【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

サベージSSを先日買って遊んでいたのですが
ニードルのねじを触っているうちに初期位置が
わからなくなってしまいました..

説明書には全閉状態から調節しろと書いてあるのですが、ニードルのねじを閉めていくとすごく深くまで
ねじが入ってしまうのです。

初期位置までの戻し方をどなたか教えてください。
ペコリ(o_ _)o))

A 回答 (2件)

そのエンジンは扱ったことがないので、一般的な意味でのニードル調整のアドバイスしかできませんが、ニードルを時計回りに締めて行くと、中にある針(ニードル)が燃料の流路を塞ぐ形で回転が止まるはずです。

握りの細いドライバーを使い、指先の力だけで回した方が分かりやすいでしょう。

通常はこの全閉の状態から、反時計回りに2回転から3回転緩めてエンジンを始動し(物によります)走りながら時計回りに少しずつ絞って様子を見ることになると思います。絞って行くとやがてエンジンの反応が鋭くなって来ますが、絞りすぎはエンジンがオーバーヒート気味になるので、そこから少し緩めてやる必要があります。この加減は何分の1回転と定量化するのが難しいので、経験でカンをつけてもらうことになりますね。

要は絞り過ぎない方が、エンジンには優しいです。
    • good
    • 0

#1さんの言うとおり全閉状態から2~3回転緩めてエンジンをかけ、そこから調整するのがエンジンカーの基本です。


深くまでネジが入ってしまうと言うことですが、サベSSの場合エンジンが大きい(25クラスだったかな?)ので普通の15クラスエンジンよりは深く入ると思いますが、ねじ込んでいけば全閉状態になるはずです。
あと、エンジンをかけてからの話ですが、あまり調子に乗ってニードルを絞り過ぎないように注意してくださいね。私は2度焼きつかせてしまった事がありますから…
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPI ナイトロMT2 G3.0のエンジン調整について

同じ車種もしくはエンジンカーに詳しい方、教えてください。
ナイトロMT2 G3.0を購入し、ブレークインも完全に終了し既に1ヵ月が過ぎました。当初よりリコイルスターターを外し(何度か交換しました)ロートスターターに変えて、始動も問題ありません。しかし、購入時よりすぐに停まる傾向があり、普段も始動後少しあおるとすぐに停まってしまい調子よく走り出すと全開まで気持ちよく吹けあがります。でも自分のところに戻してブレーキをかけ、アイドリング状態になると長続きせずすぐに停まってしまいます。再び始動すると何てことないのですが、車体が止まるとエンジンも止まる感じです。HPIの方に聞いたのですが当方も素人の方なので、メインニードルしか調整していません。一度閉めすぎて息継ぎしたので焼きついたら大変だと思い、すぐに甘めに戻しました。最高速は出ている感じがします。何とか改善の手立てがない物か悩んでいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メインしか調整していないようですが、アイドリングニードル(キャブの隙間)はどのようになっていますか?

参考URL:http://www.os-engines.co.jp/index_j.htm

QサベージSS ナイトロスターS25の調整について

まったくの素人です。
サベージSSを中古で購入しました。エンジンはナイトロスターs25です。
エンジンのニードルを、取り扱い説明書に書いてある出荷初期状態に
してエンジンをかけると、かかったと同時に全開になりタイヤがものすごい勢いで回ってしまいます。
アイドリング調整ネジや、ニードルを右に回したり、左に回したり色々試していますが、まったくかからないか、全開になったしまうかのどちらかです。色々調べて見よう見まねで調整しているつもりですが、まったく改善できません。
どのように調整すれば、アイドリングで安定し、普通に吹け上がるように出来るのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

