドル→タイバーツなら
38.87万バーツ

でした。

Qイスラエルとパレスチナ

イスラエルとパレスチナの関係や歴史など、今ひとつわかりませんので教えてください。

Aベストアンサー

 2000年前のことを言うと、どっちが先に住んでいたかということも問われますが現在の問題の直接の原因になるのは、第1次世界大戦の時のイギリス外交のまずさからきたものです。
 
 第1時大戦以前ここを治めていたのはオスマン・トルコ帝国でした。そして、この地でドイツと戦うために原住民であるパレスチナ民族の協力を必要としたイギリスは自分達に協力し戦争に勝った暁にはパレスチナ民族のために国を作ってやると約束したのです。
 しかし、イギリスは、この時既に戦費調達のためにヨーロッパ各地に住むユダヤ人に、金を出して戦争に協力してくれたら、ユダヤ人のために父祖の地に国を作ってやると約束していたのです。(1917年バルフォア宣言)
 しかし、実はこの『2枚舌外交』の裏で、フランスとの間にも石油の利権を巡る植民地分割の話をするという『3枚舌外交』もしていました。
 なにはともあれ1922年国際連盟は委任統治領と認めイギリスに与えます。当初国際連盟はパレスチナ人に全パレスチナ領の77%を占めるトランス・ヨルダンをパレスチナへ、残り23%をユダヤ人にと決定しますが、パレスチナ側はこれを拒否し、ユダヤ人は受け入れイスラエル国家の誕生となります。
 
 その後、パレスチナは、アラブ諸国(エジプト・シリア・サウジアラビア・イラク・レバノン)の支持を得て数度の戦争をしますが(イスラエル側から戦争を仕掛けた事は1度もありません)、その度にイスラエルは勝ち、イスラエルに少しずつ領土を取られ現在に至っていると言う訳です。
 

 2000年前のことを言うと、どっちが先に住んでいたかということも問われますが現在の問題の直接の原因になるのは、第1次世界大戦の時のイギリス外交のまずさからきたものです。
 
 第1時大戦以前ここを治めていたのはオスマン・トルコ帝国でした。そして、この地でドイツと戦うために原住民であるパレスチナ民族の協力を必要としたイギリスは自分達に協力し戦争に勝った暁にはパレスチナ民族のために国を作ってやると約束したのです。
 しかし、イギリスは、この時既に戦費調達のためにヨーロッパ各地に住...続きを読む

Qイスラエルへの渡航、と現地情報

はじめまして、一応観光という目的でイスラエルを訪れようとしていますが、
旅行雑誌や口コミまたインターネット
等で情報収集しておりますが、本当の話、治安情報や
空路情報がなかなか集まりません。

パレスチナからみで、この時期の渡航が適切なものかどうか
分かりません。時事問題はおさえてるんですが、
それに伴った内政事情が旅行者にとってどのように、
拘わってくるのか教えていただきたいです。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