 詳しいわけではないのですが、
エンジンの慣らしをするか、内部の清掃が必要な状態ではないでしょうか。
 古いエンジン等で似た症状は、キャブの開閉がスムーズではないときに起きる現象や、プラグの表面がこげている、プラグの点火点までの距離が適正でないか、ピストンの動きが渋い、内部に水分が残ってしまうなどいろいろありそうです。
 まずエンジンのチューニング、クリーニング、日常メンテなど
されてますでしょうか。

QRCプロポの電波到達範囲。(2.4Gと72MHの場合)

RCプロポの電波到達範囲。(2.4Gと72MHの場合)
最近、2.4GHzの4PKを購入したのですが、
電波の届く範囲が100m程度と書かれていました。
27Mなどのプロポの場合、1kmなどと書かれています。
これから、飛行機に2.4GHのプロポを使いたいのですが
100m程度なら、すぐに到達範囲を超えて飛んでいきます。
2.4GHのプロポって、こんなに到達距離が短いのでしょうか。

便利ではありますが、かえって使いにくいものと
思ったほうがいいでしょうか。

Aベストアンサー

40MHZ,72MHZ,2.4GHZなどの周波数に関らず、受信範囲が100mのものもあれば1kmのもあります。
貴方の4PKは地上用に開発された機種と思いますが、
空用の機種で受信機が例えば 6014FS,608FS、617FSは500mの仕様、616FSは100m程度の仕様と思います、
小生の40MHZも100mの機種と500m機種を持っています
2.4GHZは6014FSで500mの機種でヘリに積んでいます
飛行機に積むのであれば500m程度は必要ですね。
飛行機であれば、プロポも空用のプロポにすれば使いやすいですが、

Qエンジンカーのブレークイン方法について

ラジコンマガジン2009年11月号の120-121ページ「近藤塾ここにあり!!」で、ベンチ上でのエンジンのブレークインの方法が解説されています。
この解説では「ニードルはいっさいイジらずに始動&始動後はスロットルを常に全開に」と書かれています。

出荷状態のエンジンですのでニードルは甘めだと思いますが、いきなりスロットル全開で空吹かしをし続けても大丈夫なのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ
 35年ほどエンジン関係のラジコンをやっていますが、ここ10年ほどで、ブレークインのやり方は変わってきました。
 いわゆる「テストベンチで」というのは、それよりももっと古い考え方です。測定のためにテストベンチを使うことはあります。
 使用目的(jinmojr様の場合は車に取り付けた)状態で、辛うじてスロットル全開で回転を保てる、且つクラッチがつながる回転数を保って、走らせるのが普通です。車の場合、タンクがせいぜい100cc程度でしょうから、2タンクくらい走らせればよいでしょう。
 ベアリング部分も出荷までに少しばかりの錆が出ている可能性を考えても、プラグをはずし、洗浄剤(ブレーキクリーナーなどの目的で市販されているもの)で、エンジンの中を洗い流し、スターターなりで洗浄剤を排出し、CRC 556で、ベアリングに潤滑をし、(キャブからCRCを吹き込んで)5秒ほどスターターで空回しし、プラグ穴とキャブから吹き返しが無くなった状態で、再び燃料満タンで走行。(満タンにこだわるのは、マフラープレッシャーを有効に使うため)

 「ニードルは一切いじらず」というのは、ひょっとして販売店でニードルをいじってしまう客もあるでしょうから、説明書に書かれている初期の状態を ご自身で正確に合わせてから取り掛かるべきです。

 ブレークインの際には、付属しているプラグで上記の状態を保てればよいのですが、「ニードルを絞らないと回転を保てない」ような状況のために、一段階HOTなプラグを使用しても良いと思いますし、3タンク目から、少しずつニードルを絞り始め、付属のプラグを使っても回転を保てるようになってきたら、走らせながら、少しずつニードルを絞って、安定した走行が出来るようになれば、アイドリングの調整を始めるという手順です。最近のエンジンでは、エンジンをばらした時、ピストンがシリンダーをすっぽ抜けるようになったときには、もうピストンが磨耗しきっていると判断されます。良好な状態でも上死点で回転が硬く感じられるのが正常です。
 ブレークインのつもりが、実は寿命が尽きるのを促進するのでは元も子もありません。燃料に含まれている潤滑剤が ベアリングに回りきれば、もう使い頃になっていると考えて良いと思います。プラグは、アイドリングが保てる範囲でCOLDな方向に持っていくと、フィラメントが落ちて、ポートを傷つけることを防ぐ事が出来ます。