拝見しました。基本的な情報は押さえているみたいなので、現地情報と治安コスト、時事問題をお伝えします。
(おもな都市)エルサレム:イスラエルが認める首都。ただしほ国際的には、エルサレムがイスラエルの首都であることは承認されていません。
世界遺産である旧市街は、ユダヤ・キリスト・イスラム教の聖地。
テルアビブ:地中海沿岸にあるイスラエル最大の商業都市。
高級ホテルやマリーナなどリゾート施設が集中。各国の在外公館がここに集中しています。
(安全のコスト)
イスラエルのナショナルフラッグ、エルアル航空に乗る場合、まず乗機地で5~10分ほど尋問を受け、その後荷物を全て空けられて中身を
説明させられた後、持ち物全てをX線検査され…、といった手続きをとらされることになると思います。もちろんテロ対策のためですが、
ここまで徹底しているのはイスラエルの航空会社をおいて他にはないでしょう(9・11のテロの後でアメリカ合衆国入国時の所持品検査も
たしかに厳しくはなったが、これの比ではない)
「日本人は水と安全はタダだと思っている。」という名文句がありますが、イスラエルが安全確保のために費やす時間やコスト
というのは相当のものでしょう、我々にはちょっと想像がつきません。
(空路)
国際線の多くは、テルアビブの近くにあるベングリオン空港に到着します。ここからイスラエル各地へは、バスや国内線の飛行機などを
利用することになる為ベングリオン空港をはじめ、イスラエルの空港は検査が厳しく、また時間もかかるので、飛行機を利用する場合には
最低でも出発の3時間前に空港に到着するようにしたほうがいいです。
(出入国審査)
入国審査では、入国の目的や滞在先等の簡単な質問をされるだけだが、出国審査では一筋縄ではいかない。まず、イスラエル滞在中、
どこに滞在していたのか、どういう人物と接触したのか、なぜその場所に行ったのか、職業は何か等、さまざまな質問を高圧的にぶつけて
来ます。その後、旅行バックを全部あけられて下着や靴下の中までチェックされ、場合によっては別室に呼ばれて下着姿にされ、
帽子の紐までチェックされるのです(キブツで使用した洗剤を記念に持ち帰ろうとしたら爆発物と疑われて検査に時間がかかり、
結局出発時刻の15分前ギリギリに出国審査が終った例もあるとのこと)
。空港のお土産店は2階にあり、出国の審査が終わると買えますが・・・
(総括)
パスポートにイスラエルの押印があると周辺の国交の無い国々には、入国出来ません。これも複雑な歴史と現時事問題の
負の遺産といえます。など総括して考えるとそれらのリスクと」引き換えに得られるものは余り無いように思えます。

拝見しました。基本的な情報は押さえているみたいなので、現地情報と治安コスト、時事問題をお伝えします。
(おもな都市)エルサレム:イスラエルが認める首都。ただしほ国際的には、エルサレムがイスラエルの首都であることは承認されていません。
世界遺産である旧市街は、ユダヤ・キリスト・イスラム教の聖地。
テルアビブ:地中海沿岸にあるイスラエル最大の商業都市。
高級ホテルやマリーナなどリゾート施設が集中。各国の在外公館がここに集中しています。
(安全のコスト)
イスラエルのナショナ...続きを読む

Qイスラエルとパレスチナの戦争

中学生の総合の学習でイスラエルとパレスチナの戦争について調べてるんですが。。。。イスラエルとパレスチナの戦争っていつからはじまったのですか??いまいち調べてもわからなくて。。。。よかったらどなたかおねがいします(+_+)

Aベストアンサー

厳密に言えばイスラエルとパレスチナとの間には、これまでに戦争と呼べるような戦いはありませんでしたので、いつから始まったかという質問には答えようがないというのがわたしの考えです。

では何があるのかといえば、イスラエルとパレスチナとの間にあるのは、単にパレスチナ問題とかパレスチナ紛争と呼ばれているもので、この言葉自体でイスラエルとパレスチナとの現在の状態を示すといえばいいかと思います。

とはいえ「パレスチナ戦争」と呼ばれてもいる第1次中東戦争がありますが、これはパレスチナ問題に端を発した戦争という捉え方をするほうが正しく、かつイスラエル建国を嫌った周辺の中東諸国による、パレスチナを口実にした代理戦争と呼んでもいいと思います。この中東戦争は第4次まで起きたことはご存知だと思いますが、これがイスラエルが関係した公式の戦争のすべてであり、当然当事者のパレスチナが主役を務めた戦争は一つもありませんでした。

アラファト元PLO議長の時代にはゲリラ・テロ活動や、レバノン紛争、そして「インティファーダ」と呼ばれたパレスチナ人による民衆蜂起といった、世界の耳目を集めるような出来事はありましたが、いずれも戦争とまでは呼べるような出来事ではありません。かろうじてレバノン紛争が戦争らしきものといえないこともないですが、圧倒的な戦力の差にPLOは早々にテェニジアに逃げ出すだけで精一杯でした。
つまり過去においてもそして現在、未来においても、パレスチナそのものにイスラエルと本当の戦争を起こせるだけの政治的経済的、そして軍事的な力はないということです。