 私はBOAT暦が長いのですが、BOATの場合、波で跳ね上げられた時に、完全に(無負荷)状態になってしまうので、ひとつのエンジンの寿命は
1年に満たない、良く仕上がったエンジンは、レース用に取っておくという感じです。1秒間に500回も燃焼、排気をすることを考えれば、壊れないのが不思議に思うほどです。

 予断序でですが、21(3,5CC)のエンジンが2,5Ph、これを実車に置き換えてみれば、3500CCで2500馬力ですよ,ラジコンのエンジンは、途轍もないストレスにさらされていると思いませんか?

こんばんわ
 35年ほどエンジン関係のラジコンをやっていますが、ここ10年ほどで、ブレークインのやり方は変わってきました。
 いわゆる「テストベンチで」というのは、それよりももっと古い考え方です。測定のためにテストベンチを使うことはあります。
 使用目的(jinmojr様の場合は車に取り付けた)状態で、辛うじてスロットル全開で回転を保てる、且つクラッチがつながる回転数を保って、走らせるのが普通です。車の場合、タンクがせいぜい100cc程度でしょうから、2タンクくらい走らせればよい...続きを読む

Qグローエンジンに詳しい方教えて下さい、タミヤTNX5.2Rのエンジンで

グローエンジンに詳しい方教えて下さい、タミヤTNX5.2Rのエンジンですが、先日マフラーをツアイスの競技用に変更し試運転に行きました、エンジン始動を行ったらいきなりサージングするぐらいの噴けあがりでした、そこでまずプロポの調整ダイヤルでアイドリングを低くし、次にメインニードルで燃料の量を多くし、キャブのアイドリング調整ネジを少し緩めて走行させました、まだアイドリングが少し高めだったので、もう一度メインニードルで燃料を多くし、アイドリング調整ネジを緩めましたが変化なし、そこでスローニードルを少し緩め(左回し)走行させて、又スローニードルを緩めて走行を5回ほど繰り返しましたが、ぜんぜん改善(アイドリングが高め)されません、最高速は大丈夫に感じますが、そこからスロットルをブレーキ側にするとエンジンがストップします、そこでグローエンジンに詳しい方にお聞きしたいのですが、スローニードルではアイドリングは下がらないのですか?又スローニードルは時計回しと反対回しのやり方、スローニードルの根本的な役目は何でしょう?どうも私の考え違いのような気がしますのでこの際きちんとエンジン調整を覚えたいのです、よろしくお願いします。

グローエンジンに詳しい方教えて下さい、タミヤTNX5.2Rのエンジンですが、先日マフラーをツアイスの競技用に変更し試運転に行きました、エンジン始動を行ったらいきなりサージングするぐらいの噴けあがりでした、そこでまずプロポの調整ダイヤルでアイドリングを低くし、次にメインニードルで燃料の量を多くし、キャブのアイドリング調整ネジを少し緩めて走行させました、まだアイドリングが少し高めだったので、もう一度メインニードルで燃料を多くし、アイドリング調整ネジを緩めましたが変化なし、そこでスロー...続きを読む

Aベストアンサー

ラジコンカーもタミヤTNX5.2Rも持ってはいませんが、グローエンジンの基本的なこと
について書きます。ただ、言葉でこの種の調整を伝えるのは難しく、出来れば近くの
経験者の集まる場所とか販売店で相談された方が良いとは思うのですが。