現在のイスラエルとパレスチナの2000年以上にも及ぶ確執は、歴史を紐解けばすぐに分かることですのでここで省きますが、質問の中にある「いまいち調べても分からない…」というのは、もしかしてイスラエルとパレスチナとの間に起きたであろう「戦争」をキーワードにしたがために、なかなか思うような資料に巡り合わなかったのではないかと思います。

あまり回答になってはいないと思いますが、やはりイスラエルとパレスチナに関しての学習というなら、歴史的な事実をさかのぼるような方法しかないのではないかと思います。

厳密に言えばイスラエルとパレスチナとの間には、これまでに戦争と呼べるような戦いはありませんでしたので、いつから始まったかという質問には答えようがないというのがわたしの考えです。

では何があるのかといえば、イスラエルとパレスチナとの間にあるのは、単にパレスチナ問題とかパレスチナ紛争と呼ばれているもので、この言葉自体でイスラエルとパレスチナとの現在の状態を示すといえばいいかと思います。

とはいえ「パレスチナ戦争」と呼ばれてもいる第1次中東戦争がありますが、これはパレスチナ...続きを読む

Qイラン(IN)→パキスタン(OUT)のオープンジョーってできるの?

 今秋、イランとパキスタンに行きたいと
思っているのですが、イランから入って
パキスタンから帰国というようなことは
できるのでしょうか?
 できれば陸路で国境は越えたくないので
イラン→パキスタンも空路を使いたいのですが・・・

 ご存知の方、ぜひ教えてください。 
 

Aベストアンサー

成田発着のパキスタン航空を使うと、成田~パキスタン(カラチ)~イラン(テヘラン)~成田のルートで旅行することができます。値段的には10数万円ほどだったと思いますが、航空券の値段は旅行時期によっても大幅に変動しますし、航空会社のキャンペーンの有無によっても差が生じますので、最新の情報は旅行会社に問い合わせるしかありませんね。

なお、陸路でイラン~パキスタン間を移動するのでなければ、オープンジョーの航空券を購入する意味はないと思います。航空券の値段が高くなり、手配の手間がかかるだけで、何のメリットもないように思います。

Qパレスチナとイスラエルについて

最近中東の勉強をしているんですが、
パレスチナの問題についてよくわからないので今なにが起こっているか教えていただきたいです。

パレスチナとイスラエルが対立している理由はおおざっぱにわかりました。
(もともとイスラム教徒がパレスチナに住んでたのにユダヤ人がやってきてイスラエルという国を作ってしまった。さらに第二次世界大戦でイギリスが矛盾する約束を両国にしてしまった。)

知りたいのは最近何が起きているのかです。
具体的には以下の人物や国などがどんな関係にあるのかを教えていただきたいです。
ニュースを読んで理解できるようになりたいので。

ハマス
アッバス議長
ファタハ
ガザ地区
アラファト議長

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アラファト議長は、以前PLO(パレスチナ解放機構)の議長で、イスラエルへの抗争の最前線の指導者でしたが、イスラエルとの和解後、パレスチナ暫定自治政府の代表となりました。
PLOのカリスマ指導者でしたが、自分自身は貧しいパレスチナの人々の生活とは別の、豪華な生活を行ったため、次第に人心が離れてゆきました。
そのため、パレスチナ人によるイスラエルへの攻撃を阻止できず、イスラエル側の支持も失います。
2004年11月病死します。

ファタハは、アラファト議長が率いたPLOの中心勢力です。

アッバス議長は、アラファト議長の後継者です。

ガザ地区は、パレスチナ南西部のガザ市を中心とした地区で、イスラエル建国時にはエジプト領となり、その後イスラエルによる占領を経て、現在パレスチナ暫定政府の飛び地となっています。

ハマスは、母体をムスリム同胞団に持つイスラム教徒の相互支援組織が元となっていました。
イスラエルにより家を壊された人、家族を失った人、負傷した人などを支援する組織でした。
ファタハが対イスラエル抗争を受け持ち、ハマスが住民支援を行いましたが、ファタハがイスラエルと和解したため、イスラエルに不満を持つ人々が、ハマスを中心に結集するようになり、対イスラエル抗争の中心勢力となります。
ファタハ幹部のパレスチナ人を無視した生活などにより、ハマスの人気がパレスチナ人の中に高まり、前回の選挙で圧倒的勝利を手にし、パレスチナ暫定政府の首相を送り出すまでになりました。

アラファト議長は、以前PLO(パレスチナ解放機構)の議長で、イスラエルへの抗争の最前線の指導者でしたが、イスラエルとの和解後、パレスチナ暫定自治政府の代表となりました。
PLOのカリスマ指導者でしたが、自分自身は貧しいパレスチナの人々の生活とは別の、豪華な生活を行ったため、次第に人心が離れてゆきました。
そのため、パレスチナ人によるイスラエルへの攻撃を阻止できず、イスラエル側の支持も失います。
2004年11月病死します。

ファタハは、アラファト議長が率いたPLOの中心...続きを読む

Qエジプト女一人旅、現地でツアー参加できる?

9月末に8連休を取ってドバイ経由・エジプトへ行こうと思っています。
女一人旅なのですが、いくつか教えてください。


1)現地でのツアー参加等はできますか?デスクは簡単に見つかるでしょうか。

2)英語は通じますか?エジプト人の英語は分かりにくいと聞きました。

3)雑貨などの買い物はできるでしょうか? 


今まではベトナムなどを一人で旅行していました。
ベトナムでは英語で簡単にツアー参加もでき、旅行者や現地の人と飲み明かしたりもできました。
エジプトが一人で旅するのに難しいようならタイ・カンボジアに予定変更しようとも考えています。

体験談等もお待ちしております。

Aベストアンサー

エジプトを個人旅行で、一人で旅行したことがあります。

1)現地でのツアー参加は、簡単にできました。ツアーは、宿の主人に手配してもらいました。私が泊まっていたのは、1泊数百円くらいの安ホテルで、カイロ、ルクソール、アスワンを回りましたが、どこでもツアーを手配してもらえました。
ツアーデスクは、高級ホテル内にあると思います。

2)英語は問題なかったです。アラビア語にはPの発音がないので、pen=ベン、promise=ブロミス、という風に聞こえます。最初は?でしたが、慣れると問題なし。エジプト人でもちゃんと英語教育を受けている人はPの発音ができます。余談ですが、エジプトでは、やたらとボールペンをねだられました。土産物を買うとき、ボールペンをあげると、値段交渉がすんなりまとまったりします。

3)きれいな香水瓶(入れ物だけ)、アクセサリー(自分の名前をカルトゥーシュで入れたペンダントとか)などは定番のお土産ですが(あとはパピルス、アラバスターの置物、ガラベーヤ、絨毯など)。ほかに、いわゆる“雑貨”があったかは、記憶がないです。すみません。

土産物を買うときは、何でも値段交渉をしないといけないので、時間がかかりました。最初はかなりふっかけてるので、根気よく粘ってください。

エジプトは、イスラムの国なので、現地の人と飲み明かすのは、他の国よりハードルが高いかもしれませんね(飲酒禁止)。ふまじめなイスラム教徒も多いですけど。女性一人だと、かなりくどかれると思います(特にカイロなど大都市)。イスラム教徒同士で結婚する場合、男性が女性に高額な結納金みたいなものを払わないといけないけれど、それを払えないために結婚できない男性が多いとか。日本人=異教徒なので結納金いらない、しかも金持ち、と思われているらしくて。本当にうざいので、現地で買った安物の指輪を左手の薬指にはめて、「ほら。私は結婚している」と言うようになりました。

9月末に行かれるとのこと。ちょうど、今年のラマダンにかぶってます。エジプトの場合、観光にはそれほど影響がないそうですが、普段お酒が飲める店でもお酒を出さなくなるといったことがあるようです。
9月はまだかなり暑いと思うので、暑さ・日焼け対策を忘れずに。