根本的に間違えていらっしゃると思われるのは、「スローニードルはアイドリング回転
数を調整するためのものではない」ということです。エンジン回転数を調整するのは
あくまで「スロットル開度」であって、各ニードルバルブはこのスロットル開度に応じた
燃料と空気の「混合比」を変えるためにあります。ヘリコプター用では低・中・高回転
の各開度位置別に調整出来る様に3つのニードルを持つものもあります。

エンジンが良好に回るためには、スロットル全域でこの混合比が適正であることが
必要です。例えばスロー(目的の回転数、車であればクラッチが切れ、回転が安定
して続く位置だと思います。)で混合比が薄いと割りに回転が低くとも回ります。一見
良さそうですが、吹き上げた時にスポンと止まる兆候になり、加速中の燃料が少なく
(薄く)なるためエンジンが焼け気味にもなります。濃すぎるとプラグが冷やされて止ま
るとか、吹き上げ時に遅れて反応する様にモタついて加速する様になります。この間
で適正な燃料の量を調整するのが「スローニードル」です。またスローとメインの2つ
のニードル調整は互いに干渉します。一方を大きく変えればもう一方も影響されるの
が普通です。どちらも「スプレーバー」という最終的に燃料を噴霧する部分につながって
いるからです。スローニードルはスローになるに従い、このスプレーバーが出す燃料
を絞っていくようになっている筈です。ある程度の範囲を超えるとスローでも効かないか
あるいはハイ側でも燃料を絞った状態になります。

多分いじりすぎているので、一度、エンジンの説明書を見て各ニードルを「初期位置」
に戻してみましょう。その上でまず「スロットルの開き」がどうかを見ます。全開とスロー
(恐らく1ミリ程度開くか開かないか位の隙間)が合っているのか、ブレーキをかけた
際に完全に閉まってしまってないか(スロー側にスロットルのストッパーというのはあり
ませんか? またブレーキをかけた時にクラッチが切れる回転まで下がるかどうかも
関係します。)次にエンジンを回してスロー回転数(スロットル開度)とスローニードルを
決め、その上で全開時のメインを吹き上がりの感じと排気の濃さや音から決めていく
ことになりますが、前述の様にメインとスローは互いに関係しますので注意して下さい。

以下も参考にして見て下さい。
http://www.cosmo-rc.com/index.php/startrc/fuel
http://www.os-engines.co.jp/faq/faq.htm

ラジコンカーもタミヤTNX5.2Rも持ってはいませんが、グローエンジンの基本的なこと
について書きます。ただ、言葉でこの種の調整を伝えるのは難しく、出来れば近くの
経験者の集まる場所とか販売店で相談された方が良いとは思うのですが。

根本的に間違えていらっしゃると思われるのは、「スローニードルはアイドリング回転
数を調整するためのものではない」ということです。エンジン回転数を調整するのは
あくまで「スロットル開度」であって、各ニードルバルブはこのスロットル開度に応じた
燃料と空気の「混...続きを読む

QKYOSHOエンジンカーのエンストについて

今KYOSHOのV-ONE Sを使用しています。アイドリングを定まるように調整して、エンジンをかけて、アクセルを握ると、エンジンが止まってしまいます。どうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

キャブを変える前は走っていたのなら、キャブが原因です
元にもどして確かめてください

シャシーを変えたということはクラッシュしたのですか
クラッチがつながった状態でクラッシュすれば
エンジンもいかれる場合もあります

焼く、の意味はエンジンをオバーヒートさせたかということです
すべての空冷ラジコンエンジンの冷却は燃料を濃くした状態です
薄くすれば(ニードルを絞る)オーバーヒートします
GS15は京商製エンジンかと思われます、ABCかACエンジンと思われます
リング入りエンジンに比べてオバーヒートしやすいので特にこの手のエンジンは
しぼりすぎに注意します
煙の出具合で焼けを判断します
修理できるかは京商に聞いてください


人気Q&Aランキング