エジプトを個人旅行で、一人で旅行したことがあります。

1)現地でのツアー参加は、簡単にできました。ツアーは、宿の主人に手配してもらいました。私が泊まっていたのは、1泊数百円くらいの安ホテルで、カイロ、ルクソール、アスワンを回りましたが、どこでもツアーを手配してもらえました。
ツアーデスクは、高級ホテル内にあると思います。

2)英語は問題なかったです。アラビア語にはPの発音がないので、pen=ベン、promise=ブロミス、という風に聞こえます。最初は?でしたが、慣れると問題なし。エ...続きを読む

Qイスラエルとパレスチナの戦争

イスラエルとパレスチナは何で戦争してるんですか?またアメリカはイスラエルを援護してたそうですが、なぜ援護したのでしょうか?

Aベストアンサー

イスラエルとパレスチナは、戦争をしているわけではありません。

イスラエルが、パレスチナ人民の土地を取り上げたり、虐待を繰り返しているため、それに対してパレスチナ人が、レジスタンス活動を行っているにすぎません。
但しパレスチナ側では、レジスタンス活動を行えば、よりイスラエルの報復を招くので、イスラエルの言いなりななってガマンしようとするパレスチナ自治政府もあります。

パレスチナ自治政府の高官は、大抵アメリカやイスラエルから利益供与を受けているため、人民がどうなってもかまわないと思っていますが。

パレスチナ過激派と言われるハマスは、本来過激派ではなく、戦災パレスチナ人を救護する組織でした。
(武力闘争は、パレスチナ解放戦線が担当)
しかし、パレスチナ解放戦線は、自分達の利益のためにイスラエルと和解し、パレスチナ自治政府を設立し、イスラエルのパレスチナ人への迫害を容認したため、自治政府を見限った人達が、ハマスに集結し、イスラエルへのレジスタンス活動を行っているのです。

当初は、ハマスが直接レジスタンス活動に参加する事は無かったのですが、ハマスの支援を受けた戦災パレスチナ人が、レジスタンス活動に多数加わったため、イスラエルは、「ハマスがテロを支援している」として、ハマス壊滅作戦を行ったため、ハマスとしては、直接イスラエルと対峙せざるを得ない状況になり、前面にでるようになりました。

イスラエルとパレスチナは、戦争をしているわけではありません。

イスラエルが、パレスチナ人民の土地を取り上げたり、虐待を繰り返しているため、それに対してパレスチナ人が、レジスタンス活動を行っているにすぎません。
但しパレスチナ側では、レジスタンス活動を行えば、よりイスラエルの報復を招くので、イスラエルの言いなりななってガマンしようとするパレスチナ自治政府もあります。

パレスチナ自治政府の高官は、大抵アメリカやイスラエルから利益供与を受けているため、人民がどうなってもかま...続きを読む

Q免税について(成田→ロンドン)

海外旅行を明日に迫って、免税に関することを教えてください。
まず、当方は未成年なのですが、成田の免税店でタバコを購入することはできるのでしょうか?
(搭乗券を提示する必要があるので年齢がばれるのでしょうか?)
機内で購入する方法もあると聞いたのですがこの点についても年齢の提示が必要なのでしょうか?

また、オーストリア経由でイギリスへ持ち込むのですが、2カートンの場合、両国で関税で引っかかってしまうのかも同時に教えていただければ助かります。
お手数ですが、全くの初心者なので詳細をお願いいたします。

Aベストアンサー

購入は可能です。搭乗券には年齢は記載されませんが、機内販売ですと乗客名簿に年齢が記載されていますので、何ともいえません。
オーストラリア経由とのことですので、チェックを受けるところが多いので見つかる可能性は高いです。免税店の購入にしても機内で購入しても手荷物検査のさい、パスポートの提示を求められます。未成年であることがわかります。没収になります。同行者に成人の方がいらしたら、その方に頼むしか方法はありません。約束事は、海外は厳しいです。日本でこのくらいはということでも海外では許されませんので、持ち物等には十分注意してください。
ライターの機内持ち込みも禁止になるとのことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報